FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
触れ合う花びらと花びら
スイートなマイホームで、ココロどころか身体までもがんじがらめに縛られて調教されていくうちに涙と悲鳴は沈黙と無表情・・・そして歓喜の声と恍惚の表情へ、抵抗は諦めと服従へと変わり、朝日が夕日になる前には淫靡な責めを積極的に受け入れるようになっていった。

「ユキ、後始末は頼んだぞ。真紀にちゃんと約束を守るようにさせろよ」
こうして暗くなりかけた頃、やっと満足したオジさんを先に帰して、交わった後の寝室の片付け・・・証拠隠滅をしていく。
床に座ったまま茫然自失状態の真紀をせかしながら窓を全開にし、あちこちに散乱したティッシュや玩具を片づけてシミだらけのシーツを洗濯機に突っ込む。

「ふう・・・すごい散らかり方だったけどこれで大丈夫かしら。雅彦さん、鈍感だから気がつくことはないと思うけど、真紀ちゃんがしっかりしないとだめよ」
「こんなこと・・・いつまで続くんですか・・・いつか・・・いつか気がつくに決まってる。あの人をだまし通す自信はありません・・・」
苦しみ、そして運命を嘆く真紀の水滴を拭き取りながら抱きしめるとボディーソープのいい香りが鼻をくすぐる。
「さあ・・・オジさまが飽きるまでかしらね・・・でも真紀ちゃんのこと、とっても気に入ってるから先のことはわからないわ」
「あぁぁ・・・そんな・・・耐えられない・・・」
「そうよね。こんなに激しく抱かれちゃって可哀想な真紀ちゃん・・・なら・・・オジさまのマンションにでも住んだらどうかしら。そこで人生を新しくやり直すのよ。たくさん愛してもらえば苦しみなんか忘れちゃうわ」
「そんな・・・そんなのいや・・・できるわけない・・・ここから逃げだしてオジさまだけのためだけに生きるなんてできない。私には家族がいるんです」
「なら答えは簡単。頑張るしかないでしょ・・・この家を守るのはあなたなんだから。全部今のままでいいから・・・あなたは強くて優しい奥さまよ・・・オジさまのおかげでどんどん美しくなっているわ」
口唇を重ねると激しかった情事の後の熟し切った真紀はまた違う味がする。
「あぁぁ・・・ゆきさん・・・こどもが・・・こどもがかえってくる・・・いけない・・・」
「まだ時間はあるでしょ・・・私にも真紀ちゃんをちょうだい・・・ここに座って・・・」
バスローブの紐をといてベッドに座らせると自然に足が開き、私の口唇と舌、指・・・そしてバイブを呑み込んでいく。
「ゆきさん・・・あぁぁ・・・もうゆるしてぇぇ・・・ゆるしてぇぇ・・・」
「ずいぶん楽に咥えられるようになってきたわね・・・そうやっていやらしい奥さまになっていくなんてだめよ・・・あん・・・真紀ちゃん・・・」
「子、これだめぇぇ・・・とってぇぇ・・・ひぃぃ・・・だめなのぉぉ・・・」
ベッドに腰掛けさせてM字型に開脚させた股間の中央では、私の操るバイブが真紀の身体の中をぐにぐにと掻き回している。

「もう・・・もうだめぇぇ・・・ゆるしてぇ・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・」
ぐったりとした真紀とベッドに横たわると、取り替えたばかりのシーツの上がとても心地よい・・・
真紀と私の乳首が触れ合うたびに二人の間に電気が走り、小さな身体をのけぞらる真紀をきつくきつく抱きしめて少しずつ頂きへと向かっていく。
「真紀ちゃん、すごく上手になってる・・・最初の頃とは大違いよ。うちのダンナに初めて抱かれた頃は泣いてばかりいて、されるがままだったものね。それが今じゃこうやって自分の家のベッドでこんなに積極的に・・・」
「ちがう・・・ちがうの・・・そ、そんなことない・・・あぁぁ・・・はずかしいこと・・・もういやぁ・・・いやぁぁ・・・」
「そうかしら。自分でもわかっているはず・・・認めたくないだけよ。今日だって何回抱かれたの?オジさまがこれだけ夢中になっているのはなぜ?」
「いや・・・いや・・・思い出したくない・・・あぁぁ・・・はすかしい・・・」
顔を手で覆う仕草がとても可愛らしい。
「ほら・・・ココはぐっしょりでこんなに柔らかくなってる。それだけ成長しているのよ・・・だくさん抱かれて大人の女になったの。認めなさい・・・」
最後の最後になると自分が変わりつつあることを受け入れらず自分の殻に閉じこもろうとするが、そんなココロとは対照的に濡れた鮮やかな花弁とセピア色の蕾は見事なまでに開いて私の指を何本も咥えていく

