FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
あきらめたつもりでも
「ちょっとなにするのよ・・・こんなことするなんて・・・まったくもう汚いじゃない」
お尻や背中に精液をかけられてしまった真紀はうつ伏せになったまま動かずにすすり泣いている。
「ふぅ・・・こりゃたまんねぇよ・・・こういうの、やってみたかったんだ。いいじゃないか。なんでもありさ」
そういいながら自分の精液を真紀の背中に塗りたくる。
「汚いってば。そんなことないでしょ。バカみたい・・・っていうかバカよ」
「だからどうした?文句あるのか?」
「ずいぶんえらそうじゃない。汚いことや乱暴はなしって最初に言ったはずよ。もう忘れたの?」
「ふん。そんなの聞いてないよ」
「邪魔だからさっさとあっちに行きなさい。約束はきっちり守ってもらうからね。さもないと・・・」
「おっと・・・恐いな・・・ハイハイわかりましたよ」
下品に笑う清野を追い払い、うつぶせになったのままでいる真紀の背中やお尻から白濁の液体を洗い流してバスタブにつかる。


「こんなことされちゃって・・・びっくりしたでしょ。ごめんね。もうさせないから」
世間知らずの真紀にとっては衝撃的だったに違いない。
「・・・いいんです・・・だいじょうぶです・・・」
「そう。本当にごめんね。寒くならないうちに拭いちゃいましょう」
タオルでお風呂上りの身体に残った水真っ白なバスタオルで水滴を拭いても拭いても、今度は汗の粒が浮き上がって来る。
激しい愛撫とまた夫以外の男・・・しかも嫌っていた上司・・・に抱かれてしまうという緊張感とで火照りがおさまらないのであろう。
胸に耳を当てるとまだ鼓動が早いままだ。
「わあ、ドキドキしてる。とっても身体が熱いわ・・・こんなになったの久しぶりじゃない?もうエッチには慣れたかと思ってたけど、部長さんととするのはやっぱり新鮮だったのね」
尖った乳首を口に含むとよりいっそう熱さが伝わってくる。
「あっあぁっ・・・なれてなんかいません・・・ほんとうはつらいんです・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・」
「でもこうして感じてるじゃない。自分の身体に正直になりなさい」
「さてと、昨夜のやり直しをしましょう・・・じっくりと愛してもらえるわよ。昨夜は旦那さまがいたから落ち着かなかったでしょ」
「・・・ま、またですか・・・もう・・・かえしてください・・・おねがいです・・・」
「何言ってるの。まだ外は明るいじゃない。それに、ずっとお世話になってきた部長さんにあなた自身から感謝の気持ちを伝えなきゃ。雅彦さんのこともあるでしょ」
「・・・しゅじんのことは・・・あぁぁ・・・」
「さあ・・・どうなるかしら。あなたの気持ち次第でしょうね」


「早くこっちにおいで。どうしたんだ?」
乱れたベッドの中からしびれをきらした清野が大声で呼ぶと真紀が裸体をぶるりと震わせる。
「ほらね。怒り出す前に早く行きましょう」
「ゆきさん・・・わたし・・・こわい・・・こんなことになるなんて・・・これからどうなるの・・・」
「別にどうにもならないわ。夕方になればいつものあなたに戻るだけ」
「そんなことない・・・こんなことしてちゃいけない・・・ぜったいにおかしい・・・」
「こうしてここに来たんでしょ。何も考えずに安心して抱かれなさい。私も一緒だから大丈夫。優しくしてくれるわよ」

再びベッドルームに戻って来ると清野がひったくるようにして真紀の手をつかんで抱き寄せる。
「あぁぁ・・・なんて可愛いんだ・・・時間はかかったけどやっとやっと手に入れたよ・・・」
「だめよぉ・・・やっぱりいけない・・・こんなこと・・・ぶちょうさん・・・いけないのぉ・・・」
真紀が身体を一瞬固くするが、すぐにベッドの中に引きずり込まれてしまう。
「ずっと放っておかれてるんだろ。アイツなんかもういいじゃないか・・・そう思うだろ」
交わりの温もりが残るシーツの上で絶え間ないキスが裸体にそそがれ、小さな乳房は形が変わるほどきつく揉まれている。
「こんなこと・・・いけない・・・こわいの・・・こわい・・・わたしにはまさひこさんが・・・あぁぁ・・・」
「そうかそうか・・・たっぷりと愛してあげるよ・・・アイツなんかに負けないくらい・・・」
「ぶちょうさん・・・あぁぁ・・・そこ・・・うわあぁぁ・・・ひぃぃ・・・」

