FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
征服された蕾
「真紀・・・ほーら・・・お尻にちゃんと入っていくよ・・・お尻に・・・わかるだろ・・・」
「何度も練習したでしょ・・・真紀ちゃん・・・しっかり・・・」
「きゃあぁぁ・・・だめぇ・・・よしてぇぇ・・・」
蕾が押し広げられていくと真紀の悲鳴がよりいっそうひどくなる。
「ふう・・・うっ・・・思った以上にやっぱり狭いな・・・でもこの食いついてくるような締めつけがたまらない・・・処女をもらえるなんて最高だって」
「うぐぅぅ・・・いたいのぉぉ・・・やめてぇぇ・・・うわあぁぁ・・・」
「がんばっちゃだめ・・・もっともっとオジさまに任せて楽にして・・・そうすればすんなり入るわ」
「すぐに慣れるよ・・・あとちょっとだ・・・がんばれ・・・いくぞ・・・」
ほどよく柔らかくなった真紀のお尻の穴にぐぐっと最後の圧力が加わってペニスが奥深く突き刺さる。
「いやぁぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・いたいの・・・やめてぇぇ・・・ひぃぃ・・・」
「ううっっ・・・入ったぞ・・・きついのが気持ちよくて・・・たまらないよ・・・真紀のお尻の処女は俺がもらったぞ・・・もらったぞ・・・うひゃぁぁ・・・」
「うわうわ・・・おしりがぁぁ・・・あぁぁ・・・く、くるしい・・・くるしいのぉ・・・へんなのぉ・・・」
「いいぞ・・・しっかりと咥えこんで・・・いいぞ・・・真紀・・・」
真紀の初めてのアヌスを手に入れたにもかかわらず、焦ることなく自分のペニスが確実に侵入していくのを確かめながらゆっくりと腰を動かす。

私の時もそうだったのだろうかと、ふと考えてしまう。
いや、こんなに優しくされずに無造作に侵入してきたダンナにめちゃくちゃにされてしまった。
やっぱり真紀は可愛い奥さまで、別格なのだ・・・うらやましいし悔しくも思える。
「あっあぁぁ・・・だめよだめよ・・・おじさま・・・あん・・・いれないでってばぁぁ・・・そんなところにいれないでぇぇ・・・うわぁぁ・・・」
ペニス全体が私の視界から消え、真紀のお尻とオジさんの下半身がぴったりとくっつく。
「きゃあぁぁ・・・うげぇぇ・・・いたいの・・・へんなの・・・よしてぇぇ・・・」
「うひょぉぉ・・・このお尻は旦那さまもアイツも知らない味だ・・・真紀奥さま、きつくていいぞ・・・うれしいよ・・・どんな感じがする?」
「くるしくて・・・へんなの・・・へんなのぉぉ・・・あぁぁ・・・」
「そうか・・・変なのか・・・優しくしてやるよ・・・すぐに気持ち良くなる。こっちとはまた違った快感があるらしいぞ」
ぐじゅぐじゅに濡れた花弁をこね繰り回しながら躍動感あふれる動きを開始する。

「真紀・・・少しずつ動くからいいよね・・・少しずつだよ・・・」
「やめてぇぇ・・・ひぃぃ・・・うごかないでぇぇ・・・だめよぉ・・・よしてぇ・・・」
「すごい締めつけだ・・・さすがは『処女』・・・うおぉぉ・・・たまらないぜ・・・そんなに・・・だめだよ・・・真紀・・・真紀」
「おじさまぁぁ・・・くるしい・・・くるしいのぉ・・・やめてぇぇ・・・いやぁぁ・・・」
真紀の蕾は奥までしっかりと貫かれて征服され、泣き叫んでいる間に精液がこぼれ落ちて来た。