「強情ね・・・素直に認めればいいのに・・・あんあん・・・こんなにびしょびしょでぐちょぐちょじゃない・・・私もこうしてあげるから・・・あぁぁ・・・」
「ゆきさん・・・うわあぁぁ・・・あぁぁ・・・そんなぁぁ・・・」
真紀と私がびったりとくっつき、濡れた花弁と花弁がくちゅくちゅと音を立て触れ合う。
「あん・・・あつい・・・あついわ・・・」
「そ、そこだっめぇぇ・・・だめぇぇ・・・ゆきさん・・・」
指を伸ばして敏感な突起をまさぐると真紀が悲鳴を上げて腰を積極的に振る。
「気持ちいいんでしょ・・・もっと声を出して・・・」
「あんあん・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・まきは・・・あぁぁ・・・すごくいい・・・いいのぉ・・・」
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

乱れた寝室で
こんにちは。ユキです。
がんばって更新しました。
ずぼらだから、できるときにしておかないとまた間延びしてしまうので・・・

感想、ご意見、ご要望?(笑)、リンク希望(そのままだとエラーになるから工夫してね)、お待ちしています。
そろそろ新しい展開(それほど変わりませんが)の予感かも。


今度は一転して固いフローリングの床の上で座ったまま一つになると、細い手足でオジさんの強固な身体にしがみつき、小さくて白い身体を思い切り躍動させる。
「あんあん・・・真紀ちゃん・・・・可愛い・・・たくさん愛されてる・・・うらやましいわ・・・あぁぁ・・・」
真紀の中で暴れていたバイブを自分の中に挿入し一体感を味わった後、十分に『潤滑油』にまみれた太い先端をさっき開いたばかりのアヌスにあてがう。
「私が濡らしてあげたわ・・・どうぞ。お尻でも味わってね」
「うげぇぇ・・・うげぇぇ・・・」
「おい・・・ユキ・・・そんなこと・・・うわぁ・・・アソコが・・・し、しまるぅぅ・・・」
「真紀ちゃんと一緒にイってあげて・・・まきちゃんとぉぉ・・・さあ・・・」
くねくねと動く巨大な先端がアヌスを押し開いて真紀のお腹の内へと潜り込もうとすると、オジさまとつながっている身体が硬直し進入を拒もうとする。

「ぐぐぅぅ・・・うっうう・・・」
「真紀・・・そ、そんなに・・・きつくしちゃ・・・だめだ・・・うっ・・・たまらない」
「だめよ・・・がんばっちゃだめ・・・さっきオジさまを受け入れたように楽にして・・・そうすれば自然に入っていくわ。大丈夫・・・」
とはいうものの、ペニスを咥え込んだまま、太さが違いすぎるぐにぐにと動く矛先を飲み込むのそう容易なことではない。
だが・・・
無理矢理開花させられたばかりのアヌスは、ペニスを咥えこんだ花弁からのおびただしい蜜に助けられて回転する先端を少しずつ呑み込んでいく。
「あぐぇぇ・・・ぐぇぇ・・・」
「すごい・・・なんてこと・・・先っぽが入っていく・・・すごいわ・・・びっくり・・・オジさま・・・すごいわ・・・」
一つにつながっている二人が苦痛に顔をゆがめ激しく頭を振るが、柔らかくなっているアヌスは着実に広げられていく。
全部は無理にしても、先っぽだけでも呑み込ませようとバイブを握った手に力を込めると今度はオジさんの方がおかしくなってくる。
「もう・・・もうよせ・・・ユキ・・・よすんだぁぁ・・・」
「ぐえぇぇ・・・げぇぇ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「真紀・・・うおぉぉ・・・そんなにお尻もいいのか・・・こっちはどうだ・・・どうなんだぁぁ・・しまるぅぅ・・・しまるぅぅ・・・」
可愛い奥さまを意のままに操る私に嫉妬したのか、奇声をあげてオジさんが狂ったように下からずんずんと突き上げる。
「うげぇぇ・・・げぇぇ・・・うっうっうっ・・・」
両方の穴を同時に犯され、お口にはボールをはめられている真紀が唾液を垂らしながら懸命に腰を振っている・・・
これぞ私たちに屈した可愛い奥さまが厳しく調教されている真の姿である。
「うおぉぉ・・・駄目だぁぁ・・・我慢が・・・また出すぞ・・・出すぞぉぉ・・・」
「もう出ちゃうの?オジさまも真紀ちゃんにメロメロ・・・だらしがないわね」
「そ、そんなこといったって・・・おぉぉ・・・うおぉぉ・・・」

