FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
可愛い奥さまの絶叫
「休むな・・・もっとねっとりと舐めるんだよ・・・何度言ったらわかるんだ・・・手は腰に回して頭を動かすんだ」
自分の蜜にまみれたペニスを抱え込むようにしてしゃぶらされる真紀・・・
「そうだ・・・ずいぶん上手になってきたぞ・・・最初にしゃぶった時とは大違いだ・・・やればできるじゃないか・・・」
「ぐぐぅぅぅ・・・げぇっぐぅぅ・・・」
ちょっとでも休もうものならオジさんが頭を押さえつけて喉の奥まで突き立てて奇声をあげる。
「うひょ・・・うひぇ・・・ほめたら手を抜くのか・・・真紀・・・もっと全体をしゃぶれ・・・咥えるだけじゃない・・・舌を使ってしゃぶるんだ。ずっと教えてるだろ」
「うっうぅぅ・・・」
「何度しゃぶったら覚えるんだ・・・もっとまじめにやれ」
これは・・・調教というよりもむしろ折檻に近い・・・
優しく頬や髪を撫でたかと思うといきなり怒って容赦なく髪をつかんでぐいぐいと突き立てる。
でも、ここに来た時からずっと怒られ、羞恥心と息苦しさに耐えながら涙を流して厳しい調教を受けて続けている真紀は厳しくなる責めを悦んでどんどん感じているのか、私に向けられた花弁は密でぐっしょり・・・

「真紀ちゃん・・・怒られているけどたくさん感じているのね・・・うふふ・・・また私とひとつになれるのよ・・・うれしいでしょ・・・」
「あぅぅ・・・ユキ・・・さぁぁ・・・ん・・・うぐぅぅぇぇぇ・・・・ぐっぐぅぅぅ・・・」
「それじゃわかんないんだよ。『真紀に入れてください。お願いします』ってはっきり言え。お尻を上げてユキを迎え入れるんだ」
唾液にまみれたペニスを握りしめて可憐な奥さまがついに言う。
「い、いれてぇぇ・・・まきにいれてください・・・いれてぇぇ・・・」
「何を入れるのかしら?バイブ?オジさまのおチ○チン?」
「ゆきさんの・・・ゆきさんのおチ○チンをいれてぇぇ・・・いれてほしいのぉぉ・・・」
可愛くて淫靡に変身した真紀の絶叫だ。
「なに?聞こえない」
「いれてぇぇ・・・おねがいします・・・まきにいれてぇぇ・・・」
「そう・・・わたしがほしいのね・・・真紀ちゃんに入れてあげる」
ベッドの中央に高く持ち上げられたお尻をつかんで艶やかな花弁を広げると、太いディルドの片方を真紀の中へ慎重に埋めていく。

「うわあぁぁぁ・・・うぐぇぇぅぅ・・・ひぃぃぃ・・・あっひっぃぃ・・・あひぃぃぃ・・・」
「あん・・・真紀ちゃん・・・入る・・・入ってくわ・・・あんあん・・・あぁぁぁ・・・」
ぐっしょりと濡れて潤い熟成の過程にある真紀の花弁は、前へと少し圧力を加えるだけで意外なほどするりと私の分身を呑み込んでいく・・・
「あっひぃぃ・・・うわうわぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・あんあん・・・どんどん呑み込んでいく・・・すごい・・・あっあぁぁ・・・ん」
「ゆきさん・・・ゆきさんがはいってくる・・・はいってくるのぉぉ・・・」
「あん・・・とっても柔らかい・・・いくわよ」

小さなお尻をつかんで力任せにぐぐっと引き寄せるともう片方の矛先も私の中を奥へ奥へと進んでいき、真紀の花弁が私のそれに触れる。
「真紀ちゃんのが・・・熱いわ・・・ああん・・・」
「あっひぃぃ・・・うぐくぅぅぅ・・・あぐぅぅぅ・・・ぐぐぅぅ・・・」
「あんあん・・・真紀ちゃん・・・大好き・・・とっても柔らかい・・・奥まで・・・奥まで入ってくぅぅぅ・・・」
どんなにきつく突こうがディルドはとどまるところを知らず、深く深く私と真紀の柔らかい花弁をえぐって体内へ潜り込んでいく。
「そ、そんなぁぁぁ・・・うわうわ・・・」
「あん・・真紀ちゃん・・・とっても上手・・・上手よ・・・」
「ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・すごい・・・ゆきさん・・・これってすごいのぉぉ・・・」
「ユキをずっぽりと咥えてずいぶんとまあ・・・おや、おしゃぶりはどうしたのかな。おろそかにならないように・・・ほれほれ・・・音を立てて舐めろ」
「あぐぅぅ・・・うっうぅぅ・・・うぅぅぅ・・・」
「そんなんじゃちっとも気持ちよくないんだよ・・・わからないのか。もっと気持ちを込めてやれ・・・」
「オジさまぁぁ・・・真紀ちゃんとつながってるの・・・あんあん・・・キスしてぇぇぇ・・・」
二人でねっとりと舌を絡めて、タイミングを合わながらゆったりとしたリズムで前後から真紀を突き立てる。

「あんあん・・・この前より全然いいわ・・・すごくいいわぁぁ・・・あん・・・」
厳しく長い調教によって熟成した真紀の味は以前とは比べ物にならないほど甘くて柔らかい。
「そんなにいいのか・・・ユキもそうか・・・そうだろ」
「あん・・・真紀ちゃんはどうなの・・・おじさまとどっちがいいの・・・あん」
お口いっぱいにペニスを咥えさせられ厳しくしゃぶらされている真紀は、体内を掻き回されるディルドによってもたらされる強烈な快感を言葉では発することができない。
「うぐぐぅぅ・・・あぐぅぅ・・・」
「おじさまぁぁ・・・真紀ちゃんも私もぐちょぐちょなの・・・あんあん・・・すごい・・・すごいの・・・ひとつになってる・・・あんあん・・・」
「真紀のお口もいい感じだよ・・・やっとねっとりと・・・ううっぅぅ・・・」
くちゅくちゅ・・・ちゃぷちゃぷ・・・じゅるじゅる・・・
双頭の玩具でつながっている腰を振れば振るほど淫靡な音が響き、ぐちょぐちょの真紀の花弁が私の敏感な部分に擦れ合わさって強烈な電流が流れる。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教