FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
ダンナの膝の上で・・・帰りの車の中で(2)
驚いたことにダンナはすでに短パンを脱ぎ去って、震える真紀の手にしっかりとペニスを握らせていたのだ。
「固くて大きいだろ・・・真紀ちゃんはいい子だからしゃぶってくれるよね・・・すっきりさせてくれ・・・早くしないと・・・ほら・・・いろいろとまずいことになるぞ・・・わかるだろ」
「いや・・・よしてぇぇ・・・堪忍してください・・・帰ってから・・・し、しますから」
寝ているとはいえ、子どもたちのいる車内であからさまに辱めを強要され声が震える真紀・・・
「わかんねーのか。今しゃぶんるんだよ、今ここで・・・さっさと咥えろ」
悲しいその姿がルームミラーから消えたと思ったらダンナの裏返った奇妙な声が聞こえてくる。
「うっ・・・いいぞ・・・真紀のおしゃぶり・・・気持ちいい・・・うひゃ・・・うへぇ・・・うひょぉぉ・・・うひゃぁぁ・・・」

可哀そうな真紀・・・しつこい脅迫についに負けてしまい、ダンナの股間に顔を埋めてペニスを舐め始めたのだ・・・

声を出すまいと必死にこらえながらも、咥えた口からは呻き声が漏れてくる。
「んぐぅぅ・・・うぅぅぅ・・・」
「真紀のお口はちっちゃいから苦しいかな・・・でもこれが気持ちいいんだ・・・その辺の遊び歩いている女とは大違いだ・・・」
私を馬鹿にするような視線を向けながら真紀のさらさらの髪を撫でては腰を軽く突き上げる。
高速道路の車は密室と同じ・・・いくら明るくても窓の向こうからカーテンに遮られた車内は見えないし、見ようとする人もいない・・・それに子どもたちは熟睡中。
それをいいことに三列目のシートで繰り広げられる痴態がエスカレートしてくる・・・
はだけたスカートの中でもぞもぞと動くダンナの手がいつのまにかショーツを下ろし、真紀の花弁をくちゅくちゅとまさぐっている。
「ひぃぃ・・・あっあぐぅぅ・・・うっうっ・・・だめ・・・」
「真紀・・・こんなに濡れてちゃって・・・お前も感じてるじゃないか・・・もっときつくしゃぶらないといつまでたっても終わらないぞ・・・」
「うぐぅぅ・・・うぅぅ・・・」
「ずっと教えてるだろ・・・少しは上手になれ・・・ぺろぺろ、ちゅぱちゅぱするんだよ」
「子どもがここいるのに・・・真紀ちゃん・・・」
いくら真紀が可哀想でもこの手でなくさめてあげようと思っても、鏡越しに見ていることしかできないがとっても悔しい。
子どもたちが起きてしまう前に早く終わらせようと不慣れなおしゃぶりを必死で続ける真紀・・・
それに合わせて頭を押さえつけ、ぐいぐいとペニスを真紀の口腔内にねじ込んでは揺する。

