FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
両方に咥えこみ・・・
オジさんに貫かれてその上で泣きながら踊る真紀にねじりこませたバイブのスイッチを入れる・・・
「きゃあぁぁぁ・・・ゆきさん・・・いやぁぁ・・・よしてぇぇぇぇぇ・・・やめてぇぇぇぇぇ・・・」
微妙な振動がアヌスを襲うと甲高い悲鳴を上げてお尻をもぞもぞと揺らすが、オジさんのペニスにしっかりと貫かれて固定されているのでどうにもできず、涙を流して抱きつくことしかできない。
「きゃあぁぁ・・・うわぁぁ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・うわうわ・・・くわおぉぉぉ・・・」
「振動が・・・すごい・・・すごいぞ・・・こっちにも伝わってくる・・・うっうわぉぉぉ・・・たまらない・・・うっうぅぅぅ・・・」
オジさんの邪魔をしないように控えめに玩具を動かしているのに、つながっている二人はものすごい反応を示して揃って歓喜の声をあげる。
「もうよしてぇぇ・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・よしてよしてぇぇぇ・・・うわぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」
「ユキ・・・どんどん真紀が締めつけてくる・・・もっと・・・いじめてやれ・・・すごいよ・・・すごい・・・」
ついこの間まで普通の暮らしをしていた奥さまとは思えない柔らかさと締めつけ・・・忌まわしい記憶を消したつもりでいたのに、私とダンナに覚えこまされた快感をしっかりと思い出しつつある。
「そうよ・・・たくさん教えたのよ・・・真紀ちゃんもお尻振って悦んでいる・・・もっと欲しいみたいね・・・どうぞ・・・もっと感じて・・・」
「だめだめよ・・・だめぇぇぇ・・・うごかさないでぇぇぇ・・・おなかがぁぁぁ・・・ゆ・・・ゆき・・・さ・・・ん・・・」
悲痛な真紀の叫び声を聞きながら螺旋を回転させてバイブを全部押し込み、真紀のお腹の中をぐにゅぐにゅと掻き回すと私の心の中によりいっそうサディスティックな気持ちが高まってくる。
「真紀ちゃん・・・お尻もとっても柔らかい・・・新しいおもちゃの味はどう?すごいでしょ・・・もっと・・・動かしてみるわね・・・」
「ひぃぃぃ・・・うぐぅぅぅ・・・おなかがへん・・・うごいてるぅぅぅ・・・あぁぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・うぐぇぇぇ・・・」
「俺を咥えていることも忘れるなよ・・・真紀・・・どうなんだ・・・」
その言葉にせかされるように真紀がお尻を動かすと、花弁を塞いでいるペニスも一緒になって体内をゆっくりと掻き回す・・・
「あひぃぃぃ・・・うっうっ・・・あぁぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・」
「両方に咥えちゃって・・・すごいわ・・・真紀ちゃん・・・」

「今度は・・・オジさまの指でしてあげて・・・真紀ちゃん、待ってるから・・・」
二度目の崩壊が間近に迫った真紀からバイブを抜いてオジさまに渡すと、その代わりにごつごつとした指が狭いアヌスの中に吸い込まれていく・・・
「いやぁぁ・・・触っちゃいや・・・ひぃぃ・・・オジさまぁぁぁ・・・だめぇぇぇ・・・」
「バイブより楽だろ・・・こんなに柔らかくしちゃって・・・ずいぶん調教されてるんだな・・・普通のエッチよりお尻の方が好きなのか・・・」
「あぁぁぁ・・・はあはあ・・・ううぐぅぅぅ・・・だめぇぇぇ・・・」
オジさんにお尻を抱え込まれて激しく突き上げられながら、アヌスの中に潜り込んでいる指でぐりぐりと内部を掻き回される。
「うっうっ・・・だめ・・・ひぃぃ・・・そんなぁぁぁ・・・いじらないでぇぇぇ・・・だめよ・・・あんあん・・・」
「いいぞ・・・真紀・・・もっと欲しいのか・・・」
「やめてぇぇぇ・・・ひぃぃぃ・・・くぅぅぅ・・・あんあん・・・あぁぁぁ・・・」
巻きつけた足でオジさんを挟み込み、その首に手を回して口唇を重ねたりしがみついたり・・・
快楽の園に連れ込まれて徹底的に犯されている真紀はもう逃れることなどできなくなってしまった。

