FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイツに勝ちたかった
「ホテルを予約しろ?あのきれいな家の寝室がよかったのになぁ。あそこでゆっくりと真紀を抱きたいよ。どうしてもだめなのか?」
待ちくたびれてると思い早めに電話をしてみたが、真紀がぐずるならこの男も相当手ががかかる。

「ずいぶんエラそうね。嫌なら降りるわ。私が得することは全然ないんだから」
「おいおい。ちょっと待ってくれよ。立原に勝ちたいんだ」
焦る声が聞こえてくる。
「ホント、単純バカね。勝ち負けじゃないでしょ。それにもう勝負はついているじゃない。予約するの?やめるの?」
「そこまで言うことないだろ。わかったよ。いいさ・・・真紀をたっぷりと抱けるならどこでもいい。いつか、いつかあの家ごと手に入れてみせるからな」
「次があると思うの?ずいぶんといれこんでるけどどうなるかはわからないわよ」
「まあ相談だな。とにかくこのチャンスは絶対に逃さないさ。ユキさん、絶対に真紀を連れてくれ。よろしくな」

なんだかこの男の気気合いの入れ方は並みじゃない。
今日はいいとしてもこれから先が思いやられる。


指示した通りに清野が予約したホテルにチェックインを済ませ、高層階のスイートルームへと足早に向かう。


「時間が限られているんでしょ。さっさと部長さんをお迎えする支度をしましょう」
「こんなところに来てしまって・・・私は悪い女です。夫や子供に合わせる顔がありません・・・」
「バカの一つ覚えみたいに同じことばかり言ってたって進歩がないわよ。今日はあなたが主役だから堂々としなさい」
「そんなこと言われたって・・・あぁぁ・・・部長さんとこんなことになってしまうなんて・・・信じられない」
「運命ってどこでどう変わるかわからないものよ。私に出会ってあなたは素敵な女性に生まれ変わった。そのご褒美が今こうしていること。暗くなるまで部長さんとの素敵な時間を過ごしましょう」
「うちに帰れるのならいいです・・・任せます・・・」
私だってダンナに出会わなければこんな女にならなかったかも・・・
どんな生き方であれ、やりたいことをやるし欲しいものは手に入れるのだ。


「それに、あなたを一番必要としている人、大切に想ってくれている人とやっと出会たのよ。運命なのかも」
「そう・・・そうなのかもしれませんね・・・」
真紀がポツリとつぶやき窓の外を見つめ直す。
「あなたが望めばすべて手に入る。この豪華なお部屋だってあなたのために用意してくれたのよ。ほら」
だが、自分が抱かれるであろうキングサイズのベッドを見ることができずにつぶやく。
「なにもいりません・・・ふつうに生きていきたいだけ・・・だからここに来たんです。おかしいですか?」
「ちっとも。ならあきらめないで強く望み続けなさい。願えばきっとかなうわよ」
真紀のこの力強い願いは羞恥心を失わない美しさの源なのだから。

クローゼットに座らせ青いシュシュで短めの髪を束ねて淡いバラの香りのフレグランスをつけ、薄いルージュを塗る。
仕上げに花柄のワンピースを整えてブラウンのジャケットを着せて完了だ。
「とってもきれいになったわ。部長さん、呼ぶから。感謝の気持ちを忘れちゃだめよ」
ただの主婦であり母親だった真紀がこうも美しくなったのはオジさんにたくさんの男の精を注ぎ込まれてきたから。
快楽と羞恥、夫婦愛と裏切りの気持ちが交錯する中で固かった蕾がやっとほころび、可憐な花が咲いてきたのだ。
そこに清野の執拗で倒錯した愛があらたな辱めを加える。
声をかけても真紀は眼下に広がる都会の風景をただただ見つめている。
「真紀ちゃん、いいの?どうなの?」
「何も聞かないで下さい・・・ゆきさんに全部任せるって言ったはずです・・・」