「うっ・・・だめだ・・・気持ち良すぎて我慢できねーよ・・・おい真紀、さっさと跨るんだ・・・意味は分かるよな」
この旅行でもてあそばれた真紀はもう抵抗することを忘れてしまった悲しい奥さま・・・抵抗はもはや言葉だけだが、その言葉さえも弱々しく辱めに従わざるを得ない。
「あぁぁ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「さっさとしろ。こっちに来て自分で入れるんだ・・・真紀ママを抱かせてくれ」
「あぁぁ・・・そんなぁぁぁ・・・」
「お前が可愛くて我慢できないんだよ・・・さあ・・・子どもが起きる前に」
ダンナに腰を支えられながら自分で黄色のフレアースカートをめくり、今まで咥えていたペニスを体内に迎え入れようともじもじしながら腰を落としてゆくと、昨晩、温泉宿であれだけもてあそばれた真紀の花弁は硬直した男根をするりと呑み込んでしまう・・・
「うわうわぁぁぁ・・・うっうっ・・・ひぃぃ・・・」
「い・・・いいそ・・・真紀ママ・・・うっ・・・もう狭くなってる・・・きつい・・・たまんねー・・・うっ・・・」
「はぐぅぅ・・・あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁぁ・・・」
「熱くて・・・うへぇぇ・・・うっっ・・・」
道路のつなぎ目で車が跳ねるたびに腰を振って、潜り込ませたペニスで踊る小柄な身体を気持ち良さそうに突き上げるが、真紀は旦那にしがみつきながら必死に声を押し殺して耐えている。
狭い車内での静かでぎごちないそんな交わり・・・二人の結合部分を覆い隠しているスカートがその度広がり、ひらひらと舞う。
「いいぞ・・・熱くて狭くて・・・うひゃぁぁ・・・真紀ママ・・・たまんねーよ・・・さすが子持ち奥さまのオ○○コだ」
「あぐぅぅ・・・はやく・・・おわらせて・・・お、おねがい・・・」
真紀が蚊の鳴くような声で哀願してもダンナはしっかりと結合したまま車の揺れを楽しんでいる。
「まだまだだよ・・・車の中でやられるのは初めてだろ・・・気分が変わっていいだろ・・・どうなんだ・・・」
「あぁぁ・・・よしてぇ・・・あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うぅぅ・・・あっあっ・・・」
子どもたちを起こさないように真紀が必死になって声を抑えようとするが、どうにもならないうめき声が静かに漏れる。
「ユキにお前の顔を見せてやれ・・・いやらしいママの顔を・・・」
「あっつ・・・いやぁぁ・・・」
小柄なワンピース姿の真紀がこちら側を向かされ、再びダンナの膝の上に跨って貫かれ踊らされてしまう・・・
「ひぃぃ・・・もう・・・もうよしてぇぇぇ・・・ひぃぃ・・・」
外された前ボタンの隙間からは白い乳房が引っ張り出されて、休みなく揉まれて下からくねくねとペニスをねじ込まれると静かに鳴く。
「ゆ、ゆきさん・・・みないでぇぇぇ・・・みないでぇぇ・・・」
真紀はなすすべもなく、前の座席につかまりながらダンナの突き上げに身を任せている。
「いやぁぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・あうぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
「いくら抱いても初々しいな・・・最高だ」
どんな辱めを受けても男慣れなどしないその身体がますますダンナを夢中にさせる。

「もう・・もうよしてぇぇ・・・よしてぇぇぇ・・・おねがいします・・・おねがいします・・・」
ダンナの膝の上で小刻みに揺れる真紀がか細い涙声で哀願する。
「本気で泣いてるわ・・・いいかげんにしなさいよ。さっさと終わらせて」
「わかってるぜぇ・・・真紀・・・うっうっ・・・もうだめだ・・・うっうっぅぅぅ・・・出るぅぅぅ・・・出るぅぅぅ・・・」
車内での不自由な腰の動きがかえってダンナのペニスに新鮮な刺激を与え、何分もしないうちに真紀の体内に粘っこい精液が注ぎ込まれてしまった・・・

私の気持ちや周りの状況を考えず、自分の欲望だけを満たすだけに突っ走るダンナの行動には本当についていけない。
その欲望が満たさなければ、次に待っているのはひがみと嫉妬に狂った責め・・・
この時、もうこの人に真紀を差し出すのは絶対にやめようと決めたのだ。

旅行から帰ってからは、何だかんだと理由をこじつけては真紀をダンナから遠ざけているうちに彼女は旦那さまと一緒に遠くへと去っていってしまった・・・
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

帰りの車の中で(1)
こうして「大人部屋」にダンナを放置し、二人で「子供部屋」に戻ってしまったので、朝からとっても機嫌が悪い。
「朝、また一発やろうと思ったのにお前ら、なんでいないんだよ・・・勝手なことしやがって」
「先に寝たのはあなたでしょ。そんなこと知らないわよ」
「バカ女、うるせーぞ。こんな旅行、もうやってられない。帰りはお前が運転しろ。いいな」
真紀を連れての温泉旅行の帰り、ダンナは私にこう命令して息子を助手席に追いやり、自分はミニバンの最後列のシートにドカッと座ってビールを飲み始めてしまった。
もちろん、その前列には真紀がいて、母親らしく子どもの世話をしている・・・そこからは昨日の淫らな姿は想像できないくらいほほえましい光景だ。
「真紀ちゃん、十分楽しませてもらったよ・・・一緒に旅行に行けてよかった・・・最高だよ。これからもよろしく。明日もしっかりと『お仕事』してもらわなきゃな。朝からちゃんと来てくれよ」
好きなように抱いた真紀にわざと意味深な会話を持ちかけ、困惑する表情を楽しんでいる。
「ちょっとさ、これ以上真紀ちゃんを困らすのはやめなさいよ・・・あなたは節度ってものがないの?いい大人でしょ」
「とっても気持ちのいい宿だったね・・・布団もよかったし・・・そう思わないか・・・また明日からたくさん一緒に『仕事』ができるってうれしいな」
私の言葉などまるっきり聞こえないようなフリをしてねちねちと絡みつくように話し続け、真紀が返事に困って黙っていると
「おや、せっかくこんなに仲良く慣れたのにそんな態度なんて冷たいなぁ・・・俺って嫌われたのかな・・・君のお母さん、ご機嫌悪いのかな・・・それとも眠れなかったのかな。どう思う?」
「いい加減にしてよ。やめなさいってば」
一人で有頂天になって騒ぎ、真紀が困惑しているのに子どもにまで話しかけて、まったく意味のない言葉を発している・・・
真紀を手に入れるためにこの人の力を借りたまではよかったが、やっぱりこうして旅行までお膳立てしてすべてをプレゼントしたのは間違っていた。
いつも自分のことばかりしか頭にないダンナは救いようがない哀れな人だ・・・こんな人に・・・
旅行にまで連れて来て今さら後悔しても仕方がないがどうしようもない虚しさがこみ上げて来る。