お尻を抱え込まれてしっかりとペニスを挿入され、アヌスをも嬲られてオジさんの膝の上でぐったりとなってしまい、抱きしめられてひたすら踊らされている。
「あっあっ・・・うわぁぁ・・・だめよぉぉ・・・よしてぇぇぇ・・・」
「真紀・・・いいぞ・・・しっかりと俺のモノを咥えてる・・・うおぉぉ・・・もっと咥えて腰を振れ・・・振るんだよ・・・」
「ああぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・もう・・・あぁぁぁ・・・もう・・・」
いつの間にかオジさんの突き上げに合わせて真紀が自らの意思で細い身体を揺らしているように見えてくる・・・
「そうよ・・・上手に動けば、真紀ちゃんだって気持ちよくなるわ・・・」
「いい感じだ・・・いいぞ・・・この締めつけは最高だ・・・」
「ああん・・・あぁぁぁ・・・だめよぉぉぉ・・・もう・・・だめぇぇぇ・・・だめなのぉぉぉ・・・」
呑み込んでいるペニスを刺激し突き上げてくる責めから早く逃れようとしても・・・襲ってくる快感をもっと手に入れようとしても・・・
男を絶頂に追い込むテクニックを知らない真紀はもじもじとお尻を揺すっているだけ・・・
そんな汗にまみれた小さな身体が反ったり丸まったりしながら、窓から差し込む日の光に照らされてキラキラと反射し、まさぐられている結合部分からはたくさんの蜜があふれ出し、オジさんの膝やその下のシーツまでも濡らしている。
やはり暗闇では真紀は輝かない・・・
明るい昼間のベッドで犯され悶えているその姿にうっとりと見とれてしまう。
「真紀ちゃん・・・きれい・・・とっても・・・きれいよ・・・もっとしっかり動いてオジさまを感じさせてあげなきゃ・・・」
「どうした・・・真紀・・・まだまだだぞ・・・ほら・・・こんな風に動くんだ・・・」
自分なりに懸命に動いているつもりなのだろうがとっても弱々しく、オジさまの激しい動きに翻弄されている・・・
「あぁぁ・・・あっあっ・・・いいのよぉぉぉ・・・もう・・・もう・・・いいぃぃぃ・・・」
花弁には真っ赤なペニス、アヌスにはささくれ立った太い指・・・前と後ろ両方にぐいぐいとねじ込まれて甘い喘ぎ声を出し始める。
「真紀、またお前の中に出すぞ・・・いいな・・・出すぞ・・・うっうわぁぁぁ・・・」
「よかったわね・・・またミルクをごちそうしてくれるって・・・」
「そんなのいやぁぁぁ・・・ださないで・・・ださないで・・・あん・・・あっあぁぁぁぁ・・・ひぃぃぃぃぃ・・・」
必死になって真紀が首を横に振る・・・
「だしちゃいや・・・ださなでぇぇぇ・・・いやぁぁぁ・・・」
「うっうぅぅ・・・真紀・・・い・・・いくぞ・・・うくぅぅぅ・・・」
やがて真紀は身体の中で激しく暴れるペニスの動きに耐えられなくなり、オジさんにしがみついて口唇を重ねたまま二度目の放出を体内の奥深くで受け止めた・・・
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

新しいおもちゃをあげるわ・・・
「あん・・・あん・・・あっっひぃぃ・・・うわぁうわぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・そうよ・・・あん・・・ちゃんとしましょうね・・・」
「いくぞ・・・真紀・・・ほれ・・・」
小さな真紀が包み込まれるように抱きしめられ、ぐっという力とともに座ったまま垂直に貫かれる。
「だめぇぇぇ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「や・・・やわらかいぞ・・・さっきより全然いい・・・うっうぅぅ・・・やっぱり真紀は立派な人妻だよ・・・」
黒い皮革で拘束されてオジさんの精をたっぷりと吸った真紀の花弁は驚くほど成熟し、二度目のペニスをしっかりと咥え込む。
「く・・・くるしいの・・・だめ・・・あんあん・・・あっあっ・・・いやぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」
かすれた悲鳴を上げて泣き叫ぶが、太いペニスを体内の奥へ奥へと挿入されてオジさんの厚い胸板に顔を押し付けられてしまうと声さえも出なくなってしまう・・・
「うっ・・・真紀・・・全部入ったぞ・・・きつくて・・・トロけそうだ・・・」
「ぐぅぅ・・・ああっあぁぁ・・・ぐっぐぅぅ・・・」
太いペニスを奥までしっかりと挿入されてオジさんに包み込まれている真紀がその膝の上で踊り、可愛い声でさえずり始める・・・
「あっあっ・・・んぐぅぅ・・・あうぅぅ・・・ひぃぃ・・・あんあん・・・」
「真紀・・・気持ちいいぞ・・・どうだ・・・うおぉぉ・・・もっと呑み込むんだ・・・ほれ・・・ほれ・・・もっとだ・・・」
もうオジさんは優しくはない・・・串刺しにして激しく突き上げ踊らせている真紀のピンク色に染まった小さな乳房が自由自在に揉まれ変形する。
尖った乳首が吸いつかれて奏でられる透き通るような鳴き声とオジさんの低い喘ぎ声、二人の結合分が擦れ合って出る淫靡な音が混ざり合って部屋の中で共鳴する・・・
「真紀・・・さっきよりいいぞ・・・うぅぅっ・・・熱くて・・・ぐちゅぐちゅで・・・うわぉぉぉ・・・こうされて気持ちいいんだろ・・・」
「こんなこと・・・いやぁぁ・・・あんあん・・・ち、ちがうのぉぉぉ・・・こ、こんなこと・・・いやなのぉぉ・・・」
もっと深くペニスを挿入しようとオジさんが腰を左右に振って細い身体をきつく抱きしめると、二度目の結合でじゅくじゅくになっている花弁はスムーズにペニスを咥えこみ、広げられた膝の上で真紀がくねくねと踊り喘いで叫ぶ・・・
「もっとこうされたいんだろ・・・セックスが好きなんだろ・・・」
「いやぁぁぁ・・・も、もう・・・やめてぇぇぇ・・・うわぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」

