FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりにも早い終わり
「いよいよだ・・・やっと君が手に入る・・・真紀・・・入れるよ・・・入れるからね・・・いいよね・・・」
「あうあう・・あうぅぅ・・・うひぃぃ・・・うひぃぃ・・・」

「うっうぅぅ・・・あぅぅ・・・まきぃぃ・・・」
またも奇妙なうめき声を漏らしながら、イヤイヤを続ける真紀の熟した花弁に狙いをすまし腰を落とした清野がゆっくりとペニスを沈めていくと、硬直した先端とくちゅくちゅに柔らかくトロけた花弁が合わさって絡み合う二人の身体が跳ねるように反り返る。

「ぐげぇぇ・・・げぇぇ・・・ぐぇぇ・・・うげぇぇ・・・うげぇぇ・・・」
「やっと・・・やっと・・・うおぉ・・・うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・うひゃうおぉ・・・ひぃ・・・うわうわぁ・・・」
意味のわからない叫び声とともに、ためらいもなく一気に清野の分身が真紀の中を突き進む。
「あっあっ・・・真紀・・・これが真紀なんだぁぁ・・・なんてきもちいいんだ・・・きもちいい・・・きもちいい・・・いいよぉぉ・・・」
「うぐぇぇ・・・ぐげぇぇ・・・あぐぅぃぃ・・・うげうげぇ・・・」
ついに清野に貫かれつながってしまった真紀は目を閉じたままで声を出すことはできないが、自分の体内で暴れ始める上司のペニスをしっかりと咥えこんでいる。

「こ、これが・・・可愛い真紀のオ○○コ・・・絡みついてくる・・・それに・・・狭くて・・・ぐちょぐちょで・・・うわぁぁ・・・うおぉぉ・・・しまるぅぅ・・・」
ずっと指をくわえて見ている間に人妻となってしまい、二度と触れることさえできないとあきらめていた可愛らしい部下とついに一つになることができた清野の悦びが爆発し、狂ったように腰を振り続ける。
しかも、男性経験が少なくてきつく、清純さを保ちながらも出産を経験し柔らかくなっている花弁・・・
そこに私たちの調教・・・泣き叫んでも決して容赦せず犯し続け快楽を徹底的に覚えこませる・・・をたっぷりと施しているのだから、たまったものではないだろう。
真紀は家庭では貞淑な妻を演じながらも、その身体は日を追うごとに甘く熟し進化しているのだ。

「うふふ・・・すごいでしょ。昔と同じ様でまったく違う真紀ちゃんなのよ・・・あなたが抱いているのは・・・人は変わるのよ」
「そんなこと・・・どうでも・・・真紀とやっとひとつになれた・・・どうして・・・あぁぁ・・・こんなにいいんだ・・・良すぎる・・・良すぎる・・・気持ちいい・・・」
「真紀ちゃん、我慢してないで部長さんと一緒に楽しみなさい・・・いつものように・・・」
ずり下がって来たシャツをたくしめくりあげ、揺れる乳首を摘まんで口に含んで転がすとと清野のものすごい勢いが直に伝わってくる。

「真紀が大好きなんだ・・・真紀の中に入ってる・・・真紀の中にぃぃ・・・うおぉぉ・・・感激だ・・・うれしいよ・・・」
「うげぇぇ・・・うぅぅ・・・あぐぅぅ・・・」
「うひぃぃ・・・まき・・・まき・・・いいよ・・・うぇぇ・・」
だが、やっとの想いで夢をかなえた清野は真紀とセックスを楽しもうという気はまったくなく、潜りこませたペニスを奥へ奥へとぐいぐい押し込んでいってひたすら腰を振って奇声を上げている。
長年の夢が現実になったのだから仕方がないのかもしれない。

「真紀ちゃん・・・すごい・・・あんなにされちゃって・・・」
自分のすべてを欲する飢えた男に押し倒されめちゃくちゃに犯されるような、こんな激しくて野蛮なセックスは長い間忘れていた。
こんな風に愛してもらえる真紀がとってもまぶしく見えてうらやましく思えてしまう。

もちろん愛する女を抱けた清野はそれ以上の幸せ者である。


だが気の毒なことに、我慢していた時間があまりにも長すぎたせいで訪れた幸せはすぐに終わりを迎えてしまう。


「あひあひぃぃ・・・まきぃぃ・・・ひゃあぁ・・・まきぃぃ・・・もうもう・・・でちゃう・・・でちゃうよぉ・・・」
「うげぇぇ・・・げぇぇ・・・」
「いい歳してだらしがないわね。もっとしっかりしなさい。この時を何年待ったのよ。我慢しなさい。男でしょ」
「そ・・・そんなこといわれても・・・ずっとまってたんだ・・・でも・・・待ってくれ・・・だめだぁぁ・・・」
しゃべれば出てしまうと言わんばかりに苦しそうに言い訳をしながら真紀を強く抱きしめる。
「始まったばかりなのにもう出ちゃうの?頑張りなさいってば」
「もうもうだめだ・・・がまんなんてぇ・・・うへうわうわぁぁ・・・こんなにぃ・・・むりだぁぁ・・・」
「そう・・・そうなの。真紀ちゃんがよっぽど好きだったのね。部長さんったら可愛いわ。まったく・・・好きにしなさい」


とにかく激しく休みなく貪るように真紀の体内を掻きまわし、乳房を鷲づかみにしては自分の身体を痙攣させ奇声を上げる。
「まったくもう。中に出しちゃだめよ・・・それだけは絶対に許さないからね。我慢しなさい」
「そ、そんなぁぁ・・・まきのなかに・・・なかにだしたい・・・まきのなかに・・・」
真紀は犯されながらもそれだけは・・・という思いで激しく首を振って嫌がる。
「ダメなものはダメ。外に出しなさい。嫌なら雅彦さんを起こしに行くわよ」
中出しするようなそんな資格は清野にはまだない。
真紀の中に精液を注ぎ込めるのは私の選んだ男だけ。

「わかったぁ・・・わかったよぉ・・・チ○ポがぁぁ・・・あぁぁ・・・もうもうだめだぁ・・・真紀・・・好きだぁぁ・・・」
腰の振りが激しくなると、真紀の手足が清野の身体の上で泳ぐようにさ迷いながら絡みついていく。
その足を抱え込んで小さな身体を折り曲げてより深く貫き、狂ったように突きまくる。
真紀は口をふさがれている苦しさなのか元上司に無理やり犯さている悲しさなのか、さらに 首を激しく左右に振りながら涙と唾液で顔をぐちゃぐちゃにしている。
オジさんやダンナも今のこの男の勢いにはかなわない。
現実は思えないほどのものすごい光景だ。

「まき・・まき・・・すきだよ・・・だいすきだぁ・・・でるよ・・・うわぁぁ・・・でちゃうぅぅ・・・うへぇぇ・・・」

射精寸前で体内からペニスを抜き取ると、汗びっしょりになった白い乳房の上に長年の想いのこもった精液をたっぷりと振りかけた。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。