FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツルツルの花びら
「「次は自分でスカートをまくりあげて脱いで見せろ」
おしゃぶりを無理矢理やめさせてまた命令する。
「そ・・・そんな・・・恥ずかしいことできません」
「口答えするな。お前のツルツルマ○コが見たいんだよ・・・逆らえばどうなるか知らないぞ。さっさと脱ぐんだ」
「真紀ちゃん、部長さんの命令は絶対よ。会社にいたときだってそうだったでしょ」
きれいなカーペットの上にひざまずいた真紀はよろけながら立ち上がって、スカートをまくりあげる。
「こ、こうですか・・・これでいいですか・・・」
私たちから顔を背け、歯をくいしばって辱しめに耐えている。
「うおぁうわうわぁ・・・この下着・・・」
変態部長はショーツを脱がそうとはせずにガーターを着けた足に頬ずりしながら股間に顔を埋め、薄いレースごと口に含む。
「ひぃぃ・・・いやぁぁ・・・」
「あぁぁ・・・真紀の匂いが・・・それにこの味・・・甘くてすっぱくて・・・」
「相当変態だわ。そんなことしてないでさっさと脱がしてしちゃえばいいのに」
「ユキさん・・・これがいいんだ・・・これが・・・」
そう言ったところで、私など眼中にはなく美味しそうに濡れた布切れを指でなぞりながらずっと味わっている。

「いいぞ・・・次は足を開いてパンティを脱いで真紀のオ○○コを見せてくれ」
部長さんがやっとその気になったようだ。
「あぁぁ・・・こんなこと・・・なんで・・・なんでわたしばかり・・・」
「うるさいな。オ○○コを見せるんだ」
清野の厳しい命令に逆らうことなど出来ずに、ついに少し前まで清楚だった真紀が自分で自分の花弁を私たちに披露してくれる。
「こ、こうですか・・・」
「もっとスカートをめくるんだ・・・うわぁぁ・・・やっぱり本当に全部ツルツルで毛がない・・・うひょ・・・幻じゃなかったんだ・・・」
真紀が泣きながらかがんで再び大きくまくりあげたスカートの中にはすでに潤っているきれいな無毛の花弁が光っている。
「もっとよく見せてくれ・・・こりゃすごい・・・見事だ・・・」
「誰に見られても恥ずかしくないようにきちんと自分でお手入れしているのよ」
あの日、真紀の恥毛は泡とともに新居のバスルームの排水溝へと流れて行ってしまったのだ。
剃り落としたその時の感触を思い出すとゾクゾクする。
それ以来、花弁は飾るものもないピンク色、そのままだ。

「ほら、黙って立ってないで。ぼんやりしてちゃだめ」
「わたしをみてください・・・いっぱいみて・・・すきにしてください・・・」
調教済みの真紀は私の指示にきちんと従う。
「こ、これだよ・・・これが俺を狂わせる・・・大好きな真紀に毛がないなんて・・・すごくいい・・・最高に幸せだ・・・」
真紀の太ももに頬ずりをしながら割れ目をくちゅくちゅと音をさせながらなぞってそのままじゅるじゅると吸い付く。
「きゃあぁ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・いけない・・・ぶちょうさん・・・いけない・・・」
「きれいだしこんなに濡れてる・・・なんてすごいんだ・・・すごいよ・・・真紀の全部が・・・顔に・・・おぉぉ・・・」
「あんあん・・だめぇ・・・あぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
清野の顔と真紀の花弁の間には余計なものは何もなく、ぴったりとくっついている。
「とってもきれいでしょ・・・目の前にいるのはあなたが知っている真紀ちゃんじゃない・・・部長さんに悦んでもらうためならなんでもしてくれるのよ」

清野はやっと全裸になり、ベッドのシーツを勢いよく剥いで大の字になって手招きする。
「ベッドにおいで・・・スカートは脱がずにめくったままでいいから・・・ツルツルの真紀を食べさせくれ・・・」
「・・・はい・・・ぶちょうさん・・・」
私の目をじっと見つめながらベッドに横たわった青野の顔の上に腰を落としていく。
「ひぃぃ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・うわぁぁ・・・だめぇぇ・・・」
思い切り伸ばした舌がむき出しの花弁をぬめぬめとうごめいて舐め上げると握っていたスカートが離され、青野の顔を覆ってしまう。
「うわぁぁ・・・最高だ・・・真紀のスカート中でオ○○コ舐めるなんて・・・こんな・・・こんな・・・」
やっぱりこの男はどこかおかしい・・・壊れているに違いない。
乳房の部分だけ脱がされた黄色いランジェリー姿の上半身、下半身は花柄のスカートをまとわせたまま辱しめようとしている。

