FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イライラしてくる
真紀ちゃんもその子もずっと部長さんに痴漢されてたんだ・・・最低ね」
「真紀はともかく、その子はOKしたんだ。それでいいじゃないか。まあ、逃げようがなかったのかもしれないが・・・何回続いたかな・・・電車の中であのおっぱいをたっぷりと揉ませてもらったよ」

セクハラだ、痴漢だなどと大騒ぎされ社会問題となる前の時代・・・
その子に自分の身に降りかかっている異常な出来事を告白するような勇気があるわけないのを知っていての姑息な悪戯・・・しかも自分が好意を寄せている女性の代わりにしただなんて。

それにしても、今まで真紀は何も知らない奥さまだと思っていたが独身時代にそんなエピソードがあったとは驚きだ。
何も言えずにじっと我慢していたのだろう・・・今と同じように。
でも、私の下で貫かれ震えていた真紀の身体のすべてがこんな男に汚されていたわけではない。

「そんな悪いこと、ずっとしてたんじゃないでしょうね」
「せっかく出会えたんだから、そう簡単に解放するわけないだろ。あの子には何度も楽しませてもらったよ。ブラウスなんか着てくれたことがあって・・・いつもの約束事のように後ろからブラのホックを外し、ジャケットの合わせ目から手を差し込んで小さなボタンを一つ開ければすぐにあの小さなおっぱいがそこに・・・シャツをめくる手間が省けてよかったよ」
「で、結局は?」
「別に・・・これだけだよ。下手に声かけて楽しい時間が終わってしまうのならこのままでいいで思って・・・そのうち姿を見かけなくなっておしまいさ」
勇気も根性もないまったく最低の男だ。

「その子の話はもういいわ。ムカムカしてきてこれ以上無理。で、それから愛しの真紀ちゃんに何かアクションを起こしたの?」
「二人きりの残業の時に何度も飲みに誘ったりはしたけど全然相手にしてもらえなかったよ。そのうち何ヶ月かして、立原と結婚するから会社を辞めますって言ってきた」
「きっちりお断りされた上に、お嫁に行くからってバイバイされちゃったんだ。それはそれは気の毒だったわね」
「どうしても手元に置いておきたかったから『仕事を途中で放り出すのか』って怒ったり、やんわり慰留しても話なんか聞かない。電車の中ではいくらでも触らせておいて、いざとこっちが本気モードになるとイヤイヤじゃね・・・訳がわからなかった。とにかく『辞めさせて下さい』の一点張りでおしまいさ」
もしかしたら・・・
清野の行為に気が付いてずっと黙って我慢していたのかもしれない。
そうでなければ逃げ出すような、そんな辞め方などしないはずだ。
自分だけが黙って去っていくというのは、真紀なりの思いやりとバランス感覚だったのだろう。
「部長さんのわがままで退職時にもめたってわけね・・・なるほど、それじゃかなわぬ恋を成就させたい気持ちにもなるのも無理ないわ」
うじうじと電車の中で痴漢などしているから、いざという時に真紀の行動や気持ちに対する対処方法がわからず、やすやすと逃げられてしまうのだ。
まったくもって根性なし・・・

「そんなに好きなら酔わすかなんかしても思いを遂げちゃえばよかったのよ・・・結局、今まで十年近くずっと悔いが残っているままでしょ。バカみたい・・・」
「俺も若くて優しすぎたのかな・・・そこまでの勇気はなかった。でも、今度は絶対に逃がしたくないんだ。だからだからユキさん・・・真紀を抱かせてくれ・・・チャンスをくれ。お願いだ。そのためだったらどんな約束だって守る。会社だって辞めてもいいんだ」
「いまさらそんなに思い詰めてどうするのよ。また逃げられるわよ」
あの真紀が痴漢され続けていたのは意外だったが、それはそれとして、大好きな彼氏(立原)のためにかたくなに守っていた最後の砦が清野に攻略できるわけがなかったろう。
たぶん強烈に拒否され騒ぎになりそうになってしまった真紀を追いかけるのをあきらめて、自分の地位と出世を優先させたのだろう。
この男ならありえる。
まったく・・・何か「優しい」のか言っている意味がまったくわからない。

