FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
さらなる頂きへと
「あらまあ・・・さっきまでの『だめだめ真紀ちゃん』はどこにいったのかしら。ずいぶん積極的に舐めちゃって。オジさま、これってどう思う?」
「どうもこうも・・・かなりのウソつき上手だね。旦那さまとの愛の巣のベッドでこんなにぐちょぐちょオ○○コになっちゃって・・・これじゃ一生懸命働いてる雅彦クンが可哀想だ。そうだろ真紀」
ぐじゅぐじゅになっている真紀の体内奥深くにねじ込むように指を回転させる。
「前の時だって旦那さまをずっとだましてきたのよ・・・そのくせに私の前からいなくなるなんて。嘘が上手でいやらしい奥さまだから気をつけてないとまた逃げるかも。油断しちゃだめよ」
「ひどい・・・ひどい・・・あぁぁ・・・ゆきさんのせいで・・・こんなことに・・・あぁぁ・・・なんでぇぇ・・・」
やっとしゃべれるようになった真紀がかすれた声で嘆く。
「また人のせいにしてる・・・そんなこと言ったって、あなたは自分のおうちでオジさまにこうして抱かれているじゃない。いやらしい声まで出しちゃって」
「ちがう・・・ちがうのぉぉ・・・ゆきさんのせいでぇぇ・・・あぁぁ・・・もうもう・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・」
「そうかしら・・・ほら・・・ココはぐちょぐちょよ・・・」
「ちがう・・・ちがうのぉぉ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・・」
真紀は嘆き悲しみながらも熱い蜜をどんどん湧き出させ、十分すぎるほど潤った泉の中にある私の指にさらに浴びせかけている。

「ユキ、もう意地悪しなくてもいいじゃないか・・・このベッドでこんなに気持ちいいことしてるんだから・・・最高だ。真紀ちゃん、招待してくれてありがとう。美味しいお前を遠慮なくいただくよ」
一気に両足が抱え込まれ、濡れ光る花弁が音を立ててちゅるちゅる吸われると、気丈だった真紀が一気に溶け出し崩れ落ちてくる。
「きゃあぁぁ・・・きゃあぁぁ・・・なめないでぇぇ・・・うわぁぁ・・・うわぁぁ・・・だめよだめだめぇぇ・・・」
せわしなく動く口唇と花弁の間には遮るものは何一つなく隙間なくぴったりと密着し、顔全体で愛撫しているような迫力ある光景だ。
「だめ与・・・だめ与・・・あぁぁ・・・なめちゃいやぁ・・・」
「あぐぅ・・・真紀・・・真紀・・・たまらないよ・・・今朝もここで雅彦に舐めてもらっていたのか・・・抱かれたのか」
「そんなことしてない・・・してません・・・ずっとしてないの・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
「それなのに俺にはこうされてオ○○コぐっしょり濡らしている・・・いいのかな・・・雅彦になんて言うのかな・・・」
「ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・いわないでぇぇ・・・ぜんぶ・・・しかたがなかったのぉ・・・こうするしかぁぁ・・・まさひこさん・・・まさひこさん・・・こうするしかぁ・・・」

「そうか・・・そんなに恋しいか。でも俺のものになったんだよ・・・真紀は・・・甘くて可愛いよ・・・とってもいい子だ・・・」
お尻を持ち上げ股間に密着した顔をせわしなく動かし、花弁とそこから溢れ出てくる蜜をすすり、アヌスの内側にまで舌を潜り込ませようとする。
「ひぃぃ・・・そ、そこはぁぁ・・・あっあっ・・・おしり・・・よして・・・あぐぅぅ・・・」
「お前は全部美味しいよ・・お尻の穴だってとっても甘くていい香りだ・・・」
事実、真紀の蜜はいやな匂いがまったくしないし、甘酸っぱい。
いやらしい玩具を呑み込まされてもオジさまのペニスを咥えまされても新鮮な香りは失われることなく、それどころか熱く粘っこい蜜がいくらでも溢れ出て来るのだ。
今朝まで夫婦二人で寝ていたダブルベッドの上で小さな身体は二つに畳まれ、天井に向かって鮮やかなピンク色の花弁が咲き誇り、隠れていたセピア色の蕾も緩くほころんで開きつつある。
そこを黒い頭がちゃぷちゃぷと淫靡な音を立てながら縦横無尽に動き回って甘酸っぱい蜜を舐め、時折ちゅるちゅると吸いだすと、今までとは明らかに違う甘い喘ぎ声が。

