FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新居でのプロローグ
いつも応援ありがとう。
がんばって更新しました。
月二回の更新なんてすごく久しぶりです。
クリスマスにふさわしい真紀ちゃんかしら・・・

コピー ~ IMG_0104

「なかなか素敵なマイホームじゃないか。真紀ちゃん、いい趣味してるね。お招きありがとう。また会えてうれしいよ。あんなに泣いてたくせに思ったより元気そうじゃないか」
後ろからゴルフ焼けした顔をぬっと突き出していきなり声をかけると、予期せぬ来訪者に驚いた真紀が私の横から跳ね上がるようにして飛び退き悲鳴を上げて逃げ出す。
「きゃあぁぁ・・・きゃあぁぁ・・・いやぁぁ・・・いやぁぁ・・・うわあぁぁ・・・」
「逃げることないだろ。もう他人じゃないんだ。あれからどうしてた?大好きな旦那さまと元通り仲良くしているみたいじゃないか」
すでに真紀を手に入れているという余裕なのだろう・・・家の中をぐるりと品定めをするように見渡す。
「なるほどね。インテリアも凝っていて真紀ちゃんらしい家じゃないか。気に入ったよ」
「きゃあぁぁ・・・ど、どうしてここに来たの・・・どうしてぇぇ・・きゃあぁぁ・・・ここはいやぁぁ・・・帰ってぇぇ・・・」
かすれた声で泣きながらリビングの中を必死に這いつくばり、逃げ場所を探そうとしている。

「あら、一緒に夜を過ごした仲でしょ。真紀ちゃんのおうちがきれいで可愛らしいって話したら、どうしてもここのベッドであなたを抱きたいってわがまま言われちゃってご招待しちゃったのよ。迷惑だったかしら」
「やめてぇぇぇ・・・どうして・・・どうして・・・もういやぁぁ・・・一生のお願いです・・・いやぁぁ・・・来ないで来ないでぇぇ・・・」
部屋の隅に追い込まれた真紀が小さな身体をさらに縮こませ、固く丸まって脅えている。
「おやおや。わざわざ来てやったのにずいぶん冷たいじゃないか。そんなにいやがることないだろ。今度はここで柔らかいお前を抱かせてくれよ」
「帰って・・・帰って下さい・・・あぁぁ・・・オジさま・・・お願いします・・・お願いします」
私が予想したとおり、あれだけ辱められても一週間の間に気丈な真紀に戻っている。
さすがだ。
やはり普通に生きると決めた奥さまは強くてたくましい。
その強さゆえあきらめることができない真紀は抵抗すればするほどその後に待っている新居での調教がつらく厳しいものになるというのに、自分で自分の首を絞めていることがわからないようだ。

「この前は『帰らせて』で、今日は『帰って下さい』か。ちょっと会わない間にずいぶん生意気でエラくなったな。何事もなかったような顔をして暮らしているみたいだけど、初めて会ったばかりの俺に抱かれて一晩中腰振ってしがみついていたくせにな。お前のご主人様はいったい誰なんだ?」
記念すべき新居での初調教のプロローグ・・・
まずはオジさんに任せて、どう料理するのか様子を見る。
「違うの・・・違うんです・・・あ、あのときはあぁぁ・・・どうかしてたんです・・・ですから・・・もう許してください・・・」
「どうかしてた?初めて会った俺にあれだけ抱かれたのにそれを忘れろってことかな?それは無理だよ。こんなに柔らかくて気持ちいい真紀ちゃんを手放すはずないだろ。もっともっと楽しませてくれよ」
「あんなこと・・・もうできません・・・できないんです・・・」
「なら、できるかどうかやってみようじゃないか・・・またいくらでも狂わしてやるよ・・・いくらでもな。お前もそうされたいんだろ」
「ちがう・・・ちがうの・・・やめて・・・オジさま・・・やめてぇ・・・」
玄関を背にしながら狩りを楽しむようにオジさんがじわじわと間を詰めていくと、逃げ場を失った真紀はその脇を四つん這いのまますり抜けて二階へと階段をよろよろとよじ登っていく。

