FC2ブログ
こんな私って・・・抱かれる人妻
一人の男性だけでは満足できない・・・こんな私はおかしい? いろんな男性に抱かれながら、今は近所の純情な奥さまを陥れて調教・・・立原真紀ちゃんの成長は著しいものがあります☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
飲めば飲むほど楽になれるわよ
「ちょっと意地悪しすぎちゃったかしら・・・ごめんなさいね」
「ゆきさん・・・ゆきさん・・・ひどずぎる・・・」
ピカピカのバスルームの中で無言の真紀の身体を泡で包み込み、背後から乳房を押し付ける。
「ちょっとからかっただけよ・・・許してね」
「はずかしくて・・・はずかしくて・・・」
「ごめんね。さあ・・・もっときれいになって初めての夜を迎えなきゃ。もう泣いちゃだめよ・・・オジさまは真紀ちゃんに夢中なんだからそれに応えてあげなくちゃ」
「・・・」
「今度はどんな風に愛してくれるかしら・・・」
「・・・いやぁっ・・・あっ・・・」
真紀は黙ったまま私に身体を預け泡に身を包まれているが、敏感な場所をまさぐられると短い喘ぎ声を漏らし、足を開いて私の指を受け入れる・・・
「そう・・・そうよ・・・いい子だわ。それでいいの・・・とっても柔らかくなってる・・・オジさまにこんなに愛してもらえるなんて・・・妬いちゃう・・・うらやましい・・・」
「ユキさん・・・よして・・・あん・・・あぁぁ・・・」
「うふふ・・・いいからじっとしてて・・・」
無毛の股間に積もるようにあった白い泡が次第に真紀の蜜と混ざり合って消えていく・・・

ルームサービスに頼んでおいたブランデーをベッドサイドのテーブルへと持ってきて、放心状態で座り込んでいる真紀を眺めながら、オジさんと二人でゆっくりと味わう。
「お待たせしました。真紀ちゃんをきれいにしてあげたわ」
「俺は仲間はずれか・・・それにしてもユキは悪い女だな・・・真紀ちゃんをあんなに泣かせちゃって」
「あら、オジさまだっていい思いしているくせに・・・共犯でしょ。それに・・・真紀ちゃんは大切なものを守れてレッスンを受けられて上手になれる・・・ここにいるみんなにとっていいことよ・・・」
「どうせ『真紀ちゃんにどうするか選ばせたのよ』って言うんだろ・・・あんな可愛い奥さんをよくあそこまで・・・たいしたもんだよ・・・」
またオジさんが感心するが、そんなにすごいこととは思わない。
「・・・そうかしら・・・こんなこと、別になんともないわ・・・カゴから逃げ出した小鳥ちゃんを取り戻しただけ・・・当然のことをしたのよ。真紀ちゃんだってちゃんと納得しているじゃない」
ダンナの力を借りたとはいえ苦労してやっと手に入れた真紀がやっと戻ってきたのに、何事もなかったふりをして旦那さまと幸せいっぱいに過ごしているなんて絶対に許せない・・・
そう思ったらすでに真紀の家の前にいて・・・夫婦の寝室でじっくりと失われた時間を取り戻した・・・それだけのこと。
「そっけないね・・・まあ・・・いいさ・・・真紀ちゃんと過ごす夜はこれから始まる・・・約束した通り、三人で楽しもう・・・」
あれだけ真紀の中に注ぎ込んだのに、オジさんの精力は衰えるどころかますます勢いづいてくる・・・

「真紀ちゃん・・・いつまでもぼんやり座っていないでこっちに来て飲みましょう・・・」
バスタオル一枚の真紀に純白のバスローブを包み込むようにして着せてリビングルームのソファーに座らせると、清楚な香りと雰囲気が漂う。
「うわぁぁ・・・白も似合うな・・・真紀ちゃんは・・・」
いくら辱められても真紀自身の持つ美しさ、可愛らしさは変わらない・・・
「なんだか元気ないわね・・・今夜はずっと起きてなきゃいけないのに大丈夫?」
濡れた髪が内側にくるりと曲がり首元はほんのりとピンク色に染まってはいるが、顔は白く血の気がない。
真紀の苦悩がそのまま浮き出ているように見える。
「もう・・・もう・・・わたし・・・こ、こんなこと・・・やっぱり・・・」
「あらあら・・・そのセリフはもう飽きたからやめてね・・・それにもう泣かないでって言ったでしょ。これを飲めば楽になるから・・・」
真紀の口もとにグラスを押し付けると、ミネラルウォーターで少しだけ薄めた琥珀色の液体が口腔内に流れ込んでいく。
「うっぅぅ・・・ぐぅぅっ・・・」
「いい香りで飲みやすいでしょ・・・もっと飲んで・・・私たちを夢の世界へと導いてくれるわ・・・」
芳醇な香りとまろやかな味に惑わされて真紀が喉を鳴らして飲んでいく・・・
「そうよ・・・飲めば飲むほど楽になれるわ・・・」
「ユキの言うことには素直に従うよな・・・すでにこんなに調教できてるなんて不思議だ・・・いったいどうやって」
男性の荒々しい迫力にかなうものはないけれど、今日初めて真紀に会ったばかりのオジさんと違って私は「魔法の言葉」で操る術を持っている。
大切にしているものを少しくすぐるだけで真紀はいい子になるのだ。
「そりゃ私と真紀ちゃんの仲ですもの・・・ちょっと言い聞かせたら、自分のうちの寝室に案内してくれて『主人にだけは内緒にしてください』って言って私に抱かれたのよ・・・それも一度だけでなく何度も何度も自分から調教を望んだのよ」
「うっへぇぇ・・・真紀ちゃんってそんな顔して大胆なんだね」
「うそです・・・ちがいます・・・うそいわないでぇ・・・今までのこと全部バラすって脅されて・・・」
「真紀ちゃん、言葉は選んで使いなさいよ・・・ひどい目にあうのはあなただからね」
「いいじゃないか・・・そうして真紀は俺のものになった・・・それでいい。」
「いくら私が調教しても、とっても気が強い奥さまだからオジさまがきつく言わないとすぐ悪い子になっちゃう・・・わかったでしょ」
「真紀ちゃん、それって本当なのかい?もう俺の女になったんだからこれ以上の生意気は許さないぞ・・・もっと飲め・・・ほら美味しいだろう・・・ほら、飲むんだ・・・」
「あっあっ・・・うっ・・・あぁぁ・・・うっぅぅぅ・・・」
私の手からグラスを取り上げ、オジさんの厳しさに抗し切れない真紀の口の中に濃いブランデーをどんどん注いで容赦なく飲ませていく・・・
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

ちょっとした悪戯
「まずはお祝いをしよう・・・真紀ちゃんとの出会いの記念日だからな・・・こうして仲良くなれたことだし」
すべてが自分の思うままに進んで上機嫌のオジさんがルームサービスを頼んで、そのままシャワーを浴びにいく。
最後まで迷っていた私も覚悟を決めた・・・
まだまだ調教途中の真紀をこの部屋から一歩たりとも出すわけにはいかない・・・ここは私たちのためだけにある閉ざされた特別の世界である。
「真紀ちゃん、まずは実家に電話して、子どもさんのことをちゃんと頼みなさい。余計な心配させちゃだめよ・・・ずっと幸せでいたいんでしょ・・・」
きちんとするべきことをしなければ、どんな計画でも必ずほころびが生じてしまう。
「これだけ頼んでも・・・どうしても・・・だめなんですか・・・どうしても・・・」
「・・・本当にごめんね・・・そうなの・・・私の気持ちもわかって・・・だから素直に電話してね」
リビングに放り出されたバッグから携帯を取り出してベッドの真紀に渡すと、涙をすすりながらボタンを押す・・・

「あっ・・・もしもし・・・お、おかあさん・・・あ、あのね・・・ひ、ひさしぶりに友だちにあって・・・かなり遅くなりそうだから・・・このまま預かってください・・・ほんとうにごめんなさい・・・ごめんなさい・・・」
真紀がかすれた声を絞り出してやっと話し終わると、今度は私がすかさずフォローする。
「どうもすいません・・・前に近所に住んでしたユキといいます。久しぶり会ったら話が弾んじゃって、ひきとめちゃったのは私なんです・・・本当にご迷惑おかけします・・・すいません」
「ごていねいにどうも。いいんですよ。ユキさんのおかげで真紀も羽を伸ばせてよかったのでは。ごゆっくりどうぞ」
愛想のいい返事が返ってきた。
ていねいにお礼を言って電話を切り、真紀に渡したがそれを受け取った途端泣き崩れてしまい、ベッドにうつ伏せになって嗚咽を漏らす・・・
「あぁぁ・・・わたしは・・・あぁぁ・・・なんてことを・・・なんてことを・・・」
「たいした演技力だわ・・・これで子どもさんのことはOKね。どうせ旦那さまはまだまだ帰ってこないんだから後にしましょう・・・」
「うぅぅ・・・な、なんてことをしてしまったの・・・私はいけない母親です・・・ユキさん・・・うちにはもう帰れない・・・」
「そんなことない・・・真紀ちゃんは立派だわ・・・こうして自分の身体をオジさまに捧げて家庭を守っているじゃない・・・すごいことだわ・・・もっとがんばらなきゃ」
「いやぁぁ・・・そんなことない・・・ちがう・・・違うのよぉぉ・・・」
「真紀ちゃん、よく聞いて。あなたは母親だけど、その前に素敵な大人の女性でもあるの・・・今まで外の世界のことを知らなすぎたのよ。たくさんオジさまに甘えてもっと感じさせてもらいましょう・・・」
いくら慰めてもシクシク泣き続けている真紀・・・とても可哀想で守りたくなってしまう・・・
「泣かないで・・・明日になればすべては元に戻るから・・・大切なものまで壊しはしないから大丈夫。真紀ちゃんだってもっと気持ちよくなってつらいことを忘れたいんでしょ・・・」
「・・・は、はい・・・」
こっくりとうなずく真紀をぎゅっと抱きしめた。

「ユキ、酒が来たぞ・・・」
隣の部屋でルームサービスとオジさんと会話する声が聞こえる・・・
「真紀ちゃん、ホテルの人、ここに呼んでもいい?あなたの裸を見てもらいましょうよ・・・記念撮影してもらおうかしら・・・どう?」
「やめて・・・それだけは・・・それだけは許してください・・・お願いします」
「あら・・・可愛い顔してびしょびしょに濡らしているけなげな奥さまのココを見せてあげたいのに・・・それに気持ちよくなりたいって言ったじゃない・・・ほら・・・」
オジさんを何度も受け入れた花弁は完熟の時を迎え、私の指などまったく問題にせずにぬるりと呑み込んでいく・・・
「あっぁぁ・・・もう・・・もうだめぇぇ・・・」
「あまり大きい声出すとホテルの人に聞こえちゃうわよ・・・それでもいいのかしら・・・」
「あっあぁぁ・・・ぐぅぅ・・・あぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
ねっとりとした蜜に覆われている花弁を指でくつろげ、ちゅるちゅると吸いつく。
「あっあっ・・・ユキさん・・・だめ・・・だめえぇぇ・・・舐めちゃ・・・」
「うわぁ・・・いやらしい・・・いやらしい蜜がたっぷり出てくる・・・これが真紀ちゃんの本当の姿なのね・・・早く見てもらいましょう・・・」
「ユキさん・・・やめてぇぇ・・・よしてぇぇ・・・いやいや・・・いやぁぁ・・・」
「なんだか騒がしいな・・・どうしたんだろ・・・」
オジさんの声がだんだん近づいてくる。
「ちょっと・・・すいません。具合悪いみたいだからこっちに来てくれますか」
ホテルの従業員を呼ぶ声がこちらの部屋にもはっきりと聞こえる・・・
「いやぁぁ・・・いやぁぁ・・・来ないで・・・具合なんか悪くありません・・・来ないでください・・・来ないで・・・」
「真紀ちゃん、具合が悪いならよく見てもらいましょうよ・・・ここが悪いのかしら・・・ぬるぬるしちゃって熱があるみたい・・・」
真紀を軽々と抱き上げて、入り口のドア付近に向けて足を広げて座らせ、後ろから花弁を何本もの指で同時にまさぐり、挿入してぐにゅぐにゅと掻き回す。
「あっあぁぁ・・・よしてぇぇ・・・来ちゃだめぇぇ・・・」
「こちらです・・・お願いします・・・」
オジさんがいよいよドアの向こう側にやって来る・・・
「真紀ちゃん・・・どうする・・・他の人に見られちゃうわよ・・・いやらしいあなたのココが・・・」
「きゃあぁぁ・・・いやぁぁ・・・あけちゃだめぇぇ・・・あけないでぇぇ・・・」
真紀が叫べば叫ぶほど花弁がら蜜が溢れ出て、私の指をねちょねちょにする。
「見てほしいくせに・・・こんなに濡らして・・・いけない奥さまだわ・・・」
「あけちゃだめぇぇ・・・もうへいきなの・・・なおりました・・・だからおねがい・・・あけないで・・・いやぁぁ・・・」

ドアが少しずつ開き始めると、見知らぬ人に恥ずかしい姿を見られるという恐怖と恥ずかしさでいっぱいになった真紀の絶叫が頂点に達する。
「みちゃいやぁぁ・・・みないでぇぇ・・・きゃあぁぁ・・・いやぁぁ・・・だっめぇぇぇ・・・」
その絶叫に合わせて敏感な突起を摘んで花弁の奥深くをぐにゅぐにゅと掻き回す・・・
「真紀ちゃん、どうしたんだい?そんなに興奮しちゃって・・・散々抱かれたくせに俺に見られるのがいやなのか」
開いたドアの向こう側にはオジさん以外誰もいない・・・
真紀をいじめるための子供だましの演技・・・でも単純な仕掛けがもっとも効果的なのだ。
安堵の表情を浮かべるどころか極度の緊張を強いられ、それがぷっつりと切れた真紀はよりいっそう泣きじゃくり興奮する。
「いやぁぁ・・・どうしてそんなことするの・・・いやぁぁ・・・ひどい・・・ひどい・・・ひどすぎる・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

今日はこのまま泊まってね
ぐったりとなった真紀が気を失うようにしてベッドに沈み込んでから何時間が過ぎただろう。
甘美な時間はあっという間に過ぎて外はすっかり暗くなり、日光に代わって都会のイルミネーションの光が部屋を照らしている。
「真紀ちゃん・・・いつまで寝ているのかしら。もう夜になっちゃったわよ・・・早く起きて」
何度も貫かれ疲れ果ててオジさんの胸に抱かれてぐったりしている真紀に声をかける。
「えっ・・・もうよる??・・・もうかえります・・・かえらなくちゃ・・・かえらなくちゃ・・・」
「真紀、どこに帰るんだい?さっき帰さないって言ったはずだ・・・今夜はずっと一緒だよ・・・ここにいるんだ」
オジさんは真紀を抱いたまま離そうとしない・・・
「お、おねがいです・・・こどもが・・・それに・・・しゅじんもかえってきます・・・ですから・・・ですから・・・」
「ですから?その先はどうなんだ?言ってみろ・・・」
「・・・き、きようはもう・・・ゆ、ゆるしてください・・・ゆるしてください・・・」
「おや?『今日はもう・・・』ってことは、次からはちゃんと抱かれるって約束したことになるのかな?どうなんだ?」
「・・・は、はい・・・わ・・・わかっています・・・ですから・・・き、きょうはもう・・・おねがいします・・・」
「あら・・・そんな約束しちゃって・・・びっくりだわ・・・どういうことかしら・・・」
何度も辱めを受けた真紀からこんな言葉が飛び出すなんて・・・本当に覚悟を決めたのかもしれないと思うと身体がむず痒くなってくる。
「でも帰ったら・・・いやらしくなった真紀ちゃん、我慢できなくて旦那さまにさっそくおねだりしそうだわ・・・」
「そんな・・・そんなことしません・・・できません・・・みなさんとのやくそく・・・ちゃんと守れます・・・ですから・・・ですから・・・」

「なるほどね・・・自分から次の調教を約束するなんて、真紀ちゃんなりに考えたわけか・・・ずいぶんと急におとなしくなったね」
「・・・ちゃんということききます・・・だから・・・ちょうきょうなんていわないでください・・・そんなおそろしいことはいや・・・」
「それじゃレッスンってことにしてもいいぞ・・・セックスが上手になっていい子になるためのな・・・今日のレッスンはまだまだ続くぞ」
「そ、そんな・・・きょうは・・・もう・・・かえらせて・・・・おじさま・・・ちゃんとやくそくします・・・しますから」
「こんなに言うんだから帰してあげてもいいかしら・・・オジさま・・・」
「ユキ、調子に乗って軽々しくそんなことを言うなよ・・・せっかくだけど次までなんか待てない・・・こんな可愛い真紀を帰すわけにはいかない・・・今夜はここに泊まるんだ・・・ユキ、お前もだぞ」
真紀の乳房をもてあそびながら私にきつく言い放つ・・・
「ち、ちょっと待って・・・真紀ちゃんは普通の奥さまなのよ。簡単に外泊なんてできっこない・・・わかるでしょ・・・」
「だったらお前が知恵を出せ・・・真紀の旦那さまとも知り合いなんだろうが。バレないようにちゃんとやれよ・・・最初の計画通りな」
「でも・・・やっぱり・・・それは・・・」
「ユキ、ふざけるな。今さら降りるつもりなのか?言われた通りにするんだ」
『最初の計画』って言うけど・・・
『真紀ちゃんは真面目な奥さまだから夜はだめ』って念を押したのに勝手すぎる。
ついにオジさんが本気モードになってしまった・・・真紀がよっぽど気に入ったのだ。
こうなったら私の話など絶対に聞いてくれはしない。
もしこのまま無断外泊なんかさせて真紀の旦那さまにバレて騒ぎになったら、ダンナにひどい目に合わされるし、オジさんとのことだって追及されるに違いない。
私どころか真紀までも横取りされたとダンナが知ったら、嫉妬と憎しみでめちゃめちゃにされてしまい、また鎖でつながれてしまう。
真紀も当然私たちの前から消えてしまうだろう・・・
そうなったら、これまで積み重ねてきた真紀の調教が完全に水泡に帰してしまう。