「あぁぁ・・・おじさま・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・あんあん・・・そこぉ・・・いいわ・・・いいのぉぉ・・・」
「そうか・・・オ○○コ、ペロペロされて気持ちいいのか・・・はっきり言え」
「オジさまぁぁ・・・すごくいいのぉぉ・・・きもちいい・・・あぁぁ・・・」
やっと気丈な奥さまのココロも濃厚な蜜とともに溶け出してきたようだ。
「あらあら。今朝だって旦那さまと寝ていたベッドでしょ。ここでこんなに淫らになれるなんて・・・信じられない・・・びっくりだわ」
「あぁぁ・・・だってぇぇ・・・あぁぁ・・・だって・・・あぁぁ・・・」
じゅるじゅる・・・ちゅぱちゅぱ・・ちゅるちゅる・・・
溢れ出てくる歓喜の蜜をさらに強く吸い上げられ、真紀のココロは明らかに変化してきている
「可愛い声で鳴くわね・・・それにいやらしい音させて・・・」
「あぁぁ・・・いじわるばかりいわないでぇぇ・・・ほ、ほかにどうしろと・・・いうの・・・どうすればぁぁ・・・あなたぁぁ・・・あなたぁぁ・・・ごめんなさい・・・ひぃぃ・・・」
最愛の夫への謝罪の言葉が発せられると同時に、抱え込まれた両足をぴくぴくと硬直させ身体を伸ばしきってさらなる頂きへと昇り始める。
「まきは・・・あぁぁ・・・まきは・・・もうだめぇぇ・・・だめよぉぉ・・・あぁぁ・・・いいのぉぉぉ・・・すごくいいのぉぉ・・・」
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

自分の蜜の味
「こんなにびしょびしょに濡らしているんだからもっと声出して楽しまなきゃだめよ。このベッドでこうしていじられる気分はどう?・・・すごく感じるでしょ」
「ここではいやぁぁ・・・いやのぉぉ・・・いやぁぁ・・・はずかしい・・・はずかしい」
私も一緒になって乳首を吸い、何本もの指で花弁の周りや敏感な突起をいじくっていると、やがて合わさっていた扉が開いてにゅるっという感じで私たちの指が代わる代わる泉の中心へ滑り込んでいく。
「あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・ああん・・・い、いれちゃ・・・いやぁぁ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「おっおっ・・・濡れ濡れオ○○コに吸い込まれていくよ・・・うわぉ・・・ぐにゅぐにゅだ・・・」
「真紀ちゃんったら本当にぐにょぐにょだわ・・・とっても柔らかい・・・感じてくれてうれしいわ」
「か、かんじてなんかぁぁ・・・あぁぁ・・・」
組みしかれた身体をぶるぶると震わせ、顔を左右に大きく振って体内を掻き回される快感に耐えようとしているが、花弁はうごめく指をしっかりと呑み込んで悦びの蜜を浴びせかけている。