「こっちに来ないでぇぇ・・・来ないでぇぇ・・・」
「おやおや・・・そんなに慌てちゃって。真紀奥さまはどこに逃げるつもりかな?」
「きゃあぁぁ・・・来ないで・・・来ないで」
腰が抜けてしまったのか、這いつくばるようにして二階に逃げようとするが手足がバタついているだけでまったく進んでいない。
「あら、オジさまったらよっぽど気に入られているんだわ。真紀ちゃんたちの寝室がある二階にご招待してくれるって・・・・・・大好きな旦那さまとの愛の巣よ」
ここはオジさんと真紀が出会う前から、私と『愛の巣』でもある。
あの日、再会した真紀の震える身体を慈しむように愛撫したことを思い出してしまう。
白くて小さな乳房は口に含むとピンと尖り、薄い陰毛の奥に隠れてたピンク色の花弁にそっと触れると熱く豊な蜜を溢れさせる・・・
すべてはここから始まったのだ。
「『愛の巣』ってすごくいやらしい響きだ。うひょ・・・なんと・・・そうか、そこで雅彦クンに抱かれてるわけだな・・・そのベッドにわざわざお招きしてくれるのか。手間が省けたよ」
「えっ?えっ?そ、そんな・・・あぁぁ・・・こっちに来ないでぇぇぇ・・・来ないで・・・」
愚かな行動に気が付き、やっとの思いで這いずり上がった階段の途中で立ち止まってももう遅い・・・
すでにあの日、自分をもてあそび狂わせた大きな身体が目の前に迫ってきている。
もう逃げる場所などどこにない・・・
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

真紀の『鍵』が開くとき

まず私が先に入り、後からオジさんを招き入れようとも思ったが近所の目を考えたら不自然だし、周りにいらぬ誤解を招きかねない。
でもいきなり二人で訪ねて行っては面白くない。
「オジさま、真紀ちゃんのおうちでたっぷりと楽しんでね。最初は好きにさせてあげるわ。いいこと考えたから後ろに下がって見えないように隠れていて」


ピンポン・・・ピンポン・・・
花に飾られたきれいな玄関のインターフォンを二回鳴らしてみる・・・
その音はまるで調教の再開を告げるような合図のように聞こえる。
「はーい。どちらさまですか?」
普通に戻った真紀の明るい声が聞こえてくる。
「立原さん、こんにちは。私よ」
「・・・」
「ねぇ、真紀ちゃん、ユキよ。どうしているかと思って来てみたの。早く返事して」
「・・・」
沈黙を守るインターフォンの向かって
「聞いてるの?せっかく来たんだから顔ぐらい見せて。ここを開けてくれないと・・・そう・・・あなたが困るだけよ」
近所に聞こえぬよう小声で脅しの魔法をかけると絞り出したような声で返事が返ってくる。
「ゆ、ゆきさん・・・ど、どうしてここに・・・もしかしてまた・・・」
「理由なんかいるの?会いたくなったからきただけよ。早く開けてちょうだい。今日は一人よ。余計な心配しなくていいわ」
いったいどんな顔をして私の声を聞いているのだろう・・・
「そんな・・・」
「いつまでもこんなところで話してないで中に入れてよ。つまらないことで手を焼かせないで」
カッチャン・・・カチャ・・・
しばらくの沈黙の後、『魔法の言葉』によって、ドアのロック、いや『普通』に戻るために真紀が自分自身にかけた『鍵』が解除された。

二週間ぶりの真紀は新鮮でとってもまぶしい。
あのホテルの部屋で繰り広げられた調教などなかったかのように清楚で可愛らしい雰囲気はそのまま・・・たいしたものだ。
「いつもきれいなおうちね。あれから変わりはないかしら」
玄関に招き入れた私の顔を見た途端、顔面が蒼白となり下を向いてしまう。
「ここには来ないでって言ったのに・・・どこまで苦しめれば気が済むの・・・ゆきさん・・・ひどすぎる・・・」
「まったくもう・・・なんでそんな顔するの?来ちゃいけなかったかしら。私、ここがとっても気に入っているのよ」
「もうここには来てほしくないの・・・だから・・・」
「だから帰れって?」
そのまま一気にまくし立てる。
「いつだって自分が可愛いのね。あなたの望んだとおり幸せに暮らしているんだからもっと大切にしなきゃだめじゃない。壊すのは簡単なのよ。まだわからないの」

