FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調教の成果
「四つん這いになって尻をこっちに向けるんだ。早くしろ」
「そんなことできない・・・もうゆるして・・・」
小さなお尻を強引に抱え込むと、今度は後ろから容赦なく唾液にまみれたペニスを武器に襲いかかろうとする。
「もたもたするな・・・こうするんだよ」
「あっひぃぃ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・うぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
真紀は目を閉じ漏れる声を必死に抑え込んで二度目の強引な交わりを受け入れてしまう。

「もう・・・もうよしてぇぇ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「す、すごい・・・真紀・・・さっきとぜんぜんちがう・・・ちがう・・・うわぁぁ・・・チ○ポがぁぁ・・・溶けるぅぅ・・・」
「そうでしょうね。驚いちゃったかしら。真紀ちゃんに負けないようにせいぜいがんばってね・・・ぶちょうさん」
先ほどの交わりで十分すぎるほどトロけた真紀の花弁は、唾液が潤滑油ともなってするりと受入れた清野を奥深くへと咥えんで熱い蜜を絡ませる。

「ふ、ふかいよ・・・まき・・・後ろからも感じるのか・・・ぬるぬるでぐちょぐちょでぇぇ・・・こんなにすごいなんて・・・どうして・・・」
「いわないでぇぇ・・・あんあん・・・ぶちょうさん・・・そんなにつよくしないでぇぇ・・・だめよぉ・・・だめぇ・・・」
清野の激しい腰の動きとともに四つん這いになった真紀の白い乳房やお尻が揺れて、くちゅくちゅ・・・ぐにゅぐにゅと二人が交わる卑猥な音が大きくなっていく

「今度は・・・ほら・・・こっちに来て自分で跨るんだ・・・真紀、おいで・・・できるんだろ・・・」
まるで業務命令のように指示を出して体位を変え、もじもじする真紀と向い合せになってつながって激しいキスを交わす。
「あひぃぃ・・・うわぁぁ・・・あうぅ・・・ぶちょうさん・・・ひぃぃ・・・」
アソコに杭を打たれるように突き上げられるとお尻を振って悶え苦しみ、絞り出すように押し殺した声はすでに枯れてきている。
「あぁぁ・・・ぶちょうさん・・・もう・・・もうやめてぇ・・・だめよぉ・・・だめなのぉぉ・・・」
「そ、そんなにしめつけないでくれ・・・あおぉぉ・・・うおぉぉ・・・しまるよ・・・」
口唇を重ね乳房を揉みしだきながら折れるくらいきつく抱きしめるとペニスを咥えこんだ花弁はますます収縮を繰り返す。
「ふふふ・・・真紀ちゃんのアソコ、ただでさえ狭いのに大変ね。どこまで我慢できるかしら」
「なんで・・・なんでこんなにすごいんだ・・・まき・・・どうしてなんだ・・・あぁぁ・・・どうしてぇぇ・・・」
小さなお尻を抱え込むようにして深くつながりながら真紀の柔らかさを不思議がる。

「真紀ちゃんは普通の奥さまに見えるけど本当は違うのよ・・・実は・・・たっぷりとエッチなレッスンをしてるの。もちろん誰も知らない秘密よ」
「秘密って・・・そのことなのかぁぁ・・・レ、レッスンって・・・いったいどんなぁ・・・だれとだぁぁ・・・」
「それはね・・・」
「そんなことしらない・・しらないってば・・・あんあん・・・ぶちょうさん・・・もっともっとだいて・・・まきをめちゃめちゃにしてぇぇ・・・」
濃厚で疲れを知らないオジさんとの交わりに比べればたいしたことがないにもかかわらず、自分の本当の姿を知られたくない真紀は懸命にごまかそうと甘えた声を出して清野の気を引こうとする。
自分と家族を守るための演技がずいぶんと上手になって来た・・・
これはココロの調教の成果だろう。

「あぁぁ・・・いいのぉ・・・きもちぃぃ・・・あぁぁ・・・もっと・・・もっと・・・」
いくら演じていたとしても調教されたココロと身体は執拗な交わりによって、次第に本当の快楽を思い出していくものだ。
「そうか・・・そんなにいいのか・・・うおぉぉ・・・まき・・・まき・・・」
清野の手が小さなお尻をぐいぐい押さえつけてどんどん注入スピードを速めていくと、真紀はそれに負けじとしっかりとつながるために細い手足を絡ませて二人の身体を密着させる。
「あん・・ぶちょうさん・・・もうだめ・・・もうだめなの・・・まきは・・・まきはもう・・・」
「まき・・・かわいいよ・・・かわいい・・・おれもだめだぁ・・・」
中に出せない清野は真紀を払いのけるようにおろすと仁王立ちとなる。

「真紀・・・しゃぶるんだ・・・最後までしゃぶって飲むんだ・・・飲め」
いきなり真紀の髪の毛をつかんでペニスの前に突き立てると、こうなることを予感していたのか、真紀は清野の腰に手を回して素直に呑み込んでいく
「いいぞ・・・うおぉ・・・そのお口もすごくいい・・・いいぞぉ・・・」
「うっ・・・うぅぅ・・・あうぅ・・・」
頭をぐいぐいと押さえつけられ喉の奥まで突かれながらも、うっとりとした表情で休むことなくおしゃぶりを続ける。
ぺろぺろ・・・ちゅぱちゅぱ・・・ぴちょぴちょ・・・
激しい交わりの直後の真紀のねっとりとしたおしゃぶりに清野が耐えられるはずもない。
「もう・・・もうだめだ・・・まき・・・まき・・・のんでくれぇ・・・」
「部長さんのミルク、ちゃんと飲んであげなさい。憧れの真紀ちゃんにゴックンしてもらったらとっても悦ぶわよ」
私が諭すまでもなく、覚悟を決めている真紀の口唇の動きは清野の腰の動きと一体化し絶頂から崩壊へと仲良く向かっていく。
「部長さん、思いっきり出していいわよ・・・一滴残らず飲み干してくれるから・・・」
「まき・・・まき・・・でるよでるよぉ・・・うっうぅぅ・・・のめぇ・・・のむんだぁ・・・ひぇぇ・・・うひょぉ・・・」
「いいわね・・・飲むのよ・・・飲みなさい」

「うげぇぇ・・・ぐぇぇ・・・ぐぅぅ・・・」
二度目とは思えないほどの激しい発作とともにお口の中に精液が放出されると、真紀はうめき声とともにためらいもなくそれを飲み込んでいった。

「飲んでくれたんだね・・・うれしいよ・・・最高だ」
股間に埋もれたままの頭をなでられながら、固さの失われていくペニスをずっとしゃぶらされていた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。