「もう・・・もうだめぇぇ・・・」
着衣のまま淫靡な責めを続けられた真紀はいつもと違う快感に襲われたのかすぐにぐったりと床の倒れ込んでしまう。
それでも容赦なくスカート中では清野の頭がもぞもぞと動き回り、花弁や敏感な突起を舐めたり噛んだりを続けていると真紀はパクパクと苦しそうにもがき出す。
「そろそろね・・・いいわね・・・真紀ちゃん・・・」
「あぅぅ・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・ねぇぇ・・・」
背中をさすりながらささやくとうなりながらもこっくりとうなずき、求めに応じて口唇を重ねると真紀の震えが舌を通じて伝わってくる。
その下では清野が花弁や突起をちゅぱちゅぱ、じゅるじゅるとまだ舐めている。
「どうしたの?大丈夫?」
「ゆきさん・・・こんなことしていいの?・・・いいの?」
「そんなに思い込まなくていいのよ・・・いつものあなたでいなさい。いいわね」
汗でびっしょりになった髪をとかしてあげると目を閉じて寄りかかってくる。

「部長さん、ワンピースは邪魔だから脱がすわよ。いいでしょ」
「ワンピースだけならな・・・他はそのままだ・・・」
「そんなこと、わかっているわ・・・さあ真紀ちゃん・・・自分でしましょう・・・手伝ってあげるからしっかりしなさい」
明るい部屋でワンピースを脱がすと買い与えたばかりのランジェリーに包まれた白い裸体がいっそう輝いて見える。
「いつまで待たせるんだ。こっちに来いよ」
さっきまでねちねちと舐めていたくせにいざとなると催促だ。
「待ってて。今は真紀ちゃんに任せてあげてほしいの」
「うるさい。いいから早くしてくれ。爆発寸前なんだ」
「うるさくてバカなのはアンタよ。本当に欲しいのなら慌てるんじゃないの。真紀ちゃんが自分自身で納得して、することが大切なのよ」
「自分でねぇぇ・・・ふーん」
相手に身を任せるだけではココロが置き去りになってしまう。
バカで単細胞な男にはわかるはずもない。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

部長の要求
権力をかざし脅迫する部長のねっとりとした変態攻撃はまだまだ続く。

「さてと・・・そのお口でしてもらおうかな・・・できるよな」
花弁の奥までぐにぐにといじくられ、ふらふらになって座り込んでしまった真紀の頭をつかむ。
「・・・いや・・・そんなこと・・・できません」
どうしていいのかわかないというような顔をして私の方を見つめる。
「おい・・・よそ見をするな。今さらぐずぐずすしてんじゃない。さっさとしゃぶれ。早くしろ」
「真紀ちゃん、あなたが脱がせてあげなさい」
元上司の『業務命令』に逆らえない真紀は、衣服を中途半端に脱がされたままその場でひざまずきズボンのベルトををためらいながら外してチャックを下していく。

「うひょひょ・・・よし。いいぞ・・・」
「まさひこさん・・・あなたのためなのぉ・・・ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」
「愛してるアイツのためなんだ。何したって許してくれるさ・・・優しいんだろ」
せかされるままブリーフを下ろすと、勢いよく飛び出て来た赤黒いペニスにおののき清野の足元でうずくまったまま動かなくなってしまう。
「さっさとしゃぶれよ。いつまで立原のことを考えてるんだ」
いつまでもどこまても夫を想い続ける真紀はいじらしくもあるが、これが面倒に感じてしまう気持ちもよくわかる。
「そんなに怒らずに、してくれるまで待てばいいじゃない。怒鳴ったり無理強いしたって意味ないでしょ。真紀ちゃんだってわかってるはずよ・・・楽しみましょう」

