FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
哀れな真紀夫婦
一日中この部屋で辱められ腰を振って鳴き続けたあげく、何も知らない旦那さまに気遣ってもらいながらグロテスクなペニスを咥えさせらせ、ミルクをまたもや飲まされてしまった。
乱れたベッドの上に転がされ泣き伏せている真紀にとっては、今まで以上に信じられないほど悲しい辱めに違いない。
だが、オジさんの裸体がすぐさま絡みついて、抜け落ちたバイブをまたもや押し込んで、楽しそうにグニグニと掻き回す。
「あっ・・・ひぃぃ・・・いれないでぇぇ・・・」
「上手にゴックンできたじゃないか。ユキ、お口もココもいい感じで仕上がってきてるぞ・・・こりゃ本当にいい奥さまだ・・・すごいぞ」
「もう・・・もうだめぇぇ・・・あなたぁぁ・・・あなたぁぁぁ・・・」
「こんなモノをずっぽり咥えながらよく言うぜ。真紀も雅彦さんも哀れだな」

そろそろ潮時・・・楽しい夜の時間に無粋な電話はもういらない・・・悲しいけれどもどこか艶かしいうめき声を聞きながら雅彦さんとの話を終わりにしていく。
「真紀ちゃんったら、お酒がとっても美味しかったみたい・・・たくさん飲んじゃって。早く帰って寝かせてあげなきゃ・・・ではこれで失礼します」
「そ、そうですか。迷惑かけてすいません。よろしくお願いします。ゆきさん、本当にすいません・・・ゆきさん」
「あまり心配しない方がいいわと思うわ・・・私が一緒だし。それに奥さまは立派な大人なんだから」
「そうですけど・・・」
「明日の朝、ちゃんとおうちまで送りますからご安心を。それじゃまた」
「わかりました。今度またあらためてお詫びとお礼をさせてください・・・」
その言葉を聞くか聞かないうちに電話を切って会話を一方的に終わせた。

真紀を悲しませることしかできないあなたの役目はもう終わったから・・・
もし後悔したとしてももう手遅れ・・・
さようなら・・・


電話を切った途端、変な気持ちが込み上げてきた。
なぜ、この人は仕事など放り出して迎えに来ようとしないのか・・・
なぜ、真紀が泣きながら必死に訴えた『ごめんなさい』の本当の意味を考えようとしないのか・・・
なぜ、この人は最愛の妻が犯されているのに気がつかないのだろう・・・

あまりにも鈍感でお人好しすぎる。

真紀を陥れ追い込んで淫靡な調教を施している実際の自分の行動とは完全に矛盾しているが、愛する旦那さまが大切な奥さまを救ってくれるのを私自身ほんの少しだけ期待していたような気がする。
この淫靡なお部屋からおとぎ話の王子様のように・・・
うちのダンナも、私が義父やオジさんに犯され続けたときに必死になって出したヘルプのサインに気付こうとしなかったので余計にそう思うのだ。
結果として見捨てられてしまった真紀の救われない気持ちがよくわかる。

でも、こんなに鈍感な旦那さまだからこそ、自分の妻が辱められても気づかずに暮らし続けそのまま引っ越していった。
そして、舞い戻ってきた自分たちの居所を知らせる葉書をご丁寧にくれて、再び私に可愛い奥さまをプレゼントしてくれたのだ。
泣きじゃくる真紀を脅迫し、新居の寝室で辱めたのが昨日のことのように鮮明に思い出される。
あの日から真紀はまた私のものになった・・・
この人のおかげで真紀はめでたくこのきれいなお部屋でオジさまを悦ばす人妻として調教され、たっぷりと精液を注がれ美しく花開いているのだから、もっと感謝しなくてはいけない。
そしてそれはこれから先、真紀と一緒の場所で生活しても彼女はオジさまの玩具であって「妻」としての存在ではなくなるということを意味する・・・

