FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの日の夜・・・
とても長い間お待たせしました。いろいろ環境が変わって書けずにいました。
のんびりと更新しますのでこれからもよろしくお願いします。

おわびに少し長めにUPしました。ぜひたくさんの感想を聞かせて下さいね♪


あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・
あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・
あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。