FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらなる交わりを迫る
「おやまぁ・・・もう終わったちゃった?ずいぶん早かったわね。ずっと想ってた真紀ちゃんのお味はどうだった?」
「いやぁ・・・どうもこうも・・・面目ない・・・こんなはずじゃなかったのに・・・悔しいよ・・・ちくしょう・・・」
そう言いながらも小刻みに上下する乳房の頂点を指で摘まみなから愛しそうに頬ずりをする。
「真紀・・・最高だ・・・すごくよかった・・・よかったよ・・・キスしよう・・・」
押し込まれたショーツを取り去って口唇を重ねるとぐったりした真紀もそれを拒むことなく長く熱いキスを交わしてしまう。

やっと自由になった真紀の口から出たのは自分の行いを悔いる言葉。
「あぁぁ・・・なんでこんなことに・・・わたしは・・・あぁぁ・・・なんてことを・・・」
「ありがとう・・・やっと思いをかなえることができた・・・やっとだよ・・・・うれしい・・・」
そう言いながらまた真紀の口唇を求めて重ね合わせて逃げ惑う舌を追い絡め、汗ばんだ乳房を手のひらに収める。
「真紀ちゃんったらしがみついて震えてたわよ。部長さんの気持ちが伝わったみたいね」
「ちがうの・・・ちがっうってば・・・そんなことない・・・でたらめよ・・・ひどい・・・」
「びっしょり濡れて熱くて・・・ねっとりとして・・・我慢できなかったよ。こんなに可愛い顔してるのにびっくりしたよ。それにこのおっぱいもすごく柔らかい。大好きだ」
「そんなことない・・・ひどい・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・ぶちょうさん・・・ひどい・・・ひどい・・・さいていです・・・おっとがいるのに・・・」

「本当に感じてなかったって言えるの?どうなの?はっきり言いなさい。でたらめはあなたじゃない」
かすれた声で泣き続けている。
「泣いてもいいよ。真紀・・・君を抱けたことだけで十分だ・・・幸せだ・・・ありがとう・・・」
「そんなことない・・・ぜったいにありません・・・あぁぁ・・・なんでこんな・・・なんでぶちょうさんなの・・・」
小さな乳房の上に放出した液体をティッシュで拭かれると無理矢理犯された実感がこみ上げてきたのか、それでも感じてしまった自分を悔いてしまう真紀。
でもそれは調教によってもたらされた自然な流れ・・・悔いることも恥じることも必要ない。

「恥ずかしがることないわ。素直に感じることができるって、とってもエッチが上手になって来たってこと・・・いいことだわ。真紀ちゃん、えらいわね」
「こんなに可愛くて柔らかい真紀をもっと抱きたい・・・抱きたいんだ・・・いいだろ・・・一度だけじゃ物足りないんだ・・・」
ぐったりとした真紀をきつく抱きしめ何度も更新を重ねてさらなる交わりを迫る。
「もう一度だけ・・・なあいいだろ・・・」
「もういやぁぁ・・・やくそくがちがいます・・・もうかえってください・・・しゅじんがうえにいるんです・・・あぁぁ・・・」
「そんなこと言っていいのか?そのご主人を守りたいんだろ。だったら言われたとおりにするんだ」

涙を懸命にこらえている真紀には気の毒だが、確かにせっかく手に入れた獲物と交わるのが一度きりというのはありえないだろう。
ましてやあの無様な終わり方では男としてあふれんばかりの悔しさでいっぱいに違いない。
「部長さんのその気持ち、わからなくもないわ。その前にちょっと二階の様子を見てくるわね」
「ゆきさん・・・ひとりにしないで・・・ひとりはいやぁぁ・・・ゆきさん・・・もうこんなこといやぁぁ・・・」
「ちょっとだけ待っていてね・・・抜け駆けしちゃだめよ。雅彦さんが起きてたら大変だから」
そう言い残して階段をゆっくりと登っていく。
かつての上司と部下・・・当事者同士にしかわからないこともあるだろう。
だから二人きりで過ごす時間も少しはあっていいのかもしれない。

寝室のドアをそっと開けると酒に呑まれた雅彦さんがぐっすりと眠っていた。
清野と二人ががりで飲ましたのだからそうやすやすと目覚められたら困ってしまう。
「あなたがいるのに奥さまをお借りしてごめんなさいね。部長さんがやっと思いを叶えて夢中になって離さないのよ・・・お疲れさま。朝になったら真紀ちゃんを返してあげるから・・・それまでたくさん可愛がってあげる。
ゆっくりおやすみなさい」
ドアの隙間から話しかけてもまったく目覚めることなく夢の中から戻ってこない。
つくづくあきれてしまう。
しかし、客間で今どんなことが起きているのか、つい最近このベッドで何があったのかを知らない方がみんなが幸せに生きていけるのだ。

客間に戻ると、全裸になった清野の股間に、これまた全部を脱がされてしまった真紀が顔を埋めてしっとりとペニスをしゃぶっている。
「頼んだら素直にしゃぶってくれたよ・・・うっぅぅ・・・お口もすごくいい・・・上手過ぎる・・・トロけるような・・・あぁぁ・・・これは夢じゃないよな・・・真紀・・・真紀・・・」
「うっうぅぅ・・・あうぅぅ・・・」
こうするしかないのと言わんばかりに小さな口をいっぱいに開けてしゃぶっている。

「あらら・・・二階の旦那さまが起きてきたらどうするつもりだったのかしら。真紀ちゃんも真紀ちゃんね・・・おしゃぶりまで積極的にしちゃって。だったら最初から素直に抱かれればよかったのに・・・」
真紀はしゃぶりながらまたイヤイヤをするが、がっちりと頭を押え込まれてしまう。
「その時はその時だよ・・・真紀をこうしてもういただいてるんだ。後の祭りってやつだよ。ほら、もっと強くしゃぶってくれ・・・手も使って・・・舌もだ」
言われなくても真紀には十分過ぎるほどのテクニックを仕込んである。
涙を流しながらも、唾液をいっぱい垂らし先っぽをチロチロと舐めたと思ったらちゅぱちゅぱと奥まで咥えたり頭を上下に動かしたり・・・
ペニスの扱いにもだいぶ慣れてきたようで、どうすれば男が悦ぶかの術を身につけて自然に出来るようになってきた。

「うひょぉ・・・上手過ぎる・・・いったい誰に仕込まれたんだ・・・その可愛いお口でもっとしゃぶってくれ・・・もっと・・・もっとだよ」
一度射精したからといって、真紀のおしゃぶりにそう長い時間堪えられるわけがない。
すぐに腰をぴくぴくと震わせ限界に近づいてくる。
「もうもうだめだ・・・だめだよぉ・・・真紀・・・そんなに強くしたら・・・おいおいちょっと待ってくれ・・・だめだよぉ・・・」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。