喘ぎながら踊っていた真紀が引き寄せられて動きが止まると、後ろから隠された蕾をそっと撫でるともじもじとお尻を振る。
「真紀ちゃん・・・あん・・・ここも可愛い・・・可愛い・・・」
「そ・・・そこは・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・ああん・・・」
「ここが感じるのよね・・・とっても柔らかくなってるから・・・いい子には新しいおもちゃをあげるわ・・・」

無題


この前とはまた違った、螺旋ではなくパールになっている・・・根元に近づくにつれてだんだん太くなるもの・・・水色のアヌスバイブを濡れた蕾に含ませようとあてがう。
「うっうっ・・・だめよ・・・そこはだめぇぇ・・・だめだめ・・・だっめぇぇぇ・・・」
「嘘ばっかり・・・ここもいじくられるの好きなくせに・・・さっきだって・・・」
「あらら・・・またそんなもの使うなんて・・・悪い奥さまだね・・・ほら・・・こうすればどうかな・・・ユキ・・・お好きにどうぞ・・・」
貫かれた真紀のお尻がオジさんによってぐいっと広げられ、私が押し込んだ最初の小さな球体が抵抗もなく、滑らかにするりと潜り込む・・・
「あっひぃぃ・・・お尻はいやぁぁ・・・あぁぁ・・・変なものいやぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・すごい・・・どんどん入っていくわ・・・もう慣れたみたいね・・・」
「あぁぁ・・・いやぁぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」
悲鳴が途切れると柔らかくなっているアヌスが容易にバイブを呑み込んできゅっと収縮し、花弁の中にじっと潜んでいるペニスを締めつける。
「うおぉぉ・・・うおぉぉぉ・・・締まる・・・締まるぞ・・・真紀・・・すごい・・・すごいよ・・・」
「二人とも動いちゃだめよ・・・そのままじっとしていて・・・」
真紀の内側を傷つけないように慎重にバイブを回しながら抵抗を避けてゆっくりと挿入していくと水色のパールが次々にセピア色の蕾の中に消えていく・・・
「だめぇぇぇ・・・そんなの入れないでぇぇぇ・・・よしてぇぇぇ・・・あぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・」
「うわぁぁぁ・・・ユキ・・・いいぞ・・・どんどん締めつけてくる・・・最高だぁぁ・・・うおぉぉ・・・」
真紀がお尻を揺らせば揺らすほどバイブがアヌスに潜り込み、その反動で、花弁の中に咥え込んだペニスをぐいぐいと締めつけることになってしまう。
「すごい・・・真紀・・・こりゃ・・・たまらないよ・・・すごい・・・うわぁぁ・・・」
「うっうぅぅあぁぁ・・・うぇぇ・・・そこはだめぇぇぇ・・・」
「うふふ・・・お尻も上手になったわね・・・ご褒美に・・・天国にいかせてあげる・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

