FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
悦びを表せない真紀
うごめく舌が薄い口唇を離れて首筋からまた乳房へと向かい、その途中であのネックレスを口に含んで白い肌にきつく赤い印をつけていく。
「あぁぁ・・・だめよぉぉ・・・だめぇぇ・・・よしてぇぇ・・・」
「いいね・・・いいプレゼントじゃないか・・・愛されてるのがよくわかるよ」
「あぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・そんなことしなでぇぇ・・・あんあん・・・ひぃぃ・・・」
左右に伸ばした手でブルーのシーツをつかみ、オジさんの大きな身体の下で悶え苦しむ真紀・・・
「真紀も愛してるんだろ・・・俺にこうされても・・・」
尖ったピンク色の乳首を咥え舐めながらいたぶりの言葉を続ける。
「あ、あいしています・・・あぁぁ・・・だから・・やめてぇぇ・・・もうやめてぇぇ・・・」
「そうだろう・・・でも残念だな。その雅彦に見捨てられ、お前は俺のものになった・・・今日もココで抱かれる。そうだろ」
乳首を含んだ口をぎゅっと閉じる。
「い、いたい・・・いたい・・・あぁぁ・・・そ、そうですぅ・・・ゆるしてぇぇ・・・まさひこさん・・・ごめんなさい・・・こうするしかぁぁ・・こうするしかぁぁ・・・」
「そうだよ・・・真紀はいい奥さんだ・・・いい香りだし柔らかくて感じやすくて・・・」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・おじさま・・・・おじさまぁぁ・・・」
ここにいるはずもない最愛の夫に許しを請う真紀の乳房は両手で激しく揉まれ、とがった乳首はチュウチュウと吸われ、時折歯が立てられ噛まれてしまう。
いくら拒否をしようとも、こうなるとあの日一晩中激しく執拗に調教された身体はだんだん反応し始めてしまう・・・
貞淑な妻でいたいと思うココロが淫靡な味を知ってしまった身体に引きずられて快楽の渦へと巻き込まれ、辛うじて保っていた真紀の中での調和・・・バランスがどんどん崩れていく。
真紀は最愛の夫からのプレゼントを身につけながら裸体を震わせ泣き叫び、新居での調教を拒否できなくなってしまう。

「あぐぅぅ・・・ああぁぁ・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・そこ・・・そこは・・・・・・」
「真紀、散々とぼけたくせに身体はちゃんと覚えてるじゃないか・・・」
乳首をつまんでいた指が下腹部をなぞるようにゆっくりと降りてきて、きれいに剃られている花弁をいじくると閉じられた扉が粘っこい蜜でしっとりと濡れている。
「おっと・・・もうすでにぐっちょり・・・」
「きゃあぁぁ・・・あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・そこはだめぇぇ・・・ひぃぃ・・・だめぇ・・・だめなのぉ・・・ゆるしてぇぇ・・・」
オジさんが無言のままぴったりと合わってしまった両足をぐいっと広げ、その間に強引に顔をねじ込んで湿った花弁を覗き込む。
「み、みないでぇぇ・・・」
「おやまあ・・・またまた『だめだめ真紀ちゃん』だね。だけど、ここにもこんなによだれをたらしちゃって・・・ぐっちょりと・・・いけない奥さまだ・・・」
熱く潤いの中で膨らみつつある花弁の突起を指の腹でなぞるように愛撫すると、真紀がガチガチと歯を鳴らしてベッドに沈んだ身体をくねらす。

「ひぃぃ・・・あうぅぅ・・・あぁぁ・・・そこ、いじらないでぇぇ・・・お、おじさま・・・そこはだめぇぇ・・・」
「きれいだしとっても柔らかい・・・真紀・・・さすがだ・・・」
「オジさま・・・あぁぁ・・・あん・・・だめ、だめなのぉ・・・だめよぉ・・・おじさまぁぁ・・・」
「ちょっといじっただけでびしょびしょにしちゃって・・・こんなに敏感なお前が雅彦とココでセックスしてないなんてウソだろ?」
「してない・・・そんなこと・・・してません・・・ちがうのぉぉ・・・やめてぇぇ・・・やめてぇぇ・・・あぁぁ・・・いじっちゃいやよぉ・・・」
「真紀・・・本当に抱かれてないのか?こんなに・・・あぁ・・・ぐっしょりでびちょびちょなのに・・・」
花弁から湧き出てくるおびただしい蜜を指ですくい上げる。
「あぁぁ・・・そ、そんなことない・・・ちがうのぉぉ・・・ぬれてなんかぁぁ・・・」
「いいんだよ。濡れるのはちっとも恥ずかしいことじゃない・・・俺を欲しがっている証拠だ。何日も待たせて悪かったな」
「あぁぁ・・・そ、そんなぁぁ・・・ちがうってば・・・ちがうのぉぉ・・・ぬれてなんかいないのぉぉ・・・うわぁ・・・」
「こうしてほしかったんだろ・・・こうしてぐにょぐにょに・・・」
「ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・ちがうのぉぉ・・・だめぇぇ・・・」

調教済みの身体は花弁の入り口を遠慮なしにまさぐり続ける指に対して目覚ましい反応を示しているが、やっと目覚めたばかりの真紀のココロはそれに追いついていかない・・・
でも、それはあの夜を過ごし調教された日まで真紀は二人しか男を知らなかったので仕方ないのこと。
ましてや、その二人は未熟者な雅彦と乱暴者のうちのダンナ。
この男たちがもたらしたものは夫婦の義務である生殖行為と脅迫され支配される苦痛でしかない単調な交わり・・・
こんな下手くそな男にばかり抱かれていればセックスなんてそんなものだと思ってしまうし、どんどん受け身になっていってしまう。
私たちによって貞淑という鎖が断ち切られてもなお過去の男たちに束縛され続け、自分で悦びを十分に表すことができないでいる真紀・・・
身体の次はココロをしっかりと調教しなくては、開いたばかりの可憐な花はすぐにしぼんで枯れてしまう。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。