FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
乱れた寝室で
こんにちは。ユキです。
がんばって更新しました。
ずぼらだから、できるときにしておかないとまた間延びしてしまうので・・・

感想、ご意見、ご要望?(笑)、リンク希望(そのままだとエラーになるから工夫してね)、お待ちしています。
そろそろ新しい展開(それほど変わりませんが)の予感かも。


今度は一転して固いフローリングの床の上で座ったまま一つになると、細い手足でオジさんの強固な身体にしがみつき、小さくて白い身体を思い切り躍動させる。
「あんあん・・・真紀ちゃん・・・・可愛い・・・たくさん愛されてる・・・うらやましいわ・・・あぁぁ・・・」
真紀の中で暴れていたバイブを自分の中に挿入し一体感を味わった後、十分に『潤滑油』にまみれた太い先端をさっき開いたばかりのアヌスにあてがう。
「私が濡らしてあげたわ・・・どうぞ。お尻でも味わってね」
「うげぇぇ・・・うげぇぇ・・・」
「おい・・・ユキ・・・そんなこと・・・うわぁ・・・アソコが・・・し、しまるぅぅ・・・」
「真紀ちゃんと一緒にイってあげて・・・まきちゃんとぉぉ・・・さあ・・・」
くねくねと動く巨大な先端がアヌスを押し開いて真紀のお腹の内へと潜り込もうとすると、オジさまとつながっている身体が硬直し進入を拒もうとする。

「ぐぐぅぅ・・・うっうう・・・」
「真紀・・・そ、そんなに・・・きつくしちゃ・・・だめだ・・・うっ・・・たまらない」
「だめよ・・・がんばっちゃだめ・・・さっきオジさまを受け入れたように楽にして・・・そうすれば自然に入っていくわ。大丈夫・・・」
とはいうものの、ペニスを咥え込んだまま、太さが違いすぎるぐにぐにと動く矛先を飲み込むのそう容易なことではない。
だが・・・
無理矢理開花させられたばかりのアヌスは、ペニスを咥えこんだ花弁からのおびただしい蜜に助けられて回転する先端を少しずつ呑み込んでいく。
「あぐぇぇ・・・ぐぇぇ・・・」
「すごい・・・なんてこと・・・先っぽが入っていく・・・すごいわ・・・びっくり・・・オジさま・・・すごいわ・・・」
一つにつながっている二人が苦痛に顔をゆがめ激しく頭を振るが、柔らかくなっているアヌスは着実に広げられていく。
全部は無理にしても、先っぽだけでも呑み込ませようとバイブを握った手に力を込めると今度はオジさんの方がおかしくなってくる。
「もう・・・もうよせ・・・ユキ・・・よすんだぁぁ・・・」
「ぐえぇぇ・・・げぇぇ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「真紀・・・うおぉぉ・・・そんなにお尻もいいのか・・・こっちはどうだ・・・どうなんだぁぁ・・しまるぅぅ・・・しまるぅぅ・・・」
可愛い奥さまを意のままに操る私に嫉妬したのか、奇声をあげてオジさんが狂ったように下からずんずんと突き上げる。
「うげぇぇ・・・げぇぇ・・・うっうっうっ・・・」
両方の穴を同時に犯され、お口にはボールをはめられている真紀が唾液を垂らしながら懸命に腰を振っている・・・
これぞ私たちに屈した可愛い奥さまが厳しく調教されている真の姿である。
「うおぉぉ・・・駄目だぁぁ・・・我慢が・・・また出すぞ・・・出すぞぉぉ・・・」
「もう出ちゃうの?オジさまも真紀ちゃんにメロメロ・・・だらしがないわね」
「そ、そんなこといったって・・・おぉぉ・・・うおぉぉ・・・」

リビングで犯された後、また洗い流され清められて再び寝室へと連れて来られるが、真紀は乱れたままのベッドを真っ直ぐ見ることができない。
「もう・・・もうよしてぇぇ・・・もう今日は・・・帰って下さい・・・」
「だめだよ・・・まだこんなに大きいんだ・・・真紀・・・わかるだろ」
「まだ時間、大丈夫でしょ。もっとオジさまのお相手をして満足させてあげなきゃ帰ってもらえないわよ」
「もう・・・できない・・・ゆるしてぇ・・・ゆるしてぇ・・・おねがいします・・・」
尻込みする真紀を二人がかりでベッドにうつ伏せにして押さえつけてロープで縛り、小さなお尻と開き始めた蕾の内側ににローションをたっぷりと塗っていく。

「なんでまたしばるの・・・しばらないでぇぇ・・・いたいのはいやぁ・・・」
「だって・・・真紀ちゃん、いい子じゃないんだもの・・・もっとお尻の調教しなくちゃだめよ」
「もういやぁぁ・・・おしりはぁぁ・・・もういやぁぁ・・・いたいの・・・しみるの・・・しみるのぉ・・・」
相当辛かったのか、アヌスをまた貫かれる恐怖に脅えている。
「怖がることない。一度だけじゃダメなんだよ・・・すぐに固くなっちゃうんだ・・・そうなると辛いのは真紀ちゃんだよ。毎回痛い思いをしなきゃいけない・・・ゆっくり優しくしてやるから」
赤い縄で変形した白い乳房にもローションを面白そうに垂らして揉みしだき、ヌルヌルになったその指をさらにアヌスに潜り込ませる。

「うわうわぁぁ・・・うわぁぁ・・・もう・・・もうゆるして・・・ゆるして・・・」
「さっきよりもこんなに柔らかくなったよ・・・今のうちにもっと慣れるんだ・・・これからは尻の穴でも楽しませてくれよ・・・」
「ひりひりするのぉぉ・・・いやあぁぁ・・・そこはいやあぁぁ・・・もうもう・・・いやあぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
「すごい反応ね・・・慣れてきたから指だけじゃ物足りなくなってきたでしょ・・・これもどうぞ・・・」
怪しい光を放つスケルトンのバイブを開いたばかりのアヌスと熟した花弁の中へと交互に押し込んでいく。
「ぐぇぇ・・・あぁぁ・・・うわぁぁ・・・」
「オ○○コもお尻の穴もずいぶん柔らかくなってきたな・・・またいただくとするか。なんせアヌスの処女をもらったのは俺だからな・・・もっとちゃんと慣らしておかないとな」
「だっめぇぇ・・・おしりもうだめぇぇ・・・おしりだめなのぉぉ・・・きゃあぁぁ・・・」
「安心しろ・・・十分にほぐしてから入れてやるからな・・・」
こうして乱れたベッドの上で散々玩具で掻き回された後、、十分にほころんだセピア色の蕾の中にに赤黒いペニスが押し込まれていく。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
たまらないです。何回も真紀さんでオナニーしちゃってます。
2010/07/07(水) 18:09:44 | URL | ファン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。