FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
百害あって一利なし
急いで着衣の乱れを直し、放心状態の真紀を連れて帰ったのはお迎えぎりぎりの時間であった。

「このまますぐになんか帰れないわ。ちょっとお茶でも飲ませて」
ホテルから一緒に幼稚園へ迎えに行った帰り、そのまま真紀の家でくつろぐことにした。

「着替えてきます・・・」
今まであったことを捨て去るようにすぐに部屋着に着替え、ほつれた髪を再びシュシュで束ねてリビングに戻って来た。
子供が無邪気にリビングでテレビを見ているのを眺めながら、私たちは花が飾られたダイニングテーブルに隣り合わせに座る。
後ろ側にはきれいに整理整頓されている城で統一された対面式のキッチン。
この何気ない静かな日常こそが真紀が身を挺してまでも守りたいものなのだろう。
「お疲れ様。なんとか帰ってこれてよかったわね。ホッとしたわ。しつこくて疲れたでしょ。部長さん、あなたが大好きなのね」
「・・・」
「二人であんなに盛り上がっちゃってさ。最後なんか自分からしちゃっうなんてびっくりしちゃった。私だけ損した気分。つまらないわ」
「・・・」
テレビの画面を見たまま黙っていて返事を返そうともしない。。
「あれだけ積極的になるなんてすごいわ。感じていたのは事実でしょ。認めなさい」
「・・・」
「でも何だか変な感じがする。部長さんにいいところ全部横取りされちゃったわ。あなたはどう思う?」
それでも真紀は無言だ。
「ねぇ、どうなの?何も話すことないの?それともあまりにも感じすぎちゃって声も出ないのかしら。結構いやらしいのね。なんとか言ったらどうなの?」
「・・・・・・ゆきさんはなんでいつもそんなこと言うの・・・私がどんな気持ちでいるか・・・こんなに辛いのに・・・」
横を向いたままやっと話し始める。

「なぜ部長さんとこんなことに・・・これからどうすればいいの・・・」
「まだそんなこと言ってる。いくら考えたって元になんて戻らないんだから。たくさん愛してもらったんでしょ。くよくよしないで前に進みましょう」
「でも・・・あぁぁ・・・主人になんて・・・」
「雅彦さんのこともそうだけど、あの子のためにも頑張らなくちゃ。気持ちを切り替えなきゃだめ。ちゃんとしなさい」
「・・・言われなくてもしています。私はどこにも逃げません・・・ここにいます。大丈夫です・・・」
時間が経つにつれて、いつもの強い真紀が戻ってきた。

「あれ?前は違ったじゃない。黙って引っ越したのはどこの誰だっけ?」
「・・・すいません・・・あれは主人の仕事の関係で仕方なく・・・」
いつもの言い訳だ。
「あちこち探したのよ。もう済んだことだからいいけどね。今度同じことしたら許さないから」
「ゆきさん、私、逃げないって決めたんです・・・逃げません」
「決めたならいいわ。でもね、あの時うちのダンナ、怒り狂って大変だったんだから。今だって思い出したように『真紀はどうなったんだ。なんでここにいないんだ』って聞くのよ」
「・・・」
ダンナの話が出た途端に下を向いて暗い顔になり何も話さなくなってしまう。
その様子がとても可愛らしいので少しだけからかってみることにした。

「戻って来たこと、こうして会ってること、ずっと隠してるんだけどとぼけてるのも面倒くさくて仕方ないのよ」
「どういう意味ですか?」
「あの人、よっぽどあなたが気に入ってたみたいね。ねえ、せっかくだから久しぶりにうちに来てみる?部長さんがそんなに嫌なら今がチャンスかも。乗り換えちゃう?」
「いや・・・いや・・・」
「軟弱な部長さんなんかすぐに追っ払って、狂ったように悦んで抱いてくれるわよ。あのベッドに縛り付けられてもうここに帰ってこれないかも」
「・・・いや・・・」
「真紀ちゃんがうちにいてくるなら私もうれしいな。毎日楽しめていいかも。どうする?
「やめてぇぇ・・・もういやぁぉ・・・」
いきなり大きな声で叫んだと思ったら、落ち着きを失ってガタガタと震え始める。
「どうしちゃったの?ずいぶんとはっきり言うわね」
「嫌なの・・・嫌なの・・・いや・・・あの人は絶対にいや・・・」
「落ち着きなさいってば。真紀ちゃん、大丈夫?」
「そ、それだけはゆるして・・・いやなのぉぉ・・・ぜったいにいやぁぁぁ・・・」
子供がびっくりしてこちらを向くが私と目が合うとすぐにテレビに視線を戻す。