オジさんの命令は絶対だから絶対に逆らえはしない。
真紀を追い込んでいるつもりが、知らないうちに自分までも追い詰めてしまうなんて最低・・・

こうなれば・・・腹をくくって真紀を泊まらせるためのアリバイ作りをするしかない・・・

「真紀ちゃん・・・そういうことなの・・・ごめんね・・・お迎えは実家に頼んであるんでしょ。ご主人への言い訳も考えておくから今日はこのまま泊まってね・・・ごめんね・・・」
「そ、そんな・・・そんなことできません・・・帰ります・・・帰して・・・」
オジさんの腕の中で抵抗を始める。
「真紀ちゃん、これ以上困らせないで・・・オジさまを怒らせたら大変なの・・・わかって・・・」
「帰りたい・・・帰りたいの・・・帰らせて・・・オジさま・・・ユキさん・・・このことは絶対に誰にも言いません・・・言う通りにします・・・次も約束します。お願いします・・・あぁぁ・・・」
「だめだ・・・帰さないよ・・・朝までここにいるんだ・・・たくさん可愛がって・・・可愛いお前のすべてを溶かしてやる」
オジさまの身体が真紀の上に重なる・・・
「どうか・・・オジさま・・・堪忍して下さい・・・あぁぁあっあっ・・・やめてぇぇ・・・もうよしてぇぇ・・・帰らせてぇぇ・・・」
「そんなこと言ってるけど、もっと可愛がってほしいんだろ・・・ココはぐちょぐちょだぞ・・・」
「ひぃぃ・・・いやぁぁぁ・・・あぁぁ・・・いじっちゃいやぁぁぁ・・・かえらせてぇぇぇ・・・あっひぃぃ・・・」
「こんなに簡単に呑み込めるなんて・・・いい感じに仕上がってきたな・・・もっと抱いてほしいんだろ・・・いじめてやるよ」
「あっ・・・あぁぁ・・・やめてぇぇぇ・・・かえらせてぇぇぇ・・・」
抵抗しても無駄だとわかっているのか、オジさん胸の中でさえずるように同じ言葉を繰り返す真紀・・・
「ツルツルでじゅじゅくのいいオ○○コだ・・・可愛いよ・・・ずっとここにいるんだ・・・」
オジさんの指が熱い花弁をまさぐり、熱い口唇が触れてきつく吸われると悲痛な声で喘いで、思い切り泣き崩れてしまう。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

独り占めしないで
「ぐにゅぐにゅでぐちょぐちょだ・・・いいぞ・・・真紀・・・」
「あっひぃぃ・・・うわぁぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・」
「お前はこんなにいやらしく濡れてるんだよ・・・何度も言わせるな・・・できないならまた縛るぞ。それでもいいのか」
「いやいや・・・もう痛いのはいやぁぁぁ・・・いやなのよぉぉぉ・・・いやぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・教えてもらったとおりにしなさい・・・すぐに入るわ・・・大丈夫・・・」
ここで手伝ってはいけない・・・カタチはどうであれ、真紀が自分の意思で自らを貫くことが大切なのだ。

「さあ・・・できるはずよ・・・やりなさい・・・」
「早くコイツを可愛い真紀ちゃんの中に入れておくれ・・・ぬるぬるの真紀ちゃんの中に・・・」
抱きしめてささやきながらオジさんがペニスを握らせると、真紀は静かに眼を閉じて自らの花弁にあてがって腰を沈めていく・・・
「あっふぅぅ・・・ぐぅぅ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・」
「うっっ・・・お前の中に・・・真紀・・・そのまま・・・ゆっくりでいいぞ・・・」
オジさんがお尻を抱き寄せると、隠すものが何もない真紀の花弁が大きなペニスをするりと呑み込み、敏感な突起が見え隠れする・・・
「お、おじさま・・・うぐぅぅ・・・あぐぅぅ・・・あっあっあぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・」
「真紀ちゃん・・・そうよ・・・しっかりと入ってるわ・・・とってもきれい・・・きれいよ・・・」
「うっっうぅぅ・・・上手だ・・・・いいぞ・・・腰を振ってごらん・・・ほら・・・そうだ・・・できるじゃないか」
最初に犯した時の鬼のような形相が一転して、優しくいたわるように真紀をずっと扱っているのに少しだけ妬いてしまう。
「あっ・・・あぁん・・・うぅぅ・・・あんあん・・・きもちいい・・・いいの・・・あんあん・・・すごい・・・あぐぅぅ・・・」
ペニスをしっかりと体内に咥え込んだ真紀がベッドに手をつき、もじもじしながら幼稚なしぐさで腰を振り出す・・・
「うっぅぅ・・・真紀・・・うまいぞ・・・もっと見せてあげよう・・・ユキにしっかりと写してもらえ」
オジさんが横になり、喘ぐ真紀との結合部分が良く見えるように足をぐっと広げて、ぬちゃぬちゃ、くちゅくちゅと音をさせながら下から揺さぶる。
「真紀ちゃんのいやらしい音がしてる・・・とっても・・・」
「どうだ・・・ユキ・・・真紀のスケベなオ○○コがよく見えるだろ・・・」
「ゆきさん・・・と・・・とらないで・・・あぁぁ・・・あん・・・は・・・はずかしい・・・あんあん・・・」
「とってもきれいよ・・・たくさん撮ってあげる・・・こっちを向いて」
「もっと自分で動いてごらん・・・真紀も楽しまなきゃだめだよ」
「あん・・・そんな・・・」
スローモーションのようにオジさんの上で踊る真紀・・・
喘いでいるあどけないその顔やぬらぬらと光る結合部分のアップ・・・
カメラマンになった気分で二人を撮りまくるが、ただ見ているだけではつらい・・・貫かれている真紀を一緒に可愛がりたくなってくる。

「ねえ・・・オジさま・・・自分たちばかりずるい・・・舐めてもいいでしょ・・・私だって・・・あん・・・我慢できないの・・・いいでしょ」
返事も聞かないうちに、ペニスが潜り込んで大きく広がっている花弁にちゅぱちゅぱと音をさせながら吸いつき舐め回す・・・
「真紀ちゃん・・・すごいわ・・・こんなに熱くなって・・・あんあん・・・私にもちょうだい・・・」
「あっうわぁぁ・・・いっやぁぁ・・・ゆ、ゆきさん・・・そんな・・・だめです・・・あぐぅぅ・・・あっひぃぃ・・・」
「ユキ、我慢できないなんてだめだな・・・でも、もともとユキが連れてきたおもちゃだから仕方ないか・・・」
「あん・・・真紀ちゃんはわたしのものよ・・・あんあん・・・独り占めしないで・・・」
「よかったな、真紀。もっと舐めてもらおうね」
私の舌が動きやすいように真紀の股をさらに大きく広げる・・・
「うわあっあぁぁ・・・はずかしい・・・いやぁぁ・・・舐めちゃだめぇぇ・・・ああん・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・だめぇぇぇ・・・」
ぐしょぐしょの花弁とその中に潜り込んで上下運動を繰り返すペニスを一緒に舐め、敏感な突起をあぐあぐと噛む。
「だめぇぇ・・・おかしくなっちゃう・・・ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・だめよぉぉぉ・・・だめだってば・・・」
「おかしくなればいい・・・真紀・・・狂ってみろ・・・どうだ・・・」
「あぁぁ・・・もっと・・・あぁぁ・・・もっと・・・」
「真紀ちゃん・・・こんなになっちゃって・・・オジさまが大好きなのね・・・」
連続した調教によりドロドロになっている真紀を舐めると、さらに粘っこくて酸っぱい蜜が溶け出している。
「ひぃぃ・・・だめぇぇ・・・ううぇぇ・・・ひぃぃ・・・もうだめぇぇ・・・」
「真紀ちゃん・・・美味しい・・・もっとあなたのジュースをちょうだい・・・あんあん・・・」
お尻に回した指を開きつつあるアヌスに潜り込ませていく・・・
「ここもずいぶん開いてきたわね・・・指が全部入るわ・・・」
「ゆきさん・・・そこだめ・・・だめぇぇぇ・・・あんあん・・・ゆきさん・・・入れないでぇぇぇ・・・」
「真紀・・・締まるぞ・・・うっうぅぅ・・・きつい・・・」
緩んだアヌスの中で私の指が自由自在に動く。
「こんなに柔らかいお尻・・・ここもわたしたちのものよ・・・」
「お、おじさまぁぁぁ・・・ゆ、ゆきさん・・・もうもうだめぇぇぇ・・・だめなのぉぉ・・・」
「もっと狂え・・・狂うんだ・・・真紀・・・」
「きもちいい・・・きもちいいのぉぉ・・・あんあん・・・あっひぃぃ・・・」
乳房をしっかりとつかまれた真紀の身体がガクガクと揺れて堕ちるのに合わせて、体内に白濁の液体が勢いよく発射されて結合部分から溢れ出てきた・・・

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

広げられた花弁
「普通が良かったのにごめんな・・・いろんな体位で真紀ちゃんと楽しみたいんだ・・・」
シーツに顔を押し付けて喘いでいる真紀の手を後ろからつかんで激しく突き立てる・・・
「あぁぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・すごい・・・うっぅぅぅ・・・」
「ぐじゅぐじゅだぞ・・・真紀・・・うおぉぉ・・・うおぉぉぉ・・・」
つながっていたオジさんが真紀から一度離れ、子どもにおしっこをさせるような姿勢でこちら向きにさせると、そんな同情の気持ちを打ち破るように真紀が騒ぎ出す・・・
「あっあっ・・・な、なに・・・えっえっ・・・やめてぇぇぇ・・・こんなかっこう・・・いやよ・・・はずかしい・・・やめてぇぇぇ・・・」
「真紀、いやらしくなったお前のオ○○コをよく見てもらえ・・・ユキ・・・しっかり撮ってやれよ。」
「うわぁ・・・こんなにいじめられているのにとってもきれいよ・・・たくさん撮って旦那さまに見せてあげましょ・・・自分の可愛い奥さまのいやらしい姿にびっくりするでしょうね」
「こうすれば奥まで見えるかな・・・」
指で大きくくつろげられた真紀の花弁にフラッシュが当たっていやらしく光る・・・
「きゃあぁぁ・・・そんなとこ、とっちゃいやぁぁ・・・いやぁぁ・・・だめだめだめぇぇぇ・・・」
「いやらしく光ってる・・・毛がないのがすごく素敵・・・大切なところが全部見えてるわ・・・本当にきれい・・・」
「そんなこというの・・・やめてやめて・・・あぁぁ・・・とらないでぇぇ・・・とらないでぇぇぇ・・・しゃしんとらないでぇぇぇ・・・」
「ユキにもさんざんいじくられたオ○ンコだろ・・・これが真紀奥さまの本当の姿だ・・・もうお前の旦那さまのものじゃないぞ・・・」
「あぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・とらないで・・・しゃしん・・・とらないで・・・いやぁぁぁ・・・いやぁぁぁ・・・」
「真紀・・・お前はいやらしい奥さまだ・・・わかってるのか・・・ほら・・・大好きなチン○を入れてやるぞ・・・うっうぅぅ・・・」
「あっ・・・ひぃぃ・・・うわうわぁぁ・・・あぁぁ・・・うわうわぁぁ・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
そのままの姿勢で真紀の腰が落とされ、赤く腫れ上がったペニスがぐぐっと挿入されると耳をつんざくような金切り声が何度も何度もこだまする・・・
「きゃあぁぁ・・・うっぐぅ・・・ひぃぃ・・・うぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・ひぃぃ・・・」
「ユキ、どうだ・・・このオ○○コはきれいなままだろ・・・それにまだまだ狭い・・・うっうぅぅ」
「とってもきれいだし・・・真紀ちゃんだんだん上手になってきてる・・・オジさまをしっかり咥えこんでるじゃない・・・」
大きく広げられ貫かれている真紀の花弁が揺れて、剛直なペニスがその中から見え隠れする。
「ゆき・・・さん・・・とらないでぇぇ・・・とらないでぇぇ・・・だめだってばぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
「ちゃんとカメラを見ないと本当に見せちゃうわよ・・・こっちを向いて・・・向きなさい」
嫌がる真紀を脅して、ぬるぬるになってペニスを咥え込んでいる花弁と涙に濡れた可愛い顔をしっかりと撮影する・・・

「今度はさっさとまたがって自分で入れるんだ・・・早くしろ・・・」
今まで体内に潜り込んでいた熱いペニスをもう一度挿入させようと真紀と向かい合わせになって、熟してきている花弁へと嫌がる手をつかんで導いて触らせる。
「もうコイツには慣れたよな・・・」
「ひぃぃ・・・そんなこと・・・できません・・・できません・・・いやよ・・・いやよ・・・」
「ホントに強情で意地っ張りで・・・どうしようもない奥さまね。さっさと自分でやりなさいよ」
「いやぁぁ・・・あぁぁ・・・できません・・・できないんです・・・」
「なら、これで写真撮って送っちゃおうっと・・・」
真紀の携帯で撮影を始める・・・
「やめて・・・そんなこと・・・いやあぁぁぁ・・・」
「ほら見て・・・よく写ってるわ・・・旦那さまのほかに送ってほしい人っている?」
「ゆるして・・・ゆるしてください・・・おねがいです・・・します・・・じぶんでします・・・だから・・・だから・・・おねがいやめてぇぇぇ・・・」
「そうよ・・・あの日は・・・ちゃんとできたでしょ・・・だから早く・・・怒られないうちに・・・いい子だから」
あの日の夜の内緒話をオジさんに聞き取られないように耳元でつぶやき、口唇を重ねる・・・
厳しく叱責する私と優しくなだめるオジさん・・・いつの間にか役割が逆転している。
「まずは自分の指でこうして確かめて・・・そうだ・・・ぐちょぐちょになってるのわかるだろ・・・そうだ・・・ここだよ・・・」
「あっあぁぁ・・・うわぁぁ・・・やめてぇぇぇ・・・うぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
「ほら・・・とっても柔らかいね・・・お前の身体はこうして俺を欲しがっているんだよ・・・指を奥まで入れてみよう・・・」
自分の指をつかまれ花弁に挿入されられて、下からぐにぐにと掻き回されてしまう・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

素直に感じればいい
「いやあっあぁぁ・・・ああん・・・あん・・・あぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・」
「うっぅぅ・・・真紀・・・じゅくじゅくだ・・・うっうぅぅ・・・こりゃ・・・たまらない・・・」
「あんあん・・・うぅぅ・・・あぐぅぅ・・・」
「なんて・・・柔らかいんだ・・・ちょっとだけきつく動くから・・・我慢してね・・・」
真紀の身体がオジさんに押しつぶされ激しく突かれると、抱え込まれた細い両足は何度も何度も宙を蹴り、両手は広い背中のあたりをさ迷い、時には耐え切れず乱れたシーツをつかんで切ない喘ぎ声を漏らす・・・
「あぁぁ・・・うぐぅぅ・・・ああん・・・あん・・・お・・・おじさまぁぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・だめぇぇ・・・」
「そう・・・そうだよ・・・素直に感じればいい・・・真紀ちゃんは最高に素敵な女の子だ・・・可愛いよ・・・」
「あっあっ・・・まきは・・・ああぁぁ・・・まきは・・・ひぃぃ・・・うわうわぁぁぁ・・・」
「真紀・・・いいんだよ・・・しがみついて・・・」
優しいささやきとともに口唇同士が重なり合い、ねっとりと舌が絡み合う・・・
すると・・・さ迷っていた真紀の手が広い背中にしがみつき、オジさんも抱え込んだ足を解き放つと小さな身体が広いベッドの上で自由自在に泳ぎ始める。
「あっあぁぁ・・・うわぁぁ・・・おじさまぁぁ・・・いいぃぃぃ・・・いいのぉぉぉ・・・とってもいいの・・・」
自由な姿でオジさんを受け入れ感じている真紀は、手足を拘束され受け入れさせられた時の交わりよりも自然でとても美しい・・・
重なりなった二人の身体が溶けるように絡み合って、ベッドが激しく揺れる。
「真紀・・・うおぉぉ・・・今までより・・・ずっとずっといいぞ・・・ぐちょぐちょのオ○○コがぐいぐい締めつけてくる・・・」
「いやん・・・あんあん・・・そ・・・そんな・・・はずかしいの・・・あんあん・・・はずかしい・・・」
「もっと大きな声を出してごらん・・・『おじさま、もっとつよくって』言うんだ・・・」
「あぁぁ・・・いいのぉぉ・・・き、きもちいいのよぉぉ・・・あっあっ・・・いいぃぃ・・・いいぃぃ・・・」
「恥ずかしくないから・・・言ってごらん・・・」
「・・・・も、もっと・・・もっとつよく・・・まきを・・・まきをだいて・・・おじさまぁぁ・・・あっひぃぃ・・・うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
身もココロも自由になろうとしている真紀が罪の意識を打ち消すように大きなよがり声を上げると、その「願い」通り猛烈な勢いで反復運動が開始され、小さな身体はますます淫靡なベッドの海の中へと沈みこんでいく・・・

