FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
快楽の頂点へと
薄暗い室内の中でグロテスクな矛先が淫靡な動きを開始すると内側から輝きを放ち、ひときわ異様で圧倒的な存在感を示して真紀を脅えさせる。
「どうだ。すごいだろ。コイツがお前をぐにゅぐにゅにしてくれるぞ・・・どうなるか楽しみだ。さあ・・・入れるぞ」
「そんなのいやぁぁ・・・いやなのぉぉ・・・たすけてぇぇ・・・ゆきさん・・・ゆきさん・・・おねがいです・・・あぁぁ・・・」
「お馬鹿さんね。いくらお願いされたって私が助けるわけないじゃない。大好きなバイブで優しいオジさまにたくさん可愛がってもらいなさい」
「よしてぇぇ・・・よして・・・きゃあぁぁ・・・こわい・・・そんなのこわい・・・」
「もう観念なさい。往生際が悪いわよ・・・私も手伝ってあげるから。この前よりちょっと太いけど、がんばって呑み込みましょうね。怖くなんかないから」
真紀は迫りくる恐怖に怯え、ベッドの海の中・・・いや底なし沼の中で溺れているように手足をばたつかせてグロテスクな異物の進入を拒もうとしているが、ベッドの上方に回り込み両手をつかんで頭の上にねじ上げて押さえつける。
「ゆきさん・・・ゆるして・・・そんなのだめぇ・・・」
「まったくもう・・・駄々っ子みたいな真似は大人げないからよしなさい。さあ、オジさまからの最高のプレゼントを受け取りましょう」

「やめてぇぇ・・・こんなこと・・・もういやぁぁ・・・うわぁぁ・・・だめだめだめってばぁぁ・・・」
「真紀・・・今すぐにプレゼントをあげるからな」
透明でくびれた亀頭を押さえ込まれた真紀の花弁の入り口に触れさせ軽く動かす。
「あっあっあぁぁ・・・だめよぉ・・・こんなこと・・・もうよしてぇ・・・」
「すごく気持ち良くしてやるからいいじゃないか・・・ぐっしょり濡れたココは欲しがっているぞ・・・きれいなピンク色のオ○ン○に入れるぞ・・・ほーら・・・」
「緊張しなくていいから・・・あなたならできる・・・できるからがんばって・・・辛いのは最初だけだから・・・受け入れるのよ・・・」
「うわあぁぁ・・・うわあぁぁ・・・あぁぁ・・・いやよぉぉ・・・あぁぁ・・・そんなの・・・だめぇぇ・・・いれちゃぁぁ・・・」
「おっ・・・なんと・・・こりゃすごい・・・いやがってるくせに見事なもんだ・・・」

オジさんがしゃぶりつき潤いを増したピンク色の花弁は、なんの抵抗もなくするりとイボイボのついたスケルトンの先端を呑み込んでいく。
「うっうぅぅ・・・うわぁぁ・・・あぐぅぅ・・・はいっちゃう・・・はいっちゃう・・・だめだめ・・・いやいやぁぁ・・・はいっちゃうぅぅ・・・」
「いいぞ・・・真紀・・・その調子だ・・・先っぽが入ったぞ。キツいかと思ったけどどんどん呑み込んでいく・・・なんて柔らかいんだ・・・」
「うっうぅぅ・・・だめぇぇ・・・だめよぉぉ・・・そんなのいやあぁぁ・・・あぁぁ・・・」
そんな言葉とは裏腹に極太のバイブは真紀の身体の中を確実に押し進んでいき、長くて太い胴体までもがすっぽりと納まる。
「いいぞ真紀・・・いいぞ・・・すげぇぇ・・・全部が・・・こりゃすごい・・・ぐっちょりだ・・・」
呑み込まされた玩具がピンク色の花弁の中で乱暴に動かされる。
「く、くるしい・・・あぁぁ・・おじさま・・・だめよ・・・とってぇぇ・・・とってぇ・・・」

「真紀奥さまは一度覚えたコイツの味にメロメロみたいだね。それじゃ・・・スイッチオンで天国へどうぞ、だ」
ウィーン・・・ウィーン・・・キューン
連続したモータ音が鳴り響いて光を発して震えるバイブが自らの動きによって真紀の体内を掻き回し始めると、束ねられている両手にぐぐっと力が入る。
「うわぁぁ・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・あっあっ・・・それだめだめ・・・それぇぇ・・・おじさまぁぁ・・・だめだめぇぇ・・・」
「真紀ちゃん・・・頑張っちゃだめ・・・もっとリラックスして・・・ありのままを受入れるのよ・・・」
「この洪水がお前の現実だ・・・このイボイボの大きなバイブに感じてるんだよ・・・こうされたかったんだよ・・・」
うごめくバイブを楽しそうに前後左右にぐにゅぐにゅと操るオジさんの手は溢れ出てくる蜜でぬるぬるになってくる。
「いっやぁぁ・・・うわぁぁ・・・あぐぅぅ・・・くぅぅ・・・」
「真紀・・・いいぞ・・・いいぞ・・・もっと狂え・・・狂うんだ・・・」
花弁をえぐるモーター音がひと際大きくなると真紀の小さな身体はぴくぴくと震え、強烈すぎる快感に言葉を失った口はパクパクと動くだけ。
震える身体をぎゅっと抱きしめると私の胸の中で真紀がこの日初めての頂点に登りつめる。
「ひぃぃ・・・ああぁぁ・・・イくぅぅ・・・」
「真紀ちゃん・・・いいのよ・・・何度でもイッていいのよ・・・恥ずかしいことじゃないから・・・」
「ユキさん・・・まきは・・・また・・・またなの・・・あぁぁ・・・もうだめぇぇ・・・」
それでもオジさんは情け容赦なしに潜り込ませたバイブを上下左右にぐにぐにと回転させて花弁の奥深くを掻き回し、ブルーのシーツの海の中で幾度も何度も快楽の頂点へと登らせる。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