熟している花弁の真ん中をなぞっていた指が体内に潜り込むと、カン高い声をあげてシーツをつかんで身体をのけぞらせる。
「すごい反応だね・・・真紀にはびっくりさせられることばかりだ・・・おとなしいと思っていたのに・・・こんなに・・・」
シーツをけっている足を両手でつかんで力任せに大きく広げて、その中心部分に吸い付いていく。
「ひぃぃ・・・うわうわ・・・もうなめないでぇ・・・なめないでぇぇ・・・」
あきらめたつもりでもあきらめきれない・・・
そんな真紀の身体が上へ上へとずり上がっていくが、その都度足首をつかんだ手で引っ張られてベッドの中央へと連れ戻されてしまう。
「真紀、逃げちゃだめだよ・・・もっと食べたいんだ・・・」
「だめったらだめぇ・・・もうだめぇぇ・・・ひぃぃ・・・だっめぇぇ・・・」
ひと際ひときわ大きな叫び声をあげると、自分の股間に埋まっている黒い頭を手で押さえつけて激しく悶えてぐったりとなってしまう。

ついに真紀がしつこい責めに屈してしまった。

「部長さんの勝ちね。ずいぶんと時間がかかったけど・・・この奥さま、結構強情なのよ」
「まだまだだよ・・・見ててくれ・・・」

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

バラに彩られた真紀
ちょっと疲れてしまって中断していました。
徐々にUPしていきますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願いします♪


「なになに・・・うわあぁぁ・・・だめぇぇ・・・うわうわ・・・そんなことぉぉ・・・あぁぁ・・・だめよだめよ・・・あぁぁ・・・」
「美味しい・・・美味しいよ・・・真紀の○○コがこんなに甘いなんて・・・甘いよぉ・・・夢なんかじゃない・・・本物のオ○○コだ・・・・」
「ひぃぃ・・・ぶちょうさん・・・だめぇぇ・・・だめよ・・・あんあん・・・やめてぇぇ・・・あぁぁ・・・」
清野が舐めれば舐めるほど真紀の鳴き声はかん高く甘くなっていき、花弁からは濃厚な蜜が湧き出てくる。
「最高だ・・・最高だよ・・・」
「ほめてもらって私もうれしいわ。ここまで時間をかけてじっくりと磨き上げたのよ。真紀ちゃんだってこうして部長さんのお相手することができてとっても悦んでるわ。ねぇぇ・・・私も仲間に入れてちょうだい・・・あぁぁ・・・」
苦しそうに喘ぐその顔に胸を押し付けると素直に私の乳首を咥える。
「あんあん・・・いいわ・・・もっともっと強く・・・ねぇぇ・・・」
頭を抱え込みながらせがむとまるで子どもが甘えるように口の中で乳首を転がす。

「真紀、ユキさんに出会えてよかったな・・・こんなに柔らかくしてくれて・・・しかも毛まで剃ってくれるなんて・・・」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・だって・・・だって・・・はずかしい・・・もうなめないでぇぇ・・・なめないでぇぇ・・・うわうわぁぁ・・・」
「部長さん、ずっと舐めてるけどさ、そんなに美味しいの?」
喘ぐ真紀の頭を撫でながら清野に尋ねる。
「もちろんさ。美味しくて・・・いい香りで・・・あぁぁ・・・こんなきれいなオ○○コ・・・信じられない・・・子供がいるなんて・・・嘘みたいだ・・・」
呆れて嫌味を言っても何とも思わないどころか、敏感な突起を突然かじってさらに強く吸う。
「ひぃぃ・・・あっあっ・・・だめだめぇぇ・・・そこ・・・い、いたい・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「ちょっと・・・優しくしてあげてよ」
「やっとオレのものになったんだから好きにしたっていいだろう」
このしつこさ、執念深さが部下の妻になって辞めていった真紀をこうして呼び寄せたのかもしれない。

「次はお尻をこっちに向けて・・・こうしてほら足を開いて・・・」
「こう・・・こうですか・・・あんあん・・・」
真紀は閉じた目を開けることはないが、口を半開きにして喘ぎ小さなお尻を精いっぱい突き上げ、敏感な部分を動き回る元上司の舌を受入れている。
すると、それに合わせるように浴槽に浮いたバラの花びらは波間の中で浮き沈みを繰り返し、白い裸体を彩っていく。

