FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
力と恐怖で
「うわぁぁ・・・感激だ・・・まさか真紀ちゃんのベッドに招待されるとは思わなかった・・・この前知り合ったばかりなのにうれしいよ」
オジさんが整えられたブルーのシーツをめくって手招きをする。
「わかったのなら、自分で脱いでこっちにくるんだ。乱暴しなくても言う通りにできるよな」
「わたし・・・わたしばかり・・・あぁぁ・・・どうしてこんなことに・・・」
やっと自分の運命を受け入れる覚悟ができたのだろう。
床に座ったまま震える手が動き始め、破れたチュニックやスカートが順番に取り去られていくと、白地にブルーのレースの花が刺繍されたランジェリーに彩られた小さな膨らみが現われる。
「おっ・・・なるほど。今度は白のレースか・・・旦那さま思いの真紀ちゃんにぴったりだ。いつも可愛らしい下着だね」
私が選び買い与えた清楚なランジェリーはこの奥さまをいっそう輝かせる。
「あぁぁ・・・もうこんなこと・・・やめてぇぇ・・・お願いです・・・お願いです」
「ユキ、これを脱がすのもったいないよな。そう思うだろ」
「じゃあ・・・着せたまま抱いてみる?そういうの好きで所」
「それもいいけど、今日は真紀ちゃんのおうちに来た大切な日だから遠慮しとくよ。もっとたくさん真紀ちゃんを知りたいからな」
下着好きのオジさんだが、そう言いながらさっさと裸になって真紀夫婦のダブルベッドにもぐり込む。

「こっち側が真紀ちゃんか・・・いやらしくて甘い匂いがするぞ。それにまだぬくもりが残っている。こりゃすごい・・・感動しちゃうな」
「きゃあぁぁ・・・ベッドに入っちゃだめぇぇ・・・だめだってば。いやぁぁ・・・いやなの・・・やめてぇぇ・・・」
夫との幸せの証しを何とか守ろうと悲鳴を上げるが、それがオジさんのエネルギーとなり、興奮と嫉妬の炎を燃え上がらせる。
「俺の女になったくせにここでは『あなた・・・あん・・・もっと・・・』って毎日ヤリまくってるのか。ふざけるな。
「そんなことしてません・・・してません・・・絶対してないです・・・」
「昨日の夜も今朝もしゃぶらされて何発もヤラれたんだろ。縛られたのか?」
「やめて・・・あ、あの人はそんな人じゃ・・・」
「真紀ちゃん、もう何も言わないで。あまり待たせるとまた怒っちゃうから早くしましょう。こうしてる時間がもったいないわ」
「あの人?そんな人?雅彦のことなんかもうどうでもいいだろ。もたもたするな。これ以上文句は言わせないぞ」
打ちひしがれ、なすすべがなくなってしまった真紀が涙をしゃくり上げながらよろよろと立ち上がると、透き通りそうな白い素肌に胸に光る金色のネックレスが揺れてとてもまばゆい。

「あら・・・とってもきれい。ご主人に買ってもらったのね。似合ってるわ」
「おい、そのネックレスは雅彦に買ってもらったのか・・・そうなのか」
返事がなくともうつむいたまま黙り込むその姿がそのまま答えになっている。
「あれだけ俺に抱かれたくせにまだそんなふざけたものをしているってことは、自分が誰のものかちっともわかってない証拠だな。そんなに旦那さまが恋しいのか?俺よりも気持ちいいのか?」
また怒りと嫉妬のボルテージが上がって来たオジさんをなだめるのはとても大変。
「いまさら気にしなくてもいいじゃない。プレゼントしてもらったなんて素敵だわ。でも真紀ちゃん・・・いくらなんでもこれを付けたまま抱かれるのは辛いでしょ。オジさまと愛し合うのには邪魔だから外しちゃいましょうね」
まずは何もせずに二人の成り行きを見守るつもりだったが、こんなに可愛い真紀が新居で泣かせられるのかと思うとちょっとだけ手助けをしたくなる。
「あの男からもらったものなんか不愉快だからさっさと取ってくれ。真紀にはもっといいものをプレゼントしてやる・・・たっぷりとな」
いやらしい笑いを浮かべながらもまだつまらないことにこだわっている。
オジさんの一人勝ちなのに仕方のない人だ。
「あなただってこうされるのを待ち望んでいたはずよ・・・今までの旦那さまとのことはもう忘れなさい。オジさまが新しいご主人様になったのよ」
涙をふき取りながら潤んだ眼をしっかりと見つめ、抱きしめて小声でささやく。

