FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ忘れられないのか
「ユキに舐めてもらうのもいいが、そろそろこいつが欲しくなってきたんだろ・・・太いコイツが・・・」
真紀の目の前にピンク色をしたグロテスクなバイブを突きつける。
「あっひぃぃ・・・ひぃぃ・・・それって・・・だめぇぇ・・・よしてぇぇ」
「どれくらい柔らかくなったかな。真紀ちゃんのオ○○コは・・・入れてみようね」
「いやぁぁ・・・いれないでぇぇ・・・そんなもの・・・いやぁぁ・・・」
「さっきだってさんざん呑み込んだじゃないか・・・こいつが欲しいんだろ・・・・」
「そんなものいやぁぁ・・・いやよ・・・いやぁぁ・・・よして・・・」
オジさんが試すように玩具を無毛の花弁に軽く触れさせると、矛先が真紀の身体の中に抵抗なく呑み込まれていく。

「あぐぅぅ・・・うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
「いいぞ・・・なかなかいい感じになってきてるじゃないか・・・太いけど全部呑み込めよ」
「そ・・・そんなぁぁぁ・・・あんあん・・・うっうぅぅ・・・オジさま・・・そ、そんなの・・・うわぁぁ・・・はいっちゃう・・・はいちゃう・・・ひぃぃ・・・だめぇぇぇ・・・」
「ほら・・・真紀ちゃん、いい気持ちになってきたろ・・・いいかい・・・びちょびちょのココに奥まで入るよ・・・ほらするりと・・・ほら」
オジさんが背後からバイブをぐいぐいと潜り込ませてねっとりとした花弁の中を掻き回すと、真紀が今までとは明らかに違うよがり声を上げる。
「だめよだめよ・・・ひぃぃ・・・おじさま・・・おじさま・・・おなかがぁぁ・・・うわうわうわぁぁぁ・・・これ・・すごい・・すごいのぉぉ・・・」
「いいぞ・・・真紀のぐにゅぐにゅオ○○コにしっかり入って締めつけてる・・・気持ちいいだろ」
「あっあっ・・・あんあん・・・ひぃぃ・・・うわぁぁぁ・・・そんなおくまでぇぇぇ・・・おじさま・・・おじさまぁぁぁ・・・おかしくなっちゃう・・・」
「あら・・・『おじさまぁぁぁ・・・』だなんて可愛い声出しちゃって・・・もう旦那さまのこと忘れたのかしら・・・バイブ咥えてよがっている真紀ちゃんのこんな姿を見たら悲しむわよ」
「とってもいやらしいオ○ン○になってきたな。帰ったら旦那さまにもこうしてもらえばいいじゃないか・・・縛られてこんな玩具でココをグリグリされるのが好きなんだろ。どうなんだ?言ってみろよ」
卑猥な言葉と身体の奥深くに咥えこまされたバイブ、その両方に責められて真紀がよりいっそう喘ぎ、泣きわめく。
「いやあぁぁいやぁぁぁ・・・そんなこと・・・いわないでぇぇぇ・・・あっぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・うわうわぁぁぁ・・・うごかしちゃいやぁぁ・・・」
「すごいわ・・・真紀ちゃん・・・こんなにすんなりと呑み込めるようになるなんてすごい・・・」

真紀の変化というのか上達というのか・・・いくら以前、うちのダンナにしつこく抱かれたことがあるとはいえ・・・その成熟ぶりには驚かされる。
真紀の旦那さまはいったいこれまで何をしていたのか
目の前にあるこんなに愛らしくて柔らかい宝物を可愛がることなく放りっぱなしにしておいていったい何をしていたのか・・・不思議なを通り越してあきれてしまう。
自分の手でもっときれいに成熟するように磨こうとは思わなかったのか・・・私にはこんな男性との夫婦生活なんてまったく想像できない。
でも、その役割は旦那さまにはもう必要ない・・・運命のイタズラ・・・いや必然の再会によってオジさんと私に委ねられ、この可愛くて柔らかい、世間知らずの奥さまは調教され磨き上げてられている・・・
そして、貞淑で純真であった真紀はその運命に抗うことができず、広いベッドの上で初めて知る濃厚なセックスの快感にどっぷりと浸って甘えるような声を出し、もじもじと腰を振って淫靡な調教を受け入れている。

