FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
崩れ落ちる真紀
「せめて・・・ふつうにくらしたいだけなのに・・・」
喘ぎ声の合間に真紀が搾り出すその言葉・・・

いったい普通の生活ってなんだろう。
子どもの世話をしながら愛する旦那さまの帰りを待ち、他の男性と飲みに行ったり抱かれたりすることは絶対になく同じ毎日がずっと繰り返されて歳をとり、気がついた時には女としての魅力が薄れて誰にも相手にされなくなってしまう。
これがもし真紀の言う『普通』というのなら私には想像もできない生活だ・・・やりたいことができないのなら生きている価値などなにもない。
ダンナはもちろん、誰からも指図されたり束縛されたりすることはごめんだ。
私は私・・・この身体だって誰のものではない。
『普通』じゃないからこそオジさまに出会えて、可愛い真紀をこうして手に入れることができたのだ・・・それでよかったのだと思う。

「こんなに感じたまま帰れるなら帰ってもいいぞ・・・ぐちょぐちょに濡れたココに大好きなバイブを入れて裸のまま放り出してやるからよ・・・帰れ」
「うっうわぁぁ・・・ひぃぃ・・・おじさまぁぁ・・・ごめんなさい・・・ゆるしてぇ・・・ゆるしてぇぇ」
「だめだね。このまま帰ってみろよ・・・ほれ・・・どうなんだ」
「ごめんさい・・・ごめんなさい・・・」
必死に許しを乞ったが聞き入られるはずもなく逆に厳しく問い詰められてしまい、泣きながら体内でぐにぐにとうごめく指に身を任せるしかない真紀・・・
あんなに泣いたのにもかかわらず 涙は枯れずに頬を流れ落ちている。
「こんなに愛してもらっているのに帰りたいだなんていつまで言うの・・・それならもうあなたは普通の生活には戻らずにこのままずっとオジさまと暮らした方がいいかもね」
「ユキが言ったように、このまま帰さないでどっかのマンションにでも監禁して毎日毎晩可愛がってやるか・・・それもいいな。そんな部屋はどこにでもあるぞ。このまま行くか?」
「そ、そんな・・・お、おそろしいこと・・・やめてぇぇ・・・」
オジさんは言ったことは必ず実行する・・・その恐ろしいほどの迫力に真紀は完全に脅えている。
「でもね、真紀ちゃん。さっきからずっと言っているけど、今夜、あなたがちゃんとレッスンできるなら明日帰らせてあげる。それともこのままオジさまのペットになって暮らす?どっちがいいかしら」
「あぁぁ・・・もう・・・もう・・・すべて・・・あきらめるしか・・・ゆきさん・・・あぁぁ・・・ここにとまるしかなんですね・・・あぁぁ・・・なんてことに・・・」
「そうよ・・・泊まりましょうね・・・ずっと一緒にいれるなんてうれしいわ」
「やっとわかったみたいじゃないか。俺だって怒りたくないんだ・・・真紀、とっても可愛い・・・一晩中ずっとこうして可愛がってあげるよ・・・」
「こうするしか・・・あぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「そうだよ・・・真紀ちゃんはそのためにここに来たんだ・・・いい子だ・・・」
耳たぶを噛まれながらささやかれる淫靡な誘いと敏感な突起を摘んでは花弁の奥へと潜り込む指の動きに合わせて、真紀の甘い喘ぎ声がだんだん大きくなる。
「おじさま・・・わたし・・・もう・・・もうだめぇぇ・・・だめなのぉぉ・・・」
「こうされて気持ちいいだろ・・・いつまでも意地張ってないで、みんなで楽しめばいいじゃないか・・・真紀は悪くないよ」
「オジさまぁぁぁ・・・わたしぃぃ・・・わたしぃぃ・・・」
「うん・・・悪くないよ・・・真紀はいい子だよ・・・イクって言ってごらん」
開花をうながすようなしっとりとしたオジさんの愛撫によって、ついに・・・あれだけ強情だった真紀が淫靡な世界に堕ち始める・・・