「真紀ちゃんのお肌って本当に白くてすべすべ・・・おっぱいも小さくて・・・全部オジさまのものよ」
涙を拭いていた指を胸元に滑らせてその感触を確認する。
「あのベッドでたくさん愛してもらいましょう。もう雅彦さんは関係ないkら」
だが真紀はやっぱり堕ちそうで堕ちない。
「そんなの無理です・・・絶対にいや・・・いやです・・・帰って下さい。お願いします・・・お願いします・・・」
普通の奥さまを調教する時間はたくさんあるようで限られているのだから、ここでもたもたしているわけにはいかない。
「なにするの・・・きゃあぁぁ・・・ゆきさん・・・やめてぇ・・・」
思い切って薄いキャミソールを破くとビリビリという音と悲鳴ともに真紀がその場にうずくまる。
「こんなに優しくしてあげるのにあなたって本当にバカね。さっさと脱がないと痛い目にあわすわよ。これ以上同じことを言わせないで。いつまもでもいい子ぶらないでよ。抵抗してどうするつもりなの・・・よく考えなさい」
追い込んで辱めさらに追い込んで、最後は力による恐怖で屈服させる。
私もオジさんに似てきた・・・
できればずっと優しくしてあげたかったが、真紀が私たちをそう仕向けたのだからどうしようもない。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

進歩のない真紀
「いい加減にしろ。同じことばかり言いやがって・・・この前からちっとも進歩してないじゃないか。このニ週間、俺だって我慢してたんだぞ」
怒鳴り声と悲鳴が重なり、血の気がさっと引いていく。
「オジさま・・・どうしちゃったの?乱暴しちゃだめ、絶対だめよ。可哀想だわ。そんなことよしてよ」
私の大切な真紀が怪我などしたら大変だ・・・
「いつまでも甘えてるんじゃないぞ。なあ、騒いで困るのは真紀ちゃんだろ。こっちにはすごい写真もあるんだ。お前の雅彦に送ってもいいし、それともこの辺り一帯に配ろうか。せっかく新しい家を建てたのにすぐに手放すようになるぞ」
なるほどさすがだ・・・
力任せに突っ走るのかと思ったら距離を置いたまま、またじわじわと言葉で責め始める。
それも真紀の弱点をしっかりつかんだジャブを何発も的確に放って、気力を徐々に消耗させていく・・・
これが動物のような性欲丸出しで突進することしか知らないうちのダンナと違うところ。

あの日の後、もっともっと真紀を調教して開花させてほしいという私の願いを話した時にこう答えたのだ。
『焦るなよ。真紀をいったん普通に戻すって言ったろ。いやがる女を無理矢理抱いてもコトが終わればそれまでさ・・・それじゃつまらないだろ。あの奥さまには俺たちからは逃げられないってわからせて、あきらめてもらわないとな。そうなったらたくさん泣かせてじっくりと教え込んでやるから安心しろ』
たとえ調教の場所が変わろうともその言葉に偽りはなく、まだぬくもりの残る真紀夫婦の寝室での調教が始まろうとしている。

言葉が詰まる真紀にたたみかけるように話しかける。
「お前がその柔らかくて可愛らしい身体を提供するだけでここにいるみんなが気持ち良くなれる。お前だってそうだ。それでいいじゃないか・・・もう経験済みだろ」
「ひどい、ひどいです。私は絶対に気持ち良くなんかなりません。絶対になりません。変なこと言わないで。帰って・・・帰って下さい」
「なるほど・・・これだけゴネておいて何もさせずに帰れって言うのはそれ相応の覚悟があって言ってるんだろうな」
「・・・お願いです・・・帰って下さい・・・一生のお願いです・・・あぁぁ・・・ここでそんなこと・・・できないの」
泣きじゃくるだけで同じ答えしか繰り返すことのできない真紀・・・
しばしベッドルームの空気が固まってしまう。

「おいユキ、窓を全開にして『私の主人となにしているの』って大声で叫んでやれ」
「えっ?えっ?」
「そうね。それっていいわ。ここから『昼間から私の主人を寝室に招き入れるなんて最低』って思いっきり叫んであげるわ」
幸せを守りたい真紀には外堀をじわじわ埋めていきながらも最後にはこういう単純で強烈な脅しが一番良く効く。
「やめて、やめて、やめてぇぇ・・・そんなことしないでぇぇ・・・」
「またやめてか・・・真紀、お前はいつも自分勝手なんだよ。ふざけるな。ユキ、早くやれ。こんな分からず屋にはもう用はない」
「ひぃぃ・・・あぁぁ・・・どうしてぇぇ・・・どうしてなの・・・わたしだけこんなことをされるの・・・どうしてなのぉ・・・」
最後の抵抗もむなしく、行き詰まってしまった真紀はもうこれ以上強気でいることができなくなっていく。
「あなたは選ばれたのよ・・・いつまでも泣いていないでちゃんと謝ってこのベッドでオジさまをお迎えしましょう」
「俺を怒らせたらお前はどうやって生きていくんだ?旦那や子どもはどうするんだ?お前の身勝手ですべてが壊れてしまうぞ。それでもいいのか」
寝室に連れて来られても尚、気丈に居直っていた真紀だが、脅迫混じりの説得を続けられると自分の身に起きている出来事を嘆きがっくりとなってベッドに泣き伏せてしまう。
「ようやくわかってくれたみたいだな」

