FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人だけでイっちゃいや
「うぉぉ・・・うぉぉ・・・真紀のオ○○コぐちゅぐちゅだ・・・」
「あんあん・・・ひぃぃ・・・もうだめぇぇ・・・うわぁぁ・・・いいのぉぉ・・・すごくいいのぉぉ・・・」
覆いかぶさってくる小さな身体をしっかりと抱きしめ、口唇を重ね合わせるとさまよっていた真紀の舌が私を求めて絡みつく。
「ゆきさん・・・わたし・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・うぐぅぅ・・・」
うっあふぅぅ・・・あぐぅぅ・・・ちゅぱちゅぱ・・・ちゃぷちゃぷ・・・
真紀と私の喘ぎ声と舌の絡み合う音、それをかき消すように男女が交わり擦れ合ういやらしい音がどんどん大きくなる・・・
オジさまに揉まれて赤くなった膨らみが私の乳房に押し付けられ頂点同士が擦れ合うと、さっきまでの抵抗も消えてしまい、今までにない可愛い声で鳴く。
「あっあぁぁ・・・もうだめぇぇ・・・いいの・・・とってもいいの・・・あぁぁ・・・きもちいい・・・もっと・・・あぁぁ」
「いいぞ真紀・・・感じてるな・・・オ○○コ・・・締め付けてくる・・・うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・」
「あぁぁ・・・こんなのはじめてぇぇ・・・きもちいいのぉぉ・・・はじめてなのぉぉ・・・」
「後ろからされるのも好きそうだな・・・ほらもっと鳴け」
やっと従順に調教を受け入れるようになってきた真紀が口を半開きにし、恍惚の表情を浮かべて新たな涙を流す。
悲しみではなく、すべてを私たちに委ねてセックスの快楽にのみ込まれ零れ落ちる歓びの涙だ。
「オジさま・・・すごいわ。でも・・・手加減しないと・・・真紀ちゃんが壊れちゃう・・・」
「いいんだよ。世間知らずの奥さまがこれだけ柔らかくなったんだ・・・本番はこれから・・・もっと泣かせて狂わせてやるよ」
「そ、そんな・・・オジさまったら・・・」
一度手に入れた獲物を手放すとまたいつ出会えるか分からない
それが普通の可愛らしい奥さまであればあるほど・・・そんな思いなのだろう。
喘ぐ真紀を拘束していた足かせが外されると、ベッドの海にぐぐっと沈まされて、再度深々と貫かれ猛烈な勢いで突き続けられ小さな身体が弾む。

もはや真紀は可愛らしい奥さまではない・・・
野獣に貫かれもてあそばれている成熟した女となってしまったのだ。
「ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・すごい・・・あぁぁ・・・おじさまぁ・・・もうだめ・・・もうだめぇぇ・・・」
「うっ・・・しっかり咥えこんでいるくせに・・・もっとほしいんだろ・・・それ・・・」
今まで遠慮気味に抱いていたオジさんだが、愛しの真紀と夜を共にすることがよっぽどうれしいのか、今度は真紀の小さな乳房をつかんで容赦なく腰を振り激しく突く。
「あっあっ・・・いいの・・・すごくきもちいい・・・ひぃぃ・・・あんあん・・・」
悲しみから逃れるには目の前にある快楽に身を任せるしかない・・・
この部屋で続けられてきた淫靡な調教によって、やっと真紀は自然にそれができるようになってきたようだ。
「もっとオジさまに甘えなさい・・・あなたのすべてを任せるのよ・・・あん・・・真紀ちゃんがうらやましい・・・私だって気持ちよくなりたいの・・・」
激しく交わる二人の隣に横になり、さっきまで真紀の中で暴れていたバイブを自分自身の花弁の中に挿入する。

「あぁ・・・うっ・・・あん・・・オジさま・・・わたしだって・・・真紀ちゃんと一緒に感じたいの・・・一緒に・・・あぁぁ・・・」
真紀の蜜でぬるぬるになっていたバイブが勢いよく私の中でもくねって踊る。
「これ・・・さっきまで真紀ちゃんに入ってたの・・・一緒でうれしい・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃんの可愛い声を聞くとユキも気持ちよくなるってよ。もっと思い切り叫んでごらん・・・恥ずかしくないからこのまま・・・足をこうしてまたいで・・・そのままゆっくりと・・・」
激しく厳しく突き上げて責めたり、優しく耳を甘噛みしてささやいたり・・・こんな巧みな調教によってますますトロけていきた真紀は、オジさまとぴったりと息を合わせ向い合せになって自ら串刺しにされてしまう。
「あっひぃぃ・・・すごい・・・オジさまぁぁ・・・あぁん・・・すごくいいのぉ・・・いいのぉぉ・・・」
「もっといやらしい声で鳴いて・・・真紀ちゃん・・・もっと・・・このバイブってすごい・・・すごいわぁぁ・・・」
体内から響いてくる強烈な振動を味わいながら、下からぐいぐいと貫かれ小さな身体を震わせて喘ぐ真紀を見つめているとぼんやりとかすんでくる。
「もっと気持ち良くなりたきゃ、もっと自分で動くんだ。やってごらん」
「あん・・・あん・・・あぁぁ・・・すごくいいのぉ・・・おじさまがはいってる・・・はいってるのぉぉ・・・」
すべてをあきらめどっぷりと快楽に浸ってしまった真紀が甘えるような声を出してオジさんにしがみつき、結合部分を擦り合せるように腰を振って口唇を重ねる。
「真紀・・・お前は誰のものだ・・・こんなに気持ちよくしてくれるのは誰だ・・・雅彦なのか」
「い、いじわる・・・いわないでぇ・・・おじさまですぅ・・・まきはおじさまのぉぉ・・・あぁぁ・・・」
「おれのものになるんだ・・・ずっと・・・こうして・・・」
「まきは・・・おじさまのものです・・・あぁぁ・・・まきは・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・もっと・・・もっとぉぉ」
白いお尻を懸命に振りながらついに口にしてしまったこの言葉。
終わりの見えない調教に屈してしまい、それによってもたらされる快感に呑み込まれてしまった真紀・・・
誓ってしまったからにはもう今までのような『普通の生活』には戻れないことを覚悟しているのだろうか。
淫靡で可憐な奥さまになった真紀の新たな人生の幕開けにふさわしい『誓いの言葉』だ。

「真紀ちゃん・・・あん・・・いい子ね・・・うれしいわぁぁぁ・・・ずっと一緒よぉ・・・」
オジさんのものとなり抱かれ続けると誓った奥さまの可愛く切ない喘ぎ声が絶え間なく続く。
「きもちいい・・・あぁぁ・・・とってもいいの・・・いいわぁぁ・・・すごいぃぃ・・・あぁぁ・・・イクぅぅ・・・イくぅぅ・・・」
「真紀・・・オ○○コが締まる・・・うっうぅぅ・・・」
「二人だけでイっちゃいや・・・いやなのぉぉ・・・あぁぁ・・・」
きつく抱き合い一緒に昇りつめようとする二人の交わりの音と体内にうごめくモーターの音を聞きながらバイブを奥へ奥へと挿入し掻き回すと、強烈な快感が身体を突き抜けていき周りの世界が真っ白になってしまった。
関連記事
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
とても興奮しました
2009/04/26(日) 00:33:12 | URL | たか #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。