そのままゆっくり腰を下ろして・・・
「あっあっ・・・うっうっ・・・ユキさん・・・もうだめ・・・うっぅぅ・・・」
「まだまだよ・・・もっと感じさせてあげるから・・・がんばって練習しましょう・・・」
「うっうわぁぁ・・・だめ・・・だめだめ・・・そこ・・・そこだめ・・・あっひぃぃぃぃぃ・・・」
きれいに剃りあげた真紀の花弁の陰に隠れた蕾に蜜を絡ませた指をそっと含ませると、真紀はもうペニスを咥えていることができない・・・
「ゆ、ゆきさん・・・あん・・・そこだめ・・・あっあっ・・・だめぇぇぇぇ・・・おしりは・・・だっめぇぇぇぇ・・・いやぁぁぁ・・・」
「オジさま、真紀ちゃんはアヌスをこうしていじられるのも大好きなの・・・」
「本当なのか・・・そこまでユキが仕込んだのか・・・お尻まで調教しているなんて・・・すごいぞ・・・」
「うふふ・・・見てて・・・可愛い声で鳴くのよ・・・」
潜り込ませた指の第一関節を折り曲げ、くにゅくにゅと内壁にこすり付けるように動かす・・・
「きゃあぁぁ・・・だめ・・・あん・・・だめぇぇ・・・だめよ・・・だめぇぇぇ・・・ああぁ・・ん・・・」
「へぇ・・・なかなかいい感じに仕上がっているなぁ・・・」
「柔らかいのよ・・・とっても・・・どんどん呑み込んでるわ・・・」
「そこは・・・あん・・・うわぁぁ・・・うぐぅぅ・・・ひぃぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
アヌスをまさぐられた真紀がもう耐え切れずに崩れ落ちる。
それをオジさんがしっかりと厚い胸板に抱きかかえて髪を撫でながら意地悪な質問をする・・・
「真紀ちゃん・・・どうしてほしい?・・・このまま舐められながら、ずっとおしゃぶりを続けるのかい?」
「もう・・・もうだめ・・・あぁぁ・・・もう・・・やめてぇぇぇ・・・」
「まだまだ生意気だな・・・このままずっとしゃぶるつもりなのか」
「ほら・・・怒らせちゃったわよ・・・またオジさまに抱いてもらいましょうね・・・優しくしてくれるから・・・足を広げて・・・」
ドロドロに溶けてしまい自分の意志を失った真紀を操るのはとても簡単・・・
耳元で静かにささやくとその細い首がコクリとうなずき、オジさんの胸に顔を埋める。

「真紀・・・いい子になったみたいだな・・・こっちにおいで・・・二人でもっと気持ちよくなろう・・・」
あぐらの姿勢になってペニスを天井に向かって突き出したオジさんが、もたれかかった真紀を抱えるようにして持ち上げ私も一緒になって支えながら、力なくぶら下がっている細い足を開いてまたがらせようとする。
「あぁぁ・・・あん・・・いやぁぁ・・・許してぇ・・・いやよぉぉ・・・許してぇぇ・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃん、オジさまがまた大きくなってるわ・・・たくさん可愛がってもらえるわよ・・・」
「だめよ・・・だめだってば・・・だめぇぇぇ・・・あん・・・いやぁぁ・・・」
真紀の切ない哀願が繰り返されるが、力のない足はあっという間に大きく広がりオジさんをまたぐ姿勢になってしまう・・・
「あん・・・だめぇぇぇ・・・だめよぉぉぉ・・・」
「そのままでいいから・・・また私が入れてあげる・・・しっかりオジさまにつかまって・・・」
真紀の手をオジさんの首に回して抱きつかせて、そそり立つペニスを握ってぬるぬるの花弁に狙いを定める。
「真紀ちゃん、しっかり呑み込んでくれよ・・・そう・・・ゆっくりと腰を落として・・・できるよね・・・」
向かい合わせになって宙に浮いた状態の真紀の乳房に顔を埋めてオジさんがていねいにリードをするが、真紀は私のもの・・・私の手で貫かなければ意味がない。
「あっあっ・・・だめぇぇ・・・許して・・・お願い・・・いやぁぁぁ・・・」
「あら・・・こんなにぐちゅぐちゅにしちゃってるのによく言うわ・・・本当は欲しいんでしょ・・・抱かれたいんでしょ・・・」
真紀の身体が沈んでくると、最初の交わりとその後の責めでぐしょぐしょになっている花弁が指に触れる・・・
「ひぃぃっ・・・ゆ、ゆきさぁぁ・・・ん・・・」
「いいのよ・・・感じていいから・・・」
固くそそり立つペニスを持ってその源泉の中心部分へと導くと、その先端がくにゅと潜り込んで真紀の身体がぶるぶる震え、悲鳴とも喘ぎ声とも区別の付かないを発する・・・
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・うきゅぅぅ・・・」
「あっうっ・・・うわぁぁ・・・そう・・・そのままゆっくり腰を下ろして・・・真紀・・・ううっ・・・また入っていくのが・・・わかるか・・・」
「あっあっ・・・うっぐぅぅ・・・あふぅぅ・・・」
オジさんが力を緩めると持ち上げられていた身体がすーっと下がり、真紀もトロンとした目を閉じて自ら腰を落としていく・・・
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・入っちゃう・・・だめ・・・あん・・・あん・・・だめぇぇぇぇ・・・」
「うっうっ・・・真紀・・・いいぞ・・・うおぉぉぉぉ・・・」
熟れた花弁がドロドロの蜜を垂らしながら私の指に粘っこい愛液を浴びせて、大きなペニスを体内へと呑み込んでいく・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