「ごめんね。冗談よ。そんなことしないから大丈夫だっては。ごめんね。そんなに嫌がってるって知らなかったから」
肩を抱き背中をさすって興奮する真紀をなだめる。
この嫌がり方は尋常ではない。
意地悪の度が過ぎたようだ
だが、嫌がるこの気持ちはよくわかる。
今、こうして夫以外の男性に抱かれるようになってしまったのは、 うちのダンナに無理矢理犯されたことから始まったのだ。
それも欲望を満たすだけの一方的な交わりだった。
私がそそのかしそう仕向けたので共犯ではあるが、逆に私がいたからこそ真紀を救うことができたのだ。
いなければボロボロにされ捨てられていただろう。
何でも独占しようとする乱暴者は私だって大嫌いだ。
もしまた会わせてしまったら、せっかくここまでじっくりと調教したこの可愛い奥さまを私から取り上げてしまうのは目に見えている。
百害あって一利なしだ。

「怖い顔しないで。誰にもあなたを渡すつもりはないから安心して。でももし逃げたら必ず見つけ出して、今度はダンナを迎えに行かすからね」
「・・・私のことは心配しなくて大丈夫です・・・ここにいます・・・」
「さすがだわ。真紀ちゃん、しっかりしてきた。本当に逃げちゃいやよ。困らすようなことはしないでね」
「・・・逃げません・・・大丈夫です・・・決めたんです・・・だから・・・だから今を壊さないで・・・」
「わかってるから。」
運命に向き合う覚悟を決めたその目はとてもしっかりとした光を放ち、激しく抱かれた後の色気ともに凛とした美しさが出てきた。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

負けた部長
「うぅぅ・・・うひょょ・・・うわうわぁ・・・真紀・・・真紀・・・」
清野がち突然、間抜けな叫び声をあげる。
「えっ?えっ?あら・・・まあ・・・」
な、なんと・・・
私が命令するのも待たずに、真紀がはだけたバスローブの間にすでに顔を埋めていたのだ。

「ま、真紀ちゃんったら・・・もうしちゃってるの・・・あらら・・・」
薄い口唇に咥えられたペニスが唾液で光ってとてもグロテスクに見える。
「うへうへひょぅぅ・・・おしゃぶり・・・すごくいいぞ・・・上手だ・・・あぁぁ・・・うれしいよ・・・」
栗色の髪の毛を愛しそうに撫でながら抱え込んで腰を浮かす。
「真紀・・・大好きなんだ・・・もっと・・・もっと・・・」
「うぅぅぅ・・・あぅぅ・・・あぁあぁ・・・」
「そう・・・そうだ・・・奥まで咥えてくれ・・・全部だ・・・」
ぐいぐいペニスを押し込まれても慌てることなく、口に入った自分の髪をどけながらリズミカルに先っぽから全体を咥えたり舐めたりしている。

「うんうん。とってもえらいわ。自分からこんなことができるようになったのね」
「ユキさんのおかげだよ・・・真紀が自分からこんなことしてくれるなんて・・・あぁぁ・・・さすがだよ・・・」
お世辞だとわかっていても感謝されて悪い気はしない。
「ならもう少しだけ手伝ってあげるわ」
ワンピースの前ボタンを外して胸元を楽にしてあげると、ランジェリーの肩紐をずり下げてまだ火照りが残る乳房をゆっくりと揉む。
「うふ・・・汗かいてる・・・とってもやわかくなって・・・乳首もコリコリ・・・」
「うっうぅぅ・・・あうぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
固く尖った両方の乳首を摘まんできつく引っ張るとうめき声が甲高く変わって、おしゃぶりを中断してうずくまってしまう。

「もう・・・もうだめぇぇ・・・ゆきさん・・・だめぇぇ・・・」
「真紀ちゃんったらまた感じてるのね・・・帰るって言ってたのに・・・いやらしいわ・・・」
あまりの感度の良さに驚いてしまいつつ、ならば時間の許す限りもう少し楽しんでもいいのかなと思ってしまう。
「服、着たままだと気分が出ないでしょ。それにせっかく買ったワンピース、汚れちゃうといけないから脱いじゃいましょう」
真紀と私がランジェリー姿になると清野の興奮が最高潮に達する。
「おおお・・・おおお・・・やらせてくれるのか・・・すごい・・・うぉぉ・・・」
「違うから。勘違いしないで。おしゃぶりだけって言ったでしょ」
「そ、そんな・・・期待させておいて・・・そりゃないよ・・・」
「欲張っちゃだめ。その代り、たくさん愛してくれた部長さんにお礼をしようかと思うけど・・・真紀ちゃん、どう?」
小さな身体を抱き寄せキスを交わし、耳を甘噛みしながらささやくとこっくりとうなずく。
「ぶちょうさんのを・・・のみます・・・のませてくだい・・・そしたら・・・うちにかえして・・・」
「そこまでしてくれるのか・・・わかった。もっとしゃぶってくれ」