「もっと・・・なんて声出して腰振っちゃって・・・何も知らないような可愛い顔してるくせにやっぱり旦那さまにたくさん可愛がられているのね・・・」
「あん・・・こ、こしなんか・・・あぁぁ・・・ゆきさんの・・・いじわる・・・」
少女のようだけど真紀・・・自由できれいな真紀をまぶたに焼き付けるだけではもったいない・・・
持ってきたカメラを絡み合う二人に向けて、夢中でシャッターを何度も何度も切ると、フラッシュが汗まみれの身体に反射してキラキラと光る。
「いやぁぁ・・・しゃしん・・・とらないで・・・きゃあぁぁ・・・やめてぇぇ・・・しゃしん・・・いやぁぁぁ・・・」
「ユキ、記念撮影か・・・可愛いくせにいらやしい真紀ちゃんをしっかり撮れよ・・・ほら・・・」
足首をつかむと大きく広げて、二人が結合した部分を見せる・・・
「あっという間にこんなにいやらしくなるなんてびっくりだわ・・・オジさまに抱かれた記念にしっかり撮っておくわね・・・」
「だめぇぇ・・・やめてぇぇ・・・・いやぁぁぁ・・・とらないでぇぇぇ・・・」
「真紀のぐちょぐちょオ○○コをちゃんと撮れよ・・・絡みついて吸いついてくる・・・」
「真紀ちゃん・・・こっち向いて・・・しっかりカメラを見るのよ・・・」
無毛の花弁にグロテスクなペニスがぬちゃぬちゃと出入りする光景にうっとりしながら、連続してフラッシュを浴びせ続けると、真紀までもがうっとりとした表情へと変わり、カメラのレンズを見つめるようになってくる。
執拗に抱かれ辱められ、連続した光の点滅を浴びせられて思考能力がなくなりつつあるのだろう。
そんな真紀が今度は後ろから貫かれてしまう・・・
「あっひぃぃ・・・あぁぁ・・・んぐぁぁ・・・」
オジさんが獣のように腰を振ってぐいぐいとペニスを押し込んで吠えまくる。
「どうだ・・・獣のように後ろから犯されるって・・・うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・真紀・・・真紀・・・」
「やめてぇぇ・・・こんな格好いやぁぁ・・・あうぅぅ・・・あっひっひぃぃ・・・」
細い腰がぐいぐいと引き付けられて突かれ、下向きになった小さな乳房がぷりぷりと揺れる・・・
「真紀・・・引き締まってしっかり咥えてるぞ・・・いいお尻だ・・・ここもな・・・」
「あっひぃぃ・・・おじさま・・・お尻はだめぇぇ・・・いやだぁぁ・・・うわぁぁ・・・そこはいやぁぁぁ・・・」
つながった部分をオジさんがなぞりながら、溢れ出てくる蜜で濡れ光るアヌスに指を潜り込ませると、ひときわ甲高い叫び声を上げてお尻をもじもじさせる。
「いやいや言うわりにはアヌスも好きそうじゃないか・・・十分目覚めたみたいだな・・・」
「あっあぁぁ・・・うぐぁぁ・・・おしりがぁぁぁ・・・へん・・・へんなの・・・」
「ユキ、見とれてないで真紀が悦んでる顔をしっかり撮れよ・・・」
言われなくても、カメラの液晶画面には喘ぐ真紀の顔が大きく映し出されている・・・
でも、真紀が犯されているのをずっと見ていると、少しだけ同情の気持ちが沸いてくるから不思議だ。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

お願い、普通に抱いて・・・
「はうぅ・・・真紀・・・びっしょりじゃないか・・・美味いぞ・・・感じてるんだね・・・」
「あっひぃぃ・・・ぐっ・・・きゅうぅぅ・・・あんあん・・・だめぇぇぇ・・・」
同じ『だめぇぇぇ・・・』でも最初とはずいぶん違う・・・
甘い悲鳴なのか歓喜の声なのか・・・剥き出しの花弁を縦横無尽に吸われて、真紀がうめき喘いでいる。
「真紀ちゃん・・・可愛いよ・・・あぅぅ・・・もっともっと欲しいよ・・・食べちゃいたい・・・」
小さな身体は可愛くて軽く、簡単に扱われてしまう。
「きゃっ・・・きゃん・・・あん・・・きゃあぁぁ・・・うわあぁぁ・・・」
いとも簡単に逆さに押さえ込まれ、大きく広げられたぐちょぐちょの花弁にオジさんの顔が沈み込むと、しなやかな両足が自転車のペダルをこぐように回転する・・・
「あっひぃぃ・・・うわぁぁ・・うわうわぁぁ・・・あひひぃぃ・・・」」
「お尻も舐められるのが好きなんだろ・・・アヌスも小さくてきれいだ・・・」
真紀のアヌスは何度いじられても、おちょぼ口のようにきゅっと締まっている。
それでも、これまでの入念な調教によってやっと細いバイブを咥え込めるようになってきたのだ。
「うっうっっ・・・だめぇぇ・・・そ、そこは・・・うわあぁぁ・・・おしりは・・・」
おぞましい感覚に激しく狼狽しながらも抵抗することなどできず、大きな声を出してうごめくオジさんの舌を受け入れている・・・
「オジさま、ちょっとの間、二人でゆっくりと楽しんでね・・・」

次の調教へのグッズを持ってリビングルームから戻ってきても、オジさんはまだアヌスをちゅぱちゅぱと美味しそうに舐めている。
「真紀ちゃんのアヌス、きれいで美味しいよ・・・美味しい・・・」
「あっあっ・・・お、お、おしりは・・・だ、だめなの・・・あぐぅぅ・・・あうぅぅ・・・あっあぁぁ・・・」
吸いついたと思ったら今度は舌の先でちろちろと舐め、また口に含んでちゅるちゅる、ちゅぱちゅぱと吸って開きかけた蕾に唾液をたっぷりと含ませる・・・
「いやぁぁ・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・オジさま・・・あっひぃぃ・・・ひぃ・・・」
抱え込まれたお尻はオジさんに好きなようにもてあそばれ、奥に隠れていた蕾は丹念な愛撫によって柔らかくほころんできている。
「いい感じになってきたぞ。バイブを呑み込めるんだし・・・これぐらい簡単だろ・・・どうかな」
「うっうわぁぁ・・・いじらないで・・・入れないでぇぇ・・・うわぁぁっぐぅぅ・・・ぐうぇぇぇ・・・」
柔らかくほころんだ蕾は侵入してくる指をぬるりと受け入れて、きゅっと締めつける。
「く、くるしい・・・あぐっぐぅぅ・・・」
「だめだよ。こんなに締めつけちゃって指が痛いし、真紀ちゃんだってもっと力抜かなきゃ苦しいぞ・・・さっきはできただろ・・・ほれほれ」
オジさんは休むことなく、含ませた指をぐにょぐにょと回しながら奥へと進ませる・・・
「い、いやぁ・・・はいっちゃうぅぅ・・・はいっちゃうぅぅぅ・・・あっひぃぃ・・だっめぇぇ・・・」
「いやらしい奥さまだ・・・おやおや?こっちの方はすごい洪水になってるぞ・・・」
ほころんだアヌスをまさぐりながら、無毛の花弁を掻き回すと大量の蜜が溢れ出し、それをオジさんの舌がすくい取るように舐める。
「あうぅ・・・す、すごいぞ・・・真紀・・・うわうおぉぉぉ・・・ぐちゅぐちゅだ」
「あっあぁぁ・・・いじらないでぇぇ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・おじさまぁぁぁ・・・」

「可愛くて待ちきれないんだよ・・・また抱きたい・・・ゆき・・・いいだろ?」
今度はオジさんが情けない声を出す。
「あら・・・オジさまったら・・・またもう?さっきしたばかりなのに・・・せっかちね・・・十分楽しんだでしょ。これで何度目?」
タフはタフだが、これほど激しく何度も真紀を求めるとは予想していなかった。
「あぁぁ・・・ゆきさん・・・もうだめなの・・・あぁぁぁ・・・だめなのぉ・・・」
「真紀ちゃんまでそんなこと言っちゃって・・・それじゃ抱いてもらいましょうね」
両方の穴をまさぐられ舐められている真紀もついに限界に達し、もうろうとしながら首を縦に振ってしまう。
「いい子だ。よし、約束どおり優しく抱いてあげる・・・今度は縛らないから・・・思いっきり感じていいんだよ・・・痛いのはもうおしまいだ」
「そうよ・・・真紀ちゃんは女の悦びをもっと感じて幸せにならなきゃ・・・」
「今まで乱暴な扱いをしてごめんな・・・うぶな真紀ちゃんは普通のセックスがいいんだよね・・・せっかく出会いを大切して楽しもう」
「お、おねがい・・・ふつうに・・・・・・だ・・・い・・・て・・・くだ・・・さい・・・」」
また「優しいモード」になったオジさまにささやかれると真紀も女の子・・・自分を犯した相手にすがるような声を出して哀願する。
「わかった・・・ずっといい子にできるのなら約束するよ・・・」
ベッドの中央に仰向けに横たわる真紀の花弁が広げられ、疲れを知らないオジさんのペニスが挿入されようとしている。
「ユキ、自由な真紀が抱かれる姿をしっかり見てろよ・・・」
細くて白い足の間に挟まれているオジさんの頑丈な下半身がぐっと沈み込むと、真紀の柔らかい悲鳴が響く・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

帰らせてぇぇぇ・・・
「せっかくきれいにしたのにまた出されちゃったのね・・・真紀ちゃん、とってもいやらしくなってきてるわ・・・」
「あぁぁ・・・言わないで・・・」
激しく交わった後の真紀をきれいに洗い流して、バスタオルで身体を拭いて巻いてあげる。
「きれいになったわ・・・今日ぐらいはちゃんと隠さないとね・・・そこら辺りの安っぽい奥さまじゃないもの・・・」
「・・・あぁぁ・・・」
真紀はそれ以上言葉も発せず目も合わさない・・・悲しみと羞恥に耐え、一生懸命運命を受け入れようとしている。
でも、そう簡単に自分の身に起きていることを「納得」してもらうわけにはいかない。
『いい子になりなさい』などと自分で言いながら、素直でおとなしい真紀なんかに興味はない・・・愛しい旦那さまを想って涙が枯れても泣いてもらわなくてはいけない。
「だくさん抱かれてくたくたでしょ・・・ベッドに行きましょう・・・」
「もういや・・・かえらせて・・・かえらなきゃ・・・こどもがぁぁ・・・」
「このまま帰るなんてだめよ・・・休まなきゃ・・・疲れてるでしょ・・・」
うなだれる真紀をバスルームから連れ出し、ドアを開けると、すでに日が傾き始め、明るかったベッドルームがいつの間にか薄暗くなりつつある。

乱れたベッドを見た途端、正気に返ったように真紀の表情がきつく変わる・・・
「許してください・・・本当に・・・もう帰らなくちゃ。あの子が帰ってきます・・・ユキさんならわかって・・・わかってくれますよね。お願いします」
「あら・・・今度は子どもさんのことを言い訳にして、またそうやって逃げるつもり?あなたって本当にずるい奥さまね」
「あぁぁ・・・ですから・・・ですからお願いしているんです・・・どうか・・・帰らせて下さい・・・もういや・・・いやなの・・・」
ドアの付近で尻込みをし、イヤイヤを連発する。
「あら・・・まだいいじゃない。お迎えはちゃんと頼んであるんでしょ・・・もっとゆっくりしましょうよ・・・もっともっとオジさんを満足させてあげなきゃ」
「そんな・・・もう無理です・・・帰らせて・・・帰ります」
快楽に身を任せてしまった自分を恥じ、必死になって母親に戻ろうとしているが、どうあがいても真紀は囚われの身・・・自分で決めることは何一つとして許されない
「真紀ちゃんはいいお母さんだね・・・それっていいなぁ・・・ここでたくさんエッチなことされているのに・・・意地らしいよ・・・」
「いやらしいことはもう・・・もうやめて・・・帰らせて・・・お願いします・・・帰ります・・・」
「逃げられたら困るからな・・・そう簡単に帰すわけにはいかないよ・・・可愛い真紀ちゃんをもっと抱きたい・・・大好きなんだ・・・わかってくれよ」
「に、逃げるだなんて・・・そんなことできないのに・・・今日はもう・・・もう・・・恥ずかしくてだめなんです・・・子どもも帰ってきますし・・・オジさま・・・どうか許してください・・・」
「おやまあ・・・そんなに帰りたいのか・・・困っちゃうね・・・」
オジさんがちらっと私を見るが、当然首を横に振って拒否の合図を送ると、ニヤリと悪だくみの笑みを浮かべる・・・
「ごめんな・・・いろいろ都合があるだろうけど、セックスのレッスンの最中に帰すわけにはいかないよ・・・もっと上手にならなきゃ・・・」
「オジさまったら・・・よっぽど気に入ったのね・・・真紀ちゃん、自分のことばかり言わないでその気持ちに応えるようにがんばらなきゃ・・・」
「れっすんって?・・・もういやなの・・・今日は堪忍してください・・・あぁぁ・・・くっくぅぅ・・・こんなこと・・・ひどい・・・ひどすぎる・・・」
「同じことを何度も言わせないでくれよ・・・ベッドに行こう・・・」
絶望したのかあきらめたのか・・・こみ上げてくる嗚咽を我慢しながら、オジさんに肩を抱かれてベッドに向かって歩き出す・・・

「わかってくれたんだね・・・真紀ちゃん・・・今度は優しくしてあげるよ・・・もう帰りたいなんて言わせない・・・」
「あっ・・・きゃっ・・・」
胸に巻いたバスタオルにオジさんの指が触れると、はらりと純白の布が足元に落ち、私が丹念に洗い清めた裸体が現れる。
「あっ・・・いや・・・」
真紀が小さくつぶやき、あわてて乳房を隠そうとする。
「隠しちゃだめだよ・・・ユキにきれいにしてもらったんだね・・・すべすべだよ・・・」
オジさんが腕をつかんで胸から引き剥がしても、うなだれている真紀は軽く声をあげるだけ・・・
汚れを洗い流した身体は美しく輝き、幾度もの交わりによって調教されて艶かしく変身しつつある。
「さあ・・・またレッスンをしよう・・・」
乱れたベッドに清らかな真紀が沈み、オジさんの身体が重なって絡み合う。
「真紀・・・今日は帰さないよ・・・ずっとここにいるんだ・・・ずっとだ・・・」
「あっあぁぁ・・・そんなのだめです・・・かえらなきゃ・・・かえらなきゃぁぁ・・・あぁぁ・・・だめぇぇぇ・・・」
「真紀はどうしてここにきたんだい・・・逃げてもよかったのに・・・」
「ゆきさんに・・・あぁぁ・・・ゆきさんが・・・」
降り積もった雪に初めて足跡をつけるように、ぬるぬるした舌がお風呂上りの身体に唾液の線を引いていき、小高い丘を上ってピンク色の頂きを舐め含み、無毛の花園をめざして降りていく・・・
「脅かされたんだよな・・・新居でどんなことされたんだ・・・縛られてバイブでアソコをぐちょちょにされた・・・」
「あっあぁぁぁ・・・いわないでぇぇぇ・・・」
「旦那とするよりも気持ちよかった・・・だからまたここに来た・・・」
「ちがうの・・・あぁぁぁ・・・き、きもちよくなんかぁぁぁ・・・・」
「セックスが気持ちよかったんだろ・・・お肌がすべすべだ・・・舐めてあげるから自分で足を開いて見せてごらん・・・」
充血し濃い色になって顔を覗かせている突起をそっと撫でて開脚をうながす・・・
「そ、そんなことできない・・・あっあっ・・・かえります・・・かえらせてぇぇ・・・」
「できないのなら帰れないね・・・ここにお泊りするのか・・・」
「ど、どうしてわたしばかり・・・あっあぁぁ・・・うっうぅぅ・・・」
オジさんの目の前に可憐な花弁がゆっくりと広がっていく・・・
「いいぞ・・・きれいだ・・・真紀・・・それに石鹸の香りがとってもいい・・・ここに俺のを咥えたんだな・・・」」「みちゃいやぁぁ・・・みないでぇぇぇ・・・あぁぁ・・・」
広がった膝の間に黒い頭が潜り込んで前後左右に激しく動き、粘っこい花弁がじゅるじゅると吸われる。
「あぐぅぅ・・・あっあっ・・・だめぇぇ・・・くぅぅ・・・」
真紀がオジさんの頭を押しのけようとするが、それが逆にしっかりと自らの花弁に押し付けることになってしまう・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

