FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
不思議な奥さま
短めに、そして早めにUPしてみました。

「とにかく二階へ行って三人で話をしましょう。それが一番いいわ」
「よして、よして、やめて、やめて・・・だめだめ・・・それだけは絶対絶対にだめです・・・そんな恐ろしいことできません」
「もしかしてオジさまとのことも終わりにできるかも。私のせいにしていいから全部話しちゃって謝って抱かれなさいよ」
「だめです・・・できない・・・それだけはそれだけは許して下さい」
「雅彦さん、今のあなたを抱いたらちょっとびっくりするかもね」
事実、オジさんが時間と手間をかけて調教した真紀の成長ぶりは著しいものがある。
「ゆきさん・・・ひどい・・・言わないで・・・あぁぁ・・・」
「いいじゃない。そうして今までのレッスンの成果を披露してあげましょう」
問い詰められた真紀の顔が苦悩で歪む。
「それに私もイケメンの雅彦さんに抱かれてみたい・・・若いしタフそうだわ。今までにない新鮮な発見があるかも」
「な、なにを言うの・・・そんな恐ろしいこと・・・それだけはぜったいだめぇぇ・・・」
「せっかくのチャンスじゃない?」
「これ以上あの人を巻き込まないで・・・あの人には関係ないの」

「雅彦さん、ベッドではどんな感じ?優しいの?それとも荒々しく激しいの?早く抱かれたいわ。もちろん真紀ちゃんも一緒によ」
「ぜったいだめ・・・だめだめぇ・・・そんなことできない・・・やめて」
「きっと優しくしてくれるわよね。どうなのかしら?早く上に行きましょう」
「それだけはできません・・・できない・・・無理なものは無理なんです・・・」
「待って。あなたの言うこと、矛盾してるわ」
声を低くして言う。
「オジさんに対してはあれだけ大胆になれるのに自分の旦那さまに抱かれるのは絶対に無理なの?不思議な奥さまなのね」
「ゆきさん・・・責めないで・・・」
真紀のココロはもう一人の自分・・・快楽に溺れる自分をなんとか抑え込もうと揺れ動き混乱している。
「だってあなたが隠し事はいやだって言うからでしょ。そんなに泣くことじゃないと思うけど。それに、さっきから無理とか絶対だめとか自分勝手なことばかり言って話が前に進まないじゃない」
「主人は何も知らなくていいの・・・それでいいの・・・これは私のだけのことです・・・」
「ってことはどうするの?以前のように泣いているばかりのあなたじゃないはず」
「わかっているんです・・・そうです・・・私だけが耐えればいいんです・・・うん・・・それでいいんです」
真紀がぐっと唇を噛み締めこちらを見返す。
「いつも難しく考えすぎだってば。耐えることなんかない。たくさん楽しめばいいのよ」

考える暇を与えないことも調教の一つである。
「それでね、いい子になった真紀ちゃんに相談があるんだけど聞いてくれる?」
わかっているかもしれないけど。あのね、部長さんからさっき帰る間際に・・・」
「聞きたくない・・・やめてください」
「大好きなあなたのことをもっとよく知りたいって、しつこくせがまれちゃったでしょ。だから後でまた付き合ってほしいの」
「いやいや・・・いやなの・・・」
やっと落ち着いたと思ったのにまた泣き始めてしまう。
『部長さん』と言っただけで激しい拒否反応をしめすのだ。

「ゆきさん、約束が違います。あぁぁ・・・なんでまた・・・あの場限りっていうから我慢したんです。もう部長さんとは嫌なんです・・・約束が違います・・・」
「だからこうしてお願いしているのよ。それにしても、どうしてそんなに嫌うの?優しいしリッチだし、あれだけ想ってくれているんだから、また抱かれたってあなたに損はないと思うけど。むしろとってもよくしてくれるわよ。ご主人共々・・・」
「あの人は主人の直属の上司なんです・・・いくらなんでも・・・これ以上・・・関係を持つことなんかできません。どう考えたっておかしいです。普通じゃないです。それに・・・」
「私も疲れたわ。お布団に入って話しましょうね」
「それだけじゃないんです・・・それだけじゃ・・・」
「身体が冷えちゃうわ。続きはこっちでね」
言葉を飲み込む真紀と一緒にさっきまでのぬくもりが残る布団に横になる。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

揺れ動く真紀のココロ
「せめて・・もう一度だけ・・・頼む・・・やっと願いがかなったんだ。これで終わりなんてことないだろ。勘弁してくれよ」
「ごちゃごちゃうるさいわね。今日はこれでおしまいにしなさい。ここは真紀ちゃんのおうちなんだから旦那さまがいることを忘れちゃだめよ。もし、もしも次を期待するならほどほどにしておきなさい」
「そんな・・・もうこんなチャンスは二度と来ないぜ。これを逃したらまた真紀はまたアイツのものになってしまうじゃないか。だからお願いだ。この通りだからお願いします」
あきらめきれない清野がしつこく何度も頭を下げ土下座までし出す始末。
「もうやめてよ。何度も言うけど引き際を心得ているのが大人ってもんでしょ。子どもみたいにぐずぐずゴネないでちょうだい」
「ユキさん、それはきれいごとだ。オレの気持ちがどれだけ深いかなんてわかるはずいがない。毎日毎晩真紀のことばかり考えていたんだ。やっとこうして・・・でも、もう二度と抱けないかもしれないんだぞ」
そう言いながら真紀を抱きしめ、ねちっこいキスをしながら小さな乳房を手の中に入れる。
「いけない・・・もうだめ・・・よして・・・あのひとが・・・おきちゃう・・・」