いくら泣いても

「ユキのダンナのミルクを飲まされたことあるんだろ・・・俺のもしっかり味わってもらわなきゃな・・・不公平だぞ・・・」
「ああぁ・・・そんな・・・ひどい・・・ひどい・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・しっかりして・・・できるはずよ・・・」
すべてをあきらめ光を失った涙目が一瞬私を見つめる・・・
その目をしっかり見つめ返して軽くうなずくと、真紀はためらいながらも股間に手を伸ばしヌルヌルになっているペニスにそっと触れて、薄い口唇を精一杯開いて呑み込んでいく・・・
「・・・そうよ・・・さっきよりも口唇全体で包み込むように・・・舌もたくさん使って唾でなめらかにして・・・」
「そこのユキ先生にしっかり教わってくれよ・・・ちゃんとできるまで何度でもしゃぶらせるからな・・・」
休みなく続けられる厳しい調教に真紀の涙は枯れることがない。
流れ落ちる涙は逃れることできない悲しみや苦痛を少しは和らげてくれるのだろうか・・・
「真紀、いくら泣いてたって、コイツはきれいにはならないよ・・・ほれ・・・舐めろ・・・そのお口で気持ちよくしてくれ・・・」
強烈な匂いと味にとまどい、咥えたまますすり泣く真紀の頭が押さえつけられると熱いペニスが真紀の喉の奥へと突き進む。
「ぐえぇ・・・ぐぁぁ・・・ぐぐっっ・・・ぐうぅぅ・・・」
たまらず真紀が嗚咽をもらす・・・
「うっ・・・もっと舐めるんだ・・・真紀・・・ちっとも感じないぞ・・・舌はどうした・・・ねっとりとしゃぶってくれ・・・」
いつも自分の方を見ていてほしいから可愛い子をイジメたくなる・・・男の子はそういうものだ。
大人になったってそれは変わらない・・・
オジさんの態度はあからさまにそんな気持ちを表している。

「うおぉぉ・・・いいぞ・・・上手になってきた・・・その調子だ・・・もっと舐めろ・・・」
泣きながら嗚咽を繰り返し、一生懸命汚れたペニスを舐めている真紀の小さなお尻がゆらゆらと揺れ、その合間からはピンク色に染まった花弁が美しく開花している。
「お尻を持ち上げて・・・おしゃぶりしたままよ・・・」
私も四つん這いになって持ち上げられたお尻を抱え込み、オジさんのペニスをしゃぶっている真紀の花弁に再び吸いつく。
「あっあっ・・・くぅぅ・・・ひぃぃ・・・うんぐぇぇ・・・」
小さなお尻が揺れるたびに熟した花弁が私の口の中で動き、新しい蜜が舌の上に垂れてくる・・・
「真紀ちゃん・・・あん・・・もっとお尻を振って・・・あん・・・わたしにもちょうだい・・・」
「ただ舐めてるだけじゃだめだ・・・ユキも悦ばせてやれよ・・・」
揺れるお尻を抱え込んでちゅぱちゅぱと舐めていると、いつしか精液の匂いと味は消え去り、真紀の甘酸っぱい香りだけが鼻腔内に広がってくる。
「あぁぁ・・・うっっ・・・あうぅぅ・・・」
「休むんじゃない・・・真紀・・・舐められて気持ちいいだろ・・・こっちもしっかり舐めてくれよ・・・」
枯れない涙を流し続けながらも、抵抗することをあきらめて快楽に身を任しつつある真紀・・・
広いベッドの中央で大柄な私たち二人におもちゃにされ、調教されている姿はとても美しい。
口唇にしっかりと男根を咥えたまま唾液をたらし、小さなお尻を振り続けて私の舌を花弁の奥まで受け入れようとしている。
「さっきよりずいぶん滑らかにできるようになったね・・・全部をきれいにしてくれよ・・・」
オジさん真紀のお口が休みなく動き続け、ペニスを握っていた手がその周囲の付属物へと移動していく。
「裏側もしっかりと舐めろ・・・下から上になぞるようにだ・・・」
「あっあっ・・・うっうっ・・・」
久しぶりのおしゃぶりに戸惑いながらも、ペニスだけでなく精液にまみれたオジさんの股間を言われるがまま舐め続ける真紀・・・
「それじゃだめだ・・・もっと舌を動かせ、お尻もだ・・・そしたら先っぽを吸って・・・それを繰り返すんだ・・・休むな・・・」
「ぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・あぐぅぅ・・・」
オジさんに叱られるたびに抱え込んだお尻が脅えて震え、私の口の中にある濡れた花弁がひくひくと痙攣し、口腔を刺激する。
「あん・・・蜜がたくさん出てくる・・・美味しいわ・・・もっと・・・あんあん・・・」
「誰がやめていいって言ったんだ・・・まだきれいになってないぞ。もっとしゃぶるんだ」
「しっかり・・・お口を動かしてきれいにするの・・・舐めてるだけじゃなくて吸うのよ・・・アイスキャンディーのように・・・」
崩れ落ちそうになる真紀を二人で叱ったり優しくなだめたりして、おしゃぶりを徹底的に教え込む。
「うわぁ・・・ひぃぃ・・・うぐぅぅ・・・」
「手を抜かないでちゃんとやれ・・・何度も言わせるな・・・吸って舐めて・・・吸うんだ・・・」
「ちゃんとできないのならこうしてお仕置きよ・・・」
ぐじょぐじょの花弁に指を潜り込ませてぐりぐりと掻き回すと、おしゃぶりを続けている真紀の身体がぴくんぴくんと跳ねる・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

