FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりにも早い終わり
「いよいよだ・・・やっと君が手に入る・・・真紀・・・入れるよ・・・入れるからね・・・いいよね・・・」
「あうあう・・あうぅぅ・・・うひぃぃ・・・うひぃぃ・・・」

「うっうぅぅ・・・あぅぅ・・・まきぃぃ・・・」
またも奇妙なうめき声を漏らしながら、イヤイヤを続ける真紀の熟した花弁に狙いをすまし腰を落とした清野がゆっくりとペニスを沈めていくと、硬直した先端とくちゅくちゅに柔らかくトロけた花弁が合わさって絡み合う二人の身体が跳ねるように反り返る。

「ぐげぇぇ・・・げぇぇ・・・ぐぇぇ・・・うげぇぇ・・・うげぇぇ・・・」
「やっと・・・やっと・・・うおぉ・・・うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・うひゃうおぉ・・・ひぃ・・・うわうわぁ・・・」
意味のわからない叫び声とともに、ためらいもなく一気に清野の分身が真紀の中を突き進む。
「あっあっ・・・真紀・・・これが真紀なんだぁぁ・・・なんてきもちいいんだ・・・きもちいい・・・きもちいい・・・いいよぉぉ・・・」
「うぐぇぇ・・・ぐげぇぇ・・・あぐぅぃぃ・・・うげうげぇ・・・」
ついに清野に貫かれつながってしまった真紀は目を閉じたままで声を出すことはできないが、自分の体内で暴れ始める上司のペニスをしっかりと咥えこんでいる。

「こ、これが・・・可愛い真紀のオ○○コ・・・絡みついてくる・・・それに・・・狭くて・・・ぐちょぐちょで・・・うわぁぁ・・・うおぉぉ・・・しまるぅぅ・・・」
ずっと指をくわえて見ている間に人妻となってしまい、二度と触れることさえできないとあきらめていた可愛らしい部下とついに一つになることができた清野の悦びが爆発し、狂ったように腰を振り続ける。
しかも、男性経験が少なくてきつく、清純さを保ちながらも出産を経験し柔らかくなっている花弁・・・
そこに私たちの調教・・・泣き叫んでも決して容赦せず犯し続け快楽を徹底的に覚えこませる・・・をたっぷりと施しているのだから、たまったものではないだろう。
真紀は家庭では貞淑な妻を演じながらも、その身体は日を追うごとに甘く熟し進化しているのだ。

「うふふ・・・すごいでしょ。昔と同じ様でまったく違う真紀ちゃんなのよ・・・あなたが抱いているのは・・・人は変わるのよ」
「そんなこと・・・どうでも・・・真紀とやっとひとつになれた・・・どうして・・・あぁぁ・・・こんなにいいんだ・・・良すぎる・・・良すぎる・・・気持ちいい・・・」
「真紀ちゃん、我慢してないで部長さんと一緒に楽しみなさい・・・いつものように・・・」
ずり下がって来たシャツをたくしめくりあげ、揺れる乳首を摘まんで口に含んで転がすとと清野のものすごい勢いが直に伝わってくる。

「真紀が大好きなんだ・・・真紀の中に入ってる・・・真紀の中にぃぃ・・・うおぉぉ・・・感激だ・・・うれしいよ・・・」
「うげぇぇ・・・うぅぅ・・・あぐぅぅ・・・」
「うひぃぃ・・・まき・・・まき・・・いいよ・・・うぇぇ・・」
だが、やっとの想いで夢をかなえた清野は真紀とセックスを楽しもうという気はまったくなく、潜りこませたペニスを奥へ奥へとぐいぐい押し込んでいってひたすら腰を振って奇声を上げている。
長年の夢が現実になったのだから仕方がないのかもしれない。

「真紀ちゃん・・・すごい・・・あんなにされちゃって・・・」
自分のすべてを欲する飢えた男に押し倒されめちゃくちゃに犯されるような、こんな激しくて野蛮なセックスは長い間忘れていた。
こんな風に愛してもらえる真紀がとってもまぶしく見えてうらやましく思えてしまう。

もちろん愛する女を抱けた清野はそれ以上の幸せ者である。


だが気の毒なことに、我慢していた時間があまりにも長すぎたせいで訪れた幸せはすぐに終わりを迎えてしまう。


「あひあひぃぃ・・・まきぃぃ・・・ひゃあぁ・・・まきぃぃ・・・もうもう・・・でちゃう・・・でちゃうよぉ・・・」
「うげぇぇ・・・げぇぇ・・・」
「いい歳してだらしがないわね。もっとしっかりしなさい。この時を何年待ったのよ。我慢しなさい。男でしょ」
「そ・・・そんなこといわれても・・・ずっとまってたんだ・・・でも・・・待ってくれ・・・だめだぁぁ・・・」
しゃべれば出てしまうと言わんばかりに苦しそうに言い訳をしながら真紀を強く抱きしめる。
「始まったばかりなのにもう出ちゃうの?頑張りなさいってば」
「もうもうだめだ・・・がまんなんてぇ・・・うへうわうわぁぁ・・・こんなにぃ・・・むりだぁぁ・・・」
「そう・・・そうなの。真紀ちゃんがよっぽど好きだったのね。部長さんったら可愛いわ。まったく・・・好きにしなさい」


