FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お互いの顔を濡らして
「こんなに感じやすくなっちゃって・・・よかったわね・・・オジさまのおかげよ。またすぐに抱いてもらえるから・・・あん・・・私も舐めて・・・真紀ちゃんに舐めてほしいの・・・」
身体を入れ替えて真紀を上にするとその小さくて柔らかい口唇が私の身体を滑るように舐め始める。
「あんあん・・・とっても上手・・・上手になったわ・・・ここに来てもっと舐めて・・・真紀ちゃん来て」
ベッドの中央に座りなおし股間に真紀を迎え入れると、熱い吐息が花弁にかかり小さな舌がチロチロと動き出す。

「あぁぁ・・・上手・・・あんあん・・・なんて上手なの・・・あんあん・・・」
「あうぅぅ・・・うぅぅぅ・・・」
「あぁぁ・・・オジさまにするように・・・私にも・・・真紀ちゃん・・・もっと強く・・・もっとたくさん舐めてぇ・・・」
シャンプー後の湿った栗色の髪を内股にひんやりと感じながら頭を押さえつけ膝で挟み込む。
「あぐぅぅ・・・うぇぇ・・・あぅぅ・・・」
「もっとできるはずよ・・・あんあん・・・真紀ちゃん・・・真紀ちゃん・・・もっとしっかり・・・」
少し強めに乳首をつねったり敏感な突起をつまんだりしながら真紀を操っていくと股間に埋もれた頭の動きがスムーズになり、私の花弁にもそれが伝わって来る。
「いいわぁぁ・・・すごくいい・・・私のも美味しいでしょ・・・あぁぁ・・・舐めたら吸うの・・・そうよ・・・そう・・・」
「あぅぅ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
可愛い真紀がこんなに私のことを気持ちよくさせようとしてくれるなんて夢のようだ。
私を抱いてきた男連中とはまったく異なる、緩やかで心地よいこのじわじわとした快感がたまらない。
真紀がここまでできるようになっているとはうれしい誤算だ・・・
今までは、抑えこんできた真紀自身を解き放ちたくさん感じることを覚えて、さらにオジさまを悦ばせることが大きな目的だった。
それが達成されつつある今、私のためにも役立つようこの奥さまをさらに可愛がりたくなってきた。

「あぁぁ・・・ねぇ・・・私はオジさまと違うの・・・もっと・・・もっとたくさん・・・ねぇ・・・もっとなのぉ・・・」
男のざらついた感触とはまったく違う、柔らかで滑らか・・・そして揺れる髪の毛からはいい香りが漂う・・・
私にはペニスという武器がないが故、真紀にはゆっくりとゆっくりと愛してもらいたいのだ。
「そうよ・・・ずっと舐めていてほしいの・・・あんあん・・・そう・・・そこよぉ・・・」
そして、幼稚だか一生懸命してくれている愛撫に酔いしれてしまい、真紀の顔の上に乗って踊りだしてしまう。
それでも小さな舌はその動きを止めることなく滑らかに私の花弁やその突起を舐め続ける。
「あぁぁ・・・そこ・・・そこよ・・・あん・・・真紀ちゃんに舐めてもらえるなんて・・・うれしい・・・あんあん・・・素敵・・・私も舐めてあげるから・・・ねぇ・・・一緒にぃぃ・・・一緒にぃ・・・」
真紀と一緒に横になり二人の舌が交互に股間で動き回るのを感じながら、激しい調教を受けて赤く充血した敏感な突起をもう一度口に含んで開いたばかりのアヌスに指を潜り込ませぐにぐにと掻き回す。
「ひぃぃ・・・だめぇ・・・ひぃぃ・・・うわうわぁ・・・」
「すんなり入ったわ・・・とってもいい感じ・・・お尻、こんなに柔らかくなってよかったわね・・・本当によかった・・・」
「あぁぁ・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・またおしり・・・だめぇぇ・・・だめぇぇ・・・おしりはぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・真紀ちゃん・・・あんあん・・・」
お互いの顔をあふれ出てくる蜜で濡らしながらゆっくりとゆっくりと今だ経験したことない新しい頂上めざして昇っていく・・・

何度も襲ってくる波にのまれ、新しい峰の頂上に登っては落ちていくような快感を味わってぐったりとしているうちに夕方になり、掃除と片づけすると部屋は見違えるほどきれいになって、真紀の調教の痕跡などどこにも見当たらなくなってしまった。
「とってもよかったわ・・・会うたび上手になってる。またすぐに来るからね。しつこいけど、いつものあなたでいなさい・・・余計なことは考えないし、しないこと。わかったわね」
部屋着に着替えた真紀を抱きよせ口唇を重ねる。
「あぁぁ・・・わかっています・・・だから・・・もう・・・ここには来ないで下さい・・・これ以上は困るんです・・・あの人に気付かれてしまいます・・・そんなことになったら私・・・私・・・」
「さあ・・・どうだか・・・オジさまが決めることよ。私はこのおうちが好きだからまた来たいわ。いつでも私たちの相手が出来るように、あなたはあなたのすべきことをしなさい」
「もう・・・ここではよしてください・・・どこにでも・・・どこにでも行きますから・・・」
「その言葉、忘れちゃだめよ」


これだけ淫靡な調教を受けても耐え続け、壊れもしないし自分から男に媚びるようなこともしない真紀がとっても愛しく思える。
だけども、このまま調教が日常化してしまいオジさんに慣れてしまえば、自分で求めるような淫乱な奥さまになってしまうかもしれない。
少なくとも恥じらいと涙はなくなるだろう・・・そうなってからではもう遅い。
オジさんには『裏切るな』ときつく念を押されたがそれはそれとして置いておいて、真紀をもっと泣かせるためのプランを考えないと先が見えてしまう。
それに、こうして美しく開花した真紀をこのままオジさんだけのものにしておくのはもったいない。
やっと旦那さまから奪い取ったのに、また一人の男だけに支配されるなんてナンセンス・・・
この美しい『花』を枯らすことなくずっと咲かせておくのは、真紀を無理矢理引きずり込んで開花させた私の責任である。

次の調教を考える時期が来たのだ・・・
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。