「だめぇぇぇ・・・おじさま・・・ああん・・・あん・・・きもちいい・・・いいのぉぉ・・・」
「もっと声を出せ。楽になるぞ・・・その調子で奥までしっかりと咥えるんだ・・・愛しい旦那さまのことを想いながら気持ち良くなれ・・・」
花弁を貫いているバイブをオジさんがぐにゅぐにゅとさらに押し込むと、耐え切れなくなった真紀が甘く可愛らしい悲鳴を上げる。
「おじさまぁぁぁ・・・これ・・・すごいのぉぉ・・・もうだめぇぇぇ・・・うっうぅぅぅ・・・ひぃぃぃ・・・ああん・・・おじさまぁぁぁ・・・」
「これでも旦那さまが好きか・・・こんなに気持ちよくしてくれるのか。まだ好きなのか。まだ抱かれるのか」
「いわないでぇぇ・・・あのひとのことは・・・あぁぁ・・・いわないでぇぇ・・・」
「真紀、あの男がそんなに好きなのか・・・こんなにいやらしいオ○○コにずっぽり咥えているくせにまだ好きなのか・・・」
「あぁぁ、あのひと・・・あのひとのことは・・・いやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・いやよぉぉ・・・」
これでもかと責めらても真紀は旦那さまのことになると、かたくなに首を振って同じ否定の言葉を繰り返す・・・
「いつまでも強情な奥さまだ・・・これでもまだ好きなのか・・・そーれ」
しびれを切らしたオジさんが花弁の中のバイブを弧を描くようにゆっくりと回転させる。
「だめだめ・・・そんなこと・・・あんあん・・・おじさま・・・お、おじさま・・・ひぃぃ・・・」

『旦那さまのことは忘れろ』なんて言いながらまた『まだ好きなのか』なんて、見えない相手と張り合おうとしているオジさまが意地らしく思えてしまう。
「もう真紀ちゃんはオジさまのものよね・・・こんなことされちゃって・・・そうでしょ・・・言わなきゃわからないわ」
「うぐぅぅ・・・」
「可哀想な真紀ちゃん・・・あなたはもうあの旦那さまの奥さんじゃないの・・・オジさまに抱かれて生きるのよ」
汗でびっしょりになっている髪の毛をどかして口唇を重ねて、もがき苦しんでいる真紀をせかすが、興奮の極みに達しているオジさまはそれすら待ちきれない。
「お前は俺のものなのか?言わないともっとグリグリするぞ・・・早く言え」
突然、真紀の悲鳴が甲高くこだまする。
「きゃあぁぁぁ・・・おなかがぁぁ・・・いやぁぁぁ・・・ひぃぃひぃぃ・・・う、うごいちゃいやぁぁぁ・・・」
体内に埋め込まれたバイブが突然、自分の意思を持った生き物のようにくねくねと動き出したのだ。
「気持ちいいいだろ・・・こうしてほしかったんだろ・・・真紀・・・」
「うごいちゃいやぁぁ・・・だめよぉぉ・・・」
崩れかけた真紀にこれでもかと強烈な快感が襲いかかり、小さな乳房を愛撫している私の手のひらにも微妙な振動が伝わってくる。
こうなってしまえば純真だった奥さまが耐えられるわけがない・・・
「ひぃぃ・・・あんあん・・・そうです・・・まきは・・・まきはおじさまのものです・・・あのひととはもう・・・」
「そうか・・・うれしいよ。俺の方がいいだろう・・・どうしてほしいんだ?」
「オジさまがいいのぉぉ・・・あぁぁ・・・もっと・・・もっといじめてぇ・・・好きにしてぇぇ・・・あんあん・・・すごい・・・すごいのぉぉぉ・・・」
スポンサーサイト
[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。