とにかく激しく休みなく貪るように真紀の体内を掻きまわし、乳房を鷲づかみにしては自分の身体を痙攣させ奇声を上げる。
「まったくもう。中に出しちゃだめよ・・・それだけは絶対に許さないからね。我慢しなさい」
「そ、そんなぁぁ・・・まきのなかに・・・なかにだしたい・・・まきのなかに・・・」
真紀は犯されながらもそれだけは・・・という思いで激しく首を振って嫌がる。
「ダメなものはダメ。外に出しなさい。嫌なら雅彦さんを起こしに行くわよ」
中出しするようなそんな資格は清野にはまだない。
真紀の中に精液を注ぎ込めるのは私の選んだ男だけ。

「わかったぁ・・・わかったよぉ・・・チ○ポがぁぁ・・・あぁぁ・・・もうもうだめだぁ・・・真紀・・・好きだぁぁ・・・」
腰の振りが激しくなると、真紀の手足が清野の身体の上で泳ぐようにさ迷いながら絡みついていく。
その足を抱え込んで小さな身体を折り曲げてより深く貫き、狂ったように突きまくる。
真紀は口をふさがれている苦しさなのか元上司に無理やり犯さている悲しさなのか、さらに 首を激しく左右に振りながら涙と唾液で顔をぐちゃぐちゃにしている。
オジさんやダンナも今のこの男の勢いにはかなわない。
現実は思えないほどのものすごい光景だ。

「まき・・まき・・・すきだよ・・・だいすきだぁ・・・でるよ・・・うわぁぁ・・・でちゃうぅぅ・・・うへぇぇ・・・」

射精寸前で体内からペニスを抜き取ると、汗びっしょりになった白い乳房の上に長年の想いのこもった精液をたっぷりと振りかけた。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

夫の名を呼び続け
「真紀のオ○○コ・・・あぁぁ・・・夢みたいだ・・・・・・あぁぁ・・・美味しい・・・美味しいよ・・・」
ちゅるちゅる・・・ぴちょびちょ・・・じゅるじゅる・・・
ずっと手に入れることができなかった部下の妻の花弁を目を開いたまま卑猥な音をさせて舐め回す。
「熱くて・・・しっとりとして・・・これが真紀なんだ・・・あぁぁ・・・夢みたいだ・・・あぁぁ・・・」
「いやぁぁ・・・いやなの・・・あなた・・・あなた・・・あなた・・・たすけてぇぇ・・・」
いくら叫んでも大好きな雅彦さんは今ごろ階上のベッドで夢の中・・・
それでも真紀は懸命に夫の名を呼び続け、花弁に埋まる清野の頭をギュッとはさんでなんとしても避けようとしている。

「まさひこさん・・・たすけて・・・まさひさん・・・こんなこといやあぁぁ・・・」
「アイツが助けてくれるのかな・・・ほら・・・だんだん濡れてきたぞ。おつゆが出てきたぞ・・・ねっとりとさせちゃって・・・」
「きゃあぁぁ・・・ぬれてなんかいない・・・ちがうのぉ・・・たすけて・・・まさひこさん・・・」
「嘘つけ・・・ねっとりとしたおつゆが・・・ほら・・・こんなに・・・」
無毛の花弁を舌と指が甘い蜜を求めてさらに強く這い回る。

「そんなことないってばぁ・・・ぬれてなんかいないのぉ・・・よしてぇ・・・やめてぇぇ・・・あなたぁ・・・あなたぁ・・・」
「まだあきらめないの?あなたあなたってまったくいつもながらうるさい奥さまね。しばらく黙ってなさい」
放り投げてあったショーツを丸めて真紀の口の中に押し込んで黙らせ、ネクタイで両手をしっかりと縛り上げる。
「うぐぇぇ・・・げぇぇ・・・うぅぅ・・・」
「これでやっとおとなしくなったわね。どうぞ、愛しの真紀ちゃんを思う存分食べちゃっていいわよ」

「うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・」
抵抗できなくなった獲物を得た獣は、力任せに広げた股間に顔を埋め両足を抱え込んでじゅるじゅる、ちゅぱちゅぱといやらしい音を立てながらむき出しの花弁をきつく吸う。
「うぐぅぅ・・・うっうぅぅ・・・うぅぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
「あぁぁ・・・真紀の・・・真紀のオ○○コ・・・なんて熱いんだ・・・どんどん濡れてくる・・・ぐっしょり・・・うわぁぁ・・・」
「あぁぁ・・・あぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」
感じまいと必死で頭を振り両足を突っ張っている真紀だが、無毛の花弁はとても敏感だ。
その上、オジさまと私に厳しく調教された身体は、たとえ嫌な上司からの愛撫であっても否が応でもすぐに反応し始め、抵抗は次第に薄れ身体からは余計な力みが消えていく。
今、これまでの調教の成果が確実に、そして見事に実ろうとしている。

「こ、これは・・・す、すごいよ・・・ユキさん・・・舐めても舐めてもジュースが・・・甘くて・・・熱くて・・・毛がないってこんなにすごいとは・・・」
「でしょ。真紀ちゃんが剃らせてくれたの・・・おまけにって感じやすくて積極的なのよ・・・すぐびっしょりになって柔らかいくなるんだけど・・・いざとなるととってもきつくて締まって“いい”らしいの・・・ある人から聞いた話だけどね」
事実、ダンナもオジさまも夢中になって真紀を求め、特にオジさまは初めて抱いたあの日、一晩で何度果てたのかわからないほど。
でも真紀を見つけたのは私。
世間知らずだった奥さまの愛らしさを損なうことなく、苦労しながらここまで磨き上げて来たのだ。
「う、うそだろ・・・君を抱いた奴がいるなんて・・・こんなにきれいなオ○○コのに・・・信じられない・・・そんな・・・いったい誰が・・・誰なんだ・・・真紀・・・」
真紀を責めてもうめき声しか返ってこない。

「そんなこと、どうでもいいでしょ。今、こうやって愛しの真紀ちゃんを手に入れることができたんだから思う存分楽しめばいいじゃない」
「わかってる・・・わかってるよ・・・きれいなピンク色して甘い香り・・・洪水のようにびしょびしょで・・・しかもヌルヌル・・・たまらない・・・たまらないよ」
清野が確かめるように美しい花弁を広げてまじまじと見入り指を潜り込ませてぐにぐにと掻き回して、再び口に含んで舐め続ける。
「うげぇぇ・・・あぐぅぅ・・・うげぇぇ・・・うぅぅぅ・・・うぐぅぅ・・・」
引越しにあわせて買ったばかりの布団の上で股を広げられ、じゅるじゅる、ちゅぱちゅぱと執拗に舐められると花弁からは濃厚な蜜が湧き出し、束ねた手から力がなくなってだらんと垂れ下がる。
「真紀ちゃん、そろそろいい感じになってきたかしら?今夜は部長さんのものになるんだから、ちゃんと悦ばせてあげないと、雅彦さんがとんでもないことになるわよ」
口がふさがれたまま花弁や敏感な突起を乱暴に吸われぐったりとしている真紀の乳房を撫でながらきつく言いつける。

「いよいよだよ・・・真紀・・・やっと・・・やっとだよ・・・まさかこの日が来るとは思わなかった・・・」
あわててズボンだけを脱ぎ棄て広がったままの股間に身体を割り込ませようとするが、いざその時になると、真紀は身体をよじり膝をぴったりと合わてしまう。
「あぐぅぅ・・・あぐあぐ・・・ぐぇぇ・・・」
もうどうにもならないことを覚悟しながらも残った力を振り絞って懸命にイヤイヤを繰り返す真紀。
「どうしてそんなに嫌がるんだ。もう・・・我慢できない・・・真紀が早く欲しい・・・欲しいんだ・・・大好きな真紀とつながりたいんだ・・・」
いくら真紀が拒否ろうとも、清野の唾液と自身の蜜とでぐっしょりと濡れた花弁はそそり立つ男根を迎え入れる準備をすでに済ませている。

「部長さんのすごく立派・・・真紀ちゃんの中に入りたくてうずうずしてるわ。あなたも早くコレが欲しいでしょ・・・気持ち良くなりたいんでしょ」
「真紀・・・君はいい奥さんだよ・・・こうして夫と家庭を守ってる・・・だけど・・・柔らかくて可愛らしい君が欲しい・・・いいだろ・・・ココもこんなに濡れてるじゃないか・・・俺だってもう我慢できないんだ・・・何年も待っていたんだ・・・」
私との時よりも大きくなってコチコチに固くなっているペニスがそこにある。
「なあ・・・いいだろ・・・立原のためだよ・・・真紀だってこんなに濡れてるよ・・・自分でも・・・ほら・・・わかるだろ・・・いいだろ・・・君を抱きたいんだ・・・」
「うげぇぇ・・・うぅぅ・・・」
「いいだろ・・・ずっと好きだったんだ・・・欲しいんだ・・・」
同じ言葉をささやきながらじゅくじゅくの花弁をくすぐるように愛撫を続けていくと、耐えきれなくなってきた真紀の膝がすぐにグイっと開かれ抱え込まれてしまう。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。