バスルームでの調教
「すごいな・・・ユキ・・・こうやって調教してたのか・・・負けそうだよ・・・真紀ちゃんもずいぶんおとなしいね・・・どれどれ・・・」
オジさまが浴槽から立ち上がってシャワーブースの中に入ってきて、花弁に埋まっている瓶をぐにゅぐにゅと動かす。
「咥え込んでどんな気分だ・・・真紀・・・こんなものもいいだろ・・・」
「こ・・・こんなものでぇぇぇ・・・よしてぇぇぇ・・・あっあっ・・・あぐぅぅ・・・あぁぁ・・・」
つい、この間再会して久しぶりにバイブを潜り込ませたばかりなのに、もうこんなものまで上手に呑み込んでしっかりと締めつけてくる真紀には驚きだ。
「真紀ちゃん・・・しっかりと咥え込んじゃって・・・オジさまが来たわよ・・・固くて太いホンモノが欲しいのならお願いしなさい・・・」
「あぁぁぁ・・・もうだめぇぇぇ・・・だめぇぇぇ・・・ひぃぃぃ・・・」
「どうしてほしいの・・・言わなきゃわからないわよ・・・それともこのまま、これでイくの?」
瓶を持つ手の動きを早めて真紀の内側を掻き回して追い込む。
「ひぃぃぃ・・・いやぁぁぁ・・・もう・・・もうぉぉぉ・・・」
「そんなもので満足するならユキに任せるぞ・・・それともまたバイブでも呑み込んでもらおうか・・・もちろん両方の穴にだぞ・・・」
「ひぃぃぃ・・・そんなのいや・・・いやよぉぉぉ・・・とってもく、くるしかったの・・・だから・・・やめてぇぇぇ・・・」
「真紀、『やめて、いや、お願い』なんて、いつまでもそんな言葉でごまかすなよ。どうしてほしいんだ?はっきり言え」

「お、おじさま・・・ま、まきを・・・ちゃんと・・・だ・・・だいてください・・・も、もうだめですぅぅ・・・い、いじわるしないで・・・おねがいします・・・」
「聞こえないぞ。どうしてほしいのかな?もう一度しっかり聞かせてくれ・・・」
「・・・ま、まきを・・・だ、いて・・・だいて・・・ください・・・あぁぁ・・・もう・・・だめぇぇぇ・・・だめなのぉぉぉ・・・」
青い瓶に犯されている真紀がロボットのように一つずつ区切りながらその言葉を発すると、さらに泣きじゃくる。
取り戻したはずの貞操を奪われておもちゃにされた上に、今度は自ら抱いてくれるように言わされてしまう・・・その思いは気が遠くなるほど悲しくて恥ずかしくて切ないものだろう・・・
「そうか・・・やっと欲しくなったんだね・・・いい子になってとってもうれしいよ・・・それじゃお望みどおり・・・」
そう言いながら、潜り込んでいる異物を摘んでぬるぬるの花弁から一気に引き抜く・・・
「あっふぅぅ・・・うっうぅぅ・・・・」
「オジさまったら・・・可愛い真紀ちゃんにおねだりされちゃって・・・ココ、ぬるぬるですごいことになってる・・・早く入れてあげて」
「真紀ちゃん・・・よくがんばって言えたね・・・望みどおりのご褒美だ・・・入れるよ・・・そーら・・・」
両手を縛られたままの真紀の両足を抱え込んで一気に貫く・・・
「ぐぁぁ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・ぐぅぅ・・・うわぁぁ・・・」
「うおぉぉぉ・・・わおぉぉぉ・・・真紀・・・真紀・・・」
固くて熱いペニスがじゅくじゅくの花弁に突き刺さって激しく動き出し、真紀が快楽に押しつぶされて歓喜の声をあげる・・・
「い、いいぞ・・・真紀・・・じゅくじゅくのオ○○コ・・・熱くて・・・最高だぞ・・・うっぅぅぅ・・・気持ちいいよ・・・真紀のオ○○コ・・・うわぁぁぁ・・・」
オジさんも負けじと大きな声で卑猥な声を張り上げ、小柄な真紀を簡単に抱き上げ、赤黒いペニスでぐいぐいと突き上げる・・・きれいなバスルームの中でものすごい交わりの風景が繰り広げられる。

「あぁぁ・・・いいのぉぉ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・あぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・」
「真紀ちゃんったら、たくさん感じてるのね・・・うれしいわ・・・」
私たちにずっと辱められてきた真紀のココロと身体は確実に「成長」し、オジさんをきちんと受け入れられるようになってきたようだ・・・
「そ、そんなに・・・いいのか・・・真紀・・・気持ちいいのか・・・感じてるのか・・・」
「ひぃぃぃ・・・うわうわぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・あんあん・・・」
真紀の足をしっかりと身体に巻きつかせ、持ち上げるようにしてオジさんがリズミカルに腰を振ると、金具につながれている小柄な身体がきれいに波をうつように揺れる・・・
「ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・いいですぅぅ・・・きもち・・・いいで・・・すぅぅ・・・お・・・おじさまぁぁぁ・・・」
「うっうぅぅ・・・ぐいぐい締まる・・・すごい・・・すごいぞぉぉぉ・・・うおぉぉぉ・・・」
ペニスや幾種類のもバイブ、そして化粧品の瓶までも呑み込んだ可憐な花弁は未だその狭さを保ったまま、三度目のオジさんの挿入を受け入れている。
オジさんの固いペニスはその狭い内部をぐいぐいと押し広げて奥へ奥へとめざして暴れている・・・
「いいぞぉぉ・・・真紀・・・いいぞぉぉ・・・締まって・・・うおぉぉぉ・・・」
「お、おじさ・・・まぁぁ・・・ひぃぃ・・・いいのぉぉ・・・すごい・・・あぁぁぁ・・・」
「もっとほしいのか・・・奥まで入れるぞ・・・ほれほれ・・・どうだぁぁ・・・」
「あひぃぃぃ・・・すごい・・・うわぁぁぁ・・・ひぃぃひぃぃ・・・もうだめぇぇぇ・・・あっひぃぃぃ・・・もうだめぇぇぇ・・・」
締め切られた狭いシャワーブースの中で汗びっしょりになった二人の身体が絡み合い、歓喜の声が響き続ける。
「うおぉぉ・・・うぐぁぁ・・・真紀・・・熱いぞぉぉぉ・・・」
「あっあっ・・・あぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・あっひぃひぃぃぃ・・・」
ものすごい突き上げを受けて、真紀の歓喜の声がだんだん悲鳴に近くなってくる。
「あぐぅぅ・・・だ、だめぇぇ・・・だめよぉぉぉ・・・あっあっあぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・もう・・・だめぇぇぇ・・・だめなのぉぉ・・・」
「まだまだだよ・・・もっとだ・・・もっとだよ・・・まだまだ・・・」
「あぐぅぅ・・・うっうぅぅ・・・」
「だんだんよくなってきてるぞ・・・真紀・・・お前だってそうなんだろ・・・」
「あぁぁ・・・き・・・きもちいいですぅぅ・・・おじさまぁぁぁ・・・」
二人の口唇が重なり合いむさぼるようなキスが交わされ、オジさんの腰の動きがゆるやかに大きくなったり激しく動いたり・・・真紀の濃厚な蜜をどんどん吸ってペニスが赤黒く光り膨張する。
「うっうぅぅぅ・・・うわぉぉぉ・・・出るぞ・・・出るぞ・・・真紀・・・いいか・・・うひゃぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」
「ださないでぇぇぇ・・・・おじさまぁぁぁ・・・だめぇぇぇ・・・ださないでぇぇぇ・・・ひぃぃぃ・・・いやぁぁぁ・・・」
二人の身体がつながったまま激しく痙攣し、動きが止まった・・・

こうしてピカピカのバスルームの中でも真紀は貫かれてオジさんの精液を吸わされてしまった

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

いいものくれたわよ・・・
「すけべで淫乱な真紀奥さまはユキの指だけじゃ満足できないって顔してるぞ。おやおや・・・いいものがここにある」

c_apical_bottle2.jpg


もっと責めたいという私の意図を察したのか、いきなり立ち上がって備え付けのローションの瓶を私に手渡してバスルームの照明だけを消して、また浴槽へと戻っていく。
「真紀ちゃん・・・いいものくれたわよ・・・ほら・・・」
「なに?えっ?どうするの?もしかして・・・やめてぇぇぇ・・・おねがいぃぃ・・・」
「バイブは飽きたでしょ・・・待っててね・・・このままでもいいけど・・・」
先の丸い円筒型の瓶に真紀の身体についている泡をたくさん塗りつけて、広げた足の間にぎゅっとあてがう。
「うわぁぁ・・・うわぁぁ・・・そんなもの・・・いれないでぇぇぇ・・・いやぁぁぁ・・・」
「オジさんのより楽に呑み込めるはずよ・・・これより太い玩具だって経験しているでしょ・・・ほーら・・・入れるわよ・・・」
「あっあっあぁぁ・・・んぐぅぅ・・・へんなものが・・・はいってくるぅぅぅ・・・だめぇぇぇ・・・」
花弁に固い物体が触れると、かすれた声で必死に鳴いていた真紀はついに観念したように目を閉じる。
「そうよ・・・いい子だわ・・・いろんなものを呑み込まなきゃね・・・」
「ゆきさ・・ん・・・ひぃぃぃ・・・あっあっあぁぁ・・・」
もちろん花弁の蜜はずっと止まらずに溢れ出て股間から内股を濡らしているので、軽く瓶の底を押すだけで青い円柱が真紀の体内にぐにゅりと吸い込まれていく・・・

「そう・・・そうよ・・・そのまましっかり咥えるのよ・・・オジさま・・・見てあげて・・・真紀ちゃんがとってもきれい・・・ほら・・・」
薄暗いバスルームの中で、シャワーブースだけが明るく光ってコントラストが強くなり、その中で青い瓶を咥えてうごめく真紀のピンク色の花弁がほんわりと浮き出て見える・・・
「これは・・・なんてすごいんだ・・・真紀ちゃんがこんなこともできるなんて・・・」
強烈な光景を見せつけられて、オジさんが唖然としている。
真紀は純情な奥さまだったが、こうして差し出すからにはあらかじめに調教してある・・・足りないのは男性との濃密なセックスだけ。
「びっくりした?オジさまを楽しませるために苦労して覚えさせたのよ・・・これで驚かないで・・・まだまだこれからよ・・・」
くちゃくちゃ、くちゅくちゅという音とともに花弁に埋まっている瓶をゆっくりと前後に動かし始めると、青とピンクの色が絡み合う。
「うわぁぁ・・・うごかさないでぇぇ・・・あっあっぁぁぁ・・・うっぅぅぅ・・・」
「真紀ちゃん・・・すごく柔らかくなってきてる・・・オジさまにたくさん抱かれただけあるわ・・・しっかり練習して、今度は真紀ちゃんが悦ばせてあげなきゃ・・・」」
体内の異物をしっかりと咥え込んでいる真紀はすすり泣き、縛られた手を小刻みに揺らして自由の奪われた身体を波打たせている・・・
「あぁぁ・・・もう・・・よし・・・てぇぇ・・・うぐぅぅ・・・」
「だーめ・・・うふふ・・・もっと感じてね・・・」
汗と水滴に覆われた真紀の口唇を重ねて、握っている瓶を強く押し込むと口をパクパクさせて苦しそうに喘ぐ。
「あっぐぐぅぅ・・・あっあっ・・・うっうっ・・・はふぅぅ・・・」
「こんなにぬるぬるにしちゃっていやだわ・・・まんざらでもないみたいね・・・」
今度は右に左にと回転させながらぐいぐいと押し込み、瓶から伝わってくるぬちょぬちょの感触を楽しんで真紀をどんどん責め立てる。
「あっあぁぁ・・・あぐぅぅ・・・ゆ、ゆきさん・・・もう・・・ひぃぃ・・・」
「どんなに自分がいやらしい奥さまになっているか・・・自分で確かめてみなさい・・・」
足をしっかりと持ち上げてシャワーブースのガラスに向き合うと真紀のアソコがきれいに映る・・・
「ほら見なさい。自分のいやらしいアソコをちゃんと見るのよ・・・」
「いやぁ・・・いやです・・・そんなひどいこと・・・し、しないでぇぇ・・・」
「ぬるぬるに濡れながらくちゅくちゅ音を立ててこんなものを呑み込んでいるわよ・・・見なさいってば・・・これがあなたの本当の姿なのよ・・・」
真紀を激しく責めたてるとついに観念して、ガラスに映りこんでいる自分の淫らな姿をうつろな目で見つめる・・・
「邪魔な毛がないとこんなにきれいに見えるのね・・・ほら・・・」
「いやぁぁ・・・こんなのいやぁぁ・・・」
「しっかり見なきゃおうちには帰れないわよ。今度は青い瓶が出たり入ったりするから・・・」
花弁の中の瓶を前後に動かすと、真紀のうつろな目が自分の哀れな姿を追いかける・・・
「ゆきさん・・・わたし、もう・・・もうだめぇぇ・・・」
「もっといじめてほしいんでしょ。『真紀は悪い子です。もっといじめてください』って言うのよ」
「ひぃぃ・・・そんなこと・・・あんあん・・・うごかさないで・・・だめよ・・・うわぁぁぁ・・・」
「それが言えなきゃいつまでたっても帰れないわよ・・・どうするの・・・」
「・・・あぁぁ・・・ま、まきをもっといじめてぇぇ・・・いじめてぇぇ・・・」
真紀が金切り声を発して頭を左右に激しく振って、恥ずかしい言葉をついに口にしてしまう・・・
可愛い奥さまの新しい崩壊が始まったのだ。

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

奥深くまで見つめられて
img_guestroom04.jpg


「だんだんいやらしい身体になってくるわね・・・ここなんかびしょびしょでとっても柔らかい・・・自分でも変わってきたのがわかるはずよ・・・どう?」
「うっ・・・あぅぅ・・・くぅぅ・・・いやぁぁぁ・・・」
手に取った泡を無毛の花弁に擦り込むように洗っていき、オジさんの精液を洗い流そうとするが真紀自身の蜜が溢れてきて思うようにいかない。
「あらまあ・・・ここが洪水だわ・・・あんなに抱かれたのにまだ物足りないのかしら・・・もっといじめてほしいのね・・・」
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・ゆ、ゆきさぁぁ・・・ん・・・だめぇぇぇぇぇ・・・」
花弁の奥に指をするりと挿入し、五本の指を使ってぐちょぐちょの花弁をこねくり回すと、目覚めつつある真紀はすぐに反応し、悲鳴とも喘ぎ声とも区別のつかないような切ない声を張り上げる・・・
「きゃあぁぁ・・・ひぃぃ・・・あっあっ・・・あぁぁ・・・」
「オジさまに抱かれてうれしかったんでしょ・・・気持ちよかったんでしょ・・・素直に言いなさい・・・どうなの・・・」
「あぁぁ・・・あん・・・きもちちよくなんか・・・あん・・・あぁぁ・・・もういやぁぁぁ・・・」
「嘘ばっかりついて・・・これでもまだ嘘つくの?」
「そ、そんなとこ・・・だめぇぇぇ・・・あっひぃぃ・・・ひぃぃぃぃ・・・」
「どうなのよ・・・はっきり言いなさい・・・」
「ひぃぃぃ・・・とっ、とっても・・・き、きもちよかったですぅぅぅ・・・ひぃぃ・・・」
ぬるぬるしている敏感な突起を摘んでつねり続けると、強気だった真紀が身をよじって私の言うとおりの言葉を発する。

