FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
重なり合う裸体
「うわぁ・・・とっても柔らかい・・・いい香りだ・・・たまらないよ・・・真紀、この香りをずっと待ってたんだ」
「あぁぁ・・・よしてぇぇ・・・よしてぇぇ・・うぅぅ・・・いやぁぁ・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・だめなのぉ・・・」
「真紀・・・とっても柔らかいよ・・・また可愛いお前を抱けて幸せだ・・・」
真っ白な真紀の裸体が赤黒い身体に押しつぶされるように絡み合って口唇が重なり、野蛮な舌がねちょねちょと真紀の口腔内を舐め回し、その舌が耳たぶからうなじへと這い回る。
「うわうわぁぁ・・・いやよぉぉ・・・ああぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
あの日、貞淑な奥さまだった真紀をひたすら調教し、女としての快感を覚えこませたオジさんの勢いはもう誰にも止めることはできない。
「なんて可愛いんだ・・・真紀。今さら隠すことないだろ・・・いいじゃないか・・・おっぱいを見せておくれ」
ちゅぱちゅぱ・・・ちゅっちゅ・・・
いやらしい音をさせ熱い唾液をたらしながら口唇がゆっくりと滑り落ちてくるが、胸を守ろうと固く交差している腕が乳房を隠している。
「・・・ゆるしてぇ・・・おじさま・・・」
「まったく・・・いつまでこんなことしてるんだ。抵抗したって無駄なんだよ。まだわからないのか」
胸を覆っている腕が力任せに引き剥がされると、真紀の象徴であるあの可愛らしい乳房が恥ずかしそうに顔を出す。

「きゃあぁぁ・・・よしてぇぇ・・・よしてぇぇ・・・いやぁぁ・・・」
最後の抵抗を試みているように見えるが、それは弱々しくかすれている言葉だけにしかすぎない。
ぐったりとなって動かない真紀は横を向いたまま涙を流してシーツを濡らし、これから始まろうとしている新たな調教を受け入れようとしている。
「あぁぁ・・・お前は可愛いな・・・このおっぱいが大好きなんだ・・・小さいのに柔らかくて・・・甘くて・・・それにいい香り・・・」
真紀の腕をつかみながら荒く上下している白い膨らみの間に顔を埋めると細い身体がブルブルっと震え、一気に力が抜けてしまう。
「こうされたかったんだろ・・・俺を待ってたんだろ・・・わかるんだよ・・・こんなにコリコリ固くして・・・美味しそうだ・・・」
上を向いたピンク色の乳首を口に含んでチュッチュッと吸いながら舌で転がし、両方の乳房をゆっくりと揉みしだき、その頂点をつまんだり指先でくすぐったりする。
「あぁぁ・・・おじさま・・・ゆるしてぇぇ・・・だめよぉ・・・だめなのぉ・・・」
「やっと可愛いお前を抱けるよ・・・真紀・・・ずっと我慢してたんだ。それなのにこんなところで旦那と寝てやがって・・・」
「ご、ごめんなさい・・・ゆるしてぇぇ・・・ゆるしてぇぇ・・・おじさまぁ・・・あぁぁ・・・」
「お前はどんな気分なんだ・・・どうなんだ・・・俺のものになったくせにここにいる・・・」
「ひぃぃ・・・あぁぁ・・・そこは・・・だっめぇぇ・・・おじさまぁ・・・まきも・・・まきもずっとつらかったのぉ・・・こうするしかぁ・・・あ、あのひとと・・・いっしょにくらすしかないのぉぉ・・・」
『こうするしかない』
『どうしようもない』
旦那さまにもオジさんにも同じ様な言い訳のセリフ・・・
そう・・・
世間知らずの真紀奥さまを徹底的に調教し私たちのものにするためにどうしようもないところまで追い込んでいるのだ。

「忘れるなよ、真紀。お前の全部が俺のものなんだよ・・・このおっぱいだってそうだ。甘いミルクが出て来そうだ・・・真紀・・・甘いよ・・・飲ませてくれ・・・」
「ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・おねがい・・・ここではいやぁぁ・・・なんでもしますから・・・あぁぁ・・・おねがい・・・」
「だめだよ・・・真紀・・・お前が毎日旦那と寝ているこのベッドがいいんだ・・・ここが・・・」
気の毒な真紀・・・
いくら泣き叫び哀願しても許してもらえるはずがない。
激しく乳房が揉まれてむさぼるように吸われた上に噛まれてしまい、キスマークどころか赤い歯型をつけられてしまう。
「ひぃぃ・・・いたい・・・いたい・・・おねがい・・・ここでは・・・ここでは・・・あっあぁぁ・・・ゆるしてぇぇ」
可愛らしい奥さまを脅して自分のものにして徹底的に辱めて調教するだけでなく、今度はその自宅の寝室で泣かせながら犯し辱める・・・
いくら哀願し許しを乞うても、この二度とないチャンスをオジさんがやすやすと逃すわけがない。
「もちろんだよ。ここでなんでもしてもらうさ・・・このダブルベッドで奉仕してもらうよ」
「ここではいやぁぁ・・・あぁぁ・・・ゆるしてぇぇ・・・ひぃぃ・・・うぐぅぅ・・・」
首を振って必死に快感とたたかっていた真紀だが、またもや口唇を重ねられ強く吸われてしまうと荒々しく侵入してきたオジさまの舌を受け入れ、小柄な裸体をくねらせ応じ始める。
「いいぞ・・・真紀・・・」
「あふぅぅ・・・あぁぁ・・・ああぁ・・・」
「もっと舌を出して・・・うおぉぉ・・・うぅぅ・・・はぁはぁ・・・」
「あぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・あぐぅぅ・・・」
二人の激しい息遣いの合間に、ぬちゃぬちゃ・・・ぴちょぴちょ・・・と舌が絡み合う音がしばし続き、唾液の糸が真紀の口から垂れてくる。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。