FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
ちゃんと抱いて・・・
「よくがんばったな・・・ご褒美をあげるよ。真紀ちゃんはどうしてほしい?」
「もう・・・もう・・・へんなものはいやぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・せめて、まきを・・・ちゃんとだいて・・・だいてください・・・おねがいです・・・」
「自分からおねだりできるようになったのね・・・もう一度はっきりと言いなさい」
潜り込んでいるバイブでぐにぐにと掻き回すと真紀が悲鳴を上げる。
「もうもう・・・こんなのはいやぁぁ・・・おじさま・・・おじさま・・・ちゃんとだいてぇぇ・・・おじさまがほしいの・・・」
「そうか・・・俺が欲しかったのか。待たせて悪かったな」
やっとしゃべることを許された真紀の股間からバイブが抜かれそのまま大きな身体に抱え込まれる。
「おじさま・・・まきをだいてぇぇ・・・ちゃんとだいてぇ・・・」
「真紀・・・入れるぞ・・・うっうぅ・・・うわぁぁ・・・」
「ひぃぃ・・・うわうわぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・きてぇぇ・・・」
「こりゃ・・・本当に溶けてる・・・溶けてる・・・うううぉ・・・うぉうぉぉぉ・・・」
こうしてバイブで狂うだけ狂わされた真紀は夫婦のベッドの上で足を左右に大きく広げられ恥ずかしい姿で自分でじゃぶりつくしたペニスに激しく貫かれしまう。

「おじさま・・・あんあん・・・おじさまぁ・・・いいのぉぉ・・・すごくいいのぉ・・・」
「そうか・・・真紀・・・手加減しないぞ・・・」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・おじさま・・・もっと・・・もっとなのぉぉ・・・」
大きな身体が覆いかぶさると白い裸体は隠れてしまい、細い手足だけがさまよい揺れて見える。
オジさんがぐいぐいと突き上げるたびに、朝まで仲良く寝ていた夫婦のベッドの中で整えられたブルーのシーツをぐちゃぐちゃにして悶え喘ぎ、腰を振りベッドをきしませ歓喜の声を高々に上げてしまう。
「こうしてほしかったんだろ・・・俺を待ってたんだろ・・・このぐちょぐちょオ○○コ・・・締めつけてくる・・・たまらないぜ・・・」
「そうなの・・・まってたの・・・おじさまがほしかったのぉぉ・・・す、すごくきもちいい・・・きもちいいのぉぉ・・」
オジさんのペニスをしっかりと咥え込んだ真紀の花弁からすべてが溶け出し、歓喜の声を上げて自ら腰を振り始める。
「いいのか・・・真紀・・・気持ちいいだろ・・・」
「あぁぁ・・・オジさまぁぁ・・・もっと・・・もっと・・・あぁぁ・・・うぅぅ・・」
真紀は自分の淫らな声に驚きあわてて口に手を当てて我慢しようとするが、それでも抑えきれずに漏れ出してくる。

後ろから責めたり、上にして踊らせてみたり、抱え込むように座ったまま交わったりと、細い身体が壊れてしまいそうなくらいの激しい動きが果てしなく続き、やがてオジさんが吠えまくる。
「真紀・・・出すぞ・・・出るぅ・・・」
「あんあん・・・だしちゃだめぇぇ・・・おじさまぁ・・・だめなのぉぉ・・・」
「いいじゃないか・・・真紀・・・お前の中がいいんだ・・・中がぁぁ・・・」
「オジさまぁ・・・きて・・・きて・・・あぁぁ・・・いくぅぅ・・・まきも・・・いっちゃうぅぅ・・・」
気の遠くなるような長い時間の交わりの末に、真紀の体内奥深くにドロドロの精液が発射された。

「真紀ちゃん・・・すごい迫力だったわ・・・たくさん感じるようになってきたみたいね。あんなに大きな声出すからびっくりしたわ」
「・・・ゆきさん・・・どうして・・・どうしてこんなことに・・・私・・・あんな声出して・・・感じてしまった・・・私は最低です・・・最低の女です・・・」
「やっとオジさまを悦ばす女になれたってことよ・・・いいじゃない・・・がんばって調教受けてきてよかったわね・・・素敵よ・・・」
「もう・・・夫や子供の顔は見れない・・・あぁぁ・・・なんてことをしてしまったの・・・」
「なら・・・もっともっと淫らになりなさい・・・もうこの前までのあなたじゃないから・・・」
涙がかれることなく泣きじゃくる真紀をぎゅっと抱きしめる。

「おしゃべりしているひまがあるならもっと楽しもうじゃないか」
真紀は抱きかかえられるようにしてベッドから下ろされて床にひざまずかされる。
さっきたっぷりと白い液体を注ぎ込んだばかりなのにまたつながる気なのだ・・・
真紀は言われるまでもなくベッドに腰掛けたオジサンの股間に顔を埋め、自分を貫いたばかりのペニスをしゃぶり始める。
「いいぞ・・・そうだ・・・また真紀が欲しくなってきたぞ・・・」
「アァァ・・・オジさまぁぁ・・・あうぅぅ・・・すごい・・・おおきい・・・」
タフというか強欲というか、その果てしない精力には圧倒されてしまう。
今思えば、純真で経験の少なかった真紀の相手としてはちょっと気の毒だったかも・・・
こうしてドロドロに溶かされてしまうのは無理もない。
よく壊れずにがんばっていると思うが、いくら辱められても愛する夫をかばい家庭を守ろうとする気丈な姿がまたオジさんをさらに興奮させ抱かれてしまうという自己犠牲の連鎖が出来上がったのだ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