「おやおや・・・真紀ちゃん、また縛られているのかい・・・可哀想にねぇ・・・自分が悪いんだよ」
ベッドでくつろいでいたオジさんがバスルームでの真紀の悲鳴を聞いてやって来る。
「生意気だったから縛ったんだけど、オジさまのセックスがとっても気持ちよかったって、やっと今話してくれたのよ・・・手がかかるわ・・・まったく・・・」
「縛られないと素直になれないんじゃ困るな・・・もっときついお仕置きと調教が必要なんじゃないか、どうだい・・・真紀ちゃん?」
自分はゆったりとバスタブにつかって、内部を掻き回されて喘いでいる真紀をしっかりと見つめている。
「ねぇ・・・無視するつもりなの・・・ちゃんと返事をしなきゃだめでしょ。オジさまにおねだりしましょ・・・お願いしますって・・・」
突起を摘んだ指に力を入れる・・・
「・・・うわぁ・・・あっあっ・・・もうだめぇぇぇ・・・あぁぁ・・・おねがい・・・」
「どうしてほしいの・・・真紀ちゃん・・・ほら・・・早く言いなさい・・・」
コリコリに固くなった突起を巻き込むように花弁の中へ指を潜り込ませ、前後に滑らすように動かす。
「・・・ゆ・・・ゆきさん・・・あんあん・・・とっても・・・き・・・きもちいいです・・・もっと・・・あっああん・・・」
「ちゃんと言えたじゃない・・・それじゃ、オジさまをしっかりと呑み込んだ真紀ちゃんのいやらしいアソコを見てもらいましょうね・・・どんな風に見えるのかしら」
「うわぁぁ・・・な、なにするの・・・や、やめてぇぇぇ・・・いやあぁぁぁ・・・」
真紀の背後に回って片足をぐいっと持ち上げ、シャワーブース越しに見つめるオジさんに向かって、ピンク色の艶かしく開いている花弁をさらに指で広げてあらわにする。
「オジさま・・・真紀ちゃんがいやらしくなった自分を見てほしいって・・・」
「きゃあぁぁ・・・うわあぁぁ・・・」
「何度見てもきれいだ・・・真紀。このオ○ンコが俺を呑み込んだなんて信じられないよ・・・しっとりと絡みついてぐいぐい締めつけてたぞ・・・」
「あら・・・そうなんだ・・・真紀ちゃんって本当はいやらしいのね・・・びっくりだわ・・・」
「そんなことないです・・・あんなこと・・・はずかしくて・・・くるしくて・・・もうかんにんして・・・オジさまぁぁぁ・・・」

経験したことのない淫靡な世界にどっぷりと沈められている真紀は、自分を犯しているオジさんを甘い声で『オジさまぁぁぁ』と自ら呼び始めている。
「そう言うけど・・・真紀のココがよだれをたらしながらしっかりと咥えて締めつけてたんだ・・・淫乱って言うんだよ・・・そういうのを・・・」
「ちがうちがうの・・・いんらんだなんてぇぇ・・・オジさまぁぁぁ・・・そんなこと言わないで・・・はずかしい・・・やめてぇぇ・・・みないでぇぇ・・・ああん・・・」
「じゃ、どうしてあんなに濡らしてしがみついて叫んだの?気持ち良くなかったの?」
「あぁぁ・・・きもちいいです・・・見ないで・・・いやよ・・・はずかしいの・・・」
真紀の言葉が支離滅裂になってくる。
「全然違わないよ・・・十分淫乱だ・・・恥ずかしいことじゃないよ・・・真紀のオ○○コは正直だからぱっくりと開いてる・・・」
「これからは旦那さまとの淡白なセックスじゃ満足できないわよ・・・ずっとずっと私たちが可愛がってあげる・・・いいわね・・・」
「そ、そんなぁぁぁ・・・やめてぇぇぇ・・・あぁぁ・・・」
私に大きく足を開かれ、熟成している花弁の奥深くまでオジさんに見つめられて喘いでいる真紀・・・
ここの部屋で囚われ調教されて生まれ変わり、本当の自分を隠してよき妻を演じながら私たちに淫靡な責めを受けて、泣いて暮らすのだ・・・

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

いくらでも懲らしめてあげる
「真紀ちゃんったらよかったのね・・・『いいわ・・・いいわ・・・』って叫びながらしがみついて腰振ってたわよ・・・あんなにいやがってたくせに・・・」
「あぁぁ・・・そんなことありません・・・こんなことまでされて・・・もう・・・もういいですよね・・・かえらせて・・・かえらせて・・・」
好きなように犯されたあげく放り出された熱い身体を引き寄せると、私の腕の中でぶるぶると震わせて哀願する。
最初に真紀を陥れたときは近所に住んでいたので、すぐに呼び出して可愛がることができたし真紀自身も考える暇もなく身を任せるしかなかった。
しかし、今度は距離がある・・・しかもオジさんがパートナーとなれば、以前の様に毎日調教するわけにはいかないしできるわけがない・・・
できるときに徹底的に辱めて覚えこまさなければ、また元の生意気で強情な真紀に戻ってしまうのは間違いない。
「泣き言を言うのはやめて・・・最初に言ったでしょ。今日はゆっくりとたくさん愛してあげるって・・・まだまだ帰れないからね・・・」
「そ・・・そんな・・・もうこんなこと・・・ゆきさん・・・わかってください・・・おねがいです・・・」
「こんなことですって?腰振って悦んでいたくせに気取らないでよ・・・あなたの気持ちなんてわからないわ・・・まだまだ調教は続くのよ・・・そんな生意気な口がきけないようにしてあげるから覚悟しなさい」
ぬるま湯育ちの奥さまにいつまでも甘い顔はしない。
きつく私に言われて泣きじゃくる真紀にオジさんが絡みつく・・・
「泣くなよ・・・真紀・・・このまま帰らせるわけないだろ・・・まだまだこんなだから・・・もっと愛し合おうぜ・・・ほら・・・」
二度目の放出を終えても、すぐに復活して固くなったペニスを真紀の手を取って握らせる・・・
「きゃあぁぁぁ・・・や、やめて・・・もう・・・やめてぇぇぇ・・・」
「ぎゃあぎゃあ大騒ぎするなよ・・・久しぶりのセックス、気持ちよかったんだろ・・・あんなに濡れて声出して・・・最後はしがみついて・・・お尻だってあんなに・・・身体は正直だよな・・・」
「そんな・・・ひどい・・・ひどい・・・なんでこんなことになってしまったの・・・どうして・・・どうしてなの・・・」
自分の運命を悲しみ嘆く言葉が出るが、すべては気まぐれな神様によって定められたこと・・・
囚われの真紀はそれに黙って従うことしかできないのだ。

「ぜ、ぜんぶ・・・ゆきさん・・・ゆきさんのせい・・・うわぁぁぁ・・・」
「こうして真紀ちゃんを手に入れたのだからなんと言われようと平気だわ・・・好きなように言えばいい・・・でもね・・・忘れないで。これはあなたが選んだ道よ」
「ちがうのよ・・・ちがうのよ・・・どうして・・・どうして・・・」
「自分自身に聞いてみたらどう?素敵な下着を身に着けてこの部屋に歩いてきたのは誰かしら・・・」
「あぁぁぁ・・・そんなぁぁぁ・・・」
間違いなく真紀は自分の意思でここに来たのだ・・・名も知らぬ男性に抱かれることを覚悟して・・・
「まずは身体をきれいにしてさっぱりしましょう・・・このままじゃオジさまに失礼だし、きれいになれば気持ちも晴れるわ」

ベッドに沈んでいる真紀の手を引っ張ると立ち上がってよろよろと歩き出し、大理石でできたバスルームへと入る・・・
白く輝く石が真紀にぴったりだ。
「うわぁ・・・明るくてきれい・・・これって全部真紀ちゃんのためなのね・・・贅沢だわ・・・」
目の前にあるガラス張りのシャワーブースへとよろめく真紀を押し込めて、全身を泡だらけにしてくまなく洗ってシャワーを一緒に浴びる・・・
「もっときれいになって可愛がってもらいましょうね・・・オジさまはあなたに夢中よ」
「ひどい・・・ひどい・・・ゆきさんのせいでこんなことに・・・」
「そうかしら・・・素敵なオジさまに抱かれてよかったじゃない。『うわぁぁ・・・だめよぉぉ・・・』なんて声出して悦んでいたのは誰かしら・・・」
「もういやぁぁ・・・かえらせて・・・かえらせて・・・」
「ふーん・・・相変わらず人のせいにして、思い通りにならないと駄々っ子のように騒ぐわね・・・いい加減にしたらどうなの」
その場に座り込んで泣き崩れる真紀を立ち上がらせ、さっきまで髪を結っていたリボンで手を縛りシャワーの金具にくくりつける。
ぴかぴかの白い大理石の壁に赤いリボンで縛られた薄ピンク色に染まった真紀・・・
「やめて・・・ゆきさん・・・もうしばるのはやめてぇぇぇ・・・よして・・・おねがい・・・おねがいします・・・ゆきさん・・・」
「生意気な奥さまはいくらでも縛って懲らしめてあげる・・・そしてオジさまに抱いてもらうのよ・・・これが調教・・・セックスのレッスンなんだから・・・」
「ちょうきょう?れっすん?あぁぁ・・・もう恥ずかしいことしないでぇぇぇ・・・」
さっきまで犯されていた真紀の裸体は男の精を二度も吸ったせいか、朝、真紀の家で抱いた時よりもっと艶かしくて輝いている。
幼い身体つきをしているが、真紀はやっぱり子どもがいる奥さま・・・経験が少ないとはいえ、男に抱かれる悦びをそれなりに思い出したに違いない。
身体の奥から芽生えてきている快楽の芽をこの部屋の中で時間をかけてていねいに育てなければ・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

両方に咥えこみ・・・
オジさんに貫かれてその上で泣きながら踊る真紀にねじりこませたバイブのスイッチを入れる・・・
「きゃあぁぁぁ・・・ゆきさん・・・いやぁぁ・・・よしてぇぇぇぇぇ・・・やめてぇぇぇぇぇ・・・」
微妙な振動がアヌスを襲うと甲高い悲鳴を上げてお尻をもぞもぞと揺らすが、オジさんのペニスにしっかりと貫かれて固定されているのでどうにもできず、涙を流して抱きつくことしかできない。
「きゃあぁぁ・・・うわぁぁ・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・うわうわ・・・くわおぉぉぉ・・・」
「振動が・・・すごい・・・すごいぞ・・・こっちにも伝わってくる・・・うっうわぉぉぉ・・・たまらない・・・うっうぅぅぅ・・・」
オジさんの邪魔をしないように控えめに玩具を動かしているのに、つながっている二人はものすごい反応を示して揃って歓喜の声をあげる。
「もうよしてぇぇ・・・あぁぁ・・・だめぇぇ・・・よしてよしてぇぇぇ・・・うわぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」
「ユキ・・・どんどん真紀が締めつけてくる・・・もっと・・・いじめてやれ・・・すごいよ・・・すごい・・・」
ついこの間まで普通の暮らしをしていた奥さまとは思えない柔らかさと締めつけ・・・忌まわしい記憶を消したつもりでいたのに、私とダンナに覚えこまされた快感をしっかりと思い出しつつある。
「そうよ・・・たくさん教えたのよ・・・真紀ちゃんもお尻振って悦んでいる・・・もっと欲しいみたいね・・・どうぞ・・・もっと感じて・・・」
「だめだめよ・・・だめぇぇぇ・・・うごかさないでぇぇぇ・・・おなかがぁぁぁ・・・ゆ・・・ゆき・・・さ・・・ん・・・」
悲痛な真紀の叫び声を聞きながら螺旋を回転させてバイブを全部押し込み、真紀のお腹の中をぐにゅぐにゅと掻き回すと私の心の中によりいっそうサディスティックな気持ちが高まってくる。
「真紀ちゃん・・・お尻もとっても柔らかい・・・新しいおもちゃの味はどう?すごいでしょ・・・もっと・・・動かしてみるわね・・・」
「ひぃぃぃ・・・うぐぅぅぅ・・・おなかがへん・・・うごいてるぅぅぅ・・・あぁぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・うぐぇぇぇ・・・」
「俺を咥えていることも忘れるなよ・・・真紀・・・どうなんだ・・・」
その言葉にせかされるように真紀がお尻を動かすと、花弁を塞いでいるペニスも一緒になって体内をゆっくりと掻き回す・・・
「あひぃぃぃ・・・うっうっ・・・あぁぁぁ・・・うわぁぁぁ・・・」
「両方に咥えちゃって・・・すごいわ・・・真紀ちゃん・・・」

「今度は・・・オジさまの指でしてあげて・・・真紀ちゃん、待ってるから・・・」
二度目の崩壊が間近に迫った真紀からバイブを抜いてオジさまに渡すと、その代わりにごつごつとした指が狭いアヌスの中に吸い込まれていく・・・
「いやぁぁ・・・触っちゃいや・・・ひぃぃ・・・オジさまぁぁぁ・・・だめぇぇぇ・・・」
「バイブより楽だろ・・・こんなに柔らかくしちゃって・・・ずいぶん調教されてるんだな・・・普通のエッチよりお尻の方が好きなのか・・・」
「あぁぁぁ・・・はあはあ・・・ううぐぅぅぅ・・・だめぇぇぇ・・・」
オジさんにお尻を抱え込まれて激しく突き上げられながら、アヌスの中に潜り込んでいる指でぐりぐりと内部を掻き回される。
「うっうっ・・・だめ・・・ひぃぃ・・・そんなぁぁぁ・・・いじらないでぇぇぇ・・・だめよ・・・あんあん・・・」
「いいぞ・・・真紀・・・もっと欲しいのか・・・」
「やめてぇぇぇ・・・ひぃぃぃ・・・くぅぅぅ・・・あんあん・・・あぁぁぁ・・・」
巻きつけた足でオジさんを挟み込み、その首に手を回して口唇を重ねたりしがみついたり・・・
快楽の園に連れ込まれて徹底的に犯されている真紀はもう逃れることなどできなくなってしまった。

お尻を抱え込まれてしっかりとペニスを挿入され、アヌスをも嬲られてオジさんの膝の上でぐったりとなってしまい、抱きしめられてひたすら踊らされている。
「あっあっ・・・うわぁぁ・・・だめよぉぉ・・・よしてぇぇぇ・・・」
「真紀・・・いいぞ・・・しっかりと俺のモノを咥えてる・・・うおぉぉ・・・もっと咥えて腰を振れ・・・振るんだよ・・・」
「ああぁぁぁ・・・ひぃぃぃ・・・もう・・・あぁぁぁ・・・もう・・・」
いつの間にかオジさんの突き上げに合わせて真紀が自らの意思で細い身体を揺らしているように見えてくる・・・
「そうよ・・・上手に動けば、真紀ちゃんだって気持ちよくなるわ・・・」
「いい感じだ・・・いいぞ・・・この締めつけは最高だ・・・」
「ああん・・・あぁぁぁ・・・だめよぉぉぉ・・・もう・・・だめぇぇぇ・・・だめなのぉぉぉ・・・」
呑み込んでいるペニスを刺激し突き上げてくる責めから早く逃れようとしても・・・襲ってくる快感をもっと手に入れようとしても・・・
男を絶頂に追い込むテクニックを知らない真紀はもじもじとお尻を揺すっているだけ・・・
そんな汗にまみれた小さな身体が反ったり丸まったりしながら、窓から差し込む日の光に照らされてキラキラと反射し、まさぐられている結合部分からはたくさんの蜜があふれ出し、オジさんの膝やその下のシーツまでも濡らしている。
やはり暗闇では真紀は輝かない・・・
明るい昼間のベッドで犯され悶えているその姿にうっとりと見とれてしまう。
「真紀ちゃん・・・きれい・・・とっても・・・きれいよ・・・もっとしっかり動いてオジさまを感じさせてあげなきゃ・・・」
「どうした・・・真紀・・・まだまだだぞ・・・ほら・・・こんな風に動くんだ・・・」
自分なりに懸命に動いているつもりなのだろうがとっても弱々しく、オジさまの激しい動きに翻弄されている・・・
「あぁぁ・・・あっあっ・・・いいのよぉぉぉ・・・もう・・・もう・・・いいぃぃぃ・・・」
花弁には真っ赤なペニス、アヌスにはささくれ立った太い指・・・前と後ろ両方にぐいぐいとねじ込まれて甘い喘ぎ声を出し始める。
「真紀、またお前の中に出すぞ・・・いいな・・・出すぞ・・・うっうわぁぁぁ・・・」
「よかったわね・・・またミルクをごちそうしてくれるって・・・」
「そんなのいやぁぁぁ・・・ださないで・・・ださないで・・・あん・・・あっあぁぁぁぁ・・・ひぃぃぃぃぃ・・・」
必死になって真紀が首を横に振る・・・
「だしちゃいや・・・ださなでぇぇぇ・・・いやぁぁぁ・・・」
「うっうぅぅ・・・真紀・・・い・・・いくぞ・・・うくぅぅぅ・・・」
やがて真紀は身体の中で激しく暴れるペニスの動きに耐えられなくなり、オジさんにしがみついて口唇を重ねたまま二度目の放出を体内の奥深くで受け止めた・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

