FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
動き出した計画
時間は限りあるもの・・・
無駄に過ごすわけにはいかない。
捕まえていたはずなのにまたどこかへ逃げられてしまう可能性だってある。

人妻になったかつての部下、真紀を想い続ける清野に次なる調教への「ご招待チケット」を渡したのはいいが、この男にだけ楽しい思いをさせるわけにはいかない。
きっちりと自分の中で計画が固まったところで誘いをかけてみる
「部長さん、お元気?明日飲みましょうよ。いいお店、予約してね」
「でも・・・あの約束は?」
「彼女は私の手の中にいるからあわてることないのよ・・・あってきちんとお話ししましょう」
「わかりました・・・やっと真紀をもらえるんですね。いよいよなんですね」
この一言で真紀の運命が新たな段階に突入した。

たくさん飲んで笑って、二件目のカラオケでまたまた大騒ぎし、仕上げは洒落たシティーホテルのバーで飲みなおし、誘われるがままお部屋へと向かう。
「ずいぶん用意がいいじゃない?最初からそのつもりだったんでしょ・・・部長さん、ずるいわ」
「もちろん・・・当然です・・・最後の最後までおもてなししますよ・・・」
お酒と美味しいものの見返りには当然のことだろう。
タダで飲み食いしてさらに気持ちよくしてもらえるなら、知り合ったばかりの男とセックスすることにはまったく抵抗がない。

「ユキさん・・・こんないい身体してるなんて・・・黒の下着が良く似合う」
シャワーを浴びるのも待ってもらえずベッドに押し倒されてお気に入りのランジェリーを剥ぎ取られ、激しく乳房を揉まれてしまう。
「だめよ・・・あんあん・・・優しくして・・・乱暴なのはいやぁ・・・」
「ユキさんが待たせるからいけないんだ・・・もう我慢できない・・・」
「あん・・・あん・・・だめだってば・・・こんなことして・・・奥さんに叱られちゃうわ・・・」
「そ、そういうユキさんだって・・・ご主人にいつもこの大きなおっぱいをもみもみされてるんだろ・・・」
「いやん・・・こんな時にあの人のことは言わないでぇぇ・・・あんあん・・・いやよぉ・・・」
「こんないけない奥さんだ・・・ココはどうなっているのかな・・・見せて・・・」
隠すものがなくなった花弁に清野の熱い吐息がじわじわと迫ってくる。
「だめぇぇ・・・お風呂・・・お風呂入ってない・・・きたない・・・」
「うわぁぁ・・・ココの色・・・こりゃ相当遊んでるね・・・それにもうびっしょりじゃないか・・・」
言い終わるか終わらないうちにしゃぶりつかれ、音を立てて舐め回される。
「ひぃぃ・・・うわうわあぁ・・・意地悪・・・あん・・・そんなことない・・・そんな音させないで・・・だめぇぇ・・・」
「最初から抱かれるつもりで来たくせに・・・こうしてほしかったくせに・・・いけない奥さんだ」
「ちがう・・・ちがうってば・・・ひぃぃ・・・だっめぇぇ・・・」
花弁だけでなく、身体全体のありとあらゆるところ・・・足の先まで口唇と舌が動き回り、気が遠くなるまで執拗に舐め回されてしまう。
「あひぃぃ・・・もうなめないでぇぇ・・・あっあぁぁ・・・だめだめだめなのぉぉ・・・」
「ユキさん・・・美味しい・・・美味しいよ・・・」
「いやぁぁ・・・もうだめぇぇ・・・早く・・・あんあん・・・あぁぁ・・・」
「まだまだですよ・・・もっと舐めてあげる・・・ずっと舐めててもいい・・・」
なんという粘っこい愛撫だろう・・・快感とおぞましさが交互に私を襲い、花弁を舐め続ける清野の顔をびしょびしょに濡らしてしまう。

「おやおや・・・お漏らししているみたいにびっしょりだ・・・奥さん、こりゃかなりのもんだ・・・ココが黒ずんでユルユルだ・・・」
自分が優位に立とうとわざと卑猥な言葉を浴びせる。
「やめてぇぇ・・・そんなことないってば・・・あぁぁ・・・ちょうだい・・・欲しいのぉぉ・・・早くちょうだいよぉぉ・・・」
「いやらしいなぁ・・・ユキさんは・・・でもそれがいい・・・」
「意地悪・・・じらさないでぇぇ・・・ちょうだい・・・」
「何が欲しいの?言わなきゃあげないよ」
「あんあん・・・部長さんの、オチ○チ○入れてほしいのぉぉ・・・入れてぇぇ・・・ほしいのぉ・・・」
「なら・・・どうぞ・・・」
固く大きくなったペニスをやっと身体の中に迎え入れた瞬間、しがみついて腰を振り恥ずかしいほどの声を張り上げてしまう。
「うわあぁぁ・・・あんあん・・・気持ちいい・・・もっとぉぉぉ・・・もっと・・・いいの・・・いいの・・・」
「こ、これがユキさんのマ○コかぁぁ・・・吸い込まれそうだ・・・うわぁぁ・・・熱くて・・・深い・・・」
「もっと・・・もっと強くぅぅ・・・ねぇ・・・強くぅ・・・」
いつもの男たちのような強烈な突きを期待したが、彼は違った・・・

結合を楽しむようにペニスをじわじわと奥へと進め、私の腰の動きをかわしながらのんびりと反復運動をしている。
「さすがはユキさんだ・・・経験豊か・・・そんなに腰振って・・・スゴイな」
「いやーん・・・私ばっかり・・・ずるいぃぃ・・・来てぇぇ・・・来てってばぁぁ・・・」
いくら腰を振っても清野は冷静な顔をしてゆっくりとペニスを動かし、私の反応を見つめている。
「ユキさんってベッドの中でもすごく大胆だね・・・それに・・・びしょびしょでぐちょぐちょで・・・すごく深い・・・吸い込まれていく・・・最高だ・・・」
こんなセックスをされると焦らされているみたいで余計に燃えてくる。
「もっとちょうだい・・・ちょうだいってばぁぁ・・・ねぇぇ・・・ねえってば・・・ぶちょうさん・・・ずるい・・・あんあん・・・」
「おや、今度はおねだりかい?エッチどころか淫乱じゃないか・・・よっぽど欲求不満なんだな。ご主人に相手してもらってないんだろ」
「ちがうのぉぉ・・・いじわるぅぅ・・・じらさないでぇぇ・・・早く来てってばぁぁ・・・」
すると、私の身体が折り曲げられ連続したきつい突き上げがいきなり始まってガクガクと部屋全体が揺れるような錯覚に陥ってしまう。
やっぱり清野も男だった・・・獣のように私の身体を貪り食う。
「あぁぁ・・・揺れるのぉ・・・ぐるぐる・・・ひぃぃ・・・全部揺れるぅぅ・・・壊れちゃうぅぅ・・・」
「出していいのか・・・ユキ・・・ユキ・・・最高だよ・・・」
「いいの・・・ちょうだい・・・あなたのをちょうだい・・・中に出してぇぇぇ・・・中にぃぃ・・・」
男の精を受け止めてこそ本当のセックス・・・
「本当にいいのか・・・ユキ・・・出すぞ・・・出すぞ・・・うわぁぁ・・・ユキ・・・」
ガクガクと腰が震える激しい発作の後、私の体内にしっかりとまた新しい男の精液が放出された。
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。