FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
従順な部長さん
「先っぽを持って、まず入れて・・・ そうそう・・・ゆっくりと・・・あせらないで」
ためらいと拒絶反応さえ消えてしまえば調教済みの身体は自然に反応していく。
「ゆきさん・・・こう・・・こうでいいのぉ・・・」
「そう・・・そのまま・・・」
「あうあぁぁ・・・あんあぁぁ」
清野と触れ合った瞬間、身をはげしく震わせて崩れそうになる真紀を支えて二人の結合を助ける。


▼続きを読む


「うわうわうわぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「うっうぅぅ・・・めるぬるで・・・あつくて・・・まき・・・」
熟れてびしょびしょになっているピンクの花びらが赤黒く光る先端を呑み込んでいく。
もう私の手助けはいらない。
「そうよ・・・そう・・・そのままゆっくり、ゆっくり腰を落として・・・」
「うわあうわぁぁ・・・うぅぅ・・・ うぇぇ・・・はいっちゃう・・・ぶちょうさんがぁぁ・・・はいっちゃう・・・」
なんと可愛らしく控えめな喘ぎ声だろう。
それとは対照的に清野は自分のペニスが真紀の体内にじわじわと潜り込んでいく感触に興奮し大声でわめく。
「まき・・・まき・・・なんてきもち いいんだ・・・きもちいい・・・おくまでいれてくれ・・・おくまでぇぇ・・・」
「部長さんはじっとしてなさいってば。真紀ちゃんはまだよ。ゆっくり・・・ちゃんと全部入るまで ・・・」
「・・・ゆっくり・・・ゆっくりなのぉぉ」
言われた言葉をそのまま繰り返して腰を落としていくと、硬直しきったペニスとぐっしょりと濡れた花弁はお互いを求め合い深く深く結合しようとする。

「うへ・・・うひょ・・・うあわぁ・・・たまんねー」
「まだ動いちゃだめだってば。そのままで待ってなさいよ」
奇声を発しながら身体をぴくぴくと震わせわわ腰を浮かせようとする清野を制して、真紀が自らつながろうとする動きを見守る。
「あんあん・・・ぶちょうさんがはいってくる・・・すごい・・・ あぁぁ・・・ぜんぶはいってくるのぉぉ・・・だっめぇぇ」
そそり立つペニスをしっかりと奥まで咥えたその時、真紀は天を仰ぎうめき声をあげ、清野の奇声がそれに合わさる。
「あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・ああぁ・・・あぁぁ・・・」
「・・・うあうおうえぇ・・・きもちいいぞ・・・うぉぉ・・・」
二人ともすぐに動くことはできず、長いうめき声のハーモニーが続く。
「真紀ちゃん、うん。とってもいい感じ・・・上手になったわ」
真紀が腰を小さく振って自分の体内に清野を呑み込んだのを確認するとゆっくりと踊り始める。
「あぁぁ・・・ゆきさん・・・これでいいの・・・ぶちょうさんが・・・おくまで・・・おくまでぇ・・・」
「すごくいい・・・まき・・・まきのなかにはいってる・・・うわあぁ・・・うわぁ」
両方の乳房をわしづかみにして自分でも腰を上下に揺らし部下の妻を征服した快感を味わおうとしている。
「・・・うあうおうえぇ・・・すごくいい・・・うぉぉ・・・まき・・・まき・・・」

「あんあん・・・ぶちょうさん・・・あっあっあぁぉ・・・あっぅ」
オジさんに教え込まれた動きはとてもスムーズでリズミカルだ。
ベッドの真ん中で小さな身体が規則正しく上下に飛び跳ねている。
「真紀ちゃん、なかなかやるでしょ」
「もう・・・もう我慢できない・・・真紀はもういいから・・・オ、オレにもヤラせてくれ・・・」

従順なのは真紀だけではない。
この男も私の顔色をうかがっているのが何とも言えずおかしい。

「お待たせしました。どうぞ・・・愛しの奥さまをご自由にしてくださいませ」

待ってましたと言わんばかりに暴れ始めた清野はぐいぐいと突き上げ、上下に揺れる真紀の乳房をランジェリーからめくり出して手のひらに包み込む。
「うおぉ・・・このおっぱい・・・これだ・・・これがオレのぉぉ・・・」
「ぶちょうさん・・・あぁぁ・・・まきは・・・あぁぁ・・・」
ものすごい突き上げに小さな真紀の身体は激しく揺れ、つかまれた乳房は赤く充血し髪の毛も乱れる。
「そんなにつよく・・・だめぇぇ・・・あんあん」
「好きなんだ・・・好きなんだよ・・・わかってくれぇ・・・」

閉じる

関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教