新しいおもちゃをあげるわ・・・
「あん・・・あん・・・あっっひぃぃ・・・うわぁうわぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・そうよ・・・あん・・・ちゃんとしましょうね・・・」
「いくぞ・・・真紀・・・ほれ・・・」
小さな真紀が包み込まれるように抱きしめられ、ぐっという力とともに座ったまま垂直に貫かれる。
「だめぇぇぇ・・・ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「や・・・やわらかいぞ・・・さっきより全然いい・・・うっうぅぅ・・・やっぱり真紀は立派な人妻だよ・・・」
黒い皮革で拘束されてオジさんの精をたっぷりと吸った真紀の花弁は驚くほど成熟し、二度目のペニスをしっかりと咥え込む。
「く・・・くるしいの・・・だめ・・・あんあん・・・あっあっ・・・いやぁぁ・・・よしてぇぇ・・・」
かすれた悲鳴を上げて泣き叫ぶが、太いペニスを体内の奥へ奥へと挿入されてオジさんの厚い胸板に顔を押し付けられてしまうと声さえも出なくなってしまう・・・
「うっ・・・真紀・・・全部入ったぞ・・・きつくて・・・トロけそうだ・・・」
「ぐぅぅ・・・ああっあぁぁ・・・ぐっぐぅぅ・・・」
太いペニスを奥までしっかりと挿入されてオジさんに包み込まれている真紀がその膝の上で踊り、可愛い声でさえずり始める・・・
「あっあっ・・・んぐぅぅ・・・あうぅぅ・・・ひぃぃ・・・あんあん・・・」
「真紀・・・気持ちいいぞ・・・どうだ・・・うおぉぉ・・・もっと呑み込むんだ・・・ほれ・・・ほれ・・・もっとだ・・・」
もうオジさんは優しくはない・・・串刺しにして激しく突き上げ踊らせている真紀のピンク色に染まった小さな乳房が自由自在に揉まれ変形する。
尖った乳首が吸いつかれて奏でられる透き通るような鳴き声とオジさんの低い喘ぎ声、二人の結合分が擦れ合って出る淫靡な音が混ざり合って部屋の中で共鳴する・・・
「真紀・・・さっきよりいいぞ・・・うぅぅっ・・・熱くて・・・ぐちゅぐちゅで・・・うわぉぉぉ・・・こうされて気持ちいいんだろ・・・」
「こんなこと・・・いやぁぁ・・・あんあん・・・ち、ちがうのぉぉぉ・・・こ、こんなこと・・・いやなのぉぉ・・・」
もっと深くペニスを挿入しようとオジさんが腰を左右に振って細い身体をきつく抱きしめると、二度目の結合でじゅくじゅくになっている花弁はスムーズにペニスを咥えこみ、広げられた膝の上で真紀がくねくねと踊り喘いで叫ぶ・・・
「もっとこうされたいんだろ・・・セックスが好きなんだろ・・・」
「いやぁぁぁ・・・も、もう・・・やめてぇぇぇ・・・うわぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」

喘ぎながら踊っていた真紀が引き寄せられて動きが止まると、後ろから隠された蕾をそっと撫でるともじもじとお尻を振る。
「真紀ちゃん・・・あん・・・ここも可愛い・・・可愛い・・・」
「そ・・・そこは・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・ああん・・・」
「ここが感じるのよね・・・とっても柔らかくなってるから・・・いい子には新しいおもちゃをあげるわ・・・」

無題


この前とはまた違った、螺旋ではなくパールになっている・・・根元に近づくにつれてだんだん太くなるもの・・・水色のアヌスバイブを濡れた蕾に含ませようとあてがう。
「うっうっ・・・だめよ・・・そこはだめぇぇ・・・だめだめ・・・だっめぇぇぇ・・・」
「嘘ばっかり・・・ここもいじくられるの好きなくせに・・・さっきだって・・・」
「あらら・・・またそんなもの使うなんて・・・悪い奥さまだね・・・ほら・・・こうすればどうかな・・・ユキ・・・お好きにどうぞ・・・」
貫かれた真紀のお尻がオジさんによってぐいっと広げられ、私が押し込んだ最初の小さな球体が抵抗もなく、滑らかにするりと潜り込む・・・
「あっひぃぃ・・・お尻はいやぁぁ・・・あぁぁ・・・変なものいやぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・すごい・・・どんどん入っていくわ・・・もう慣れたみたいね・・・」
「あぁぁ・・・いやぁぁぁぁ・・・あぁぁぁ・・・」
悲鳴が途切れると柔らかくなっているアヌスが容易にバイブを呑み込んできゅっと収縮し、花弁の中にじっと潜んでいるペニスを締めつける。
「うおぉぉ・・・うおぉぉぉ・・・締まる・・・締まるぞ・・・真紀・・・すごい・・・すごいよ・・・」
「二人とも動いちゃだめよ・・・そのままじっとしていて・・・」
真紀の内側を傷つけないように慎重にバイブを回しながら抵抗を避けてゆっくりと挿入していくと水色のパールが次々にセピア色の蕾の中に消えていく・・・
「だめぇぇぇ・・・そんなの入れないでぇぇぇ・・・よしてぇぇぇ・・・あぁぁ・・・よしてぇぇぇ・・・」
「うわぁぁぁ・・・ユキ・・・いいぞ・・・どんどん締めつけてくる・・・最高だぁぁ・・・うおぉぉ・・・」
真紀がお尻を揺らせば揺らすほどバイブがアヌスに潜り込み、その反動で、花弁の中に咥え込んだペニスをぐいぐいと締めつけることになってしまう。
「すごい・・・真紀・・・こりゃ・・・たまらないよ・・・すごい・・・うわぁぁ・・・」
「うっうぅぅあぁぁ・・・うぇぇ・・・そこはだめぇぇぇ・・・」
「うふふ・・・お尻も上手になったわね・・・ご褒美に・・・天国にいかせてあげる・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

そのままゆっくり腰を下ろして・・・
「あっあっ・・・うっうっ・・・ユキさん・・・もうだめ・・・うっぅぅ・・・」
「まだまだよ・・・もっと感じさせてあげるから・・・がんばって練習しましょう・・・」
「うっうわぁぁ・・・だめ・・・だめだめ・・・そこ・・・そこだめ・・・あっひぃぃぃぃぃ・・・」
きれいに剃りあげた真紀の花弁の陰に隠れた蕾に蜜を絡ませた指をそっと含ませると、真紀はもうペニスを咥えていることができない・・・
「ゆ、ゆきさん・・・あん・・・そこだめ・・・あっあっ・・・だめぇぇぇぇ・・・おしりは・・・だっめぇぇぇぇ・・・いやぁぁぁ・・・」
「オジさま、真紀ちゃんはアヌスをこうしていじられるのも大好きなの・・・」
「本当なのか・・・そこまでユキが仕込んだのか・・・お尻まで調教しているなんて・・・すごいぞ・・・」
「うふふ・・・見てて・・・可愛い声で鳴くのよ・・・」
潜り込ませた指の第一関節を折り曲げ、くにゅくにゅと内壁にこすり付けるように動かす・・・
「きゃあぁぁ・・・だめ・・・あん・・・だめぇぇ・・・だめよ・・・だめぇぇぇ・・・ああぁ・・ん・・・」
「へぇ・・・なかなかいい感じに仕上がっているなぁ・・・」
「柔らかいのよ・・・とっても・・・どんどん呑み込んでるわ・・・」
「そこは・・・あん・・・うわぁぁ・・・うぐぅぅ・・・ひぃぃぃ・・・やめてぇぇぇ・・・」
アヌスをまさぐられた真紀がもう耐え切れずに崩れ落ちる。
それをオジさんがしっかりと厚い胸板に抱きかかえて髪を撫でながら意地悪な質問をする・・・
「真紀ちゃん・・・どうしてほしい?・・・このまま舐められながら、ずっとおしゃぶりを続けるのかい?」
「もう・・・もうだめ・・・あぁぁ・・・もう・・・やめてぇぇぇ・・・」
「まだまだ生意気だな・・・このままずっとしゃぶるつもりなのか」
「ほら・・・怒らせちゃったわよ・・・またオジさまに抱いてもらいましょうね・・・優しくしてくれるから・・・足を広げて・・・」
ドロドロに溶けてしまい自分の意志を失った真紀を操るのはとても簡単・・・
耳元で静かにささやくとその細い首がコクリとうなずき、オジさんの胸に顔を埋める。

「真紀・・・いい子になったみたいだな・・・こっちにおいで・・・二人でもっと気持ちよくなろう・・・」
あぐらの姿勢になってペニスを天井に向かって突き出したオジさんが、もたれかかった真紀を抱えるようにして持ち上げ私も一緒になって支えながら、力なくぶら下がっている細い足を開いてまたがらせようとする。
「あぁぁ・・・あん・・・いやぁぁ・・・許してぇ・・・いやよぉぉ・・・許してぇぇ・・・こんなこと・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃん、オジさまがまた大きくなってるわ・・・たくさん可愛がってもらえるわよ・・・」
「だめよ・・・だめだってば・・・だめぇぇぇ・・・あん・・・いやぁぁ・・・」
真紀の切ない哀願が繰り返されるが、力のない足はあっという間に大きく広がりオジさんをまたぐ姿勢になってしまう・・・
「あん・・・だめぇぇぇ・・・だめよぉぉぉ・・・」
「そのままでいいから・・・また私が入れてあげる・・・しっかりオジさまにつかまって・・・」
真紀の手をオジさんの首に回して抱きつかせて、そそり立つペニスを握ってぬるぬるの花弁に狙いを定める。
「真紀ちゃん、しっかり呑み込んでくれよ・・・そう・・・ゆっくりと腰を落として・・・できるよね・・・」
向かい合わせになって宙に浮いた状態の真紀の乳房に顔を埋めてオジさんがていねいにリードをするが、真紀は私のもの・・・私の手で貫かなければ意味がない。
「あっあっ・・・だめぇぇ・・・許して・・・お願い・・・いやぁぁぁ・・・」
「あら・・・こんなにぐちゅぐちゅにしちゃってるのによく言うわ・・・本当は欲しいんでしょ・・・抱かれたいんでしょ・・・」
真紀の身体が沈んでくると、最初の交わりとその後の責めでぐしょぐしょになっている花弁が指に触れる・・・
「ひぃぃっ・・・ゆ、ゆきさぁぁ・・・ん・・・」
「いいのよ・・・感じていいから・・・」
固くそそり立つペニスを持ってその源泉の中心部分へと導くと、その先端がくにゅと潜り込んで真紀の身体がぶるぶる震え、悲鳴とも喘ぎ声とも区別の付かないを発する・・・
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・うきゅぅぅ・・・」
「あっうっ・・・うわぁぁ・・・そう・・・そのままゆっくり腰を下ろして・・・真紀・・・ううっ・・・また入っていくのが・・・わかるか・・・」
「あっあっ・・・うっぐぅぅ・・・あふぅぅ・・・」
オジさんが力を緩めると持ち上げられていた身体がすーっと下がり、真紀もトロンとした目を閉じて自ら腰を落としていく・・・
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・入っちゃう・・・だめ・・・あん・・・あん・・・だめぇぇぇぇ・・・」
「うっうっ・・・真紀・・・いいぞ・・・うおぉぉぉぉ・・・」
熟れた花弁がドロドロの蜜を垂らしながら私の指に粘っこい愛液を浴びせて、大きなペニスを体内へと呑み込んでいく・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

いくら泣いても

「ユキのダンナのミルクを飲まされたことあるんだろ・・・俺のもしっかり味わってもらわなきゃな・・・不公平だぞ・・・」
「ああぁ・・・そんな・・・ひどい・・・ひどい・・・あぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・しっかりして・・・できるはずよ・・・」
すべてをあきらめ光を失った涙目が一瞬私を見つめる・・・
その目をしっかり見つめ返して軽くうなずくと、真紀はためらいながらも股間に手を伸ばしヌルヌルになっているペニスにそっと触れて、薄い口唇を精一杯開いて呑み込んでいく・・・
「・・・そうよ・・・さっきよりも口唇全体で包み込むように・・・舌もたくさん使って唾でなめらかにして・・・」
「そこのユキ先生にしっかり教わってくれよ・・・ちゃんとできるまで何度でもしゃぶらせるからな・・・」
休みなく続けられる厳しい調教に真紀の涙は枯れることがない。
流れ落ちる涙は逃れることできない悲しみや苦痛を少しは和らげてくれるのだろうか・・・
「真紀、いくら泣いてたって、コイツはきれいにはならないよ・・・ほれ・・・舐めろ・・・そのお口で気持ちよくしてくれ・・・」
強烈な匂いと味にとまどい、咥えたまますすり泣く真紀の頭が押さえつけられると熱いペニスが真紀の喉の奥へと突き進む。
「ぐえぇ・・・ぐぁぁ・・・ぐぐっっ・・・ぐうぅぅ・・・」
たまらず真紀が嗚咽をもらす・・・
「うっ・・・もっと舐めるんだ・・・真紀・・・ちっとも感じないぞ・・・舌はどうした・・・ねっとりとしゃぶってくれ・・・」
いつも自分の方を見ていてほしいから可愛い子をイジメたくなる・・・男の子はそういうものだ。
大人になったってそれは変わらない・・・
オジさんの態度はあからさまにそんな気持ちを表している。

「うおぉぉ・・・いいぞ・・・上手になってきた・・・その調子だ・・・もっと舐めろ・・・」
泣きながら嗚咽を繰り返し、一生懸命汚れたペニスを舐めている真紀の小さなお尻がゆらゆらと揺れ、その合間からはピンク色に染まった花弁が美しく開花している。
「お尻を持ち上げて・・・おしゃぶりしたままよ・・・」
私も四つん這いになって持ち上げられたお尻を抱え込み、オジさんのペニスをしゃぶっている真紀の花弁に再び吸いつく。
「あっあっ・・・くぅぅ・・・ひぃぃ・・・うんぐぇぇ・・・」
小さなお尻が揺れるたびに熟した花弁が私の口の中で動き、新しい蜜が舌の上に垂れてくる・・・
「真紀ちゃん・・・あん・・・もっとお尻を振って・・・あん・・・わたしにもちょうだい・・・」
「ただ舐めてるだけじゃだめだ・・・ユキも悦ばせてやれよ・・・」
揺れるお尻を抱え込んでちゅぱちゅぱと舐めていると、いつしか精液の匂いと味は消え去り、真紀の甘酸っぱい香りだけが鼻腔内に広がってくる。
「あぁぁ・・・うっっ・・・あうぅぅ・・・」
「休むんじゃない・・・真紀・・・舐められて気持ちいいだろ・・・こっちもしっかり舐めてくれよ・・・」
枯れない涙を流し続けながらも、抵抗することをあきらめて快楽に身を任しつつある真紀・・・
広いベッドの中央で大柄な私たち二人におもちゃにされ、調教されている姿はとても美しい。
口唇にしっかりと男根を咥えたまま唾液をたらし、小さなお尻を振り続けて私の舌を花弁の奥まで受け入れようとしている。
「さっきよりずいぶん滑らかにできるようになったね・・・全部をきれいにしてくれよ・・・」
オジさん真紀のお口が休みなく動き続け、ペニスを握っていた手がその周囲の付属物へと移動していく。
「裏側もしっかりと舐めろ・・・下から上になぞるようにだ・・・」
「あっあっ・・・うっうっ・・・」
久しぶりのおしゃぶりに戸惑いながらも、ペニスだけでなく精液にまみれたオジさんの股間を言われるがまま舐め続ける真紀・・・
「それじゃだめだ・・・もっと舌を動かせ、お尻もだ・・・そしたら先っぽを吸って・・・それを繰り返すんだ・・・休むな・・・」
「ぐぅぅ・・・ひぃぃ・・・あぐぅぅ・・・」
オジさんに叱られるたびに抱え込んだお尻が脅えて震え、私の口の中にある濡れた花弁がひくひくと痙攣し、口腔を刺激する。
「あん・・・蜜がたくさん出てくる・・・美味しいわ・・・もっと・・・あんあん・・・」
「誰がやめていいって言ったんだ・・・まだきれいになってないぞ。もっとしゃぶるんだ」
「しっかり・・・お口を動かしてきれいにするの・・・舐めてるだけじゃなくて吸うのよ・・・アイスキャンディーのように・・・」
崩れ落ちそうになる真紀を二人で叱ったり優しくなだめたりして、おしゃぶりを徹底的に教え込む。
「うわぁ・・・ひぃぃ・・・うぐぅぅ・・・」
「手を抜かないでちゃんとやれ・・・何度も言わせるな・・・吸って舐めて・・・吸うんだ・・・」
「ちゃんとできないのならこうしてお仕置きよ・・・」
ぐじょぐじょの花弁に指を潜り込ませてぐりぐりと掻き回すと、おしゃぶりを続けている真紀の身体がぴくんぴくんと跳ねる・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

きれいに舐めてあげる
「その言葉、忘れないでね・・・自分で言ったんだから。いいわ・・・外してあげるけど動いちゃだめよ・・・そのままじっとしていて・・・」
黒い皮の縛めを解き、M字に広げられたままの足首を持ち上げて皮膚が擦れて赤くなっている擦れた部分を舐める。
「こんなになっちゃって・・・可哀想に・・・痛かったでしょ・・・ちゃんと我慢できてえらかったわ・・・」
細い足首を丹念に舐めているとオジさんが私の乳房を後ろからつかむ・・・
「あん・・・いやん・・・オジさま・・・だめよ・・・感じちゃうから・・・だめよ・・・だめだってば・・・」
「真紀のおっぱいは小さくて可愛いけど、ユキのはやっぱり大きくて揉んでていい感じになるよ・・・何人もの男を悦ばせただけあるな・・・」
「いやん・・・やだぁぁ・・・ちっちゃな真紀ちゃんと一緒にしないでよ・・・オジさんだって大きい方が好きでしょ・・・あん・・・そんなに強く揉まないで・・・」
私なりに乳房には自信を持っているし、私を抱いた男たちは胸に顔を埋めたりしてみんなほめてくれている・・・
その上・・・私はあまり好きではないが、ダンナのペニスを挟んで奉仕させられているのだ。