「あぁぁ・・・お願いです・・・ここではいやです・・・あぁぁ・・・どこにでもいきますから・・・せめて・・・せめて・・・ここだけはいやぁぁ・・・」
他人の目に触れることさえ恥ずかしい夫婦の寝室に侵入者を許し、そこで夫以外の男性に抱かれるなんて悲しくて胸が張り裂けそうだろう。
まして相手はゴツゴツとした大きな身体を持つ超タフなオジさま・・・
自分がどうなってしまうかはこの前の夜を思い出すまでもなく、容易に想像がつくに違いない。
あの日、一晩中抱かれ続け、疲れを知らない精力をいやというほど身体に覚え込まされた真紀が恐怖に震え怯えている。

「おい、ちっともわかってないじゃないか。てこずらせやがって・・・いやならこうしてやる」
怖い顔をしたまま近づくと、泣きじゃくっている真紀を彩っているチュニックに手をかけてびりびりと引き裂いていく。
『動』から『静』そして今度は『激動』
オジさんの振る舞いがくるくると変わっていく。
「きゃあ・・・きゃあ・・・なにするの・・・やめて・・・やめて」
「ここがいいんだよ。真紀ちゃんが旦那さまに毎日愛されているこのベッドが・・・どこにも行かなくていい・・・ここでたっぷりと抱いてやる」
「いやなのよぉぉ・・・ここは・・・ここはいやぁぁ」
「もういいでしょ。あなたの気持ちはよくわかったし、とっても立派。旦那さまを想いながらオジさまにたっぷりと愛してもらいましょう。これ以上長引かせるとあなたが損しちゃうわよ。せっかくなんだから真紀ちゃんも楽しまなくちゃだめ」

同じことを繰り返してオジさまを拒否しているように見えるが、もうこの前のような世間知らずの奥さまではない。
服を破かれ観念したのか、私に諭されると目を伏せて黙り込む。
セックスの悦びを覚え込まされた真紀の中では『女』がしっかりと熟成し、オジさまを迎え入れる準備は整っているはず・・・
「やっと静かになったわ。わかってくれてよかった」
開けようとした窓のカーテンを閉めても部屋はぼんやりと明るく、隙間から差し込む日光がダブルベッドをいっそう輝かせている。
やはり可愛らしい奥さまの新居の寝室は艶やかで素敵・・・
ここでこれからどんな調教が始まるのだろう。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

夫婦の寝室
「きゃあぁぁ・・・やめてぇぇ・・・離してぇぇ・・・よしてぇぇ・・・離してってば・・・いやぁぁ・・・誰か助けて・・・助けてぇぇ・・・」
「可愛い奥さまを捕まえちゃったよ。いつも真紀はいい香りがするな・・・おや、この前とは違う香水じゃないか」
座ったままで腕をがっしりとつかまれて抱き寄せられた真紀のうなじにオジさんが吸いつき、新しいフレグランスの香りを楽しむ。
「やめて・・・やめて・・・よして・・・よして・・・」
決死の悲鳴をあげながら手足をバタつかせるが、そんなことをしてもオジさんをさらに興奮させるだけ・・・
甘い香りを放つ可憐な白いバラのような真紀は大きな胸板に抱き寄せられて埋もれてしまう。
「よしてぇぇ・・・離してぇぇ・・・離してぇぇ・・・あぁぁ・・・」
「やっぱり真紀はどの女よりもちいちゃくて可愛いな・・・だけどこんなに柔らかい」
真紀の新しい香りを胸いっぱい吸い込んだオジさんが服の上から乳房を荒々しく揉みしだく。
「やめてぇぇ・・・触っちゃいやぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」
「真紀、俺とお泊りしたくせにとぼけるなよ。こうされて気持ちよかったんだろ?感じたんだろ?今日はお前たち夫婦のベッドでたっぷりと調教してやるからな」
「きゃあぁぁ・・・もういやぁぁ・・・あなたぁぁ・・・あなたぁぁ・・・助けてぇぇ・・・助けて・・・絶対いやぁ・・・」
迫ってくる口唇をありったけの力で拒み続ける。