「もう我慢できない・・・入れてもいいよね・・・入れるよ・・・後ろを向いて尻を突き出せ・・・ぐずぐずするな」
バラの花びらに彩られた真紀をバスタブから引きずり出してそのまま四つん這いにさせる。
白い肌に赤い花びらのコントラストがとても美しい。
「こんなの・・・だめ・・・はずかしい・・・だめぇぇ・・・だめなのぉぉ・・・うぐぇぇ・・・ひぃぃ・・・」
「このお尻がとってもいいんだ・・・小さくて・・・昔とちっとも変わってない」
かつて電車の中で触っていたようにいやらしい手つきで撫で回す。
「さあ・・・入れるよ・・・入れるよ・・・」
いよいよ我慢ができなくなった清野が小さなお尻を抱え込んで、我慢の限界をはるかに超えたペニスで後ろから乱暴に一気に貫く。
「うわうわうわぁぁ・・・まき・・・とけちゃう・・・やわらかすぎるぅ・・・うひぃぃ・・・」
「・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・ぶ、ぶちょうさんがはいってくるぅぅ・・・あうぅう・・・」
「後ろからされる気分はどうだ・・・真紀・・・お前とこんなセックスしたかっただよ・・・めちゃくちゃにしてやりたかった・・・あいつからやっと奪えた・・・奪えたんだ・・・」
「ひぃぃ・・・」
部下の妻を略奪し辱めている実感と快感に浸ってずんずんと突き上げると、狭い浴室の中で絡み合う二人の声が反響する。

「あぁぁ・・・ら、らんぼうしないでぇぇ・・・あんあん・・・」
「やっと・・・やっと手に入れた・・・あぁぁ・・・この柔らかさは立原だけじゃないだろ・・・いったい何人の男にされたんだ・・・」
やっと二人の気持ちが通じ合った『合意』の上での交わりに深く感動しつつ、真紀に自身の花弁の柔らかさの秘密を問い詰めていく。
「そんなひと・・・いません・・・いないのぉぉ・・・」
「そんな・・・そんなことないだろ・・・なら・・・ゆきさんか・・・ゆきさんなのか・・・」
「いないったらいないのぉぉ・・・ほんとなのぉぉ・・・」
「なんでこんなに・・・なんでなんだぁ・・・真紀・・・うおぉぉ・・・」
つながってからひとときも休まず勢いよく腰を振り、ペニスを奥へと潜り込ませて乳房をつかんでは吠えまくる。

事実、真紀が抱かれた男性は愛しの旦那さまの他には二人しかしない。
でもこの二人・・・
うちのダンナとオジさま・・・がいわゆるフツーの男でなかったのが真紀の運命を大きく変えてしまった。
脅迫され追い込まれた揚句、縛られて泣かされ、しつこく濃厚で終わりの見えないセックスや卑猥な玩具の味をたっぷりと覚えこまされたのだ。
そして痴漢上司・・・
この男のしつこさ、変態さはもしかしたらこの二人以上かもしれない。


「そ、そんなこと・・・あんあん・・・しらない・・・しらないのぉぉ・・・そんなこといっちゃいやぁ・・・ぶちょうさん・・・あんあん・・・」
「どうしてこんなに・・・あぁぁ・・・すごいよ・・・真紀・・・真紀・・・チ○ポに絡みついてくる・・・熱くて・・・たまらない・・・」
後ろから激しく突かれている真紀はバスタブのふちに手を付き、なんとか自分の身体を支えている。
「気持ちいいのか・・・真紀・・・感じてるんだろ・・・ぐちょぐちょマ○コだぁ・・・」
「もう・・・もう・・・いわないでぇぇ・・・あんあん・・・いわないでぇぇ・・・ぶちょうさん・・・すごいわ・・・すごいのぉ」
「可愛い顔に騙されたよ・・・あぁぁ・・・それにしても・・・なんなんだこれは・・・」

完全に立場が逆転しまった。
真紀を手に入れたと得気になっていた清野だが、調教され続けたしなやかな身体と柔らかい花弁にすっかり魅了され、逆にドロドロに溶かされてしまっている。
「た・・・たまんねぇぇ・・・」
「部長さん、頑張らないと真紀ちゃんに負けちゃうわよ。しっかりしなきゃ」
「そ、そんなこといわれてもぉ・・・だめだぁぁ・・・」
それでも休む間もなく腰を振り続け、好きなだけ真紀の中で暴れまくってすぐに崩壊の時を迎えてしまう。

「だめだぁ・・・だめだぁぁ・・・もう・・・もう・・・でるぅぅ・・・でるぅぅ・・・」
身体をのけぞらせ歯を食いしばるがどうにもならない。
「あんあん・・・ぶちょうさん・・・あっあっあぁぁぁ・・・」
「だめだったらだめだ・・・いくぞぉぉ・・・真紀・・・・」
花弁から抜かれたぬるぬるのペニスから小さなお尻にめがけて白濁の液体が発射された。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教