きれいに舐めてあげる
「その言葉、忘れないでね・・・自分で言ったんだから。いいわ・・・外してあげるけど動いちゃだめよ・・・そのままじっとしていて・・・」
黒い皮の縛めを解き、M字に広げられたままの足首を持ち上げて皮膚が擦れて赤くなっている擦れた部分を舐める。
「こんなになっちゃって・・・可哀想に・・・痛かったでしょ・・・ちゃんと我慢できてえらかったわ・・・」
細い足首を丹念に舐めているとオジさんが私の乳房を後ろからつかむ・・・
「あん・・・いやん・・・オジさま・・・だめよ・・・感じちゃうから・・・だめよ・・・だめだってば・・・」
「真紀のおっぱいは小さくて可愛いけど、ユキのはやっぱり大きくて揉んでていい感じになるよ・・・何人もの男を悦ばせただけあるな・・・」
「いやん・・・やだぁぁ・・・ちっちゃな真紀ちゃんと一緒にしないでよ・・・オジさんだって大きい方が好きでしょ・・・あん・・・そんなに強く揉まないで・・・」
私なりに乳房には自信を持っているし、私を抱いた男たちは胸に顔を埋めたりしてみんなほめてくれている・・・
その上・・・私はあまり好きではないが、ダンナのペニスを挟んで奉仕させられているのだ。

「真紀、やっと自由になれてよかったな・・・足をもっと開いてユキにきれいにしてもらえ・・・」
身体をもてあそばれ涙の止まらない真紀が言われるがままM字になったままの足をさらに開こうとするが、縛めが解かれても長時間拘束されていた身体はうまく動かない。
「真紀ちゃん、アソコが見えるようにそのままゆっくり広げるのよ・・・そのまま・・・そう・・・ゆっくりとよ・・・」
二つに割れた赤く充血しているじゅくじゅくの花弁を二本の指でそっとくつろげ、線を引くように足を舐めている舌先をじゅくじゅくの花弁に向かってゆっくりと下ろしていく・・・
「真紀ちゃん・・・ここも赤くなってるわ・・・とっても・・・オジさまに愛された証拠ね・・・うらやましいわ・・・」
「あっあっ・・・ユキさん・・・うっっ・・・あぅぅ・・・」
「あんあん・・・とっても美味しい・・・真紀ちゃんのここをきれいにしてあげる・・・きれいに・・・」
放出された精液と蜜が混ざり合った匂いにむせながらも、花弁に吸いつきミックスされた男女の分泌物をちゅるちゅる、ぴちょぴちょと舐める・・・
「真紀ちゃんとオジさんのジュース・・・とっても美味しいわ・・・あぁぁ・・・美味しい・・・」
「ユキさん・・・だめぇぇ・・・うっつぅぅ・・・あふぅ・・・ぐぅぅ・・・」
それぞれの愛液は・・・別々に今までに十分すぎるほど味わっているが、この二つが混ざり合った今日のジュースは特別の味と香りがして、私を更なる興奮へと導く。
「真紀ちゃん・・・あんあん・・・可愛い・・・可愛いわ・・・あぁぁ・・・もっと・・・もっとちょうだい・・・」
「いいぞ・・・もっとしっかり舐めてきれいにするんだ・・・ユキが手に入れた愛しの真紀ちゃんなんだろ・・・」
「あん・・・うわぁぁ・・・そこ・・・だめょぉぉ・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・だめよぉぉ・・・」
舐めても舐めても花弁の奥から白く濁ったドロドロのミックスジュースが溢れ、赤くなった花弁に舌を差し込みちゅるちゅると強くきつく吸うと・・・真紀の身体がくねり、新たな濃厚な蜜が絶え間なく湧き出てくる。
あんなに脅えて拒み続け、ついには黒の拘束具で縛られ泣きながら抱かれたのに感じているのだ・・・なんという順応性だろう。
「オジさま・・・すごい蜜が出てくる・・・真紀ちゃん、物足りないみたいよ・・・まだまだぐちょぐちょだわ・・・」
「あんあん・・・そんなことないです・・・違います・・・ユキさん・・・舐めないで・・・あん・・・いやん・・・」
オジさんに犯されて精液をたっぷりと体内に注ぎ込まれてしまった真紀・・・
私から離れて純真な妻に戻ろろとしていたはずなのに、幸せな家庭を守るための犠牲となって淫靡な世界の底へと堕ちていこうとしている・・・

