FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調教へのチケット
「どんなに素敵な奥さまでも旦那さまが無関心だと女としての輝きがなくなってしまうと思うの・・・いつも一緒にいるとその良さがわからなくなるからかしら。部長さんだって奥さまを大切にしてあげてね。放っておいちゃだめよ・・・男と女なんてどこでどうなるかわからないんだから」
「冗談はよして下さい。うちはもう終わってるから関係ないさ。それよりも可愛い奥さまと現在進行中の立原によく言って聞かせてあげてほしいな。結婚したからには彼女を大事にしろって」
二人の結婚がよっぽど悔しかったのか、清野はムッとして横を向いてしまう。
わかりやすい男・・・やっぱりそうだ。
「ユキさんと部長のその言葉、何だかすごく重みがありますね。肝に銘じておきます」
そう言ったって立原さん・・・・まさに今のあなたがそうなのよ。
仕事しか見えていないあなたは結果として、あんなに可愛い奥さまを手放してしまって私たちに贈ってくれた。
その後も真紀ちゃんの変化に何も気付かないまま毎日をやり過ごしている。
あなたは本当にそれでいいの?
でも、今ごろわかっても遅すぎる・・・真紀ちゃんはもう元には戻らないわ。
私が手に入れた貴方の奥さまはもうすでに二人もの男性にたくさん抱かれて、新しい自分を見つけて生まれ変わったのよ。
ぼんやりしたあなたがこうしている今だって、オジさんをもっと悦ばす女になるためにマイホームのベッドで調教されているなんて想像できるわけないでしょうね。
時計は決して戻ることなく常に進んでいるのよ・・・
雅彦さん、決めたわ。
今度は、この部長さんにあなたの真紀ちゃんを抱いてもらうにしましょう。
結婚する前からずっと好きだったっていうから、その想う気持ちはあなた以上だわ。
きっと今までの誰よりもたっぷりと・・・しかも激しく可愛がってくれるでしょうね。
あなたにはわからないでしょうけど、女にとっては自分が想う人よりも自分のことを想ってくれている人に抱かれる方が幸せなことだってあるのよ。
それにね・・・そう・・・
いつか・・・いつかその時期が来れば、あなたにも立派に成熟した奥さまを食べさせてあげるわ・・・あなたの知らない真紀ちゃんにさぞかし驚くでしょう。
それまでは奥さまのことは私たちに任せて、家族のために頑張ってお仕事していて下さいね。

「あらもうこんな時間。もっとお話したかったわ・・・仕事のことやそれに・・・ほら、奥さま・・・部長さんの部下だった可愛らしい真紀ちゃんのことも。部長さんもそうでしょ?」
ここで初めて『可愛らしい真紀ちゃん』という言葉を使って牽制をしてみたが、その時、清野の表情に明らかな変化がおきたのを見逃すわけがない。
やはり・・・絶対にこれはいける・・・そう確信した。

「ごちそうさまでした。すごく美味しかったし楽しかったわ。また誘って下さいね」
「ユキさん、こちらこそ楽しかったです。今度、二人で飲みませんか・・・いい店知っていますから、ぜひまたごちそうさせてください」

『後はいいから。君は先に戻っててくれ』
雅彦さんは追い払われるように先に帰され、清野と二人きりになったときにこうして名詞を手渡されたが、そこにはしっかりと携帯の番号が記してあった。
「部長さん、こんなことしちゃって・・・私は初めて会った人の誘いに簡単に乗るほど安い女じゃないんだけど・・・困るわ・・・どうしましょう」
戸惑う演技をしながら少し笑って名刺を受取る。
「そんなつもりじゃないのですが・・・ぜひ、ユキさんと二人きりでゆっくりと話したいと・・・」
「・・・なら・・・せっかくのお誘い、お受けするわ。だけどそれには・・・」
わざと言葉を濁してみる。
「なにか問題が?」
「部長さん、正直に答えて。真紀ちゃんのこと、気になるんでしょ」
ずばっと切り込むと、清野の目が踊り一瞬会話が度切れて店内のざわめきだけが耳に入って来る。
「・・・・・・まさか・・・・・・冗談はよして下さい・・・・・・彼女は人妻ですよ・・・」
「だから?ごまかしてもだめ・・・私にはわかるの。部長さんが知らないいろんなこと、もっと知りたかったら静かに二人きりで話ができるところじゃないとだめ。真紀ちゃんの秘密、知りたいんでしょ?」
しばらくじっと探るように私の顔を見た後、目をそらさずに低く太い声で答える。
「・・・ユキさん・・・あなたは怖い人だ・・・負けました。真紀君の秘密っていったい?どうしてあなたがそんなことを知っているんですか?」
「誰にでも秘密はあるでしょ・・・たまたま私がそれに関わることになってしまったの。真紀ちゃんが大好きなら今度、教えてあげてもいいわ」
「・・・もちろん・・・知りたいです・・・お店は任せて下さい。またすぐに電話しますから・・・いいですよね。お願いします」
ぱらりと撒いたエサに他人の妻・・・しかも自分の部下の妻・・・・を妬む男が食いついてきた瞬間、真紀が次に進むべき道が決定した。
私も携帯番号を記して清野と交換した名刺は次なる調教へご招待する「チケット」となったのだ。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。