FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真紀の逆襲
「あ、あなた・・・あんなに飲み過ぎたんだから今日は休んだら・・・休んでほしいの。私から会社に連絡してあげるからお願い・・・お願いします」

突然、夜がまだ薄暗いうちに出勤しようとする鈍感な夫へ最後の救いを求める妻からの強烈なメッセージが突然放たれた。


いままでずっと従順だった真紀がこんな行動に出るとは予想もできず不意をつかれてしまう。
よほど今までのこと、特に清野とのことが耐えられず切羽詰まった思いがこみ上がってきた結果なのだろう。
真紀なりのささやかな逆襲が始まったのだ。


これにはとても驚いたが夫婦のことは夫婦の間で決めること。
真紀がどれくらいの覚悟でどこまで話をすることができるのか、余計な口出しはやめてことの推移を見守ることにした。
もし、もしも真紀の切ないほどの願いが通じるのならば、清野とのことはとりあえず先送りにして様子を見ても構わない。
夫婦の愛に勝てるものなどなにもないのだ。
だからこそ、雅彦さんに妻を取り戻す最後のチャンスをあげることにした。

「えっ?いきなりどうしたんだ?」
「お願いだから休んでほしいの。私も調子が良くないし・・・今日だけでいいから休んで下さい」
出かけようとする夫の前に立ちふさがりかすれた声で訴える。

だが・・・
やはりこの二人には通じ合うものがないようだ。
「真紀、心配してくれてありがとう。でも平気だよ。それにそんなことで休めるわけないだろ。部長だって一緒だったんだからまずいよ」

『部長』という響きを耳にした途端、真紀が激しく動揺しうまく話すことができなくなってくる。
「ぶ、ぶちょうさんなんて・・・そ、そんなことなんか気にしなくていいと思う。お、おねがいで、です。や、休んで一緒にいてほしいの」
「いったい何を言ってるんだ。わがまま言って困らせないでくれよ」
妻の必死の願いをさらりとかわしてこちらに向き直る。
「ユキさん、昨日はすいませんでした。醜態をさらしてしまって。その代りと言ってはあれですが、ゆっくりしていってください」

この夫婦のつながりがこれほどまでに薄っぺらいものだったとは。
一緒に暮らしていながら、調教されている妻の変化に気がつかないのだから当たり前だろう。
私の真紀が必死になって訴えているのに、それを簡単に無視されると逆に味方したくなってしまう。

「部長さんのことなら気兼ねすることないと思うわ。あの人、今日は会社には行かないらしいわよ。奥さまのために休んであげたらどうかしら」
真紀が驚きと疑念のまなざしで私を見つめなおしつぶやく。
「ゆきさん・・・なぜ・・・」

「私が言うのも変だけど奥さまを大切にしてあげたらどうかしら」
「なんで今になってそんなことを・・・なぜ・・・」
鈍感な夫はその妻を見ようともせずに言い放つ。
「ユキさんにまで心配してもらってすいません。とんだ身内の恥をさらしてしまって」
「あなた・・・恥だなんて・・・ひどい・・・そんな・・・」
「毎日働き過ぎじゃない?」
「本当にご心配ありがとうございます。でも、休むわけにはいきません。仕事がたくさんあるので」
もはやココロでいくら叫ぼうとも通じはしない。

いよいよどうにもならなくなった真紀が涙ぐんで尚も訴える。
「そんなこと言わないで今日だけは休んで。貴方のそばにいたいの・・・お願い・・・今日は休んで」
今まで聞いたことのない真紀の甘えるような涙声が余計に切なさを感じさせる。
「おいおい泣くなんてユキさんがいるのにみっともないぞ。どうしても休めないんだ。それくらいわかってくれよ。疲れているのか?なんだかおかしいぞ。お前こそゆっくり休んだらどうだ」
真紀の願いはどうしてもこの男のココロには届かないようだ。
「そうよね。仕方ないわよね。いつだって男の人は妻のため、子供のために頑張らなきゃいけないから大変よね。お仕事、気をつけていってらっしゃい。またお会いしましょうね」
「真紀、後は頼んだぞ。しっかりしてくれよ。ユキさん、またいつでも遊びに来てください。では」

昨晩、自分の家で自分の妻がどうされたか・・・
これからどうなるのか・・・
何も知らないし知ろうとしない雅彦さんは妻を置き去りにし、こうして家を出て仕事に向かってしまった。
こうなることはわかっていたのに、またもや見捨てられた真紀のことを思うとやっぱり淋しくなってしまうのはなぜだろう。

見捨てるのであれば遠慮なく好きにさせてもらう。
妻の必死の訴えに応えようとしないこんな鈍感で身勝手な男に遠慮するまったく必要はない。
予定通り、飢えた清野にこの奥さまをプレゼントすることにしよう。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。