「今度は俺のモノをきれいにするんだ・・・さっき教えたとおりするんだぞ・・・何度も同じことを言わせるなよ」
赤黒いペニスは一回の放出ぐらいではびくともしないで固さを保っている・・・
それどころが可愛い真紀の蜜をたっぷりと吸ったせいで、放出前よりもさらに大きく固くなっている。
ベッドの中央にオジさんがドカリと座り、ふらふらしている真紀を私から奪い取って、口唇を塞いで唾液を流し込む・・・
「うっぅぅ・・・」
細い身体がオジさんに抱きしめれて、固く尖がっている乳首がきつく吸われる・・・
「あんあん・・・あっあっ・・・ううっ・・・」
「やっぱり小さなおっぱいだな・・・真紀・・・でも感じやすくて可愛いぞ・・・」
「うあぁぁ・・・噛んじゃいや・・・」
好きなようにもてあそばれ、強烈に犯された真紀の身体は全身がさらに敏感になり、少しでも歯があたると甘い喘ぎ声を出す。
「真紀ちゃん・・・またおしゃぶりしましょう・・・オジさまに愛をこめてねっとりと・・・きれいにしてあげるのよ・・・」
少しずつ身体が動くようになってきた真紀を四つん這いにさせてオジさんの股間に導く・・・
「真紀、よろしく頼むぜ・・・また可愛いお口でペロペロしてくれよ・・・そしたらまた抱いてやるからな・・・」
精液と愛液がついたままのペニスがぐっと前に突き出されると、強烈な男の匂いで真紀の顔が歪む。
「どうしたのかしら・・・真紀ちゃんの蜜だって混ざってるのよ・・・今飲んだばかりじゃない・・・お口を大きくあーんして呑み込むの・・・ペニスがきれいになったら周りもちゃんと舐めてあげるのよ・・・」
こんな世間知らずの奥さまを犯して体内にたっぷりと放出した上に、その後のペニスの始末をさせるなんてオジさんも意地が悪い。
さっきまでペニスを咥えるのでさえやっとだった純真な奥さまなのに・・・
オジさんを悦ばせながら、真紀自身の意思でペニスに浸み込んだ自分の蜜を舐めることになる・・・

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

蜜と精液を混ぜ合わせて
「うふふ・・・真紀ちゃん・・・たくさん感じて、それにイかせてもらってよかったわね・・・」
「はあはあ・・・あぁぁ・・・」
苦しそうに息を荒げている真紀に寄り添い、涙と汗でベトベトになった顔を手でぬぐってきれいにしてあげる・・・
「ユキ・・・こんなに柔らくて可愛らしい奥さまを隠していたなんて・・・キツくて締まって・・・最高だったぞ・・・なあ真紀・・・お前も楽しんだろ・・・」
真紀の顔がぐぐっと引き寄せられてキスをされると二人の舌が心地よさそうに絡み合う。
「可愛いぞ・・・真紀・・・」
「あぁぁ・・・ひどい・・・ひどい・・・こんなことするなんてぇぇ・・・あぁぁ・・・どうしてぇぇ・・・ひどすぎる・・・ユキさん・・・」
「そんなに泣かなくてもいいのに・・・いろんな人に抱かれるっていいことじゃない・・・もっともっといろんなこと経験しなくちゃもったいないわ・・・」
拘束されたままむき出しになっている花弁からオジさまの精液が蜜と混ざり合ってドロリと溢れ出し、赤く充血した花弁を白く染めている・・・

「ユキさん・・・お願い・・・解いて・・・痛くて苦しいの・・・もう許してください・・・」
私の視線に気づいた真紀が目を開いて哀願してくる。
「熱いミルクをたっぷりもらったのね・・・これで真紀ちゃんもオジさまの女になったのよ・・・私と一緒・・・でもまだまだよ・・・これからはオジさまを悦ばせるための調教が始まるの・・・」
「・・・ち、ちょうきょうって何ですか・・・まだいやらしいことするつもりなの・・・もういやぁ・・・」
犯されたばかりだというのにまたもや『調教』という恐ろしく言葉、また真紀が泣きじゃくり始めてしまう・・・
「うふふ・・・泣いたってだめ。これからずっとずっといつまでも続くのよ・・・またここにたくさん・・・わかるでしょ・・・」
激しい交わりでじゅくじゅくにトロけている花弁に指を潜り込ませて掻き回すと、くちゅくちゅ、ぬちゃぬちゃと淫靡な音がする・・・
「ひいぃ・・・あっあっ・・・あんあん・・・やめてぇぇ・・・やめてぇぇ・・・」
「こんなに感じているくせに生意気ばかり言って・・・だから縛られちゃうのよ・・・お馬鹿さんね・・・」
中に残っている精液を真紀自身の濃厚な蜜を混ぜ合わせて指ですくい取り、思考能力がなくなりつつある真紀の口の中へ押し込む・・・
「オジさまと真紀ちゃんのモノを混ぜ合わせたのよ・・・美味しいでしょ・・・」
「ううっ・・・あぐぅぅ・・・ぐふっ・・・ぐぇぇ・・・」
「たくさん真紀ちゃんの中に注ぎ込まれたのね・・・まだまだあるわ・・・しっかり飲むのよ・・・」
犯されても生意気な真紀・・・体内に注ぎこまれた精液を飲ませることによって自分の身に起きた運命の出来事をしっかりと自覚させるのだ。