真紀が再び股間に顔を埋めると清野が背中をのけ反らせ、腰がブルブルとけいれんする。
「部長さん、もうおしまいなの?せっかく脱いだのに」
「まだまだ大丈夫だ・・・うっっうぅ・・・」
「可愛らしいおっぱい、たくさんさわってあげて」
ランジェリーをさらに引きおろして白い乳房を見せると、私の手に代わって清野が乱暴に揉みしだく。
「小さくて柔らかくて・・・大好きなんだ・・・うっうぅぅ・・・」
「あうぅぅ・・・ぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」
小さな膨らみを荒々しくもまれ敏感になった乳首を摘まれて喘ぎながらも、カーペットの上に座り込んで一心不乱に舐めている。

「真紀ちゃん・・・がんばって・・・しっかり・・・」
清野と一緒に乳房を揉みながらスベスベの背中を舌でなぞり、ガードルの上から割れ目を指で突っつく。
「下着まで濡らしちゃって・・・びっしょり・・・」
「ゆきさん・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・」
苦しそうな声で喘いだのはほんの一瞬・・・
すぐにペニスを咥えて、早く終わらせようとねっとひとしたおしゃぶりを続ける。

「もっとゆっくりでいいよぉ・・・そ、そんなぁぁ・・・ねっとりとぉぉ・・・だめだよ・・・だめぇだぁ・・・」
清野が立ち上がると、腰に手を回して頭をリズミカルに揺らす。
いくら長い間顔を合わすのすら拒み続けた相手でも、これだけしつこく抱かれれば情も芽生えるものだろう。
そんなことを感じさせるようなおしゃぶりだ。
「だんだんうまくなってる・・・舌が絡みついてくる・・・うおぉぉ・・・・」
「あんあん・・・あぁぁ・・・うぐぅぅ・・・」
「真紀ちゃんと仲良くなれたみたいね。よかったじゃない。部長さんの粘り勝ちよ」
「うれしいよ・・・うれしい・・・夢が叶った・・・」
朝からずっと肌を重ね合わせ続けたことによって清野に対するわだかまりが少しずつなくなってきたのかもしれない。
うっとりとした表情で先っぽを舐めたり全体を咥えこんだりを幾度も繰り返す。。

「だめだって・・・うお・・・真紀・・・そんなに・・・おい・・・おいってば・・・」
清野の苦しそうなうめき声など耳に入らないかのごとく目を閉じてペニスをしゃぶり続ける。
「帰るなって騒いだあの勢いはどうしたの?だらしがないわね」
「そんなこといわれても・・・だめなんだ・・・まってくれ・・・おい・・・まっててば・・・」
こうなるともうこの男の負けだ。
うめこうがわめこうがどうにもできない。
「もうだめだぁぁ・・・オレの・・・オレの・・・飲んでくれよぉ・・・真紀・・・真紀・・・飲めえぇぇ・・・」
揺れる栗色の頭を両手でしっかりと抱え込んで勢いよくお口の中に放出した。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

したら・・・
激しかった交わりの痕跡を洗い流している間、真紀はずっと下を向いたまま自分からは動こうとしない。

「どうしたの?これ以上ぼんやりしたりめそめそしたりしないでよ」
「だって・・・こんなことになるなんて・・・私なんかもうどうでもいいんです・・・」
「しっかりしなさい。ここを出たらいつもの強いあなたに戻るのよ」
「ぜんぜん強くなんかありません・・・部長さんとこんな・・・ああぁ・・・なんでこんなことをしてしまったの・・・」
両手で顔を覆い、床に座り込んでしまう。
「何よ。今さら。自分で選んだ道じゃない。いい子ぶるのはよしなさい。また物足りないの?もっと抱かれたいの?オジさまの方が良かったっていうの?それともうちのダンナ?」
「ひどい・・・やめて・・・ちがいます・・・私はそんな女じゃない・・・ちがうの」
「いつまでもごちゃごちゃ言ってないで早く着なさい。遅くなるとここに泊まることになるわよ」
「泊まるなんでできません・・・か、かえらなくちゃ・・・かえります・・・」
よろよろと立ち上がるのを慌てて支えてバスルームを出る。