「あなた・・・」
ほんの数秒だろうか・・・
祈るように目を閉じると天井を向いたペニスに手を添え、口に含んでゆっくりと頭を揺らし始める。
「おぉぉ・・・真紀がおしゃぶりしてくれるなんてぇぇ・・・そのお口にチ○ポが・・・あぁぁ・・・真紀のおしゃぶりだ・・・うわうわ・・・ついにやったぞおぉ」
唾液と汗で頬に張り付いた髪をどかして、懸命にしゃぶっている真紀の顔を見ながら裏返った声でわめく。

「あらあら・・・昨夜、たっぷりしてもらったばかりなのにそんなに感激するなんて面白いわね。よっぽどたまっているのかしら」
真紀のおしゃぶりにうっとりしながら前後左右に揺れるその頭を両手で抱え込んで喉の奥まで押し込み、うめきながら言う。
「そりゃ・・・来る日も来る日もずっと夢見てたんだ・・・何年もだ・・・ユキさん・・・わかるか・・・今こうしてしゃぶってくれてるんだぞ」
「ふーん・・・よかったわね。存分に楽しみなさい」
「それに・・・さっきは・・・上に立原がいたからね・・・気が気じゃなかった・・・今は何も考えなくていいんだ
清野が夢に描いている間に真紀はいやらしい調教を施され、成熟した奥さまになっているのだ。
「それは真紀ちゃんにとっても同じことよね。誰にも気兼ねしなくていいんだからたっぷりとご奉仕してあげなさい」
その言葉を受けてペニス全体を含んだ口唇か先端へとスライドしぴちょぴちょと音を立て舐め始める。
「昨日とは全然違う・・・あぁぁ・・・そうだ・・・真紀・・・そんなにねっとりと・・・だめだよ・・・そんなぁぁ・・・もっと・・・」

要求にこたえるように部下の妻は腰に手を回して含んだペニスを口の中で転がし舌を絡める。
時間が経つにつれ、夫への罪悪感は消えて、調教で覚え込まされたテクニックで部長を悦ばせる。
「うおぉぉ・・・うまい・・・うますぎる・・・たまんねぇぇ・・・」
真紀の頭を抱えこんで吠え続ける。
「まったく・・・真紀ちゃんも真紀ちゃんね・・・そんなに美味しそうにしゃぶっちゃって」
「いいじゃないか・・・ねっとりと・・・もっともっと・・・」
頭を押さえ付けていた手の力が緩むと栗色の髪を揺らしながらリズミカルな動きに変わっていくと、やっと巡りあった二人の、それぞれの時計が合わさり新たな時を刻んでいく。

「上手なおしゃぶりでしょ。旦那さまも真紀ちゃんのおしゃぶりに夢中らしいわよ・・・毎晩求められるんだって。そりゃ・・・仲良し夫婦なんだから仕方ないわよね」
うっとりと目を閉じている清野をわざと焚きつけてみる。
「可愛い顔して・・・立原にもこんなに気持ちいいことしてやってるのか・・・しかも毎晩だなんて・・・あぁぁ・・・ふざけるな・・・ふざけるな・・・」
「うぐぇぇ・・・うぇぇ・・・」
真紀は咥えながら押さえ込まれた首を横に振ろうとするがどうすることもできない。
「お前は俺のものになったんだよ・・・もうアイツになんか・・・あぁぁ・・・アイツになんか・・・もっとチ○ポを吸えよ」
男はすぐにこうして所有権を主張し
たがるが、あいにく真紀は誰のものでもない・・・
というより私のものなのだ。
勘違いされては困るが、やがてわかることだからしばらく好きにさせよう。

「ぐぇぇ・・・あぐぅぅ・・・むぅぅ・・・」
「ほらもっと吸って舐めろ・・・真紀・・・立原より大きくて固いだろ・・・もっとねっとりと舐めるんだよ」
「ぐ、ぐぅぅ・・・ぐえぇぇ・・・げぇぇ・・・」
欲望というよりも部下の妻への征服欲と嫉妬に燃える清野の、あまりにも乱暴な動きで喉を突かれると真紀がむせてもどしそうになる。
「ほらほら、部長さん、ウォーミングアップはそれくらいにしないと・・・もう飲ませちゃうつもりなの?先は長いわよ」
「わかってるさ・・・わかってるぅ・・・もうもう・・・やめていいぞ」
腰を突き上げ天を仰いで両手で真紀を押しのける。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。