「そんなんじゃだめ・・・もっと上手に舐めて・・・オジさまのペニスを舐めたように・・・」
私の指が真紀の舌を挟んで優しくくすぐると、その動きに合わせるように口が開いて、濃厚で強烈な匂いのジュースをちゅぱちゅぱと舐める・・・
「美味しいでしょ・・・もっと舐めるのよ・・・もっとしっかり・・・」
真紀の花弁をくちゅくちゅとまさぐって混ぜ合わせたジュースをすくい上げ、何度も口元に運んでいくといつしか自ら口を開き、小さな舌が絡みついてくる。
「真紀ちゃん・・・くすぐったい・・・あん・・・あん・・・そうよ・・・そう・・・」
「うっうぅぅ・・・ぐぅぅぇぇぇ・・・あっぐぁぁ・・・」
目を閉じて素直になってきた真紀の舌の動きを指で感じ、動きが鈍くなるとまたジュースをすくい取って飲ますことを繰り返す・・・

「真紀ちゃん、ずいぶんいい子になってきたじゃないか・・・」
やっと思いで真紀を手に入れることができ満足げな表情を浮かべて眺めていたオジさんが、後ろからじゃれるように優しい声でささやき小さな膨らみを揉む・・・
「あぁぁ・・・」
「俺のミルクの味はどうだ・・・大好きな旦那さまより濃くて美味いか?もっと飲むか?」
「ああぁ・・・ぐぅぅ・・・ううぅっ・・・」
「あれだけいやがってたのに最後はあんなになっちゃって・・・本当はセックスが大好きなんだね・・・今まで感じるってことを知らなかっただけだよ・・・」
「うっぐっぐぇぇぇ・・・げぇぇぇ・・・」
指を咥えた口では返事はできず、うめき声しか上げることができない・・・
「このままずっと縛られてちゃつらいだろ・・・もっといい子になれるのなら自由にしてやってもいいぞ・・・選ぶのは真紀ちゃんだ・・・」
強く揉まれたり吸われたりしてあちこちに薄いピンク色のあざができている小さな乳房が、またオジさんの手の中で形を変えてしまっている。
「真紀ちゃん、どうするの・・・ずっとこの格好でいる?」
「ああぁ・・・もう・・・もう恥ずかしいことしないで・・・お願いします・・・もう・・・もう・・・」
「そんな約束できないよ・・・せっかく仲良くなったのにまたわがままか・・・真紀ちゃんをこのままにして俺たちだけ帰ってもいいんだよ。それでもって旦那さまや実家に電話してあげるよ・・・『奥さまが裸で縛れてます』ってな・・・」
手に入れた真紀をさらに調教しようとするオジさまの追い込みに妥協はない・・・
「あぁぁ・・・そんなことしないで・・・言うとおりに・・・言うとおりにしますから・・・」
その言葉の重みがずしりと真紀にのしかかり、がっくりとうなだれてすすり泣く。
「そんなのだめ・・・ちゃんと『真紀はいい子になってオジさまに抱かれます。ユキさんも好きにしてください』ってきちんと言わなきゃだめ・・・できないのなら今すぐ電話するわ」
「やめてぇぇ・・・そんなこと・・・ぜったいにしないでぇぇぇ・・・おねがいします・・・」
「だからどうしてほしいんだ・・・はっきり言え」
「あぁぁ・・・わ・・・わかりました・・・お、おじさま・・・ま、まきを・・・」
泣きじゃくりながら必死に声を絞り出す・・・
「そんなんじゃ聞こえないよ・・・真紀ちゃんはどうしてほしいのかな・・・」
花弁をいじくりながらオジさんが叱ると真紀の口から悲しみの哀願が漏れる・・・
「あぁぁ・・・まきを・・・だ、だいてください・・・ゆきさんも・・・あぁぁ・・・いいこになります・・・あぁぁ・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教