「うわぁ・・・きれいだ・・・本当にきれいだ・・・うわぁ・・・まるで別人のようだ・・・あぁぁ・・・」



早朝からずっと待ち続けていた清野がドアを開けた瞬間、私の横に立って出迎えた真紀の姿にびっくりして声を詰まらせしばしその場に立ち尽くす。
二人が交わってから初めての再会だ。」
「部長さん、いつまでもボンヤリ突っ立ってないでこっちに座ってちょうだい。真紀ちゃんから大切な話があるって」
急かされやっとふらふらと動き出した清野が薄暗い部屋のソファーに一人で座っている真紀の隣りに腰を下ろす。
「やあ・・・さっきは悪いことしちゃったね・・・ああでもしないと君を抱くことが出来なかった・・・君は素晴らしかった・・・思ってた通りだった」
「・・・部長さんは卑怯です・・・卑怯すぎる・・・どうしてあんなことをしたの・・・・」
「いくら努力しても君は振り向いてくれなかった・・・違うか?」
「・・・」
「何と言われようと君が欲しかったんだ。ずっと想ってた。真紀だって知ってたはずだ・・・大好きなんだ・・・もっと欲しいんだ・・・こんなオレを許してくれ・・・アイツに勝ちたかったんだ・・・」
「謝らないでください・・・こんなことになってしまって・・・もう・・・もう遅いんです・・・あぁぁ・・・」
「真紀・・・すまなかった。申し訳ない・・・」

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

憎たらしい真紀
「仕方がないのはわかります・・・わかっています。でも・・・ゆきさん・・・どうしてぶちょうさんまでわたしを・・・あぁぁ・・・どうしてなの・・・」
真紀は私に会うたびに淫らになっていく自分を認められなくてもがき苦しんでいる。
大人の女に変身するための過程とはいえ、普通の生活をしながら調教を受けることにもっと慣れさせないといけない。
そのためにはオジさんだけではなく、他の男の力も必要だ。
まずはずっと真紀を思い続けてきた清野の一途な想いをしっかり受け止めてそれに応えて悦んでもらえるようにならなくては。
経験することがすべてなのだ。

「あなたの可愛らしさがすべてを引き寄せるのよ。こればかりは仕方のないっていうか、女にとって幸せなことでしょ。自分を求める男に抱かれて満足を与えてあげて自分もどんどん輝いていく。同じ女としてちょっと憎たらしいけど」
「憎たらしいって?私はこんなに辛い思いばかりしているのにひどい・・・」
「悪いけどあなたにこの気持ちはわからないと思う」
「わかりません」
「じゃ聞くけど、オジさまにもあんなにだくさん抱かれて今度だって『真紀は可愛い。もっと真紀が欲しい』って言われてるじゃない。どんな気持ち?」
「それはむりやり・・・」
「冗談じゃないわ。これだけ抱かれてるのに自分の魅力がまだわからないの?あなたが可愛くなければ誰も求めないでしょ・・・なのに気づこうとしない。そういうところも含めて、だから憎たらしいの」
「そうなんだ・・・わたしのせいなんだ・・・」

どうがんばっても真紀の可愛らしさにはかなわない。
ダンナやオジさん、そして清野・・・この男たちは私のことを便利な道具、引き立て役くらいにしか思っていない。
誰しもがこの奥さまに夢中になってしまうのだ。

「わかったならいいわ。これから部長さんに連絡するけどここに呼んでいいかしら?」
「えっ?」
「さっき自分で言ったでしょ。『わかりました』って」
しばらく目を閉じて愛する夫のために自分自身を捧げる決心をする。
「せ、せめて別の場所で・・・お願いします・・・もうここでは・・・ここでは無理なんです」
「どうして?自分の家が一番落ち着くでしょ。いいじゃない」
「お願いです。ここで部長さんとこれ以上ここでは・・・あぁぁ・・・」
幸せがいっぱい詰まった我が家で邪悪な上司に身を任せるのは確かにきついかもしれない。

