FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある男の登場
受付の前で雅彦さんの顔を見ながら、真紀と再会してから今まで起きたことに思いを巡らせていると、そこへちょっと持っている空気が違う男が現れた。
すかずかとこちらに近づいてきたと思ったら私の顔をじろっと見るなり
「おや、立原君、こんなところで何してるんだい?こちらの方は?」
「あっ、部長お疲れ様です。前に近所に住まれていた方で、ユキさんといいます。家族ぐるみでお付き合いさせていたいていたんです。さっき偶然お会いして、これからランチでもと思っていたんです」
「そうでしたか。ユキさん、うちの立原がお世話になっています。彼に会いにわざわざいらしたんですか?」
名刺を差し出しながらギョロっとした目つきで相手を観察し値踏みをするような目つきは管理職らしくアクが強くていやらしい。
当然、油断ができずこちらの弱みは簡単には見せられないだろうが、こういう男は自分にとって実のある取引になるとすぐに興味を示しぐいぐいと食いついてくるタイプに違いない。
この上司の名前は清野という。

「たまたま近くに来たものですから、ちょっとだけご挨拶をと思って。とってもお忙しい方だからこうでもしなきゃお会いできないので」
「そうでしたか。立原君、せっかくいらしたお客様だ。待たせたら失礼だぞ。そうだ、ユキさん・・・私もぜひご一緒させて下さい。ちょっと時間が早いけどごちそうしますよ。さあ行きましょう」
一方的に決めて即行動を起こす・・・うっとうしくも思えるが、付き合ってみればなかなか強引で楽しい相手かもしれない。
こうして突然現れたこの男の誘いで三人でランチをすることになった。

さずがは部長・・・近くのホテルの最上階のレストランに案内された。
「みなさん、毎日遅いんでしょ?大変ですね。そういえば・・・立原さんって社内結婚だって聞いたんですけど、部長さんも立原さんの奥さまのこと、ご存じなんですか?」
同じ社内にいたならば、知っていることがたくさんあるに違いない。
優雅なコース料理の合間に話題を真紀のことなるようにさりげなく仕向けて探りを入れてみる。
「彼女とは同じ部署にいましたからね・・・そりゃよく知ってますよ。大川君・・・いや真紀君は優しくて可愛らしくて社内でも人気者だったんだけど彼に取られちゃってね・・・残念がった男が何人もいたなぁ・・・今でももったいないって言われてますよ。さぞかし可愛くていい奥さんになってるんだろうな」
「部長、よして下さい。そんなことないですってば。それにもうずいぶん昔の話ですよ。今では子供の世話に追われていますよ。可愛いだなんてもうそんな雰囲気じゃないです」
「そうか?同期の連中に聞いてみたらどうだ?きっと俺と同じこと言うぞ。あんなに可愛い奥さんと子供に囲まれて君は幸せな男だ。大事にしないといけないぞ」
「そうですか・・・とくにこれといって・・・普通かなと思うんですか・・・」
「君も困ったもんだ。あれだけ期待していた真紀君を会社からさらっていったのにちっとも自覚がない・・・それじゃだめだぞ。もっとしっかりしろ」

面白いことにこの男は自分の部下の妻のことなのにずいぶんと饒舌だ。
この雰囲気にちょっと圧倒されながらも、話をこちらの方に切り替えようと試みる。
「なるほど・・・立原さんの奥さまって人気者だったんですね。ちっとも知らなかったわ」
「この男は幸せ者だよ」
「そうですよね。そんな素敵な奥さんと暮らせて幸せだと思うわ。でも、部長さん、あまり言うと立原さん、気分悪くするかも。お子さんもいる奥さまにそんな言い方じゃ大人気ないわ」
「そうだけど・・・やっぱり彼にはできすぎた奥さんですよ・・・本当に。あれからずいぶん経ったな・・・今じゃ彼女はお母さんなんだね・・・そっか・・・」
一気にしゃべり終わった後、妙に実感をこめて嘆き遠くを見るのがちょっと不思議な気がしたが、真紀の旦那さまはそんなことは気にせずなんとか自分の妻の話題をやめさせようとする。
「部長、私のことばかりじゃユキさんに失礼ですよ。この話、もうそろそろ終わりに・・・」
「大丈夫、そんなことないわ。立原さんって優しいし、立派なマイホームまで買って・・・その歳でとっても立派。人気者の奥さまにぴったりだわ」
「もう・・・ですから、そんなことないですってば。私の話はこれぐらいにしていただけませんか。どう返事していいか困っちゃいます」
「そうだよな・・・俺も機会があったらぜひ新しい君の家に招待してくれよ。彼女の顔も久しぶりに見たいし、ぜひ頼むよ」
「わかりました。近いうちにご招待させていただきます」
自分の妻がこれだけほめられているのにさほど照れるわけでもなく、こんな感じで意にも介さず笑いながら簡単にスルーしてしまう。
でも、鈍感な雅彦さんとは違って、私にはこの部長の気持ちが手に取るようにわかる。
もしかして・・・
この男は真紀に気があるかも・・・
いや、絶対に惚れているに違いない。
ということは、うまくいけば次の調教計画のパートナーとして使える可能性が出てきた。
もし、見知らぬ人だったオジさまの次に身近な元上司がお相手となったらば、真紀奥さまの熟成はきっとさらに進むに違いない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。