「真紀、隣に来るんだ・・・一人じゃつまらねーから一緒に仲良く飲もうぜ・・・こっちに来いよ」
しばらくおとなしかったが、高速道路に入り、子どもたちが寝た静まった途端、真紀を後部座席に呼び込もうと騒ぎ始める。
「何をするつもりなんですか・・・困ります・・・子どもたちがいます・・・いやらしいことはやめてください」
「そんなわがままが言えるのか?・・・ずいぶん偉そうじゃないか。昨日、あんなによがり声を上げてたくせに・・・」
「とにかくやめて・・・」
「ちょっと、やめなさいよ。真紀ちゃん、嫌がっているじゃない・・・少しは場所を考えなさいよ。発情した犬猫じゃあるまいに・・・子どももいるんだから静かにしてよ。起きたら恥かくのはあなたよ」
「うるせー。てめえは前だけ見て運転してればいいんだ。余計な口を挟むんじゃねーぞ。真紀、お前は俺の女だ・・・逆らうことは許さない。好きにさせてもらうぞ」

あまりにも身勝手なやり方にたまりかねて、真紀を援護しようとしたが無駄な試みだった・・・
無謀な要求に屈してしまった真紀が言われるがまま、狭い車内の中央部分をよろよろと移動すると、ダンナにぐいっと手をつかまれて抱きしめられてしまう。
「やっと来たな・・・服を着てても可愛いな真紀は。最初から素直になればいいのに」
「やめてぇぇ・・・あぁぁ・・・」
ダンナの胸の中に埋もれた真紀がか細い声で鳴く。
「昨日はたくさん感じたんだろ・・・どうだった?言えよ・・・尻の穴は帰ってからのお楽しみだ・・・たっぷりと突っ込んでやるからな」
「そんなこと・・・し、知りません・・・いやらしいことはもうたくさんなんです・・・これに・・・子どもがいますからやめてください・・・」
「急にいいママになったのか。カタいこと言うなよ・・・いいだろ・・・柔らかくていい匂いのお前をまた抱かせてくれよ・・・」
黄色いワンピースの上から小さな乳房が揉まれ、ボタンの隙間から手が差し込まれる。
「あっあぁぁ・・・だめです・・・よして・・・こんなところで・・・だめです・・・だめ・・・子どもが・・・」
「乳首が固くなってるぞ・・・こんなにほら・・・可愛がってほしいんだな」
「違います・・・お願い・・・やめて・・・」
「おや、静かにしないとみんなが起きちゃうよ。真紀ママはそれでいいのかなぁ・・・お前を見ていると我慢できないんだ・・・昨日みたいにしゃぶってくれよ・・・その可愛いお口でよ」
車の片隅に押し込まれた真紀の身体にダンナが絡みつき、ねっとりとしたキスが無理矢理交わされるのをルームミラー越しに見ていると、どうしようもない無力感が込み上げてきて力が抜けてしまう・・・
「じっとしてろよ」
低い声の脅しとともに前ボタンが外され、昨夜プレゼントした愛らしいビスチェの中から白い乳房があらわになると、すぐにその頂点がダンナの口唇の中に収まりちゅぱちゅぱちゅるちゅると吸われてしまう。
「真紀ちゃんママのおっぱいは甘くて美味しいよ・・・」
「よ、よしてぇぇぇ・・・」
「あの子はこれをたくさん吸って大きくなったんだね・・・いいママだ・・・」
「そ、そんなぁぁぁ・・・ここではやめてぇぇぇ・・・おねがいします。うっうっぅぅ・・・」
今度は母親としての気持ちをいたぶり始めると悲しみがさらに深く真紀に突き刺さり、涙が止まらなくあふれ出てくる。
「本当に泣いてるわよ。ねぇってば。子どもたちがいるんだからやめなさいよ・・・どうせまた明日、うちでするつもりなんでしょ・・・とにかくここではやめて・・・」
「真紀は俺のものなんだ。今日も明日も楽しむんだよ・・・お前は前だけ見て運転してろ」
いくら言っても暴走するダンナを止めることはできない・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