栗色の髪の中に顔を埋めながら、今度は私の手助けなしでは何一つできなかった自分の根性の無さを自慢し出す。
「ずっと想ってたんだ。誰よりも深く強くだ。長くて辛くて苦しかった年月がやっと今報われようとしている。わかってくれよ」
「ふーん・・・そんなに深いんだ・・・なるほどね・・・そこまで言うのなら考えてもいいかな・・・どうしようかしら」
「なら・・・このままこの続きを・・・いいだろ・・・お願いだ」
「ぶちょうさん・・・おねがい・・・もうよして・・・かえって・・・かえって・・・」
身体のあちこちをまさぐられながらも真紀も哀願する。
「しつこいわね。あなたの部下が上に寝てるでしょ。まったくバカね・・・調子に乗り過ぎないで少しは考えなさい。とにかく今は帰ってちょうだい。後で連絡するから」
「わかったよ。でも必ずだ・・・必ず連絡くれ」


ぐずる清野をやっとの思いでタクシーに押し込んだ後、情事の後始末をしにリビングに戻り、身動き一つしないでうずくまっている真紀を抱きしめる。
「こんなことになってごめんね。部長さん、どうしてもあなたを欲しいってしつこく言われちゃって断り切れなかったのよ」
「・・・ひどい・・・ひどすぎる・・・こんな仕打ちをするなんて・・・主人が上にいるのにこんなことさせるなんて・・・どうして・・・どうして・・・」
声を上げまいとこらえて泣いているが、オジさんとの時の涙とはまた違った感じがする。
「あら、本当に悲しそうね。どうしたのかしら?そんなに嫌だった?」
「こんなことさせるなんて・・・あぁぁ・・・なんでなの・・・」
「待ってよ。私が『させた』わけじゃないでしょ。自分で決めて部長さんを受け入れて、私と初めて会ったころとちっとも変らなくて可愛らしく抱かれてた・・・あなたらしい恥じらいが素敵よ。部長さん、人生で最高の日だって言ってとっても悦んでたわ」
少女のような可憐さに加えて、大切なものを守り通している強さと淫靡な調教によって開花した艶やかさが真紀を成長させている。
「おねがいです・・・もうよして・・・ゆきさんもかえって・・・」
「話は後でね。雅彦さんが起きてくる前にきれいにしましょう」

ゴミ箱の中にある大量のティシュを片付け、乱れた布団を整えた後、お風呂で真紀の身体に残っている情事の痕跡をきれいに洗い流してピンク色のランジェリーを着せる。
「これでよし。元通りになったわ」
「もうもう・・・こんなこと、絶対いや・・・主人をまた裏切ってしまった・・・私はひどい女です」
いつものように自分を責める真紀。
「あ
「ふーん。今さらそれがどうかしたの?」
「よりによって部長さんと・・・しかもこの家で・・・なんで私ばかりこんな目に・・・もう耐えられない・・・」
夫の上司にまで抱かれてしまった自分を恥じる姿がとてもけなげで愛らしい。
「どうしてそう思うのかしら?旦那さまが大好きなのはわかるけど、自分を一人の女性として想って優しくしてくれる人がたくさんいるっていいことじゃない?」
「そんなことないです。もうこんなこといやです・・・耐えられないんです・・・毎日苦しくて悲しい気持ちで暮らす生活なんてもういやです」
真紀がきっぱりと言葉を切る。
「真紀ちゃんって芯が強いのね。絶対に旦那さまのことを忘れないのね。それってすごいと思う」
「それが普通です・・・こかおかしいですか・・・主人を愛してるんです。それなのにこんなことに・・・」
「あら?どうして?とっても気持ちよさそうで積極的だったじゃない。そうやってまだ自分に嘘をつき続けていくつもり?」
「あれだけされれば誰だって・・・誰だって感じます。私だって女です・・・どうにもできなかった・・・あぁぁ・・・できなかったのぉ・・・」
「そうよね。あれだけたくさん愛してもらったもの・・・当然よ。愧じたり後悔したりしないで、感じて悦んでる本当の自分に素直になればいいのよ」

「いえ、そんなことない・・・そんなこと絶対にありません。感じてなんかいません。それに・・・だって・・・だって・・・やっぱりおかしいです。私はあの人の妻なのに・・・子供もいるのに・・・こんないやらしいことばかりしている」
さっきまでの自分を肯定したり否定したりと気持ちが大きく揺れ動いている。
「・・・しかも・・・自分の家で主人がいるのにこんなことを・・・あぁぁ・・・」
「結婚してたって女であることに変わりないでしょ。他の男性に抱かれたっておかしくもなんともないし、感じても恥ずかしいことなんかないわ。真紀ちゃんはそれにやっと気付いたのよ。よかったじゃない」
「もうやめて・・・やめてぇぇ・・・私はあの人の妻なんです・・・主人が一番大事なんです・・・なんでこんなことをしてしまったのぉ・・・」
「そうよね・・・あなたはいい奥さまだものね。そんなに旦那さまに悪いと思うのなら、このまま私と一緒に雅彦さんのところに行って今までのこと全部話しましょうよ。そうしてあなたの本当の姿をわかってもらえばいいわ」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教