「それに部長さん、そんなこと企んでいいのかしら・・・『優しい』んでしょ。どうするもこうするも、すべては貴方の覚悟次第だってば。何度も同じこと言わせないでよ・・・イライラしてくるわ」
「何を怒っているのかな。真紀を触っちゃいけなかったのかい?目の前に愛しの人がいたんだ・・・仕方ないことだよ・・・それは本能だ」
この男には反省とか社会的常識や最低限のモラルなんてものはまるでない・・・
私も常識がある方ではないが、その比ではない。
「あのね。私もね・・・高校生の時に本当に嫌なことされたの。電車の中で・・・しかもずっと。それ以来、男の人と狭い空間で一緒になるのが苦手なの。電車はもちろん、エレベーターやバスもよ。後ろに誰か立っているんじゃないかと思って・・・」
今思えば、高校生にしては胸が大きく普段から目立っていた私は、通勤する男性たちにとって絶好の餌食だったに違いない。
「痴漢にあったときは本当に怖くて声も出なかった。そこが狙われて毎日毎日お尻を触られ・・・ついにはスカートをまくられて・・・部長さんが真紀ちゃんにしていたことと同じよ。本当はここに一緒にいるのも耐えられないくらい嫌な気持ちなの」
「なるほど、ユキさんにもそんな経験があったんだ。可哀想に・・・」
全然気持ちが入っていない言葉。
「それでどんなことがあったの?」
「あなたみたいな人には言いたくない。私の気持ちなんかこれっぽちもわからないくせに」
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

我慢できない最低男
「部長さん、ちょっと待ってよ。真紀ちゃんがだめなら今度は別の子なの?いい加減にしなさいよ」
「栗色のさらさらの髪がとっても魅力的で背が小さくて・・・あの子は学生だったかな・・・我慢できなくなって試しに軽く肘で胸を触ってみたら、一瞬目が合ったけどすぐにうつむいてしまって・・・その子の甘くていい香りが封じ込めていた真紀への思いを一気に噴き出させたんだ。今、このチャンスをものにするしかないって」
また解説付きの実況だ。
「絶好の獲物が目の前にいるのに・・・もうこうなったら後には引けないって。
身体を密着させてニットシャツの上から適度な大きさの胸をそっと指先で触れてそのまま揉み始めてもじっとして自由にさせてくれたんだ」
「自由にさせてくれたなんて・・・そんな・・・」
「いい香りでおっぱいも柔らかくて・・・しかもおとなしい。こんな子に巡り合えてよかった。彼女を抱え込むようにして楽しませてもらったよ」

「嫌がる子を痴漢して楽しいの?絶対おかしい・・・いや狂ってるかも・・・」
「おいおい、待ってくれよ。次の日だってちゃんと同じ時間、同じ場所に現れたんだ・・・これはもうOKなんだなって、すばやくニットシャツの下側に手を伸ばし滑り込ませ耳元でささやいたんだ。
『このままじっとしててね・・・ちょっとだけ』
インナーシャツを構わず引っ張り出して“真紀”の隠されている部分・・・シャツの下の温かい素肌に指先が触れると、興奮が最高潮に高まり息苦しくなってきた・・・ここまできたのなら全部いただくいかないって。
『や、やめて・・・』
そう言ったがどうかは聞こえなかったけどね・・・

シャツの下ならば、どんなことをしようとも周りからは完全に死角になるので自由に手を動かせる。
素肌の感触とそこから伝わってくる真紀の温かい体温に興奮しながら、乳房を求めて滑り込ませた右手を上へと登らせていくとすぐに愛らしい小さな膨らみを捕らえることができた。
その瞬間、びっくりするぐらい柔らかくて思わずつぶやいちゃったよ。
『柔らかい・・・なんて柔らかいんだ・・・うわぁぁ・・・』

すぐに潰れてしまいそうな乳房を慎重に優しく揉みしだいても、この子はうつむいているだけで身体を動かそうともしない。
本当にOKでいいのかって思いながら、指先を慎重に動かして乳首を探り当てようとしたけれども、ブラジャーに埋もれてしまっているのか、なかなか見つからなかった。
焦る気持ちを抑えこんで慎重に探り続けると、やっと下着と違う感触に巡り合えた・・・それは思ったよりも外側を向いてカップの中に収まっていたんだよね」