あの日の夜・・・
とても長い間お待たせしました。いろいろ環境が変わって書けずにいました。
のんびりと更新しますのでこれからもよろしくお願いします。

おわびに少し長めにUPしました。ぜひたくさんの感想を聞かせて下さいね♪


あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・
あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・
あの日の旅行・・・
ダンナと一緒に真紀を可愛がるために自分でおぜん立てをした・・・その結末は・・・

「あのね・・・真紀ちゃんの秘密教えてあげる」
「秘密ってなんなんだ?俺の知らないことばかりだな・・・どこでどう悪戯してやがるんだ?コソコソと泥棒猫みたいにいやな女だ・・・お前は」
ダンナの言葉など無視して、股間に顔を埋めてペニスを一生懸命しゃぶっている真紀のアヌスに指をはわせる・・・
「ゆきさん・・・そこは・・・あうぅぅ・・・あぐ・・・いやーん・・・あん・・・あん・・・いやん・・・」
「真紀ちゃんはこんなことできるようになったのよ。ほら柔らかくってどんどん指が入っていくでしょ・・・まだちょっと狭いけど・・・」
「いやぁぁ・・・く、くるしいぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
「すげー・・・こりゃびっくりだ・・・ってことは、お前・・・抜け駆けして楽しんでたな」
「まあちょっとだけ・・・それくらいいいでしょ」
「真紀もふざけやがって。後でたっぷりと突っ込んでやるからな・・・覚悟してろよ」
そう言いながらも真紀のぎこちないおしゃぶりに夢中になりながら腰を上下に振りながら花弁を舐め回し続けている。
そんなダンナのペニスを唾液だらけにしながら必死になって頬張っている真紀・・・そのほころんできた蕾に指を押し付けると、するりと受け入れてきゅっと締めつけ花弁からの蜜がとめどもなく溢れ出てくる。
「さすが可愛い奥さまのオ○○コだ・・・美味いぞ・・・」
「はぐっ・・・ぐ、ぐぅぅ・・・ああん・・・ひぃぃ・・・」
じゅくじゅくの花弁と敏感な突起がきつく吸われるとあえぎ声とともに指を咥えこんだアヌスがきゅっと締まる。
「真紀ちゃん・・・あん・・・だめじゃない・・・指がちぎれちゃう・・・もっと楽になって感じなきゃ・・・お尻もいじられるの好きなんでしょ」
赤く火照っている耳を噛んでささやくと、締めつけが徐々に緩くなって熱く狭い穴の中を指が自由に動かせるようになってくる。
「そう・・・いいわ・・・うん・・・そうよ」
「うぐぅぅ・・ぐぇぇ・・・」
「うへぇ・・・そんなに呑み込めるのか・・・真紀の尻の穴は。びっくりだ・・・ずいぶんと淫乱な奥さまになったもんだな」
「だって・・・真紀ちゃん、私の好きにさせてくれるからとっても・・・ああん」
真紀の股間を這いずり回る二人の舌と舌が触れ合うたびに電流がびりびりと流れる。
「あん・・・真紀ちゃん・・・もっとちょうだい・・・あんあん・・・」
「あぐぅぅ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぅぅぁぁ・・・」
「ユキ、尻の穴はどうだ・・・こっちは・・・うっ・・・このオ○○コ・・・たまんねー・・・いくら舐めても汁が・・・うっうぇぇ・・・」
「こっちも可愛いわ・・・あんあん・・・だんだん柔らかく・・・あんあん・・・」
「ユキ、どけ。オレにも舐めさせろ・・・」
ダンナが頭を持ち上げお尻を抱え込むようにして、ちゅぱちゅぱ・・・ちゅるちゅる・・・と蕾を舐める。
「うぐぇぇぇ・・・」
「真紀・・・なかなかいい尻だ・・・いいぞぉぉ・・・」
ささくれ立った太い指を差し込みぐにぐにと掻き回し叫びまくるダンナ・・・
「まだまだ固いじゃないか・・・ほれほれ」
「あぐぅぇぇぇ・・・う、うごいてるぅぅ・・・だめぇぇ・・・」
「力を入れるんじゃねぇよ。尻の穴もきれいな色しているなぁ・・・」
私の存在など忘れてしまったかのように真紀のお尻を抱え込んでずっとアヌスを掻き回したり舐めている。
「チ○ポをもっとしゃぶれぇぇ・・・しゃぶるんだよ・・・うへぇぇぇ・・・」
ダンナが腰を激しく振ると真紀のお口でペニスが暴れ始める・・・
「うっうぅぅ・・・だめだぁぁぁ・・・飲めぇぇぇ・・・」
耐え切れなくなるとこうして真紀のお口の中に勢いよく発射してそのまま寝てしまった。