新居で散々バイブで狂わされた揚句にペニスで貫かれて歓喜の声を上げ、アヌスまでもが征服されてしまった真紀はどんな辱めも受け入れるしかなくなってしまった。
まずは足腰の立たない真紀を無理矢理バスルームに連れてきて二人がかりで洗い清める。
「風呂も明るくてきれいだ・・・真紀にぴったりじゃないか」
アヌスの処女を奪われたばかりの真紀は後ろから抱き締めるオジさんに泡に包まれた身体を預け、股を開いて私にされるがままになっている。
「ココ・・・お尻も気持ち良かったでしょ・・・慣れればもっとスムーズに入るわ。上手にお相手できるようにこれからも調教してあげるからね」
調教され続けている二つの穴は、私の指など物足りないかのようによだれを垂らしすんなりと指を咥えてぐいぐいと締めつける。
「ひりひりする・・・しみる・・・あぁぁ・・・いやん・・・あん・・だめなのぉぉ・・・あんあん・・・おしりはもういや・・・」
艶っぽくなってきた乳房は泡のカーテンの中でまたしても大きな手で揉まれてカタチが変わっていく。
「ずいぶんといやらしい身体になったな・・・安心しろ。またすぐに抱いてやるぞ・・・何度でも・・・なにせ俺が初めての男だからな・・・」
「あぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・そんなぁぁ・・・」

二人で真紀を泡だらけにしながらいじくって口唇を重ねていると、強制されることなく自然な流れで風呂マットの中央に座ったオジさまの股間に顔を埋めてペニスをぺろぺろと舐め出す。
「そうか・・・真紀・・・そんなに欲しいならこっちにおいで・・・」
「はい・・・おじさま・・・」
招かれた真紀はまるで山に登るように肩に手をかけ、そのまま抱きついて自らの手でペニスを体内に沈めて結合しようとする。
「あんあん・・・できない・・・できない・・・はいらない・・・あぁぁ・・・はいらないのぉ・・・」
「大丈夫・・・できるよ・・・自分の濡れている場所に・・・そう・・・そうだ・・・うっうぅぅ・・・」
「あっひぃぃ・・・うわぁぁ・・・きもちいい・・・いいわ・・・おじさまがとってもいいのぉぉ・・・」
白い泡が一つにつながった二人の動きをスムーズにさせ、陽の光に照らされた真紀の身体が滑るようにスライドする。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

開き始めた蕾
お待たせしてごめんなさい。
しつこい迷惑コメントやスパム防止のため、コメント内にURLは記載できないんです。
リンクご希望の方は工夫して知らせてくださいね。
ではどうぞ。


「真紀・・・そろそろ調教の仕上げをしなくちゃな・・・ベッドに手をついてこちら側に尻を向けろ。ユキはしっかり手を押さえていろよ」
真紀は指示されたとおり、おしゃぶりをやめ黙ってベッドに顔を埋めてお尻をオジさんに向ける。
「きれいでカタチのいいお尻だな・・・それにとても美味しい・・・お尻の穴も俺のものだってわかってるよな」
白い二つの丘を両方の親指でぐっと広げると、隠れていたアヌスに吸いついてちゅぱちゅぱ、ちゅるちゅると舐める。
「あっ・・・きゃあ・・・あん・・・そこは・・・あん・・・いやん・・・あぁぁ・・・」
「いいぞ・・・ここもかなり柔らかくなってきた・・・いいぞ。ユキ、ココは本当に処女なんだろうな」
「そう・・・ダンナにちょっとは悪戯されたけど・・・大切にとっておいたのよ・・・初めてのアヌスをオジさまに捧げるために」
「もう・・・もうよしてぇぇ・・・そんなところ・・・あぁぁ・・・そこだけは・・・」
「調教の続きをするって言ったでしょ・・・あなたはオジさまを悦ばせるための身体になっていくの。そう・・・アヌスでだって受け入れなきゃいけないのよ」
用意してあったローションを二人でアヌスに垂らし、入念に奥まで指を入れて塗りたくる。