「・・・あんなこと・・・これ以上無理なんです・・・どうすれば許してもらえるんですか」
「いきなりお泊りしちゃったから、うぶな真紀ちゃんにはちょっときつかったかしら。だけど私のものになるって約束したでしょ・・・幸せは自分で守らなきゃ」
「あの時はどうかしてたんです・・・だから・・・困るんです・・・帰って下さい・・・」
「確かにあの狂い方は普通じゃなかったかもね。何度抱かれたか覚えてる? 途中で数えるのやめたくらいたくさんよ」
「もうよして・・・全部忘れることにしたんです・・・忘れたいんです。だからもう帰って下さい」
「大きなバイブもしっかり呑み込んでたし、雅彦さんに電話しながらオジさんのミルクも飲んだし・・・そこまでできるなんで本当にびっくりしたわ」
「やめてやめてやめてぇぇぇ・・・・」
「あなたにすべてを捨てる覚悟があるの?私を拒否するならどうぞ。オジさんにも同じように言いなさい。その結果は自分自身で負うのよ」
「そんなぁぁ・・・もうやめてぇぇ・・・やめてぇぇ・・・」
なすすべもなく玄関に座り込み、顔を手で覆って泣きじゃくる真紀がとっても可愛らしい・・・泣きながらもしっかりと生きる姿がよく似合う。

「真紀ちゃん、悲しむ必要なんかちっともないわ・・・気持ちいいいことたくさん覚えたでしょ。もう泣くのはおよしなさい」
崩れ落ちそうになる真紀を抱きかかえながらリビングのソファーに座り、髪を撫でながら優しく声をかけても涙と嗚咽は止まらない。
「もう・・・もうよしてください・・・あんなに恥ずかしいことさせられて・・・夫に嘘までついて・・・これ以上耐えられません。私、生きていけない」
「あれからどうだった?雅彦さんに何か気づかれたの?まさか抱かれたとか・・・」
「わたしはそんな無神経でいやらしくないです・・・そんなことできるわけない・・・主人とは何も変わりません・・・」
無関心な夫と、その夫との生活を必死で守ろうとする真紀・・・
どちらもお気の毒としかいいようがない。

「よっぽどつらかったのね・・・可哀想に・・・私の真紀ちゃん・・・でも大丈夫。こうして生きてるじゃない。あなたはとっても強い奥さまだから・・・でもとっても可愛らしい」
「やめてぇぇ・・・ユキさん・・・もうやめてぇぇ・・・きゃっ・・・うぐぅぅ・・・」
震える身体を力ずくで引き寄せ、口唇を重ね合わせ舌を吸うと涙の味が口の中いっぱいに広がる。
「逃げようとしたらどんどん暗い深い闇にはまっていくわよ。流れに逆らわないで現実を受け入れて楽しめばいいの・・・私のように・・・」
チュニックシャツの上から激しく上下する小さな胸を手のひらでそっと包み込むと、胸の中に甘い香りが飛び込んでくる。
「ほら・・・身体はすべてを覚えているのよ・・・またこうされたいんでしょ」
「でもでも・・・これ以上夫を裏切り続けながら生きていくなんて私にはできない・・・ゆきさん・・・私・・・どうすればいいの・・・」
「簡単にあきらめちゃだめ。今のままでいいの・・・真紀ちゃんは宝物・・・大切にしてあげる・・・その答えはすぐに分かるわ」
今度はきつく抱きしめ、逃げ惑う舌を追いかけ絡ませる。
しょっぱい涙の味と甘い香りで、なんだか切ない気持ちに引きずられそうになりなっていると、開け放した扉の向こう側からオジさんの姿が見えてきた。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。