FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新しいお部屋 プロローグ2
いつもたくさんのアクセスありがとうございます。
また更新しちゃいました(笑)
話が多少前後しています。現在進行中のお話と思い出しているお話が交錯してしまって・・・
読みにくかったらごめんなさい。
思い出している部分は斜めにしてみました。


こうして新たに選んだのがオジさんの所有するマンションの空き部屋・・・
小さなマンションだが少し離れた静かな場所にあり、部屋は思ったよりも広くて真新しく、防音もしっかりしていて大きめのユニットバス付。
そこにキングサイズの布団を二つ運び入れてフローリングの床に敷き詰め、真紀のおうちのような可愛らしいシーツとカーテンをしてできあがり。
だけども、この部屋にあるのは小さなドレッサーとチェストだけ。
そこにはオジさんの選んだ色とりどりのランジェリーがぎっしり詰まっている。
毎回違う下着を着せて調教するのがオジさんの趣味・・・
もちろん真紀を泣かせるためのさまざまな調教道具も買い揃えてある。

数日後、やっと真紀を迎え入れる準備が整ったその日が来た。
「真紀ちゃん、私たちの新しいお部屋にようこそ」
「ここはいったい・・・あぁぁ・・・」
何も置かれていない、がらんとした空間を見た真紀が絶句する。
「オジさまの持っているマンションだから遠慮しなくていいわよ。子どもさんが幼稚園に行っている時間、この場所でゆっくりと楽しみましょうね。ほらこっちに来て」
ドアをゆっくりスライドさせて「寝室」に入ると裸になって待っていたオジさんがにこやかな表情で出迎え抱きしめるが、真紀はもう抵抗などせずそのまま厚い胸に顔を埋める。
「オジさま・・・あぁぁ・・・」
「真紀、よく来たね。ここはお前のために用意したんだ・・・このままここで暮らしてもいいんだぞ」
「そ、それだけはできません・・・許して下さい・・・」
「許すわけないだろ。甘えるのもいい加減にしなきゃ・・・今から俺のためにここで暮すんだ・・・毎日お前を抱きたいんだ」
無理なことを言いながら、めくりあげたスカートの中に手を入れ小さなお尻を撫で回す。
「あぁぁ・・・できないの・・・それは・・・できないのぉ・・・ゆるしてぇ・・・」
「オジさまって意地悪。真紀ちゃんにはあのおうちがあるのにね・・このお部屋にちゃんと通うから許してってお願いしなさい」
「あぁぁ・・・わかっています・・・そうするしかないんですよね・・・かよいます・・・あぁぁ・・・ですから・・・」
「そうよ。ずいぶんいい子になったわ・・・定期的にレッスンしましょうね。その都度呼び出すから・・・それができないのなら、またあなたのおうちにおじゃまするからね」
「定期のレッスンなんて子供の習い事みたいだな。真紀ちゃん・・・・ちゃんと通ってもっと上手になって楽しませてくれよ。こうして生きていくって覚悟を決めたんだろ」
黙ってうなずく真紀の背中のファスナーをゆっくりと下ろすと、水色のワンピースがはらりと足元に落ちる。
「あっ・・・だめぇ・・・」
今までと違う真っ赤なレースのランジェリーに包まれ見違えるほど艶っぽくなった真紀の裸体に驚き、オジさんと二人で息をのむ。
「ほほぉぉ・・・ちゃんと着てくるなんて、あれだけ嫌がっていたのに変われば変わるもんだな・・・ロリっぽいのもいいがこりゃすごい・・・それじゃ日が暮れるまで三人でたっぷりと楽しもう・・・」
オジさんに抱えあげられて買ったばかりの布団の中へと沈んでいく。

今日、雅彦さんに会いに行く前に、久しぶりに真紀の家で調教をしよういうことになりオジさんと一緒に立ち寄ることにした。
「そっか。旦那さまと会うのか。それじゃ久しぶりに真紀ちゃんの家に行こうぜ。旦那さまにいいみやげ話ができるぞ・・・すごい写真でも見せてやればいい」
「そんなことしたら雅彦さん、ショックでボロボロになっちゃうわよ。オジさまってひどい人ね」
「いずれわかる日が来るだろうけどな・・・それがいつになるのかも楽しみだ」
さっそく真紀に電話し、家に行くことを告げる。
「む、無理です・・・こ、困ります・・・約束が違います・・・私から出かけていきますからどうか・・・どうか・・・この家では・・・やめてください・・・」
「もう決めたからことだからぐずぐず言わないで。ちゃんとお風呂の用意をしてね・・・それと買ってもらった下着を着てちゃんとお出迎えするのよ。わかった?」
「ゆきさん・・・約束が違います・・・あぁぁ・・・困ります・・・」
「たまにはいいでしょ。オジさまったら、あのダブルベッドがとってもいいんですって。真紀ちゃんも自分のおうちの方で抱かれる方がいいでしょ。とにかく今から行くから」
これ以上真紀の言い訳を聞く必要はないのでそのまま電話を切ってしまう。

合鍵で玄関のドアを開けると言いつけた通り、淡いグリーンのランジェリー姿の真紀が私たちを出迎える。
「・・・いらっしゃいませ・・・オジさま・・・ゆきさん・・・」
「自分で選んだのか・・・さすが、どんな下着も似合うな」
ランジェリーに彩られた真紀をしばし見つめ、征服した者だけが味わえる悦びに浸っている。
「あのね・・・今日はね・・・会社に行って雅彦さんと会って来るわ。心配しなくて大丈夫・・・ちょっとしたご挨拶するだけだから」
「な、なんでですか・・・わたし・・・こうして・・・だからしゅじんには・・・しゅじんをまきこまないでぇ・・・だから・・・」
いきなり聞かされた話にびっくりして涙声になった真紀が必死に訴える。
「ちょっとご挨拶するだけよ。そんなに大騒ぎしなくてもいいのに・・・まったく・・・」
「なんでそんなに心配するんだ・・・真紀ちゃん。旦那さまなんかに邪魔させるわけないだろう・・・こんなに可愛いお前をもっと調教したいのに。さあ、俺たちのベッドに行こう・・・夕方までのんびりさせてもらうぞ」
「ゆきさん・・・おねがいします・・・しゅじんにはいわないで・・・おねがいします・・・あぁぁ・・・」
「大丈夫だから、オジさまのお相手をちゃんとしてあげなさいよ。また後でね」


今日・・・たった何時間か前、私の方をしきりに振り返りながらオジさまに手を引かれてあの寝室への階段を上る姿を確認してここにやってきたのだ。

今ごろ二人仲良くお風呂に入った後の、二回目いや三回目の交わりの真っ最中かもしれない。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。