「あぁぁ・・・あん・・・あぁぁぁ・・・そ、そこ・・・そこがいいの・・・ひぃぃ・・・いいの・・・」
「もっといじめてほしいんでしょ・・・おねだりしなきゃ・・・」
「ゆき・・・さん・・・まきを・・・いけないまきをもっといじめてください・・・あんあん・・・おじさま・・・もっと・・・もっと・・・」
泥酔状態で連続した辱めを受けている真紀はすっかり快感の虜となってしまい、ぽろぽろと大粒の涙を流しながらぎこちない動作で腰を振り出す。
「いいぞ・・・真紀・・・じゅくじゅくのオ○○コが指に絡みついてくる・・・」
ゴツゴツした指が何本も代わる代わる真紀の中に潜り込んでは体内の奥深くをまさぐる。
「あぁぁぁ・・・いいわ・・・とってもいいのぉぉぉ・・・あぁぁぁ・・・そんなにつよくしないでぇぇぇ・・・だっめぇぇ・・・イクぅぅ・・・イクぅぅぅ・・・」
じゅぷじゅぷ・・・ぐちゅちゅ・・・じゃぷじゃぷ・・・
私に向かって開かれた真紀の花弁が小刻みに震えながら大量の蜜を垂れ流し、部屋に響く淫靡な音が『舐めて・・・舐めて・・・』と誘っているように聞こえる。
「真紀ちゃん・・・もっと感じさせてあげる・・・あん・・・あん・・・」
「ゆ・・・ゆきさ・・・ん・・・あぁぁぁ・・・・うわぁぁぁ・・・だめだめだめぇぇぇ・・・そんなことぉぉ・・・」
がっちりと拘束されて両足を開かれた真紀の股間に顔を埋めて濃厚な蜜をむさぼるように吸うと、小さな身体をブルブルと震わせのけぞらせる・・・
「すごいわ・・・真紀ちゃん・・・こんなに濡れてる・・・びしょびしょになってる・・・」
「あひぃぃぃ・・・うわぁぁぁ・・・あぁぁん・・・きもちいいのぉぉ・・・もっと・・・もっと・・・ゆきさぁ・・・ん・・・」
最後までかたくなに守っていた自分というものが崩壊してしまい、快感にどっぷりと支配されてしまった真紀のものすごい変化が口唇と舌に伝わってくる。
「気持ち良さそうな声出しちゃって。ユキがそんなに好きならもっと舐めてもらおうね」
「な、なにするの・・・こんな格好で・・・うわぁぁ・・・いやぁぁぁ・・・」
拘束された両足をオジさんが抱えあげてむき出しになったピンク色の花弁とセピア色の蕾を指と舌を使ってちゅるちゅる、ぴちょぴちょと丹念に舐め上げていく。
「美味しいわ・・・とっても・・・とっても・・・いつまででも舐めててあげたい」
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

いつまで寝てるつもりかな
「ちゃんと返事をして・・・オジさま、お願い・・・やっと真紀ちゃんがここに帰ってきたのよ・・・だから・・・もう辛い思いをするのはいやなの」
ダンナとの旅行の話の一部始終を顔を引きつらせながら聞いていたオジさまは話が終わっても一言もしゃべらず窓の外を眺めている。
「黙っていないで返事をして」
「・・・ユキがいなければ真紀をこうして抱くことはできなかった。だからお前抜きでどうこうしようとは思わない・・・だけどな、俺を裏切らなければの話だ」
やっと言葉を発したその顔は笑っているはが目の奥は冷たく鋭く、私の心を射抜くような視線を放ち、一言一言が胸に突き刺さる・・・誰よりも本当にヤバいのはこの人なのだ。
「オジさまを裏切るだなんて・・・ひどい。わかってるってば・・・だからそんな恐い目で見つめないで・・・お願い・・・」
「別に遊ぶなとは言わないよ。ユキを檻に入れておくわけにはいかないだろ・・・だけど他の男と付き合ったりして俺の顔に泥を塗るような真似は絶対にするな。それと真紀のこと、アイツには絶対に気づかれるなよ。もう俺のものだからな」
「うん・・・約束する・・・約束します。だからずっと一緒に真紀ちゃんを・・・お願い」
真紀だけでなく、私まできつい約束をさせられてしまった。

「あら大変・・・もうこんな時間・・・真紀ちゃんを起こして、お泊りするって旦那さまにちゃんと電話させなきゃいけないわ」
きちんと真紀の旦那さまに了解をとらないで外泊なんかさせると、夫婦の関係に大きな亀裂や疑念が生じかねない。
そうなると、真紀を可愛い奥さまのまま調教していくという計画が台無しになってしまう。
「いよいよ愛しの旦那さまの登場か・・・毎日、真紀を独り占めしていい思いしやがって・・・想像するだけで腹が立つな・・・とことん懲らしめてやらなきゃな。ゾクゾクしてくる」
オジさまで嫉妬するなんて・・・
ダンナも以前、同じようなことを言っていたが、いくら理不尽でバカバカしい嫉妬とはいえ、そう思ってくれる男性に何度も激しく抱いてもらえる真紀はとっても幸せ者だと思う。
この「幸せ」を今夜、いやというほど感じさせてあげよう。