「真紀、やっと自由になれてよかったな・・・足をもっと開いてユキにきれいにしてもらえ・・・」
身体をもてあそばれ涙の止まらない真紀が言われるがままM字になったままの足をさらに開こうとするが、縛めが解かれても長時間拘束されていた身体はうまく動かない。
「真紀ちゃん、アソコが見えるようにそのままゆっくり広げるのよ・・・そのまま・・・そう・・・ゆっくりとよ・・・」
二つに割れた赤く充血しているじゅくじゅくの花弁を二本の指でそっとくつろげ、線を引くように足を舐めている舌先をじゅくじゅくの花弁に向かってゆっくりと下ろしていく・・・
「真紀ちゃん・・・ここも赤くなってるわ・・・とっても・・・オジさまに愛された証拠ね・・・うらやましいわ・・・」
「あっあっ・・・ユキさん・・・うっっ・・・あぅぅ・・・」
「あんあん・・・とっても美味しい・・・真紀ちゃんのここをきれいにしてあげる・・・きれいに・・・」
放出された精液と蜜が混ざり合った匂いにむせながらも、花弁に吸いつきミックスされた男女の分泌物をちゅるちゅる、ぴちょぴちょと舐める・・・
「真紀ちゃんとオジさんのジュース・・・とっても美味しいわ・・・あぁぁ・・・美味しい・・・」
「ユキさん・・・だめぇぇ・・・うっつぅぅ・・・あふぅ・・・ぐぅぅ・・・」
それぞれの愛液は・・・別々に今までに十分すぎるほど味わっているが、この二つが混ざり合った今日のジュースは特別の味と香りがして、私を更なる興奮へと導く。
「真紀ちゃん・・・あんあん・・・可愛い・・・可愛いわ・・・あぁぁ・・・もっと・・・もっとちょうだい・・・」
「いいぞ・・・もっとしっかり舐めてきれいにするんだ・・・ユキが手に入れた愛しの真紀ちゃんなんだろ・・・」
「あん・・・うわぁぁ・・・そこ・・・だめょぉぉ・・・あぁぁ・・・ゆきさん・・・だめよぉぉ・・・」
舐めても舐めても花弁の奥から白く濁ったドロドロのミックスジュースが溢れ、赤くなった花弁に舌を差し込みちゅるちゅると強くきつく吸うと・・・真紀の身体がくねり、新たな濃厚な蜜が絶え間なく湧き出てくる。
あんなに脅えて拒み続け、ついには黒の拘束具で縛られ泣きながら抱かれたのに感じているのだ・・・なんという順応性だろう。
「オジさま・・・すごい蜜が出てくる・・・真紀ちゃん、物足りないみたいよ・・・まだまだぐちょぐちょだわ・・・」
「あんあん・・・そんなことないです・・・違います・・・ユキさん・・・舐めないで・・・あん・・・いやん・・・」
オジさんに犯されて精液をたっぷりと体内に注ぎ込まれてしまった真紀・・・
私から離れて純真な妻に戻ろろとしていたはずなのに、幸せな家庭を守るための犠牲となって淫靡な世界の底へと堕ちていこうとしている・・・

「今度は俺のモノをきれいにするんだ・・・さっき教えたとおりするんだぞ・・・何度も同じことを言わせるなよ」
赤黒いペニスは一回の放出ぐらいではびくともしないで固さを保っている・・・
それどころが可愛い真紀の蜜をたっぷりと吸ったせいで、放出前よりもさらに大きく固くなっている。
ベッドの中央にオジさんがドカリと座り、ふらふらしている真紀を私から奪い取って、口唇を塞いで唾液を流し込む・・・
「うっぅぅ・・・」
細い身体がオジさんに抱きしめれて、固く尖がっている乳首がきつく吸われる・・・
「あんあん・・・あっあっ・・・ううっ・・・」
「やっぱり小さなおっぱいだな・・・真紀・・・でも感じやすくて可愛いぞ・・・」
「うあぁぁ・・・噛んじゃいや・・・」
好きなようにもてあそばれ、強烈に犯された真紀の身体は全身がさらに敏感になり、少しでも歯があたると甘い喘ぎ声を出す。
「真紀ちゃん・・・またおしゃぶりしましょう・・・オジさまに愛をこめてねっとりと・・・きれいにしてあげるのよ・・・」
少しずつ身体が動くようになってきた真紀を四つん這いにさせてオジさんの股間に導く・・・
「真紀、よろしく頼むぜ・・・また可愛いお口でペロペロしてくれよ・・・そしたらまた抱いてやるからな・・・」
精液と愛液がついたままのペニスがぐっと前に突き出されると、強烈な男の匂いで真紀の顔が歪む。
「どうしたのかしら・・・真紀ちゃんの蜜だって混ざってるのよ・・・今飲んだばかりじゃない・・・お口を大きくあーんして呑み込むの・・・ペニスがきれいになったら周りもちゃんと舐めてあげるのよ・・・」
こんな世間知らずの奥さまを犯して体内にたっぷりと放出した上に、その後のペニスの始末をさせるなんてオジさんも意地が悪い。
さっきまでペニスを咥えるのでさえやっとだった純真な奥さまなのに・・・
オジさんを悦ばせながら、真紀自身の意思でペニスに浸み込んだ自分の蜜を舐めることになる・・・

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

蜜と精液を混ぜ合わせて
「うふふ・・・真紀ちゃん・・・たくさん感じて、それにイかせてもらってよかったわね・・・」
「はあはあ・・・あぁぁ・・・」
苦しそうに息を荒げている真紀に寄り添い、涙と汗でベトベトになった顔を手でぬぐってきれいにしてあげる・・・
「ユキ・・・こんなに柔らくて可愛らしい奥さまを隠していたなんて・・・キツくて締まって・・・最高だったぞ・・・なあ真紀・・・お前も楽しんだろ・・・」
真紀の顔がぐぐっと引き寄せられてキスをされると二人の舌が心地よさそうに絡み合う。
「可愛いぞ・・・真紀・・・」
「あぁぁ・・・ひどい・・・ひどい・・・こんなことするなんてぇぇ・・・あぁぁ・・・どうしてぇぇ・・・ひどすぎる・・・ユキさん・・・」
「そんなに泣かなくてもいいのに・・・いろんな人に抱かれるっていいことじゃない・・・もっともっといろんなこと経験しなくちゃもったいないわ・・・」
拘束されたままむき出しになっている花弁からオジさまの精液が蜜と混ざり合ってドロリと溢れ出し、赤く充血した花弁を白く染めている・・・

「ユキさん・・・お願い・・・解いて・・・痛くて苦しいの・・・もう許してください・・・」
私の視線に気づいた真紀が目を開いて哀願してくる。
「熱いミルクをたっぷりもらったのね・・・これで真紀ちゃんもオジさまの女になったのよ・・・私と一緒・・・でもまだまだよ・・・これからはオジさまを悦ばせるための調教が始まるの・・・」
「・・・ち、ちょうきょうって何ですか・・・まだいやらしいことするつもりなの・・・もういやぁ・・・」
犯されたばかりだというのにまたもや『調教』という恐ろしく言葉、また真紀が泣きじゃくり始めてしまう・・・
「うふふ・・・泣いたってだめ。これからずっとずっといつまでも続くのよ・・・またここにたくさん・・・わかるでしょ・・・」
激しい交わりでじゅくじゅくにトロけている花弁に指を潜り込ませて掻き回すと、くちゅくちゅ、ぬちゃぬちゃと淫靡な音がする・・・
「ひいぃ・・・あっあっ・・・あんあん・・・やめてぇぇ・・・やめてぇぇ・・・」
「こんなに感じているくせに生意気ばかり言って・・・だから縛られちゃうのよ・・・お馬鹿さんね・・・」
中に残っている精液を真紀自身の濃厚な蜜を混ぜ合わせて指ですくい取り、思考能力がなくなりつつある真紀の口の中へ押し込む・・・
「オジさまと真紀ちゃんのモノを混ぜ合わせたのよ・・・美味しいでしょ・・・」
「ううっ・・・あぐぅぅ・・・ぐふっ・・・ぐぇぇ・・・」
「たくさん真紀ちゃんの中に注ぎ込まれたのね・・・まだまだあるわ・・・しっかり飲むのよ・・・」
犯されても生意気な真紀・・・体内に注ぎこまれた精液を飲ませることによって自分の身に起きた運命の出来事をしっかりと自覚させるのだ。

「そんなんじゃだめ・・・もっと上手に舐めて・・・オジさまのペニスを舐めたように・・・」
私の指が真紀の舌を挟んで優しくくすぐると、その動きに合わせるように口が開いて、濃厚で強烈な匂いのジュースをちゅぱちゅぱと舐める・・・
「美味しいでしょ・・・もっと舐めるのよ・・・もっとしっかり・・・」
真紀の花弁をくちゅくちゅとまさぐって混ぜ合わせたジュースをすくい上げ、何度も口元に運んでいくといつしか自ら口を開き、小さな舌が絡みついてくる。
「真紀ちゃん・・・くすぐったい・・・あん・・・あん・・・そうよ・・・そう・・・」
「うっうぅぅ・・・ぐぅぅぇぇぇ・・・あっぐぁぁ・・・」
目を閉じて素直になってきた真紀の舌の動きを指で感じ、動きが鈍くなるとまたジュースをすくい取って飲ますことを繰り返す・・・

「真紀ちゃん、ずいぶんいい子になってきたじゃないか・・・」
やっと思いで真紀を手に入れることができ満足げな表情を浮かべて眺めていたオジさんが、後ろからじゃれるように優しい声でささやき小さな膨らみを揉む・・・
「あぁぁ・・・」
「俺のミルクの味はどうだ・・・大好きな旦那さまより濃くて美味いか?もっと飲むか?」
「ああぁ・・・ぐぅぅ・・・ううぅっ・・・」
「あれだけいやがってたのに最後はあんなになっちゃって・・・本当はセックスが大好きなんだね・・・今まで感じるってことを知らなかっただけだよ・・・」
「うっぐっぐぇぇぇ・・・げぇぇぇ・・・」
指を咥えた口では返事はできず、うめき声しか上げることができない・・・
「このままずっと縛られてちゃつらいだろ・・・もっといい子になれるのなら自由にしてやってもいいぞ・・・選ぶのは真紀ちゃんだ・・・」
強く揉まれたり吸われたりしてあちこちに薄いピンク色のあざができている小さな乳房が、またオジさんの手の中で形を変えてしまっている。
「真紀ちゃん、どうするの・・・ずっとこの格好でいる?」
「ああぁ・・・もう・・・もう恥ずかしいことしないで・・・お願いします・・・もう・・・もう・・・」
「そんな約束できないよ・・・せっかく仲良くなったのにまたわがままか・・・真紀ちゃんをこのままにして俺たちだけ帰ってもいいんだよ。それでもって旦那さまや実家に電話してあげるよ・・・『奥さまが裸で縛れてます』ってな・・・」
手に入れた真紀をさらに調教しようとするオジさまの追い込みに妥協はない・・・
「あぁぁ・・・そんなことしないで・・・言うとおりに・・・言うとおりにしますから・・・」
その言葉の重みがずしりと真紀にのしかかり、がっくりとうなだれてすすり泣く。
「そんなのだめ・・・ちゃんと『真紀はいい子になってオジさまに抱かれます。ユキさんも好きにしてください』ってきちんと言わなきゃだめ・・・できないのなら今すぐ電話するわ」
「やめてぇぇ・・・そんなこと・・・ぜったいにしないでぇぇぇ・・・おねがいします・・・」
「だからどうしてほしいんだ・・・はっきり言え」
「あぁぁ・・・わ・・・わかりました・・・お、おじさま・・・ま、まきを・・・」
泣きじゃくりながら必死に声を絞り出す・・・
「そんなんじゃ聞こえないよ・・・真紀ちゃんはどうしてほしいのかな・・・」
花弁をいじくりながらオジさんが叱ると真紀の口から悲しみの哀願が漏れる・・・
「あぁぁ・・・まきを・・・だ、だいてください・・・ゆきさんも・・・あぁぁ・・・いいこになります・・・あぁぁ・・・」

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

裏切りと脅迫の精液
「気持ちいいんだろ・・・はっきり言え・・・オ○ンコがぐいぐい締めつけてくるぞ・・・」
「あぁぁ・・・やめてぇぇ・・・あぁぁ・・・そんなぁぁ・・・ちがいま・・・す・・・あぁぁ・・・」
強情な真紀はオジさんの言いなりにはならないが、時間をかけて調教されている身体は正直に反応し熱いペニスをしっかりと呑み込んで熟し始めている・・・
突き刺さっているペニスによって掻き出される真紀の愛液が流れ出してオジさんの内股を濡らし、結合部分のシーツもびっしょりとなっている。
「二人ともすごいわ・・・シーツまでこんなに濡らしちゃって・・・真紀ちゃん、とってもエッチね・・・」
「いやぁ・・・あっあっ・・・ううっっ・・・」
「ユキ・・・すごく柔らかいぞ・・・最高だ・・・すごい・・・今までの女なんか比べものにならない・・・うっぅぅ・・・」
オジさんは真紀の首や乳首にチュッチュとキスをしながらむさぼるようにしゃぶりつき、腰を振り続けて潜り込ませたペニスを激しく動かし体内を掻き回す。
見た目は可愛い顔に子どものような身体・・・でもやはり真紀は妻であり一児の母・・・
二人の男性しか受け入れたことがなくてもその花弁の奥はとっても敏感で柔らかく、ベッドの中では艶やかな女性に変身する。
私もそうだったが、オジさまも可憐な少女と可愛らしい奥さまを同時に抱いているような不思議な気分になっているに違いない。
こんな真紀を十分に開花させればどんな奥さまになるだろう・・・もっともっと大胆な調教へと駒を進めたくなってしまう。
「ああっ・・・いやあぁ・・・うわぁぁ・・・」
「真紀ちゃん・・・あん・・・可愛いわ・・・あん・・・」
乳房に浮かぶ真紀の汗の雫を吸い取りながら下半身へと舌を下ろしていくと、オジさんが注入スピードを緩めて結合部分を見せびらかす・・・
「ほら・・・嫌がっていたのにこんなに奥まで咥えこんでるぞ・・・どうだ・・・」
すべてが剥きだしになっているピンク色の割れ目にオジさんの黒い陰毛が密着し、その隙間からはペニスが花弁を巻き込んで、めくれ擦り合わさってねちょねちょになっているのが見える・・・

「あぁぁ・・・なんていやらしいの・・・・素敵・・・」
「ユキ、舐めてごらん・・・真紀ちゃんが悦ぶよ・・・」
そのままあらわになっている敏感な突起を摘まみ、薄皮を剥いて口に含むと真紀の身体がブルブルと震え、さ迷う手が私の背中を撫でる・・・
ちゅぱちゅぱ・・・ちゅっちゅ・・・ぴちょぴよ・・・
「美味しい・・・真紀ちゃん・・・あんあん・・・酸っぱくって・・・」
「あぁぁ・・・あひぃぃ・・・うっ・・・そこは・・・ひぃぃ・・・」
愛液にまみれた敏感な突起とたくましいペニスの胴体部分を執拗に何度も何度も舐めては、音を立ててこぼれ落ちる真紀の蜜を吸う。
「ユキの舌はたいしたもんだ・・・たまんないよ・・・」
「すごい・・・すごい・・・オジさま、もっと激しく動いてみて・・・」
私が歓声をあげると、オジさんがペニス全体を使って真紀の花弁を勢いよく犯し始める・・・
「あっあっ・・・いやぁぁっ・・・あんあん・・・動いちゃだめぇぇ・・・」
「うっうっ・・・真紀・・・アソコが絡みついてくるぞ・・・すごい締めつけだ・・・」
「真紀ちゃん・・・いいのよ・・・先にイっても・・・気持ちいいのを我慢しちゃだめ・・・恥ずかしいことじゃないから・・・」
強情な真紀に「イく」と言わせることも調教の一つ・・・
「どうなんだ・・・真紀・・・愛しい旦那さまとどっちがいいんだ・・・どっちがいい・・・」
「あぁぁ・・・ひぃぃ・・・そんなこといやぁぁ・・・ひぃぃ・・・」

やっぱりオジさんも真紀の旦那さまにこだわっている・・・
どうして男はこうなんだろう。
ここまで奥深く自分のペニスを呑み込ませて徹底的に犯しているのに、違う男のことを言うなんてバカバカしい・・・
「真紀ちゃんは旦那さまよりもこうしてたくさん気持ちよくしてくれるオジさまがいいのよね・・・」
「あっうぅぅっ・・・あんあん・・・あぁぁ・・・」
真紀自身の震えなのか激しい注入運動のせいなのか、真紀の乳房が波を打つように大きく上下に揺れ、口も半開きになり言葉が出なくなってきている。
「どうなんだ・・・真紀・・・気持ちいいのか・・・これでも言わないのか・・・」
「ひぃぃ・・・うわぁぁ・・・あぁぁ・・・」
「いいのね・・・気持ちいいんでしょ・・・ちゃんと言うのよ・・・」
「き・・・きもちい・・・い・・・いい・・・いいですぅぅ・・・あぁぁ・・・」
ついに真紀がオジさんに支配されるときが来てしまった・・・
その言葉を聞いた途端、私の存在などなかったかのように猛烈な勢いで腰を振り、真紀への最終的な責めを開始する・・・