リビングで犯された後、また洗い流され清められて再び寝室へと連れて来られるが、真紀は乱れたままのベッドを真っ直ぐ見ることができない。
「もう・・・もうよしてぇぇ・・・もう今日は・・・帰って下さい・・・」
「だめだよ・・・まだこんなに大きいんだ・・・真紀・・・わかるだろ」
「まだ時間、大丈夫でしょ。もっとオジさまのお相手をして満足させてあげなきゃ帰ってもらえないわよ」
「もう・・・できない・・・ゆるしてぇ・・・ゆるしてぇ・・・おねがいします・・・」
尻込みする真紀を二人がかりでベッドにうつ伏せにして押さえつけてロープで縛り、小さなお尻と開き始めた蕾の内側ににローションをたっぷりと塗っていく。

「なんでまたしばるの・・・しばらないでぇぇ・・・いたいのはいやぁ・・・」
「だって・・・真紀ちゃん、いい子じゃないんだもの・・・もっとお尻の調教しなくちゃだめよ」
「もういやぁぁ・・・おしりはぁぁ・・・もういやぁぁ・・・いたいの・・・しみるの・・・しみるのぉ・・・」
相当辛かったのか、アヌスをまた貫かれる恐怖に脅えている。
「怖がることない。一度だけじゃダメなんだよ・・・すぐに固くなっちゃうんだ・・・そうなると辛いのは真紀ちゃんだよ。毎回痛い思いをしなきゃいけない・・・ゆっくり優しくしてやるから」
赤い縄で変形した白い乳房にもローションを面白そうに垂らして揉みしだき、ヌルヌルになったその指をさらにアヌスに潜り込ませる。

「うわうわぁぁ・・・うわぁぁ・・・もう・・・もうゆるして・・・ゆるして・・・」
「さっきよりもこんなに柔らかくなったよ・・・今のうちにもっと慣れるんだ・・・これからは尻の穴でも楽しませてくれよ・・・」
「ひりひりするのぉぉ・・・いやあぁぁ・・・そこはいやあぁぁ・・・もうもう・・・いやあぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
「すごい反応ね・・・慣れてきたから指だけじゃ物足りなくなってきたでしょ・・・これもどうぞ・・・」
怪しい光を放つスケルトンのバイブを開いたばかりのアヌスと熟した花弁の中へと交互に押し込んでいく。
「ぐぇぇ・・・あぁぁ・・・うわぁぁ・・・」
「オ○○コもお尻の穴もずいぶん柔らかくなってきたな・・・またいただくとするか。なんせアヌスの処女をもらったのは俺だからな・・・もっとちゃんと慣らしておかないとな」
「だっめぇぇ・・・おしりもうだめぇぇ・・・おしりだめなのぉぉ・・・きゃあぁぁ・・・」
「安心しろ・・・十分にほぐしてから入れてやるからな・・・」
こうして乱れたベッドの上で散々玩具で掻き回された後、、十分にほころんだセピア色の蕾の中にに赤黒いペニスが押し込まれていく。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

家族の団らんの場所で
あの日の夜に続いて、自分の家でもオジさまに徹底的に犯されて完全に服従してしまった真紀・・・
バスルームでの交わりが終わっても解放されることなく、今度はリビングでの調教が始まる。
まだまだ日は高く、真紀の『自由時間』はたくさんある。
「のどが渇いたわ。ビール買って来てあるから用意して」
エプロンしか身につけることが許されない真紀が冷蔵庫を開けて飲み物を探していると、その後ろからオジさんがぴったりと身を寄せる。
「エプロン姿もいいぞ・・・こうして毎日旦那さまのためにここに立っているわけか」
「おじさま・・・ここではだめです・・・こんなばしょで・・・いけない・・・あん・・・ゆるしてぇぇ・・・」
「どこでも抱いてやるよ・・・とっても可愛い真紀ちゃんが欲しいんだ・・・」
わざわざエプロンの下から乳房を両手で揉みしだき、ボディーソープの香りが残る耳たぶを口に含んでささやく。