『雅彦さん、あなたは鈍感過ぎるお馬鹿さんね。こんなに可愛い真紀ちゃんをありがとう・・・ずっと大切に可愛がってあげるわ』

そうつぶやいて携帯を閉じると部屋に私たちだけの夜が戻ってきた。

電話が切れたことによって愛しの旦那さまである雅彦さんとのつながりが途絶えてしまい、ここから救い出される可能性はまったく消えてしまった。
これによって誰にも邪魔されることなく真紀は明日の朝までさらに厳しい調教を受け、いやらしく艶やかにになり私たちの従順なペットに生まれ変わるのだ。

真紀のための淫靡で濃厚な夜の幕開けである・・・

「泊まっていいよってか・・・真紀、よかったな。優しくていい旦那さまじゃないか・・・これで気兼ねなく楽しめるな・・・うれしいよ。俺のミルク、いくらでも飲ませてやるからな」
「げほっげほっ・・・げぇぇ・・・うげぇぇ・・・」
電話が切れた途端、飲み込みはしたが精液の味に耐えられず、こごもった声を出しもどしそうになって咳き込んでしまう。
「もういやぁぁぁ・・・もうやめてぇぇぇ・・・こんなこと、もういやなのぉぉぉ・・・やめて・・・もうやめてぇぇぇ・・・あなたぁぁ・・・たすけてぇぇ・・・」
追い詰められた真紀が急に叫び出してオジさまの腕の中で暴れようとするが、両手には手錠、両足には拘束具、体内にはバイブがしっかり潜り込んでいるので身動きがとれず悲鳴だけが響き渡る。
「叫んだって電話は切れちゃったよ・・・あきらめたはずじゃなかったのか。今さらどうこうしようったって無駄だ。助けは来ないんだよ」
「旦那さまの声を聞きながらオジさまのモノをおしゃぶりした上に、ミルクまで美味しそうに飲んじゃうなんて・・・真紀ちゃんにはびっくりだわ。それなのに『あなた・・・』だなんてよく言えるわね」
「い、いわないでください・・・あぁぁ・・・ほかにどうしろというのぉ・・・あぁぁ・・・あなたぁぁ・・・ごめんなさい・・・ゆるしてぇぇ・・・」
「あんなに優しい旦那さまをよく裏切れるわね。本当のことを知ったらどうなっちゃうかしら。真紀ちゃん、こんなにオジさまに抱かれて悦んでいるのに言い訳できる?」
「もう・・・もう・・・ゆるしてぇぇぇ・・・やめてぇぇぇ・・・かえるの・・・かえらせてぇぇぇ・・・ゆるしてぇぇぇ・・・あぁぁ・・・」
あれだけ調教を受けても旦那さまへの想いは変わらないようだ。

「優しい声を聞いて帰りたくなっちゃったみたいね・・・オジさまにこんなに気持ちよくしてもらっているのにずるいわ。欲張りよ」
「真紀はどんどんいやらしくなってきてるね。オ○ン○だってこんなにぐっしょり感じちゃって・・・これでも帰れるのかな」
オジさんが操っている無毛の股間でうごめくバイブはそれ自体が真紀の身体の一部であるかのように柔らかい動きを繰り返しながら奥へ奥へと呑み込まれていく・・・
「かんじてなんかぁぁ・・・ちがうの・・・かえらせてぇぇ・・・やめてってば、やめてぇぇぇ・・・」
「ふざけるな。なんであんな旦那が恋しいんだ?ぎゃあぎゃあ騒ぐならこのまま家の前に放り出してやるぞ。それでもいいのか」
「かえるの・・・かえらせて・・・はずかしいことはもういや・・・はずかしいことはいやぁぁぁ・・・」
電話によって現実に引き戻されたのか、今までずっとこらえていた真紀の悲しみが爆発する。
あれだけ調教されてもさすが芯の強い奥さまだ。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

