FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つぶしてしまいなさい
男の一人や二人酔わすのは簡単だ。
すでに二軒目にして男たちはダウン寸前。
雅彦さんがトイレに立った隙に清野に話しかける。
「部長さんはこれ以上飲みすぎちゃだめよ。言わなくてもわかっているわよね。今夜こそあなたの願いを叶えるのよ」
「いよいよ・・・ほ、本当にこ、今夜なのか・・・でも・・・どうやって・・・」
「これから真紀ちゃんの家に行くのよ。部長らしく堂々と振る舞いなさい。オレの言うこと聞かない奴はクビにするぞって勢いで奪っちゃえばいいの」
清野の喉がゴクッと鳴る。
「それだけうまくいくのか?」
「私に任せておけばすべてはうまくいくから。でもね、手伝いはするけど最後は自分のその力で愛する彼女を手に入れなさい。脅したってなにしたっていい。あなたにはその力、パワーがあるのよ」
「アイツは?」
「もっともっと飲ませてつぶしてしまいなさい。考えなくてもわかることでしょ」
「お説教みたいになってしまったが、この男はわかったかどうかイマイチ不安である。

雅彦さんはさすが大手企業のサラリーマン。
接待慣れしていて私を退屈させることなく笑顔で話を聞いてくれて自分からもよくしゃべる。
「結婚してずっと暮らしているとお互い空気みたいな存在になるって言いますよね。うちもそうかな・・・あまり話すことないし・・・子供ができてからは特に」
「うちなんか自営でほぼ毎日一緒にいるからぎゃあぎゃあうるさいわよ。相手にしないと逆切れするし面倒で仕方がないわ。休みの日ぐらいゆっくり話を聞いてあげたら?悩みがきっとあるはずよ」
「そうしなくちゃと思いつつ・・・マンネリですかね・・・特に不自由もないし・・・
「それは奥さんの努力のおかげよ。幸せなのね」
この旦那さまに真紀のもう一つの姿を話してあげたくなる。
『奥さまはオジさんに抱かれながら苦しんでいるのよ・・・ココロと身体の違いに・・・救ってあげられるのはあなたしかいない。たくさん抱いてあげればいいのに・・・ダメな人ね』
とは言えず、ただ笑ってうなずき返す。

その会話の合間に隣に黙って座ってウトウトしている清野に念を押す。
「今夜、必ず決めるのよ。わかってる?」
「大丈夫・・・任せてくれ」
ひそひそ話が聞こえたのか、ずいぶんと酔った立原が彼らしくない冗談を交じえながら聞き返す。
「えっ?内緒話ですか?ユキさん?怪しいですね・・・まさか二人で消えないで下さいよ」
「まさか・・・そんなこと言わないでよ。絶対にありえないから」
「そこまで言わなくてもいいだろ」
「あのね、優しくてリッチな部長さんにお勘定をお願いしちゃったの。ついでにタクシーで私たちを送ってくれるって・・・立原さんも乗っていきなさいよ」
「ええ・・・ユキさんがそうおっしゃるのでしたら・・・」
「ならもっと飲みましょう・・・部長さんのおごり&タクシー付きよ」
今夜の計画は彼に私たちを自宅に招いてもらうことから始まる。
その大切な役目を果たしてもらうにはもっと酔ってもらってわないと困ってしまう。

「そうだ・・・ねぇ・・・これから立原さんのおうちにいってもいいかしら?せっかくだからお手紙くれた新居を見てみたいわ」
「えっ?まさか?」
ころ合いを見からって作戦開始の合図をすると清野がびっくりして奇妙な声を出す。
「あら、部長さんったら私たちだけで行かせる気なの?へぇ・・・そうなんだ」
「いやぁ・・・そうか・・・そうだよな・・・川居君、いや真紀さんにもしばらく会っていないからな・・・いい機会だ。私からもお願いするよ」
思わず旧姓で呼んだのには吹き出してしまう。
そう言ったのまではいいが、計画が動き出したことを悟ったのか、酔っていたはずの顔に徐々に緊張の色が浮かんでくる。
まったく小心者・・・
だからすぐそこにいた真紀に逃げられてしまい、目の前にいる部下にとられてしまったのだ。