慣れないアルコールを少し飲まされただけで真紀の目はトロンとなり、ソファーの上で大きく股を開いて私の舌の動きに身をくねらせている。
「だめよぉぉ・・・あん・・・ここじゃぁぁ・・・だめなのぉ・・・」
「私たちしかいないんだからいいじゃない・・・こんなに濡らしちゃって・・・ベッドでするより感じてるんでしょ」
「あぁぁ・・・ちがうのぉぉ・・・かんじてなんか・・・ゆきさん・・・あんあん・・・ここじゃだめぇ・・・」
閉じようとする両足を横にいたオジさまが押さえつけ、喘ぐ真紀と口唇を重ねて熱いキスを交わす。
舌と舌が絡み合ってよだれがこぼれ落ち、休みなく揉まれる乳房の先端は尖り、花弁からは熱い蜜が湧き出てくる。
『こんな場所』で交わるアブノーマルなセックスに私たちも真紀も興奮しているのだ。

勢いを取り戻したペニスは真紀のお口の中でいっそう固くなり、私の目の前で濡れ開いている花弁には光と音を放ちながらぐにゅぐにゅとうごめくバイブが突き刺さっている。
「あぐぅぅ・・・あぅぅ・・・あぁぁ・・・」
「滑らかに舐めてくれよな・・・そうだ・・・上手に・・・うっ・・・先っぽに舌を・・・」
「もうだめぇぇ・・・だめよぉぉ・・・あぁぁ・・・」
「やっと上手にできるようになってきたんだ。休んじゃダメだよ・・・今度はもっと強く全体を吸ってしゃぶってくれ・・・」
「おしゃぶりしながら、お尻はしっかり持ち上げるのよ・・・もっとぐにぐにしてあげるから」
ソファーの上で四つん這いにさせられおしゃぶりとバイブの責めが延々と続く。

「欲しいのなら自分からここにおいで・・・」
バイブよる責めに耐え切れずにおしゃぶりを中断して倒れこんでしまう真紀をオジさまがやさしくさすってリードしソファーに座ったまま向い合せになって貫く。
「うわぁぁ・・・あんあん・・・おじさまぁぁ・・・きもちいいの・・・いいわ・・・もっと・・・もっとぉぉ・・・」
つながった瞬間、真紀はびっくりするぐらいの大きな声を出して身体をのけぞらす。
「まったく・・・もう墜ちちゃったのかしら。このままじゃうるさいし近所迷惑だからお口を塞いでしまいましょう」
「あっ・・・なにそれ・・・そんなのいやぁぁ・・・そんなのぉぉ・・・」
「うるさいから黙ってもらうのよ。お口を開けて・・・ほらあーんして・・・あーんよ」
またもや奇妙な責め具を嫌がる真紀だが、オジさまに貫かれたまましっかり固定されているのでボールのついた口かせを受け入れざるをえない。

「ううぅぅ・・・うぅぅ・・・」
口の自由まで奪われ激しく頭を振って嫌がる
「やっと静かになったわ。オジさま、それにしても・・・ずいぶんと目覚めが早いと思わない?」
「ずっと旦那さまに放って置かれたからだろうな・・・真紀ちゃん、あまりうるさくしたらご近所から怒られちゃうからな。これで思い切り楽しめるぞ・・・もっともっと感じさせてやるよ」
「あぐぅぅ・・・ぐぇぇ・・・うっぐっぐぅぅ・・・」
しがみつく真紀が力強く突き上げられると、閉じることのできないお口からは甘い喘ぎ声とよだれが絶え間なくこぼれ落ちる。
「うっ・・・締まるぞ・・・そんなに気持ちいいのか・・・・」
「あぐぇぇ・・・げぇぇ・・・」
「俺たちがつながっているのをユキに見てもらおう・・・ほらこうして・・・」
私の方を向いて足を開かせ、手すりを踏むように乗せて中腰のままペニスを体内に迎え入れさせる。
「うげぇぇ・・・あくくぅぅ・・・ぐぅぅ・・・」
「ほら・・・自分で動くんだよ・・・腰振って・・・ほらほら・・・」
自分で快楽を求め裸体を上下させている真紀の顔や乳首を舐めながら結合部分をまさぐるとものすごい蜜が私の指を濡らす。
さっきは夫婦のベッドで、今度は家族の団らんのソファーの上で、しかも声も出すこともできずに犯される羞恥の気持ちがさらなる快感をもたらしているに違いない。
「あん・・・真紀ちゃん・・・とっても感じてるのね・・・あん・・・そうでしょ・・・」
返事のできない真紀はしっかり手すりを握りしめ、ただただ腰を振り首をがくがくとさせると、オジさんは小さなお尻を抱え込んで結合がより深まるように擦りつけて腰を突き上げる。
「いいんでしょ・・・真紀ちゃん・・・あん・・・可愛い・・・」
「あぐぇぇ・・・ぐぅぅ・・・うぇぇ・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。