「もうやめなさいよ。そんな痴漢の話なんてつまらない。その子がとっても気の毒・・・そこまでされちゃうなんて・・・部長さん、恥ずかしくないの?」
「これからいいところなんだから、最後まで聞いてくれよ」
最低男の悪戯はさらに続く・

「この子のおっぱいを直接触りたい・・・揉んであげたい・・・こうなったら中途半端ではいけない。
彼女だって期待し待っているはずだ・・・
そう思って、反応をうかがいながら、そのまま右の乳房をブラジャーのカップから恐る恐る引っ張り出して、硬くなった乳首をコリコリと指先で挟みながら手のひら全体で包み込んで揉みり始めたんだ。
柔らかさに夢中になればなるほど、これがあの真紀の・・・清楚なブラウス姿でいつも笑顔のあの可愛い真紀の乳房だと思えるようになり、ドキドキが高まりは激しくなる一方でさ。
ついでに左側の乳房もカップの横から指を差し込んで、固くなっている頂点と一緒に揉み比べてもみた・・・
右のほうが若干大きいような気がした。
『・・・どっちのおっぱいも可愛いよ・・・明日からブラジャーはいらないからね』
降りる際に、額にキスをしてしっかりと命令を伝えたよ」
「で?その彼女はそうしてきたの?」
「それがね・・・違ったんだ。なかなかどうして生意気な子だったよ」

「次の日は運悪くその子の前には立てなかった。
人の波に流されていく彼女を追いかけ人混みをかきわけて何とか後に立つと、細い腕と身体の隙間から手を強引に差し込む。
『今日も来てくれたんだ。うれしいよ』
ぴったりと身体に張り付いている腕を引きはがすように脇の間に手を差し込み、ぐいぐいと押しているとスーッと腕が身体から離れ、あの乳房が手のひらの中に収まった。
しかし・・・期待していたような感触は得られなかったんだ。
やっぱりニットのシャツの下にはあの小さな乳房を包み込み隠している布切れがあったんだよ・・・
『おい・・・約束が違うじゃないか・・・どういうつもりなんだ』
『・・・』
耳元で問い詰めたところで返事が返ってくるわけがない。
周囲の目を確認しながら身体を密着させ、無言の彼女を後ろから抱きかかえて乳房を愛撫しながら次の手を考える。
『いらないものは取っちゃおう・・・取ってしまえばいいんだ・・・取っちゃうね』
乳房を愛撫する手をいったん引きあげて、背中にある余計な留め具を両手で摘まんでぐぐっと持ち上げるとすぐに外れ、隠されていた乳房がこぼれ落ちてブラジャーと一緒に揺れて・・・やったって感じだった」
私が顔をしかめようと構わずに、得意になって話を続ける。

「次の駅に到着すると、逃げられないように正面に身体を入れ替えて奥へと押し込み、戸惑う彼女をしっかりと抱き締めたんだ」
「そんなことで真紀ちゃんの代わりの子のおっぱいを電車の中で楽しんだって言いたいわけね。そんなことして楽しかったの?」
「そんなこと言われたって真紀にはどうしても手が届かなかったんだ・・・痛いところを突かないでくれよ。この子はこの子でなかなかだったし十分に楽しませてもらった」
思い慕う相手の代わりに痴漢するなんて・・・

「この子、とってもおとなしくてなんでも好きにさせてくれたよ。
『それじゃいただくよ・・・そのまま静かにしててね』
『あっ・・・いやぁっ・・・』
覆っていたカップから解放された乳房は思ったよりも小さく、手のひらの中にすっぽりと収まってしまう。
こんな膨らみを揉むというよりもいじくる、乳首を摘まむといった行為を“真紀”は黙ったままじっと耐えて受け入れていてくれたんだ。
この子はずっとじっとしていて・・・そんな甘い悪戯を乗り換えの駅に着くまでずっと可愛いおっぱいを心ゆくまで味見させてもらったよ」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。