「立原さん・・・勝手なお願いだけどいいかしら・・・こうでもしないとなかなか真紀ちゃんに会えなくて・・・ずっと気になってたの」
会いたいのは本当の気持ちなのだ。
「わかりました。どうぞどうぞ。構いませんよ。僕がこうしていられるのも皆さんのおかげです。真紀も喜ぶと思いますからぜひおいでください」
「でも今からだと電車が・・・帰れなくなったらどうしようかしら・・・今日は主人もいないし困っちゃうわ・・・一人で帰るのいやだわ」
雅彦さんの目を見つめその優しさをくすぐってみると思い通りの答えが。
「なんでしたらうちに泊まって真紀の話でも聞いてあげてください・・・もう子供も寝ているでしょうから全然構いませんよ」
「いいんですか?お言葉に甘えちゃうかも。立原さん、帰る場所がおうちと決まったからにはもっと飲みましょうね。夜はこれから始まるのよ」
すべては私の手の中にある。
「そういえば真紀ちゃん、変わらず元気にしてますか。しばらく会っていないから気になってたの。いきなり引っ越しちゃうんですもの」
「ちゃんとご挨拶したつもりだったんですがすいませんでした。真紀は元気でやっています。やっとこっちに帰ってこれたのでホッとしているみたいです。実家も近いし」
「それはよかったです。お手紙頂いてとってもうれしかった・・・せっかくお友達になったのに遠くに行っちゃったんですもの」
「会社の命令には背けませんから仕方なかったんです。でも真紀が失礼をしてすいませんでした。お知らせもしなかったなんて」
夫を裏切りうちのダンナに抱かれ続けるのがよっぽど辛かったのだろう
黙って去って行った真紀の悶え苦しんでした姿を思い出す。


「あぁぁ・・・真紀は小っちゃいのに柔らかくて・・・あぁぁ・・・すごくいい・・・」
「あなた・・・あぁぁ・・・ごめんなさい・・・あぁぁ・・・ごめんなさい・・・あなたぁぁ・・・」
まだ明るいうちから調教用のベッドの真ん中で旦那に激しく貫かれて泣きじゃくっている。
ここで貞操を奪われてから何度も抱かれているというのいつもけなげな涙を見せて夫に詫び続けている。
「いくら謝ったってこんなにしっかりつながってるぞ。いけない奥さまだ・・・」
「そんなことない・・・あっあっ・・・だめぇぇ・・・ひぃぃ・・・いやあぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「まったく・・・いつになったら泣くのをやめるつもり・・・毎日抱かれて毎日泣いているじゃない」
突き上げられている真紀に口唇を重ねてキスをすると涙の味しかしない。
「うぅぅ・・・ユキさん・・・もうもうおしまいにして・・・こんなことだめだめです・・・いけない・・・ゆるして・・・ゆるして・・・」



また真紀が流す新しい涙を見たくなってきた。
しばらくして、今夜のヒーローがダウンしかけたところでタクシーを呼んだ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

知らないということは
この約束を実行するにはそれなりのプランとタイミングが重要だ。
いきなり清野を昼間、真紀の家に連れて行って抱かせても彼は満足だろうが、私にとってはオジさんの時と同じパターンになるだけで変化がなさすぎる。
二人はいわくつきの仲・・・
突然の来訪に驚いた真紀が必死に抵抗するのは目に見えている。
乱暴だったり騒がしかったりするのは私の趣味ではないし、そんな状況の中で十分に調教できるとは思えない。
清野は部長・・・それも人事権を握っている強力な地位・・・と真紀の夫の雅彦さんはそろそろ昇進しようかという中堅社員。
そしていびつな、そして一方的な長年の恋の敵でもある。
清野には自分の圧倒的な地位を利用してじっくりとこの宿命の恋を実らせるように仕向けよう。
その時、愛する夫のためにけなげに生きる真紀がどういう反応を示すかとっても興味深い。

真紀の調教を次のステップに進める日がいよいよやってきた。
例によって出張続きのダンナのいない週末、清野と飲みに行くことにしたのだ。
一人で考えて決めた計画実行の夜である。