どうしてだろう・・・
なんだか変・・・せっかく旅行に来たのに・・・こんな気持ちになるなんて。
もっと楽しくてわくわくすると思ったのに・・・
もっと真紀ちゃんと感じあえると思ったのに・・・
ほんの少しだけでもそんな気持ちがわかってくれると思って期待した私が馬鹿だった。
せっかく真紀と素敵な夜をすごせると思って旅行に来たのに、ダンナが果てた姿を見て完全に自己矛盾になってしまった。
頭と身体がバラバラになりそうで・・・とても苦しい・・・
さっさと放出したダンナが寝てしまった後、言いようのない淋しさと悲しさが一気に込み上げてきて、真紀の身体を洗い清めながら泣いてしまった。
「真紀ちゃん・・・ごめんね・・・あなたは私のもの・・・もう絶対に渡さないから・・・」
「ゆきさん・・・ひどい・・・ひどすぎる」
汚されてしまった身体を一生懸命洗っても、湯船で身体を重ねても、真紀は放心状態のままこれ以上何もしゃべらなかった。

このままでは完全にダンナのおもちゃにされてしまう・・・早く逃れなくては。
風呂から出ると、ダンナを起こさないように真紀をそっと連れて「子ども部屋」に帰る・・・
「本当にごめんね・・・こんなことになっちゃって・・・許して・・・真紀ちゃんは私だけのものだから・・・大好きなの」
「ゆきさん・・・こんなこと・・・もういや・・・いやなの・・・なぜ普通じゃいけないの・・・どうして私だけ・・・」
「可愛いあなたを旦那さまから奪い取るためには・・・仕方がなかったのよ・・・こうするしか・・・ごめんね・・・ごめんね・・・」
「もういやぁぁぁ・・・いやよぉぉ・・・」
二人で声を殺して泣きじゃくり、震える身体を抱きしめながら浅い眠りについた。

朝、甘い香りで目が覚めると浴衣姿の真紀がすやすやと寝息を立てていた。
彼女なりに眠れぬ夜を過ごし、私の傍らでやっと眠りについたのだろう。
静かな呼吸によって胸が上下し、少し乱れた浴衣の隙間から見え隠れする愛くるしい乳房にそっと触れると真紀が目を覚ます・・・
「ゆきさん・・・あっ・・・だめっ・・・もうよしてください。こ、こどもたちがいます・・・起きちゃうっ」
「真紀ちゃんの身体、とっても熱いわ・・・私もそうなのよ・・・」
「もうよして・・・だめです・・・よしてぇぇぇ・・・」
真紀の布団に潜り込んで浴衣の奥をまさぐると、しっとりと汗ばんでいる乳房の先端は固く尖っている。
「あら・・・こんなにコリコリ。昨日の余韻がまだ残っているのね」
「ち、ちがいます・・・ちがうの・・・」
「気にしなくていいわ・・・好きでもない人に抱かれても感じてしまう・・・女って悲しい生き物なの。でもそれってちっとも恥ずかしいことじゃないのよ」
「ちがうの・・・かんじてなんか・・・やめてぇぇ・・・」
「そんなに大きな声を出しちゃだめよ。子どもたちに恥ずかしい姿を見られたくなければ静かにしなきゃ・・・きれいにしてあげるから」
おとなしくなった真紀の浴衣の紐をほどくと、子どもたちを起こさぬよう静かに身体を重ね、愛くるしい乳房や昨夜の交わりで潤んでいる花弁を丹念に舐め始める。
「ユキさん・・・も、もうよしてぇぇぇ・・・おねがい・・・うわあぁぁ・・・」
「あらまあすごい・・・びっしょりだわ・・・それに真紀ちゃんのここからダンナの匂いがする・・・ずいぶんいやらしくなったわね」
「そんなこといわないでぇ・・・あっあぁぁ・・・」
「大丈夫・・・私が清めてあげるから・・・」
あてがった指がするりと真紀の体内に呑み込まれ、花弁の中からくちゅくちゅ、ちゃぷちゃぷとトロけるような音がしてくる。
「あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「あなたは私のものよ・・・あん・・・ああん・・・」
真紀の口から押し殺した喘ぎ声が漏れるたびにこぼれ落ちる熱い蜜を舌ですくい取るように舐め続けた・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教