「きついけれど・・・ほどよく柔らかくて・・・なかなかどうしていい具合じゃないか・・・」
「そこだめだめぇ・・・ゆびだめぇぇ・・・あぁぁ・・・だめなのぉ・・・ひぃぃ・・・だめぇぇ・・・おしりはだめぇぇ・・・よしてぇぇ・・・おねがいです・・・それだけは・・・」
「お前は俺のものだよ・・・だからアヌスもいただくんだ」
「ゆきさん・・・やめて・・・たすけてぇぇ・・・こわい・・・こわいの・・・いやぁぁ・・・」
「大丈夫よ。安心しなさい・・・こうしてゆっくりとほぐしてあげてるでしょ・・・真紀ちゃんも協力しないと辛い思いをするのはあなたよ・・・しばらくじっとしていなさい」
恐怖に震える真紀の手をしっかりつかんで紐で縛ってベッドに固定すると、今度はアヌスバイブを使って開き始めた蕾をていねいにほぐし始める。
「しばらないでぇぇ・・・ま、またそんなものでぇ・・・あっあっ・・・あひひぃぃ・・・うっ・・・うぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃん、まだまだよ。これより太くて固いモノが入るのよ・・・オジさまのモノが。わかるでしょ・・・もっと力を抜いて・・・そう・・・がんばって・・・」
「ひぃぃ・・・うわうわぁぁぁ・・・あぐぇぇ・・・」
「そうよ・・・奥まで・・・そう・・・楽にして・・・受け入れるのよ・・・」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・こんなのいやぁぁ・・・あぁぁ・・・」
蕾の中にめり込んでいる螺旋から微妙な振動が加えられると真紀のアヌスが掻き回されながらほぐされていく。
そこにローションを垂らしては奥へ、また垂らしては奥へ・・・
「しっかりと柔らかくしてくれよ。これ以上ぎゃあぎゃあ言われちゃかなわないからな。真紀はほら・・・こっちのお口でおしゃぶりだ・・・」
入念に準備をしているその間にも真紀のお口の中では、疲れ知らずで待ちきれないオジさんのペニスが熱く固くなって暴れている。

「あぁぁ・・・へんよぉぉ・・・おしりとおなかがぁぁ・・・・あぁぁ・・・へんなのぉ・・・」
「ふう・・・そろそろ準備OK。こんなに可愛い声で鳴いちゃって・・・ちょっと手間はかかったけど真紀ちゃん、処女を捧げる準備と覚悟ができたみたい」
ていねいに時間をかけ、まさにほじくるように螺旋の玩具を使って未踏の洞窟を開拓し、オジさんが進むべき道筋を記してきたのだ。
「さてと・・・お待たせ。正真正銘の処女をいただくよ・・・子持ちの奥さまなのに俺が初めての男だなんて不思議な感じがするな」
「そうでしょ・・・真紀奥さまの処女をもらえるオジさまはとっても幸せ者よ。またまた私に感謝してもらわないとね」
貞操を奪った上にホテルに泊らせて、今度は自宅で犯しアヌスの処女まで奪われる真紀みたいなこんな奥さまにはもう二度と出会えないだろう。

お口の中でより固く滑らかになったペニスが広げられたアヌスの入り口に触れると、真紀が甲高い悲鳴を上げてお尻を振る。
「いやぁぁぁ・・・そこはよしてぇぇ・・・たすけて・・・たすけて・・・たすけてぇぇ・・・」
「こうなる運命だったんだよ・・・少しずつ入っていくから・・・力を抜いてごらん・・・楽にして受け入れるんだ・・・ほーら・・・」
赤黒い亀頭が力強い固さを保ったままセピア色の蕾の中に押し込まれていく。
「あっあっ・・・ひぃぃ・・・いたい・・・いたい・・・よしてぇぇぇ・・・きゃあぁぁ・・・いれないでぇ・・・きゃあぁ・・・」
「暴れちゃだめだ・・・辛いのは最初だけだ・・・辛抱しろ・・・」
「真紀ちゃん・・・そうよ・・・すぐに慣れて気持ちよくなるから・・・そんなに力を入れたら余計に苦しくなるだけよ・・・」
「きゃあぁぁぁ・・・いたいの・・・いたい・・・」
「大丈夫・・・だんだん入っていくよ・・・だんだん・・・」
真紀の手を握り締めて背中をさすってあげても、ものすごい悲鳴が部屋の中に響くが、オジさんは休むことなく結合部分にローションを塗りこみながらゆっくりじっくりとペニスを沈めていく。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教