「なるほどね。わかる気もするわ。約束をちゃんと守れて三人で楽しめるのならいいわよ。ちゃんとできるのね?」
「・・・ちゃんとしますからせめて別の場所にして下さい・・・」
「なら、どこのホテルがいいかしら?部長さんに選んでもらいましょうか?」
「・・・全部任せます・・・遅くならなければ・・・この前みたいに・・・どこかに泊ることは絶対にできません。これだけは本当に、絶対に約束して下さい・・・無責任な母親にはなりたくないの」
「怖い顔しちゃって・・・心配しないで平気よ。今日はちゃんと約束守る。いつもいつも家を空けたら怪しまれるでしょ。夕方になるまでには帰ってもらうけどお迎えは実家にお願いしてね。だから支度をしましょう」
「5時ごろまでには・・・子供が実家に戻って来る頃までには帰ります。絶対にです」
この奥さまはいつでも自分のことは後回しにするのだ。

「いってらっしゃい。帰り・・・少しだけ 遅くなるね・・・ごめんね・・・」
これだけのことがあっても真紀はいつものように子供を幼稚園バスに乗せて送り出して、朝食の後片付けや散らかった部屋を掃除する。
「そんなこと、今しなくてもいいのに。部長さんが待ってるわよ」
「やるべきことはやります。どんなことがあっても・・・」

この家のどこに何があるかは把握してある。
真紀のクローゼットから薄い黄色をしたフリル付きのサテンのキャミソールと紺色の生地に花柄が可愛らしい少し短めのワンピースを取り出す。
これもオジさまが取り揃えたアイテムの一つ。
春の季節らしくて背の低い真紀によく似合う。

「ワンピース・・・短すぎます・・・それにこの下着って・・・」
「そう?大胆でなかなかいいわ。これにしましょう。いざという時のおしゃれはとても大切よ。部長さん、さぞかし悦ぶと思うわ」
キャミソールの色と揃えたガーター付きのショーツが真紀をいっそう引き立てる。
「そんなこと・・・もうどうでもいいんです・・・早く今日が終わればいい」
「投げやりなっちゃダメ。そういう気持ちはすぐに相手に伝わるのよ。もし機嫌を損ねたら大変なことになっちゃうでしょ。あなたがすべてを握っているんだから優しい気持ちでちゃんと向き合いましょう」

自分を捧げる決心はしたものの未だに揺れ動く気持ちを整理できずにいる真紀を連れてタクシーで都心のホテルへと向かう。
車内では薄い口唇をきゅっときつく締めまっすぐに前を見つめている。
「ゆきさん・・・わたし、これからどうなっちゃうの・・・またぶちょうさんと・・・やっぱり耐えられない・・・」
「そうは言っても世界で一番あなたを想ってくれている人でしょうね。昔のことなんかどうでもいいじゃない」
「・・・でも・・・ぶちょうさんはいやなんです・・・あぁぁ・・・どうしても行くんですね・・・」
「一生のお願いだって言うし、それに旦那さまのこともあるでしょ。全部委ねて飛び込んじゃえば平気よ」
前を見たままこちらを見ようともせずにつぶやくがその瞳には涙は浮かんでこなく、新たな光が宿って来たような気がする。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

通じなかったSOS

「あなた・・・そんなこと言わないで・・・行かないで・・・お願いだから・・・」
「そんなことばかり言うなよ。とにかくもう行くから。真紀こそゆっくり休んだらどうだ」
「いってらっしゃい。真紀ちゃんとゆっくりしてますね」
「本当にすいません。ではこれで」



夫としての役割を放棄し自分をこれだけ愛してくれている妻を見捨てて出ていってしまった。
私だったら絶対に許さない。
夫として最低どころかその資格すらない。




「ゆきさん・・・帰って下さい・・・もう帰って・・・かえって・・・」
夫を送り出した後、玄関にへなへなと座り込んでわんわんと声を上げて泣き始める。
「あなた・・・どうして・・・どうしてわかってくれないの・・・どうしてぇぇ・・・」