「とっても柔らかくなってるじゃないか・・・最初とは大違いだ・・・何本でも入っていくよ・・・うっ・・・そんなに締め付けちゃだめだ・・・もっと楽にして・・・楽に・・・」
「あぁぁ・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・おじさまぁ・・・そ、そんなにいじっちゃぁ・・・あぁぁ・・・」
ぐちゅぐちゅ・・・ちゃぷちゃぷ・・・くちゅくちゅ・・・ちゃぷちゃぷ・・・
一本、二本・・・そして三本と、太く長い指が既に濡れて柔らかくなっている花弁の中に次々に潜り込んでは、微妙な振動を与えながら掻き回す。
「あっあっあぁぁ・・・そんなにつよくぅ・・・ひぃぃ・・・」
「そうだ・・・いいぞ・・・自分が濡れてるのがわかるだろ・・・真紀。こんなにいやらしい音させて・・・聞かせてやるよ」
「あんあん・・・ちがう、ちがうの・・・いやぁぁ・・・そんなおと・・・させないでぇぇ・・・あぁぁ・・・いやよぉぉ・・・だっめぇぇ・・・」
可愛い奥さまがいやがればいやがるほど、もがけばもがくほど潜り込んだ指は奥へ奥へと進んで熱い蜜を掻き出しいやらしい音を響かせる。

「あれだけ大騒ぎしたわりにはしっかり呑みこめているじゃない。さすがお泊りした真紀ちゃん、たいしたものね」
「きゃあぁぁ・・・うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・」
「もっと声を出すんだ・・・もっと大きく・・・」
真紀の口からは悲鳴のような悦びの声が止まらずオジさまの責めとともに大きく切なくなり、くちゅくちゅ・・・ちゃぷちゃぷ・・・ぐちゅぐちゅ・・・と花弁の奥にある熱い蜜つぼが掻きまわされる音色との共演によるハーモニーが聞こえてくる。
「すごくいやらしい音じゃないか・・・真紀ちゃんのオ○○コの音だよ」
「きゃあぁぁ・・・いやぁぁ・・・あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・よしてぇぇ・・・よしてぇぇ・・・おと・・・させないでぇ・・・いやなのぉぉ・・・」
すべてを否定し拒否するようなそんな言葉とは逆に、解き放たれつつある真紀はベッドの青いシーツをしっかりとつかんで耐えながらねっとりした愛撫を受け入れ始める。
「気持ちいいだろ・・・もっとほら声を出して。真紀ちゃんはココをぐにぐにがいいのかな・・・それともくちゅくちゅかな」
「おじさまぁぁ・・・あぁぁ・・・うごかさないでぇぇ・・・うわぁぁ・・・あんあん・・・ひぃぃ・・・そこがいいのぉ・・・いいのぉぉ・・・」

すべてをあきらめて、『今』をなんとかやり過ごしたい・・・
自分さえ我慢すれば何も変わらずに生きていける・・・
そうした気持ちの表れだろうが、真紀の喘ぎ声はいっそう甲高くなって身体は敏感に反応し甘酸っぱい蜜を溢れさせている。
真紀をさらに開花させるにはもう一押しが必要。
「真紀ちゃん、気持ちいいでしょ・・・どうなの・・・」
「あぁぁ・・・き、きもちよくなんかぁぁ・・・」
「まだ分からないなんて困ったね・・・真紀ちゃんの中からこんなにたくさん蜜が出てるんだよ・・・自分で舐めてごらん」
ねっとりとした愛液にまみれたオジさんのささくれ立った指があえぐ真紀の口に中に押し込まれる。

「うぐぇぇ・・・うげぇぇ・・・げぇぇ・・・」
「美味しいだろ・・・真紀の蜜はこんなにいい味がするんだよ・・・ほら・・・もっと舐めて・・・」
「うふふ・・・ずいぶんいい子になってきたわね・・・上のお口もココも・・・とってもいい感じ・・・」
もどしそうになるのを必死でこらえて舐めている真紀の花弁の中に三本に指をそろえて潜り込ませぐにぐにと強く掻き回すと、指を咥えたお口から苦しみに満ちた嗚咽と唾液がこぼれ落ちる。
「もっと舐めたいだろ・・・ほら・・・」
「うげぇぇ・・・げぇぇ・・・」
「私の指も舐めなさい・・・ちゃんと舌を動かして・・・そうよ・・・そう・・・」
オジさんと交互に何度も熱い蜜をすくい取ってはそれぞれの指を口の中に押し込み、チロチロとくすぐられるような真紀のおしゃぶりを楽しむ。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教