「さっきはひどいこと言ってごめんね。真紀ちゃんにしっかりしてほしかったの」
濡れた身体を拭き、脱がしたランジェリーを今度は一枚ずつ着せていくと清楚で可愛らしい奥さまに戻っていく。
まるで着せ替え人形のようだ。
脱がすもいいがこれも意外に楽しいことに気がついた。
「どんな時でも子供や旦那さまを大切に思っているのね。本当にえらいわ。少しは落ち着いてきた?」
「・・・はい・・・だいじょうです・・・もうかえります・・・」
さっきまであれだけ動揺してたのに服を着せていくといつもの真紀がだんだんと戻ってくる。
母は強しだ。

「これで準備完了。とっても素敵。早く幼稚園に行かなくちゃ。子供さん、待たせたら可哀想よ」
ドレッサーに座らせてシャンプーしたばかりの髪を乾かし、緑色のシュシュで束ねる。
「こんないやらしいことしたまま子供になんか会えない・・・よりによって部長さんとだなんて・・・」
「同じことばかり言うのよしなさい。ちっともいやらしくないわ。想ってくれている男性に抱かれて幸せ、女としてあなたは輝いているわ」
「そ・・・そんな・・・」
「もういいから。今日の感想、また今度ゆっくり聞かせてね」
身支度の終わった真紀を抱き寄せて軽くキスを交わすと甘い蜜の香りが漂ってくる。

「裸もいいけど服を着るといっそう色っぽくなるじゃないか。もう少しここにいてくれよ」
ウトウト寝ていた清野がベッドから出てきてソファーにどっかりと座る。
「だめ。お迎えがあるって言ったでしょ。今日はこれでおしまいよ」
「おい、本当に帰るのか?このまま泊まっていけよ」
帰ろうとする私たちの前に両手を広げて立ちふさがる。
「さっきからしつこ過ぎるわ。そこをどいてちょうだい。真紀ちゃんには家庭があるのよ。考えなさい。壊したらあなたも破滅させるからね。私は本気よ」
「恐いな。ユキさんは。そんなことは十分にわかってるさ。あの家に帰っちゃうんだ・・・そうか・・・」
ぶつぶつ言いながら隙をみて、ぼんやりと隣に立っていた真紀をソファーに押し倒してしまう。

「きゃあ・・・もうだめです・・・やめて・・・かえります・・・あぁぁ・・・」
「ちょっと、ねぇ。いいかげんにしなさいってば。もう時間がないのよ」
「可愛らしい服を着ているのを見てたらともっとしたくなってきたんだよ。真紀、最後にもう一度だけいいだろ。。。もう一度だけ・・・」
小さな膨らみに顔を埋めて哀願する。
「だめったらだめぇぇ・・・あぁぁ・・・もうよしてぇぇ・・・」

真紀を先に出せばよかった・・・
服を着たままが大好きなこの男の性癖を忘れていた。

「もうよしなさいってば。あなたの匂いか残るでしょ。せっかくきれいにしたんだから」
「わかってる・・・わかってるさ・・・なら・・・最後に最後におしゃぶりでいいからしてくれよ」
まったくどこまでも手を焼かせる男だ。
真紀はすでに抵抗するのをやめて、清野と口唇を重ねしっかりと抱きしめられている。
「なあ頼むよ・・・その口でしてくれ・・・しゃぶってくれ・・・」
「そんなことできません・・・いやです・・・」
真紀がいやいやを繰り返すと束ねた髪がほどけてしまう。
「髪の毛もこんなにさらさらで・・・あぁぁ・・・真紀・・・このまま帰ってしまうなんて・・・」
「真紀ちゃん、どうするの?このままじゃ帰してくれそうにないわ」
「ぶちょうさん・・・したら・・・したら・・・帰してくれますか・・・これっきりにしてください・・・ぜったいにです・・・」
「もちろん大丈夫だよ。最初からそういう約束じゃないか。いい思い出にするよ。だから最後にしてくれ・・・」
いい思い出なんて、見え見えのウソ。
真紀だってわかってはいるだろう。
しかし家に戻るためには今のこの言葉を信じるしか道はないのだ。

「・・・キスしてくれ・・・」
「おねがいします・・・本当にもう・・・こんなこと・・・うぅぅ・・・」
長く熱いキスが交わされると真紀の手が清野の背中をしっかりと抱きしめる。
「あらあら・・・そこまで言うのならしてあげなさい。時間がないからさっさと終わらせちゃいなさい」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。