FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
三人揃って仲良く
「あん・・・真紀ちゃんったら・・・とってもぐちょぐちょ・・・いやらしい音させちゃって可愛い・・・あん・・・可愛いわ・・・」
今度はオジさんが真紀の下になって、二人同士がお互いを舐め合う姿勢に変わる。
「真紀・・・ユキとつながっているのがよく見えるぞ・・・こんな太いのを咥え込んじゃって・・・すごいな・・・俺のモノより好きそうじゃないか」
「あぐぅぅぅ・・・ぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」
「おしゃぶりもしびれるくらいうまくなってきた・・・いいぞ・・・」
両手でしっかり白いお尻を支えながらゆっくりと動かすと、今まで感じたことのない一体感と幸福感に満たされ、しびれるような快感が全身を突き抜ける・・・
私と真紀の花弁が触れ合って擦れると一つになっている実感がこみ上げてくる
「あぁぁ・・・真紀ちゃんの中に私が・・・あんあん・・・可愛い・・・可愛いわ・・・すごいすごい・・・きもちいいぃぃぃ・・・」
「ぐえぇぇぇ・・・あうぅぅ・・・」
「もっと・・・もっと奥まで入れるわぁぁ・・・すてき・・・」
女の身体だけでは体験することのできないこの一体感・・・
こんなに可愛い真紀といつでもひとつになれるモノを持っているオジさんがとってもうらやましく感じてしまう。

「すごいぞ・・・太いのが出たり入ったり・・・美味しいジュースも溢れてくる・・・お口も上手でトロけそうだ・・・もっと声を出して音を立ててちゅぱちゅぱと・・・」
「あん・・・あん・・・お、おいしい・・・おじさまぁぁ・・・うぐぐぅぅ・・・」
言われたとおりに真紀が舐めると、興奮したオジさんが真紀のお尻を自分の顔の方に引き寄せると、結合部分でうごめいている舌が私の花弁をも舐め回す。
「ユキを咥えている真紀ちゃんのお汁が美味しいよ・・・垂れてくる・・・」
「あんあん・・・オジさまったら・・・あぁぁ・・・真紀ちゃん・・・すごく可愛い・・・可愛いのよ・・・だから・・・もっと舐めてぇぇ・・・もっと」
「すごい迫力だよ・・・ユキ・・・こんなもので手なずけたのか・・・すごいぞ・・・真紀も可愛い顔してるのにそこまでやられてるとはな・・・」
「あぐぅぅ・・・うっうっ・・・うぅぅ・・・」
お口どころか喉の奥まで犯されて嗚咽を何度も繰り返すが、オジさんは真紀のお尻から手を離そうとせずうっとりとした表情で無毛の花弁をひたすら舐め回している。
「可愛い奥さまをこんなにしちゃって・・・ユキは超悪い女だ・・・」

「だって・・・あん・・・私だって真紀ちゃんがほしかったの・・・あんあん・・・アヌスも・・・ほら・・・入ったわ・・・」
「うぐぅぅぅ・・・ぐぇぇぇ・・・」
ほころんでいるアヌスに人差し指を潜り込ませると花弁が収縮を繰り返し、真紀が新鮮な空気を求めてお口の中のペニスを吸い上げる・・・
柔らかい感触と熱い蜜が矛先を通じて私の中に伝わってくるのを感じながら、夢中になって腰を振りまくる。
「あん・・・真紀ちゃんとひとつになれてうれしいの・・・あんあん・・・わたしのものよ・・・」
「お前が動くと真紀のジュースが垂れてくる・・・あうぅぅ・・・酸っぱいぞ・・・」
「うぐえぇぇぇ・・・うっっ・・・」
声を出したくてもお口の中にはオジさまの固いペニス、下のお口には色鮮やかな私の分身、アヌスには私の指・・・花弁の敏感な突起にはオジさんのざらついた舌・・・
上半身をくねらせて悶え喘ぐ真紀のすべてがドロドロに溶けて出してきている。
「真紀・・・こんなに感じちゃって・・・お泊りできてよかったろ・・・俺もうれしいよ・・・」
「あぁぁ・・・もっと・・・もっとちょうだい・・・真紀ちゃんも一緒に動いて・・・あんあん・・・」
「ユキ、休まず突きまくれ・・・もっと深く強く・・・深くだ」
昼からの調教を思えばこのようなディルドなど容易に呑み込めるはず。
「真紀ちゃん・・・いくわよ・・・がんばって・・・」
「うぐぇぇ・・・うっうぅぅ・・・」
可憐な花弁は突けば突くほどおびただしい蜜を垂れ流して矛先を奥へと呑み込み、小柄でしなやかな身体がぶるぶると震え続ける。

「いい顔して舐めているじゃないか・・・いいぞ・・・」
オジさんが汗でべっとりとへばりつた髪の毛をどかすと、苦しそうに喘ぎながらもどこかうっとりと舐めているような真紀の顔がはっきりと見える。
「あんあん・・・美味しそうに舐めてる・・・あんあん・・・大好き・・・大好き・・・」
「うっうぅぅ・・・出そうだ・・・また飲んでくれ・・・俺のを飲むんだ・・・真紀・・・真紀・・・」
両手で頭を固定しぶるぶると腰を振るわせて大きな声を張り上げる。
オジさんのうめき声に呼応して、私も注入のスピードをあげようとするがうまくできず、ただただ腰を振るだけしかできない・・・
「真紀ちゃん・・・がんばって・・・あんあん・・・私ももう・・・あん・・・いっちゃう・・・」
「あぐぐぐぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
「可愛い口の中に出すぞ・・・飲めぇぇぇ・・・うっうぅぅ・・・飲むんだよ」
「ちゃんと飲んであげて・・・飲まなきゃだめぇぇぇ・・・」
「いくぞぉぉぉ・・・うぅぅぅ・・・真紀・・・」
「飲んでぇぇ・・・飲むのよぉぉ・・・ひぃぃ・・・」
オジさんの情けない声とともにお口の中のペニスから喉の奥へと射精されると、真紀の喉がゴクンと揺れて三人揃って仲良く絶頂を迎えた。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教