「真紀ちゃんのご主人をここに呼べばいいじゃない。あなたの誘いは断れないはずよ。仕事を早く切り上げさせて今すぐ来させて」
「せっかくこうして二人きりで飲んでいるのにどうして立原を呼ぶんだい?ユキさんて相変わらずわかんないなぁ・・・」
「じゃあ聞くけど、部長さんは何のために私と飲んでるの?私とまたしたいから?この後ホテルにでも行くつもり?」
「それりゃそうだけど・・・」
「まったく・・・どうしてそう単細胞なのかしら・・・だから今までずーっと真紀ちゃんに何もできないのよ。あなたって本当にダメね。計画性も実行力もないわ」
「目先のことばかり追いかけていないで自分が何をすべきか、何をしたいのか、よーく考えてさっさと行動しなさい。チャンスは待つものじゃなくて掴み取るものよ。ぐずぐずしているなら私、降りるからね」
「チャンス・・・そうか。わかった・・・ユキさん、わかったよ」
慌てて立ちあがり、携帯を持って店の外に飛び出していった。

「部長、お疲れ様です。お待たせしてすいません。あれ?ユキさんも一緒だなんて・・・どうしてまたお二人が一緒に?」
待ちに待ったご主人さまがやっと現れた。
「ほら、この前のランチの続きをしようと思って。だって部長さんと二人きりで飲んだらつまらないし怪し過ぎるでしょ。立原さんはいざという時の私のボディーガードになってもらうために呼んだのよ。お仕事中だったんでしょ。迷惑だったかしら?」
「いえ。ユキさんにそう言っていただいて光栄です。部長の許可をもらったので最後まできちんとお付き合いさせてもらいますのでよろしくお願いします」
さすがは優しくていい人。
「おい、そんなことより仕事は大丈夫なのか?」
清野は私の計画がまだよく理解できていないのか、不満げな声で立原に聞き返す。
まったくもって目先のことしか見えない小心者・・・
これから先が思いやられる。

「君は若いし幸せいっぱいだよな・・・本当にうらやましい。あんなに可愛い真紀君を奥さんにできて、それに子供まで・・・」
そこそこ飲んだタイミングでの、清野のこの一言がイベント幕開けの合図であった。
でも、計画はすべて私の胸の中・・・サプライズが必要だ。
「毎日仕事やお付き合いで遅いでしょうけど奥さまは起きて待っていてくれるの?」
「そうですね・・・夜中になってしまいますがほとんど起きてくれています。子供と一度寝てまた起きるみたいですけど・・・すごくありがたく思ってます」
「あらまあ・・・ごちそうさま。本当に仲良しで妬けちゃうわ・・・たまに休みの日とかは一緒にお風呂に入って洗ってもらったりするんでしょ」
「いやだな・・・いくらなんでもそんなことしませんよ」
「別におかしいことじゃないと思うけど・・・真紀ちゃんとなら可愛いしいいんじゃない?」」
「独身の頃から仲が良かった君たちのことだからそれもありかもな・・・そういう話が出るんだからまだまだ若いってことだ。またまたうらやましいかぎりだよ」
清野がボソッとつぶやく。
「してませんってば。若いだなんてとんでもない。それにしてもお二人ともどうしたんですか・・・もう家内の話は勘弁して下さいよ」
きわどい話をさりげなく振っても嫌な顔もせず、少し照れながらもまじめに答えてくれる本当にいい人。
実際に会ってこうして話をしてみたらとにかく優しい・・・
家庭でもきっといい夫なのだろう。
ここまでして真紀が頑張って守ろうとしているその理由の一部がわかってきた。
「あら、いいじゃない。幸せはみんなで分け合うものよ。立原さんだけで独り占めするなんてずるいわ」

だが、そんな幸せなんて深い闇の中からほんの今だけ表面に浮きあがってきて見ている幻にしかすぎないことに雅彦さんが気付くはずもない。
隠された見えない部分では、自分の家や調教用のお部屋で自分の妻が何度も他の男に貫かれ泣かされながらセックスの快楽を覚えこまされ奉仕させらているのだ・・・
今夜こうして私たちと楽しく飲んでいられるのは、何としても普通の生活を壊すまいと必死に守って抱かれ続けている真紀のおかげ。

知らないということはとってもいいこと。
おかげでみんなが幸せでいられる・・・

そんな彼の妻である真紀を辱め徹底的に調教してきたの今までのこと、これから起きるであろうことを思うとちょっと後ろめたい気になってしまう。
だけどこれも運命。
今夜はこんなにけなげで可愛らしい妻と暮らしている旦那さまにたくさん酔ってもらうことにしよう。
清野の想いを果たすために一役買ってはもらうが、自分の妻の本当の姿を知るのにはまだまだ機が熟していない・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。