悔いて謝っても
責めれば責めるほど真紀は夫を裏切っている自責の念に駆られて見えない鎖でがんじがらめになっていき、与えられる快感に逃げ込んで溺れるようになる。
そうなったら今度はゆっくりとその鎖を解いてあげれば真紀はよりいっそう輝き、三人一緒にもっともっと高い頂きへと昇っていけるのだ。
「おやおや・・・私から逃げ出して、そんな声出してここで旦那さまにずっと抱かれていたのね・・・私を裏切ってどんな気分だった?毎日幸せだったんでしょ」
「そんなことない・・・あうぅぅ・・・うそはいやぁぁ・・・あぁぁ・・・うそはつらかったのぉぉ・・・うそはもういや・・・」
今だってこうして嘘をつき苦しみながらも私たちの愛撫に身を任せ、花弁を舐めているオジさんの顔をびっしょり濡らしている。
「そうでしょうね。今日は自分にウソはいらないのよ・・・素直な気持ちでオジさまにいっぱい甘えて可愛がってもらいなさい」
「いやぁぁ・・・つらいのぉぉ・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・わかって・・・つらいのぉぉ・・・」
「そんなことないでしょ。今だってあなたが黙っているから幸せなのよ。世の中、話さなくていいことだってあるの・・・もうそんなこと考えないで楽しみましょうよ」
「真紀、旦那さまはお泊りだって許してくれたじゃないか。もう謝らなくてもいいんだよ。さあ、一緒に楽しもうじゃないか・・・ほら・・・こうして・・・たっぷりとな」
オジさまの顔がまた真紀の花弁に密着し蜜をちゅうちゅうと吸い上げる。
「あなたぁぁ・・・こんなことになって・・・ごめんなさい・・・もうだめぇぇ・・・まきはもう・・・だめなのぉ・・・」

いくら自分の行いを悔いて謝っても今さらどうにもならない。
二つの口唇と舌が真紀の身体全体を這いまわるとベッドのシーツをつかみながらただただ歓喜の声をあげるだけ。
「真紀ちゃん・・・旦那様のことはもういいから。さあ・・・気持ちいいんでしょ・・・ほら正直に言えばいいのよ・・・言いなさい」
「あっあっあぁぁ・・・あぁぁ・・・」
恐怖と緊張から解放され、だんだん汗ばんできた裸体を指と舌で味わう。
「いいのよ・・・真紀ちゃん・・・たくさん感じていいのよ・・・あなたは悪くない・・・可愛い奥さまだからオジさまにも愛されているの・・・」
「うわぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・きもちいい・・・いいわぁぁ・・・いいのぉぉ・・・きもちいいぃ・・・おじさま・・・」
固く尖ったピンク色の乳首を口に含みながら目を開けるとあの金色のネックレスが淋しく揺れ、持ち上げられた両足が天井を蹴ろうしながら震えている。
「こうか・・・真紀・・・こうなのか・・・」
「もっと・・・もっとなの・・・おじさま・・・おじさま・・・あぁぁ・・・もっと・・・もっとしてぇえ」

やっと甘えるようになって来た真紀の喘ぎ声を聞いて、花弁をちゅぱちゅぱと舐め続けていたオジさまが思い出したように顔を上げる。
「いい子になった真紀ちゃんに約束通りプレゼントあげなきゃな・・・さっき買ってきたばかりだけど気に入ってもらえるかな。ちょっと大きかったかも」
例のバックから長くて透明なスケルトンのバイブを取り出して、喘いでいる真紀の頬にひたひたとなすりつける。
「きゃあぁぁ・・・またそんなもの・・・そんなもの・・・もういやぁぁ・・・いやなのぉぉ・・・」
「真紀ちゃん、今日も徹底的に狂ってもらうぞ・・・足腰が立たないくらい可愛がってやる。まずはコイツを呑み込んでくれよ」
調教され経験豊かになった真紀にはそれがどんなモノなのかを説明する必要はない・・・
それどころか、わかり過ぎているからこそ迫りくる快感の恐怖に顔を引きつらせ、身体全体でイヤイヤを表現し始める。
「そんなもの、いやぁぁ・・・いやぁぁ・・・いれないでぇぇ・・・いやってば、いやぁぁ・・・ゆるしてぇぇ・・・」

真紀の調教道具は、あの夜の後、新居での調教用にと、オジさまと一緒に買い求めた選りすぐりばかり。

『これにしましょう。これがぴったりよ』
『ちっちゃな真紀ちゃんにこんなに太くて長いの使ったらどうなっちゃうかな。ヤバくないか。まだ調教は始まったばかりだぜ』
『何を心配しているのかしら。オジさまったら優しいのね。・・・まさか可愛い奥さまだからって甘やかすつもり?またいつ逃げ出すかわからないわよ。前科があるんだから気を許しちゃだめ・・・』
『いつもユキは厳しいな。よし、そこまで言うのなら手加減なしで泣き狂ってもらおう。壊れたって知らないからな』
『男が思う以上に強くてたくましいものなのよ・・・女って。特に主婦の真紀ちゃんはそう簡単には壊れないわ・・・たくさんのものを守って生きなきゃいけないんですもの』
『可愛らしくて強情な真紀がマイホームでどう泣き狂うか楽しみだ。コレでじっくり調教しようぜ』
こうして可愛い奥さまのおうちでの調教再開に胸をふくらませながら陳列されている色とりどりの奇妙な形をした玩具をじっくりと選んできたのだ。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教