「『絶対いや』・・・わざわざ来たのにそれは無理な相談だな。泣けばあの役立たずの旦那さまが助けに来るとでも思うのか」
この前、救いのサインに気づいてもらえずにお泊りを告げてしまった電話を思い出したのか、階段にうずくまっていっそう激しく泣きじゃくり嗚咽を漏らす。
「お馬鹿さんね。いくら泣いても騒いでも助けに来るわけないでしょ。あなたは愛する夫に捨てられてオジさまのものになった奥さまよ・・・どんどんいやらしくなっていくのが身にしみてわかってるはず。こうして生きるしか道はないのよ」
「違います・・・違います・・・いやぁぁ・・・」
「おしゃべりはもうおしまいにしようじゃないか・・・無駄だよ」
「いやぁぁ・・・あぁぁ・・・」

オジさんの大きな体の圧力に耐え切れずに真紀が力尽き果てると、口唇が重なり合って折れそうなくらい抱きしめられる。
「最初からこうすればよかったんだ。あまり手間をかけさせるな」
舌と舌が絡み合い、チュチックの下へと大きな手が潜り込んでブラのカップとともに乳房を包み込むと真紀は目を閉じ、オジさんの背中に回した手にぎゅっと力を込める。
「やっとわかったみたいね。オジさま、こちらにどうぞ」
そのままずるずると引きずられてくる真紀が抱かれる寝室の・・・いや新しい調教部屋のドアを開いて手招きをする。
「ここが真紀ちゃん夫婦の寝室よ。あっあらまあ・・・ちょっと・・・どういうこと・・・」

ちょっと来ない間にあのダブルベッドは見たことがない薄いブルーのシーツで整えられ、周囲にあった小物類も以前とまるっきり変わっていた。
「ここ、ずいぶん変わったじゃない。私のお部屋でもあるのにこんなことするなんて・・・でもやっぱり真紀ちゃんのお部屋ね。明るくてぬいぐるみが可愛らしいわ」
窓の外にはさまざまな洗濯物が干してあり、生活感がにじみ出ている。
IMG_06061.jpg
「もう・・・もう・・・やめてぇぇ・・・」
このお部屋からすべては始まったのだから、模様替えをすることによって辛くて悲しい出来事を真紀なりに忘れようとしていたのかもしれない。
フレグランスを変えたのも、オジさんに辱められた身体を清めてつらい思いを心の奥底に封じ込めたかったに違いないだろう。
せめて自分の家にいるときぐらいは良き妻と母として過ごしたい・・・そんなけなげな想いがひしひしと伝わってくる。
「うわぁ・・・なんと・・・こりゃ可愛らしいし、色っぽいじゃないか・・・ここで真紀ちゃんを抱けるなんて年甲斐もなく胸がときめくぜ」
真紀の腕をつかんだまましばし呆然と立ち尽くして、艶めかしい香りが漂ってきそうな夫婦の寝室に見とれている。
「どんなに高級なホテルだってここにはかなわないでしょ。今日からはオジさまと真紀ちゃんのお部屋になるの。お好きにどうぞ・・・たくさん愛してあげて」
呆然としているのは真紀も同じ・・・
支えられてやっと立っているその瞳には自分が抱かれるあのベッドしか映っていない。
今朝まで夫と寝ていたあのダブルベッド・・・

「真紀ちゃん・・・あの日からずっとお前の熱くて柔らかい感触が残ったままでおかしくなりそうなんだよ・・・早く抱かせてくれ」
「いやなのぉぉ・・・やめてぇぇ・・・やめてぇぇ・・・ここではいやぁぁ・・・」
「お前のためにずっと我慢してたんだぞ。もう限界だ・・・限界なんだよ」
「そんなこと知りません・・・全部知らないの・・・もういやぁぁ・・・」
「おや、どうしたのかな?一晩中おねだりしてたのは誰だっけ?『きもちいいの・・・まきはおじさまのものです。あんあん』って」
真紀の声色をまねしてオジさんがおどけたように顔を覗き込む。
「それは・・・それは・・・わけがわからないまま・・・覚えていないんです・・・なにも・・・」
「まったく・・・いつまでたっても嘘が上手だね。いつまでもとぼけてる奥さまはこうしないとわからないみたいだな」
この前と同じようなイヤイヤばかりでさすがにしびれを切らしたのだろうか・・・
突然、真紀が突き飛ばされ床に倒れこむ。
「いやぁぁ・・・何するの・・・きゃあぁぁ・・・やめてぇぇ・・・」
いつも耐え忍んでいた真紀からは聞いたことがないような甲高い悲鳴・・・
だが、すぐに途切れて激しく泣きじゃくる声に変わる。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。