このままお口の中へ
「相変わらず下手くそだな。真紀のおしゃぶりは。教えたようにもっと気持ちを込めてしゃぶるんだ。ほれほれ」
いくら調教されても真紀のおしゃぶりはぎこちなく上手にならず、咥えるのが精一杯・・・
それがオジさんをさらに興奮させるようで、さほど怒ることなく真紀の髪を愛しそうに撫で、時おり両手で頭を固定し前後に緩やかに動かし楽しんでいる。
「もっとお口を開いて舌を使って舐めるんだよ・・・うっうぅぅ・・・ユキ、この下手くそさがたまらないぞ・・・ずいぶんできるようにはなってきたけどな」
愛くるしいお口の中をグロテスクなペニスがぬらぬらと光りながら出たり入ったりを繰り返す光景はすごい迫力・・・そして顔を泣き腫らして必死にしゃぶっている真紀奥さまを見ていると胸がドキドキしてとっても感じてしまう。

「ぐぇぇ・・・うっうっ・・・ぐぅぅ・・・げぇぇ・・・」
貞淑だった奥さまのお口の中を滑らかにスライドできるようになってきたペニスがぐぐっと喉の奥まで押し込まれる。
「あらまあ・・・真紀ちゃん、辛そうだわ・・・」
そう言いながら真紀の耳に携帯をあてると、ペニスを咥えたままイヤイヤをしようとするがオジさんに押さえられて動かすこともできず、ボロボロと泣くことしかできない。
「真紀・・・大丈夫か・・・おい・・・真紀・・・調子はどうなんだ?」
「うっぅぅ・・・うぐぇぇ・・・あぐぅぅ・・・」
「この際、ユキさんのご好意に甘えて早く休んだ方がいい・・僕のことは気にしなくていいから」
旦那さまの優しい言葉は裏切りと羞恥でボロボロになった真紀をどんどん追い込み、新たな快感を呼び起こさせていく。
優しさというものは、時には残酷なものになってしまう・・・貞淑で可愛らしい奥さまをこれだけ淫らにさせてしまうのだから。

「可愛らしくなった奥さまに会えてよかったわ。私も気分悪くなってきたからタクシー呼びますね・・・久しぶりだって二人ではしゃいでしまって・・・あとは私が責任持ちますから安心してお仕事して下さい」
良きお隣さんを演じながら話している私の顔は、嘔気をこらえ懸命にペニスをしゃぶっている真紀の股間に潜り込んでいる。
自分の最愛の妻がつるつるに毛を剃られ、鮮やかなピンク色の花弁が蜜を垂れ流して太いバイブを咥えこんでいるこの光景を見せてあげたい。
毛むくじゃらのオジさまの股間に顔を埋めておしゃぶりに夢中になっている姿も強烈・・・

雅彦さん、真紀ちゃんは大人の女になったの、彼女の身に起きた淫靡な出来事にずっと気がつかなかったあなたがいけないのよ。
時間はいくらでもあったのに・・・

「そ、そうですか・・・真紀がご迷惑かけて本当に申し訳ありません・・・仕事、どうにも帰れそうもないのでユキさんにお任せしてよろしいですか・・・お願いします」
「はい。奥さま、責任持ってお預かりしますね。着いたらすぐに寝てしまいますからご心配なく」
あなたの奥さまをこの淫らなベッドの中で一緒に『寝て』思う存分調教させてもらいますね・・・明日の朝には、淫らになった真紀ちゃんをおうちにお返しします。
私たちのペットになった真紀ちゃんと仲良く暮らしてくださいね。

「うっうぉぉ・・・気持ちいいぞ・・・だんだん調子が出てきたな・・・何も知らない旦那さまは気の毒だな・・・うっうぅぅ・・・吸ってくれ・・・」
こんなに可愛らしい奥さまを手に入れることができた上にさんざん辱め、今度は旦那さまに電話をさせながらしゃぶらせる・・・
おそらく経験したことのないであろうシチュエーションにオジさまがものすごく興奮している。
「オ、オレの・・・チ○ポをしゃぶりながら旦那さまに電話するなんで・・・いけない奥さまだ・・・真紀ちゃんは・・・あくぅぅ・・・」
「ぐぐぅぅ・・・げぇぇ・・・あぐぇぇ・・・」
「真紀・・・たまんねぇぇ・・・もっとねっとりとぉぉ・・・しゃぶれぇぇ・・・うっうぅぅ・・・そう・・・いい子だ・・・」
髪をつかまれ、激しく前後に揺さぶられている真紀は悲痛な嗚咽しか発することができない。