もっと呑み込みなさい
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・もう・・・もう・・・」
「ユキ、こっちに来てみろ・・・こんなに太いのをずっぽり咥えてびしょびしょの洪水だよ。調教を始めたばかりなのにすごいぞ。普通の奥さまにしておくのはもったいないくらいだ」
「あらあら・・・このバイブがよっぽど気持ちいいのね。でもまだまだこれからよ・・・今度は私がイカせてあげる」
押え込んでいた真紀の手を離し、その代わりに股間でうごめくバイブの握り手をオジさんからバトンタッチして受け取ってぐいぐいと回転させながらさらに押しこむ。
「いっやぁぁ・・・あぁぁ・・・もう・・・もう・・・はいんない・・・はいらないのぉ・・・あぁぁ・・・うわぁぁ・・・うわぁぁ・・・」
「真紀ちゃん、気持ちいいんでしょ・・・ほら、ぐにぐにしてあげる」
「うぐぇぇ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「どうなの・・・まきちゃん・・・ほらほら・・・バイブ好きなんでしょ・・・どうなの・・・もっと呑み込みなさい」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
快感をやっと受け入れるようになって来た真紀だが、体内の玩具の動きに圧倒されて返事もできずにだたひたすら喘ぎ続ける。

やがて奇妙な形のバイブが体内で激しく暴れるのを受け止められるようになると、今までのささやかな抵抗など何の役にも立たずベッドの上で裸体をくねらす真紀はもろくも崩壊しねだるような甘い喘ぎ声をあげてしまう。
「うわぁぁ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・あんあん・・・いいわ・・・とってもいいの・・・すごい・・・」
「あらあら可愛い声・・・ずいぶんとおませになったわね。どうしてほしいの?ちゃんと言わないとわからないわ」
「ゆきさん・・・あん・・・あん・・・もっとぉぉ・・・ほしいのぉぉ・・・ゆきさん・・・もっとなの・・・」
「あらあら・・・もっと欲しいだなんてはしたないわね・・・こうしてみようかしら」
潜り込ませた矛先をすーっと引き揚げてみる。
「いじわるしないでぇ・・・とっちゃいやぁぁ・・・いやなのあぁぁ・・・」
「どうしてほしいの?それとももうやめるの?」
とろけた花弁の入り口を掻き回してみる。
「ゆきさん・・・あぁぁ・・・まきに・・・」
じらせばじらすほど悲しみの涙が快感を求める涙に変わっていき、激しく泣きじゃくる。
「どうしたの?ちゃんと言わないとあげないわよ」
「いじわるしないで・・・いやぁぁ・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・おねがい・・・もっと・・・もっとなの・・・まきにいれてぇぇ・・・」
「そんなにバイブが好きになったのね・・・いいわ・・・どうぞ・・・たっぷりと・・・」
今度はゆっくりと奥へ押し込んでみると、バイブの動きに合わせて真紀の歓喜の声が様々に変化する。
「あぁぁ・・・すごくいいのぉぉ・・・きもちいいのぉぉ・・・ひぃぃ・・・きゃあぁぁ・・・」
「いいのよ・・・何度でもイっていいのよ・・・」
「イくぅぅ・・・イくのぉ・・・」
熱い蜜を浴びせかけながら何度も何度も小さな身体を震わせて昇りつめていく。

ぐったりとなった白い裸体に浮き出る汗のしずくを吸い取っていたオジさんの口唇が、尖った乳首をとらえてちゅぱちゅぱと吸ってあぐあぐと噛む。
「真紀・・・ずいぶん感じてるね・・・俺はこのおっぱいがいいんだ・・・すごくいい・・・小さくて可愛いのが・・・」
「おじさまぁ・・・おじさまぁ・・・いいのぉ・・・」
乳首をねっとりと舐めながらシーツをつかんでいる手をはぎとって、ギンギンにそそり立っているペニスをつかませる。
「ほら・・・大きいだろ・・・真紀が欲しいんだよ」
「あぁぁ・・・おおきい・・・すごいわぁぁ・・・あぁぁ・・・おじさま・・・すごい・・・」
「それじゃ、お口でお願いしようかな・・・握られているだけじゃつまんないもんな」
枕元に座って硬直しきったペニスをあえぐ口元になすりつけると、薄い口唇が開いてうっとりとした表情で呑み込んでいく。

「真紀・・・そうだ・・・上手になったな・・・えらいぞ・・・舌もよく動いてる・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・」
「ちゅぱちゅぱと・・・音を立てて・・・先っぽを舐めたら今度はしっかり咥えろ・・・いいぞ・・・」
オジさんに髪をなでられながら美味しそうにおしゃぶりをしている姿を見ていると、真紀は私のものだという嫉妬の気持ちがだんだん強くなってくる。
いくらオジさまに抱かれても構わないが、せっかく苦労して手にいれた奥さまを独り占めされるのは絶対にいやだ。
「あん・・・わたしの真紀ちゃん・・・わたしがイカせてあげる・・・あぁぁ・・・可愛いわ・・・初めて会ったときからこうしてあげたかったの・・・」
モーター音をさせうごめいているバイブをこれでもかと突き刺すように押し込んで回転させる。
「もっと呑み込むのよ・・・ほら・・・ほら・・・
「あぐぇぇ・・・うぐぅぅ・・・」
「おいおい・・・ユキのものだってことぐらいわかってるさ・・・大丈夫だよ」
「本当に?約束だからね・・・」
「おい真紀、気持ちいいのは結構だけどおしゃぶりはちゃんとしてくれよ・・・休むな」
「あぐぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
いくら返事を求めても上下のお口に太いモノを咥えさせられた真紀は、返事もできずにうめき声をあげているだけ。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教