「可哀想に。また無視されちゃったわね。これだけ頼んでもわかってくれないなんて。真紀ちゃんのSOSが通じたらこのまま帰ってもいいかなって思っていたのに残念だわ。本当に愛しってるの?わかりあってるの?」
「ど、どう言われようと主人を愛しているんです・・・わ、わかって下さい」
涙を拭こうともせずに言葉に詰まりながら訴えかける。
「愛してるですって?笑わせないでよ。あなたは自分の気持ちを伝える努力をしているの?わかってもらおうとしてるの?」
今の真紀にはこの夫婦としての根本的な問いに答えることはできない。
「それでいて愛してるだの、他の男に抱かれるのは嫌だのなんてよく言うわね。いったいあなたはどうしたいの?このままでいいの?」
「知らない、わからない・・・もう私に構わないで。一人にして・・・」
「あんな男のどこがいいの?なぜそんなにこだわるの?みじめになるだけじゃない」
というか、そう言っている私の方がみじめになってくる。
「ごめん。私が言うことじゃなかったわね。でも、このまま帰ったら見捨てられたあなたはお望み通り、一人ぼっちになるわよ。よくわかったでしょ」
「ゆきさん、やっぱりもうもう・・・本当にだめなんです・・・これ以上こんな生活耐えられません・・・部長さんにまであんなことさせられて・・・ひどすぎます・・・」
気持ちが通じない、届かない悔しさと悲しみが加わって号泣が止まらない。
「いい加減にしたらどうなの。これ以上雅彦さんのために義理立てしたって意味ないじゃない。あなたのこと、ちっとも大切になんかしてくれないってわかったくせになぜそんなに泣くのよ」
私に痛いところを突かれ小さな身体を震わせ、一抹の希望が閉じられてしまった玄関のドアを見つめたままがっくりと肩を落とし大きく息を吐き、また号泣し出す。
「あなた・・・どうしてなの・・・あぁぁ・・・」
「泣くのはおよしなさい。あんな旦那さまよりもあなたを必要とし欲しがっている人がいるじゃない。よくわかったでしょ」
泣きじゃくる真紀を抱きしめ髪を撫でながらささやく。
「可哀想な真紀ちゃん・・・その人のところに行くべきよ。さあ準備をしましょう」


私のその言葉に操られるように真紀はふらふらと立ち上がる。
「あなたはどんなことがあっても立派で献身的な妻でいようとしてる。それに比べたらご主人は落第よね。そこまでして一緒に生活する意味ってあるのかしら」
「私にはあの人しかいないんです・・・あの人だってそうです・・・だから・・・ゆきさん・・・わかって下さい・・・これ以上裏切ることなんてできないの・・・それに部長さんとはもう・・・もう嫌なの・・・」
やっと泣き止んだと思ったら今度はイヤイヤが始まってしまう。
「それっておかしいわ。ずべては大好きな旦那さまのためにしていることなんだから。だったら裏切りでも何でもないわ」
「・・・どうしても・・・どうしても逃げられないんですね・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・ゆきさんからは・・・」
勢いを取り戻したはずの真紀だが、また追い詰められて答えられなくなるとまただんだんしぼんでいく。
「逃げなくてもいいのよ。このままでいいの・・・あなたはあなたのままでいればいいの。ずっとよ。そうすればもっともっと素敵になるわ。旦那さまとの生活も変わらない」


今まで良き妻であり母であった自分の姿、愛しているはずの夫との関係、揺れ動きもがき苦しんでいた真紀がついに叫び出す。
「やめて!きれいごとはやめて!ゆきさん・・・わたしだって大人です・・・わかってるです。もう言わなくてもいい。もうどうにもならないことぐらいわかってるんです・・・」
逃げることに疲れ、すべてを認めざるを得なくなり声が荒くなって自らの思いを伝えようとする。
アタマと身体はわかっているけれどもココロでは認めることができない。
この恥じらいこそが真紀の魅力なのだ。
「わかっているんです・・・だけど・・・だけど・・・」
「うんうん。そんなに興奮しないでよ。特別なことをしようってわけじゃないんだから」
「今まで通りになんかいくわけない・・・私はそんなに強くない」
「だけど賢明なあなたは『わかってる』。これからどうするつもり
なの?泣くのなら誰にでもできる。それで?」


「・・・今日だけならちゃんとします・・・できますから・・・もう・・・部長さんとは今日限りにしてください・・・お願いです。部長さんとは絶対に無理なんです。嫌なんです」
堂々巡りの真紀の抵抗がやっと終ろうとしている。
「そこまで言うのなら、今日一日で終わりにしたいその気持ちをわかってもらえるようにたっぷりとお付き合いしてあげなさい」

一度ハマった快楽のドロ沼から簡単に抜け出せるわけがない

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。