なにやら怪しくなってきたベッドの上の二人と少し距離を置いてソファーに座る。
もしかして・・・オジさまったらこのまま・・・

このまま旦那さまの声を聞かせながら自分の精液を呑ませる気なのだ。
最愛の旦那さまに対抗して、真紀は自分のものだという強烈な意思表示・・・これだけ抱いても嫉妬の炎をメラメラと燃やしている。
さすがはオジさん・・・かつて私がされたように真紀をどこまでも辱めて、悲しみの果てまで堕ちていかせるつもりなのだ。

「あ、あの・・・お世話になってすいません。できればゆきさんの携帯かご実家の連絡先を・・・」
「うふふ・・・奥さま想いね。それならこの真紀ちゃんの携帯にどうぞ。今夜はずっと一緒ですから。ではまた明日・・・」
そう・・・今夜はこのお部屋でずっと一緒・・・これから先ずっとオジさまに奉仕できるように真紀を調教するのは私の役目・・・ワクワクゾクゾクしてくる。
それはオジさまも同じ・・・ぎこちないおしゃぶりを楽しんでいるかと思ったら腰の動きが激しくなり、もっとしゃぶれだの舌を使えだの注文をつける。
抵抗する気力もなくなり従順になった真紀はしかられるたびにビクッと身体を震わせ、淫靡な調教を受け入れている。

「でも・・・ユキさん・・・できれば連絡先を」
自分の妻のことを何も知らない、いや知ろうとしない旦那さまはどこまでもお気楽だ。
こんな男には真紀を開花させることは一生できない。

「真紀・・・うぅぅ・・・真紀・・・なんて柔らかいお口なんだ・・・もう・・・もうたまんねえぇぇ・・・たまんねぇよぉぉ・・・」
かすれた情けない声でオジさまが天井に向かって小さく叫んで、真紀の頭を抱え込んで喉の奥へとペニスを押し込み腰を震わせる。
今までとは違う種類の高まりにオジさんの体内のマグマがあっという間にふつふつと煮えたぎり、爆発しようとしている。
「うぐぅぅ・・・はぐぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
あまりにも早い来るべき事態を想像できたのか、真紀が懸命に頭を振って逃げようとするが無駄な抵抗にしかすぎない。

「タクシーが来るのでこれで。そうそう・・・電話切る前に奥さまの声、もう一度聞きます?仲が良くてうらやましい・・・妬けちゃうわ」
オジさまに目配せしながら真紀の耳に携帯をあてると、二人の動きがせわしなくなってくる。
「真紀、本当にごめんな・・・早く休んでくれ・・・こっちは大丈夫だから気にしないで」
旦那さまの優しく甘いささやきを聞きながらお口の中に射精されようとしている真紀・・・
「そんなに酔ってるの?飲めないのに飲むからだよ・・・」
電話の声を振り払うように、一刻でも早くこの悲しみから逃れようとちゅぱちゅぱ・・・じゅるじゅると唾液を垂らし音を立てながらオジさまの絶頂への手助けを始める。
「うっつうっぅ・・・ぐぅぅ・・・うっうぅぅ・・・呑んでくれ・・・呑むんだぁぁ・・・でるぅぅ・・・真紀・・・真紀・・・でるぅぅぅ」
「んぐぅぅ・・・うっうっ・・・」

最初に呑んだときはあれだけ嫌がっていたが、もう今までの真紀ではない・・・
オジさまの発作をしっかりとお口の中で受け止めると、むせながらも細い喉を揺らして精液をきちんと呑み込んでいく。
「こ、こぼすなよ・・・美味いだろ・・・全部舐めてきれいにしろ」
精液を一滴残らず飲み干し、やっと自由になったお口から悲しみに満ち溢れた謝罪の言葉が・・・
「あぁぁ・・・あ、あなた・・・ゆ、ゆるしてぇぇ・・・ゆるしてぇぇ・・・」

テーマ:鬼畜恥辱変態 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教