再び寝室に戻ると、真紀はまだ広いベッドの中央で身体を折り曲げるようにして寝ていた。
「うふふ・・・寝顔も可愛いわね。でも・・・本当のお楽しみはこれからよ。たっぷり味あわせて泣かせてあげるわ・・・まずはアクセサリー・・・」
ドロドロに酔いつぶれた真紀の髪の毛を撫でながら起こしながら、その両手と両足に素早く拘束具を装着していくときめの細かい白い素肌に黒い皮革がくい込んでいく。
「普通の人妻を縛るってすごく興奮するな・・・それにとってもきれいだ・・・」
バスローブを脱ぎ捨て再び全裸となったオジさまがベッドに潜り込み、丸まった真紀の背中に寄り添い抱きしめてキスをする。
「おはよう・・・真紀。いつまで寝てるつもりかな・・・すごく感じたみたいだったから、今度はちょっと縛ってみたよ」
「あっあぁぁ・・・えっ??ここは??・・・・あっきゃあぁ・・・なんでこんなものが・・・いやぁぁぁ・・・よしてよしてぇぇ・・・」
「いやらしい姿して何を寝ぼけているんだい?『気持ちいいわ~』なんていいながらソファーで寝ちゃったの忘れたのかな・・・乳首だってこんなに固いぞ・・・汗びっしょりじゃないか・・・」
また調教が始まろとしている・・・
「嘘、嘘です・・・そんなこと言ってません・・・やめてぇぇ・・・触らないで下さい・・・触らないでぇぇ・・・もうよして・・・よしてください」
オジさんの愛撫から逃れようとつながっている両手を振って鎖をカチャカチャ鳴らすが、自分を納得させるような言葉だけの弱々しい抵抗に過ぎない・・・
「聞いたぜ、真紀。アイツに抱かれた上に旅行まで行ったんだってな・・・またまたびっくりだよ。そしてここで俺に抱かれてお泊りするなんて、お前はやっぱり淫乱じゃないか」
「ちがうの・・・ちがうんですぅぅ・・・」
「よくもまあ旦那さまをだまし続けてきたもんだ。愛しているんじゃないのか・・・それなのに裏切るなんて・・・嘘が上手な悪い奥さまだ。セックスがよっぽど好きなんだな」
汗でしっとりとした乳房がもまれ、広げられた花弁の周りがくちゅくちゅとくすぐられると覚えこまされた快感がよみがえり、身体をくねらせてオジさんの求めに応じて口唇を重ねあって熱いキスを交わす。
「もう・・もうだめぇぇぇ・・・ゆるしてぇぇぇ・・・ひぃぃ・・・」
「オジさま。真紀ちゃんは旦那さまを愛しているからこそ自分の身体を捧げたのよ・・・ちっとも悪くなんかないわ」
「ちがうの・・・あぁぁ・・・ぜんぶわたしがわるいのぉぉ・・・わるいんですぅぅ・・・あぁぁ・・・」
「たくさん抱かれて気持ちよかったんだろ・・・それでいいじゃないか・・・それで」
むき出しになった花弁をまさぐっていた指が真紀の体内に沈み込んでいく。
「あっあっ・・・もうだめぇぇ・・・だめです・・・あんあん・・・おじさま・・・いじめないでぇぇ・・・」
「でも真紀は俺のものになったんだ。もう二度とアイツと会うんじゃないぞ。わかったな」
「わ、わかっています・・・あぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・」
「こんなに濡らして・・・聞き分けのいい子だ。ブランデー漬けのバイブもずいぶん気に入ったみたいだな・・・いくらでも時間はある。たっぷりと可愛がってやるぞ・・・」
「もう・・・もうだめです・・・おじさま・・・おねがい・・・もう・・・わたし・・・あぁぁ・・・かえらなきゃ・・・おじさま・・・かえらなきゃぁぁ・・・」
敏感な突起を指で摘まれる快感に溺れる真紀がうわごとのように繰り返す。

「こんなにぐちょぐちょなのに帰れるのかな・・・帰れるのか。どうなんだ」
「かえらなきゃぁぁ・・・かえらせてぇぇぇ・・・」
「何が『かえらなきゃ』なんだ?いつまでもそんなこと言ってても仕方ないと思わないのか・・・それならさっきまでのことを全部旦那に話せ。お前にその勇気があるのか?どうなんだ?」
またオジさんが真顔で怒るが、これだけ淫靡な責めを受け続けても辛うじて残っている貞淑な妻のココロの欠片がそう言わせているかもしれない。
「かえらせて・・・ゆるして・・・おじさまぁぁ・・・こどもが・・・あのひとが・・・」
「あら、こんなに愛されてもまだ旦那さまが恋しいのかしら・・・忘れられないみたいね」
「それでこそ可愛い奥さまだ。でももう元には戻れないよ・・・それはぐちゅぐちゅのココがよく知っているぞ」
沈み込んだ指をリズミカルに動かすと真紀の悲鳴が響く。
「うわぁぁぁ・・・だめ・・・おじさまぁぁぁ・・」
「真紀ちゃん・・・言ったでしょ・・・今夜はずっとセックスのレッスンを受けてもっともっと上手になってオジさまを悦ばせなきゃ・・・そうしなきゃずっとおうちに帰れなくなるわよ」
ベッドの上で拘束されている真紀が流す涙を舌ですくい取ってはまぶたをちろりと舐める。
「あぁぁ・・・なぜこんなむごいことを・・・せめて・・・ふつうにくらしたいだけなのに・・・ゆきさん・・・むごすぎます・・・いやぁぁぁ・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。