FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あきらめたはずなのに
愛する旦那さまに見捨てられ、私たちの調教を受け入れることしか道は残されていない真紀・・・
涙は枯れることはないがおしゃぶりは見違えるほど上手になってきている。
「その調子だ・・・うまいぞ・・・だんだん気持ち良くなってきた・・・いいそ・・・」
「こっちだって洪水よ・・・いやらしい匂いがプンプンするわ」
「見込んだとおりだ・・・お前とこうすることができてうれしいよ・・・真紀・・・」
オジさんの気が和んだころ、膨れ上がった赤黒いペニスが喉の奥を突くと可哀そうな真紀は耐え切れず苦しさのあまり咳き込んでペニスを吐き出してしまう。
「ふざけやがって。誰がやめていいって言った・・・なぜやめるんだ。ずっとしゃぶるんだよ。もっとしゃぶれ」
「いやぁぁぁ・・・もうやめてぇぇぇ・・・あっああっ・・・こ・・・こんなことぉぉぉ・・・もういやなのぉぉぉ・・・あぁぁ・・・だめ・・・もうよしてぇぇぇ・・・」
ベッドへと倒れこんでしまい懸命に身体をひねったり足を動かそうとして私の愛撫をも拒否しようとするが、明るいころから辱められ夜になっても帰れずどっぷりとセックスの快楽の沼に沈み込まされた真紀の身体はこれ以上動かなくなっている・・・
ドロドロになった花弁にしっかりと吸いついたまま熱い蜜を強く吸い上げると、いっそう甲高い悲鳴を上げて苦しそうに喘ぐ。
「ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・そんなにつよくぅぅ・・あぁぁぁ・・・だめぇぇ・・・ゆきさん・・・いやぁぁぁ・・・」
「何度舐めても美味しいわ・・・もっとちょうだい・・・もっとよ・・・真紀ちゃん、もっと・・・」
「あっあっあぁぁ・・・いやぁぁぁ・・・もうこんなこと・・・やめてぇぇぇ・・・おねがいです・・・うっぅぅぅ・・・」
潤んだ瞳からはとめどもなく溢れる涙・・・
喘ぐ口からは唾液・・・
じゅくじゅくの花弁からは粘々した熱い蜜と私の唾液・・・
それらが縛られた真紀から流れ落ちて乱れたシーツを汚し点々とシミを作っていく。
「ゆきさん・・・あぁぁ・・・もうやめてぇぇぇ・・・やめてぇぇ・・・」
「だめよ・・・もっと真紀ちゃんを舐めてあげる・・・あぁぁ・・・」

「いい眺めだな。真紀、こんなに濡らしながらあんな役立たずの旦那をいつまでも思っているんだ・・・いい加減にあきらめろ」
「そ・・・そんなぁぁぁ・・・あのひとは・・・そんなひとじゃ・・・ひぃぃぃ・・・ゆきさ・・・ん・・・あん・・・やめてぇぇぇ・・・」
「いつまでもそんなこと言ってないで、オジさまにたっぷりと甘えたらどうなの。とっても優しいの、たくさん抱かれてわかったでしょ」
「それじゃ、贈りものをいただくとするか」
待ちかねていたオジさんが私と入れ替わるようにしてぐったりとした真紀の背後に覆いかぶさり、腰を持って抱え上げようとする。
「真紀、待たせたな。今度は後ろからぐいぐい入れてやる・・・もう容赦しないからな」
「あっあっ・・・いやよ・・・いやなの・・・もういや・・・いやだってば・・・あぁぁ・・・もうよして・・・おねがい・・・おねがいだからもうやめてぇぇぇ・・・おじさま・・・ゆるしてぇぇ・・・」
「いくら嫌がってももう手遅れだよ・・・お前はずっと俺のものだ・・・こうして抱かれながら旦那と暮らすんだよ」
「そんなのいやぁぁぁ・・・いやなの・・・ゆるしてぇぇぇ・・・いやなのぉ・・・いやだってば・・・」
酔っているはずの真紀がオジさんの胸の下で暴れ始める・・・こんなことは初めてだ。
うちのダンナに犯されたときだって再会して辱めた時だって、それについさっきだって・・・すべてをあきらめたような悲しい目をして私に身を任せた真紀が・・・今になって思い出したように抵抗を始めたのだ・・・
真紀にとっての旦那さまはそれほどの存在なのか。

「真紀、・・・お前は最高だ・・・この小さくて可愛いおっぱい・・・柔らかいよ。乳首もこんなに尖らせて・・・感じてるんだね」
「あぁぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・さわらないでぇぇぇ・・・もうこんなこといやいや・・・いやだってば・・・いっやぁぁぁ・・・」
「騒げば自分がみじめになるだけだぞ。わからない奥さまだ。ユキ、静かにさせるんだ」
オジさまのペニスが真紀を求めてまっすぐ上を向いて光っている・・・
「もうすべて手遅れ・・・観念しなさい。すぐに全部忘れて気持ちよくなるから楽しめばいいのよ。旦那さまも許してくれたでしょ・・・」
暴れる真紀の手首を片手でつかんで押さえつけると、オジさまが両方の手で揺れる乳房を抱え込んで今度は力任せにぐいぐい揉む。
「ひぃぃぃ・・・いたい、いたい・・・ひぃぃ・・・や、やめてぇぇぇ・・・ひぃぃぃ・・・もういやなのぉぉぉ・・・」
「お前のこの小さなおっぱいが大好きなんだ・・・乳首がコリコリして固いよ・・・気持ちいいんだろ・・・もっとなんだろ・・・真紀・・・」
手のひらの中の乳房が尖った乳首とともにぎゅっとつぶされる
「あっひぃぃ・・・ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・いたい・・・あぁぁ・・・たすけてぇぇ・・・あなたぁぁ」
「ユキ、もっとしっかり押さえるんだ。わからず屋の奥さまにはきつい罰を与えないとな」
関連記事
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。