「気持ちいいんだろ・・・ほら・・・言わなきゃずっとこのままだ・・・」
「きぃ・・・きもち・・・い・・・い・・・で・・・す・・・あっあぁぁ・・・」
「そうだろう・・・ほら・・・ほら・・・もっと泣け・・・叫ぶんだ・・・」
「あっあっ・・・だめ・・・だめなのよ・・・あん・・・あ、あなた・・・たすけ・・・てぇぇ・・・」
黒い拘束具につながれた手足は擦れて赤くなり、真紀の呼吸もどんどん荒くなっている・・・
「まだ旦那が恋しいのか・・・強情張りやがって・・・ふざけるな・・・」
オジさんが真紀にのしかかり肩を押さえ、すべての体重を結合部分にかけてぐいぐいと奥へ奥へと挿入していくと真紀の悲しく切ない叫び声が・・・
「あっひぃぃ・・・いい・・・うわぁ・・・ひぃぃ・・・いい・・・」
「ほら・・・どうした・・・何がいいんだ・・・もっとこうしてほしいのか・・・」
「うぐぅぅ・・・あぐぐぅぅ・・・あっあぁぁ・・・」
ずんずんと突かれながらも真紀は必死に自分を保ち、最後の最後になっても最愛の旦那さまに助けを求めようとしている・・・
もう理屈ではない・・・貞淑な妻としての本能だろう。
世の中の女性がみんな悦んですぐに抱かれると思ったら大間違い・・・
夫や家庭を大切にして貞操を守りぬく奥さまだってたくさんいる・・・オジさまだってこれだけ手こずれば良くわかるだろう。
そんな真紀を陥れた私だって、可愛い奥さまがドロドロにされて崩れていく姿を見ていると胸がギュッとしめつけられる・・・
「真紀ちゃん・・・もういいのよ・・・たくさんがんばったから・・・イきましょ・・・」
「ひいぃ・・・ぐぅぅ・・あっあぁぁ・・・いいの・・・いいわぁぁ・・・」
その言葉がついに真紀の口からこぼれ落ちると、拘束され貫かれている身体がベッドから浮き上がるくらいオジさんの突き上げがよりいっそう強烈になる。
「真紀・・・そうか・・・いいのか・・・気持ちいいのか・・・俺もだぁぁ・・・」
真紀の崩壊が近づくにつれて、オジさんの声も裏返ってかすれてくる。
「真紀・・・お前の中に出すぞ・・・たっぷりとな・・・うおぉぉ・・・」
「だ、だ、だしちゃいやぁぁ・・・ううぅっうわぁぁ・・・だ・・・だ・・・さないで・・・」
「あっ・・・もう・・・もう・・・うっうっ・・・うおぉぉぉ・・・真紀・・・いくぞ・・・」
「ひぃぃ・・・もう・・・だめぇぇ・・・あっあっ・・・うわぁぁ・・・いやぁぁぁぁ・・・」
「うおぉぉぉぉ・・・」
二人の絶頂に達した声が重なり合ってオジさんの腰がびくびくっと痙攣すると、裏切りと脅迫のエキスが詰め込まれた精液が真紀の体内奥深くにたっぷりと注ぎ込まれてしまった・・・

テーマ:人妻・熟女 - ジャンル:アダルト

一気に貫かれ・・・
「真紀・・・うおぉぉ・・・うおぉぉ・・・」
「うわあぁぁ・・・うっうっ・・・あっあっ・・・んぐぅ・・・あひぃぃ・・・ひぃぃ・・・」
「あん・・・真紀ちゃん・・・オジさまが・・・オジさまが入っていくわよ・・・あん・・・素敵・・・」
「毛がないって・・・こ、こんなに・・・いいものなのか・・・熱くてぬるぬるで・・・す、すごいぞ・・・真紀・・・俺のモノが入っていくのがわかるだろぉ・・・」
焦ることなくゆっくりと真紀の変化を楽しみながらペニスを体内に沈み込ませていく・・・
「あっあっ・・・だめぇぇ・・・やめてぇぇ・・・うっぐぅぅ・・・いやぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
「いくぞぉぉ・・・真紀・・・うわぉぉ・・・真紀・・・しっかり・・・呑み込めぇぇ・・・」」
オジさんが吠えると、拘束された両足がぐいっと抱え込まれて真紀が一気に貫かれる・・・
「きゃあぁぁ・・・いやあぁ・・・うわぁぁ・・・うぎゃぁぁ・・・ひいぃ・・・いやぁぁ・・・」
「・・・き、気持ちいい・・・真紀のオ○○コ・・・やわらか・・・くて・・・」
浅黒く大きな身体が揺れると、可憐に濡れ光る花弁を無理矢理押し広げて潜り込んだ野蛮なペニスが暴れ始める・・・

「くー・・・こりゃ・・・真紀・・・たまらないよ・・・」
身体の内側から猛烈な勢いで掻き回され、ベッドに沈み込んだ小さな真紀の身体が浮き上がって泳ぎだす・・・
「や、や、やめてぇぇ・・・あっあっ・・・うっうっ・・・はあぁはあぁ・・・いやぁぁ・・・」
「真紀・・・キツいけど・・・トロけそうだ・・・ユキ・・・つながってるのが見えるだろ」
拘束してある両足をさらに持ち上げて、ヌルヌルと光る結合部分を私に見せつけると・・・赤黒い肉の塊が真紀のピンク色の花弁の中を滑るように出入りしているのがよくわかる。
「あっあっ・・・ひいぃ・・・うぐぅぅ・・・いやぁぁ・・・やめ・・・てぇぇ・・・」
「おぉぉ・・・じゅくじゅくだぞ・・・真紀・・・じゅくじゅくじゃないか・・・」
無毛の花弁に突き刺さっている巨大なペニスは、オジさんの熱い体温や激しい動きをストレートに真紀の身体に伝えている・・・

「すごい・・・あん・・・真紀ちゃんってばしっかり咥えてる・・・それにぐちょぐちょに濡らして・・・玩具なんかよりずっといいでしょ・・・」
「見ないで・・・見ないでぇぇ・・・きゃあぁぁ・・・いやぁ・・・うっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
「いいぞ・・・真紀・・・最高だ・・・もっと・・・もっと奥まで・・・奥まで入るはずだ・・・」
激しいけれども決して乱暴ではない・・・
真紀の最深部を探り当てるようにペニスを激しく、時にはゆっくりと動かしながらぐいぐいと押し込んでいく。
「うっ・・・真紀・・・こんなに深くていいオ○ンコだなんて・・・びっくりだよ・・・気持ちいいだろ・・・」
「あっあっあっ・・・あぁぁ・・・く、くるしい・・・だめよ・・・そんなぁぁ・・・あぁぁ・・・」
奥深くペニスを挿入されて苦しみ喘ぐ真紀の口唇に吸いつき、汗びっしょりになっている乳房を揉みしだく・・・
「こんなに深いのは初めてでしょ・・・もっともっと気持ちよくしてあげる・・・」
尖った乳首を噛みながら結合部分に指を伸ばし、ペニスに巻き込まれるように擦れ合っている真紀の敏感な突起を指ではじいたりつぶすように軽く摘む・・・
「ひぃぃ・・・ユキさん・・・ひぃぃ・・・そ、そこぉぉ・・・いやぁぁ・・・」
「こんなにびしょびしょに濡らしてしっかり咥えこんで・・・いやらしいわ・・・」
敏感な突起を摘む指に力を入れてぎゅっとつねりあげると、聞いたことがないような真紀の悲鳴が響く・・・
「あひぃぃぃ・・・そ、そこ・・・だめよ・・・だめよ・・・だめだってば・・・うわぁぁ・・・うわぁぁ・・・」
「さっきより固くしちゃって・・・オジさまがよっぽど気持ちいいみたい・・・もっと鳴きなさい・・・」
「だっめぇぇ・・・ゆ、ゆきさん・・・あっあっ・・・ひぃぃ・・・うぐぇぇ・・・ぐうぇぇ・・・いやぁぁ・・・」
泣こうがわめこうがここは真紀の調教のためのお部屋・・・徹底的に泣いて鳴いてもらうのだ。

オジさんは最深部を探り当ててもなお、さらに奥までペニスを真紀に呑み込ませようとぐいぐいとリズミカルに腰を揺らしている。
「あぁぁ・・・苦しい・・・あぁぁ・・・いやぁぁ・・・」
「・・・こんなにいい女だとは・・・ううっっ・・・奥もすごく柔らかい・・・」
真紀のキツさと柔らかさにオジさんもだんだんうめき声をあげるようになり、抱え込んだ小さな身体を押しつぶすように激しく腰を動かす・・・
「あん・・・あん・・・いやぁぁ・・・うわぁぁ・・・」
M字のように足を固定されしっかりと貫かれている真紀はベッドの上で私の愛撫に身体をくねらせ、汗と愛液にまみれながらオジさんの突き上げに悲鳴を上げている。
「気持ちいいでしょ・・・もっとオジさまに任せるのよ・・・」
「あぁぁ・・・あんあん・・・うわぁぁ・・・ああぁ・・・ひぃぃ・・・」
「もっと声を出せ・・・感じてるんだろ・・・どうなんだ・・・真紀・・・」
「あっあっ・・・ああぁぁ・・・うっうっ・・・もう・・・やめ・・・て・・・お・・・ねがい・・・しま・・・す・・・」

テーマ:★★★大★人★の★S★E★X★★★ - ジャンル:アダルト

ごめんなさい・・・あなた・・・やっぱり私・・・
「こんなこと・・・あぁぁ・・・お願いです・・・許して・・・許してください・・・」
「まったく・・・おいユキ、アレを持って来るんだ・・・やっぱり生意気な奥さまはしっかりとお仕置きしなくちゃな」
よくよく部屋を見るとやっぱりここにも真紀を調教する道具は揃っていた・・・高級なホテルのスイートルームが淫靡な調教ルームに変わろうとしている。

01965.jpg


「これって?も、もしかしてま、まさか・・・い、いやあぁぁ・・・縛らないで・・・」
黒い拘束具を目にすると真紀が大声を上げ、つかまれた両足をバタつかせようと最後の抵抗を試みる。
純真な妻にとって夫以外の男性のペニスを迎え入れることは想像以上に深い悲しみなのかもしれない・・・
「あら・・・大好きでしょ・・・縛られるのは・・・違う?」
「きゃあぁぁ・・・よして・・・お願いぃぃ・・・そんなことしないでぇぇ・・・」
暴れる真紀を二人で押さえつけ、左右の手足それぞれに拘束具をはめてしっかりと固定すると、くじょぐじょになっている無毛の花弁が天井に向かって大きく花開く。
「こりゃ・・・いいぞ・・・こんな可愛い奥さまを縛るなんて・・・しかもツルツルのオ○ンコがぱっくりと広がってるぞ・・・」

325x500-2006022500014.jpg


黒い拘束具と白い網タイツ・・・それにピンク色の花弁が絶妙のコントラストになっている・・・
「こんなことしないで・・・お願い・・・ちゃんと・・・ちゃんとしますからぁぁ・・・」
「いまさら遅いのよ・・・可哀想に・・・また縛られちゃって・・・でもこの方が素敵・・・そう思わない?オジさま・・・」
上を向いた花弁をくすぐるように二人で指を奥深くまで含ませると、柔軟な収縮力を示して内壁が絡みついてくる・・・
「おやおや・・・こりゃすごい・・・待ちきれないみたいだな・・・そうだろ・・・真紀・・・」
「ひぃぃ・・・あっ・・・だめよ・・・だめぇぇ・・・」

気丈で強情な真紀には縄や拘束具が良く似合う・・・
自由を奪い辱めて、すべてをあきらめ服従することを何度も何度も学ばせるのだ。
特に今日は真紀がオジさんに抱かれる初めての日・・・最初がとても大切・・・
「やめてぇぇ・・・あっあっあぁぁ・・・」
真紀の涙は枯れることなく自身の頬を濡らし、濃厚な蜜はどんどんあふれて花弁を柔らかくして、この日、この瞬間に最高の演出をしてくれている。
「真紀・・・やっと一つになれるね・・・これからは俺のものだ・・・たくさん可愛がってあげるからな・・・」
「いやよ・・・いやょぉ・・・よしてぇぇ・・・」
拘束され身動きが取れない姿勢でもあきらめることなくかすれた声で泣き震えている・・・
真紀を再び淫靡な世界に陥れてからここまでたくさん時間をかけて目覚めさせ調教してきたせいなのか、初めてダンナに陵辱された時以上に脅えているような気がする・・・
自分がどんな辱めをうけるのかがわかるのだろう。
「そんなに震えないで・・・私も手伝ってあげるから安心してね・・・」
獲物を目の前にしてギンギンに膨張しているペニスを口に含んで、スムーズな挿入のために十分に潤いを与える・・・
この大きさでは・・・経験の浅い真紀ではちょっと苦しいかもしれない。

「オジさまの・・・大きすぎる・・・真紀ちゃん壊れちゃうかも・・・」
「そのために玩具使ったんだろ・・・あとは任せたぞ・・・」
オジさんの大きな身体が真紀に重なり、黒い拘束具によって折り曲げられている足がぐぐっと広げられる。
「真紀ちゃん・・・力入れちゃだめ・・・オジさまが入るわよ・・・」
熱を持ち唾液と分泌物でねちょねちょになっているペニスを握って、柔らかく濡れ熟す花弁へと導き亀頭を入り口に軽く触れさせると真紀の身体がピクリと跳ね、押し殺した鳴き声がより大きくなる。
「うぐぐぅぅ・・・いやよぉぉ・・・」
「あうっ・・・うわぁぁ・・・真紀・・・オ○ンコがじゅくじゅくで・・・それに・・・あ、あつい・・・」
子どもがいる奥さまなのに、完全には熟しきっていなく花弁の内側は狭くきつい・・・
そんな真紀の身体にオジさんも興奮を抑えることができず、ペニスの先端がほんの少し潜り込むだけで情けないうめき声を漏らす。
「オジさま・・・急がないで・・・ゆっくりだからね・・・ゆっくりとよ・・・」
「あうぅ・・・真紀・・・どうだ・・・うぅぅ・・・」
「うっうっ・・・やめてぇぇ・・・いやぁ・・・いやよぉぉ・・・」
「そんなに緊張しちゃだめ・・・自然に迎え入れるのよ・・・」
拘束されたままペニスを受け入れる体勢をとらされ、目を閉じたまま泣き続ける真紀・・・
握っていたペニスを離して結合部分を撫でると真紀の熱い花弁が触れ、その中に膨張したペニスの先端が徐々に呑み込まれようとしていく感触が伝わってくる・・・
「あっあっ・・・あううっうっ・・・あ、あなた・・・ごめんなさい・・・やっぱりわ、わたし・・・わたしってぇぇ・・・」
オジさんのペニスを呑み込みながら、愛する夫に対する二度目の裏切りへの言い訳を小さな声でつぶやく・・・
「けなげだね・・・愛する旦那さまには悪いが真紀ちゃんは今日から俺のものだ・・・いただくよ・・・そーら・・・」
「いやぁぁ・・・いやぁぁぁぁ・・・だめぇぇぇぇぇ・・・うわうわうわぁぁぁ・・・」
両膝をついたオジさんが真紀の両足をさらに広げて腰を前に押し出すと、ぐっという力が亀頭に伝わってペニスがぐちゅぐちゅの花弁の中に潜り込んでいき、すべてが悲しみと苦しみに染まるような叫び声が広い部屋の中にずっと響き渡る・・・

テーマ:同性愛、ホモ、レズ、バイセクシャル - ジャンル:アダルト

おもちゃはおしまいだ・・・
「真紀・・・ずいぶんおしゃぶりがねっとりとしてきたぞ・・・グリグリされながらしゃぶる気分はどうだ・・・」
バイブが埋まっているお尻を振ればお口の中のペニスにも当然刺激が伝わり、強烈な快感に喘ぐ真紀の唾液が絶え間なく亀頭に浴びせかけられるとオジさんの呼吸もだんだん荒くなってくる。
「上手になってきたな・・・チ○ポに絡み付いてくるぞ・・・ただ舐めているだけじゃだめだ。吸ったりちゅぱちゅぱするんだぞ」
コツゴツした手で小さな乳房をぐにぐにと揉まれ、花弁に潜り込んでいるバイブが絶え間なく体内を掻き回している・・・
もう真紀には私たちに素直に従って淫靡な世界に身を落としていくことしかできないのだ。

ちゅっちゅっ・・・ちゅぱちゅぱ・・・ぺろぺろ・・・ちゅっちゅっ・・・
オジさんのきつい「指導」を受けると、だんだん真紀が音を立てて舐めるようになり、ぎこちなかったおしゃぶりがスムーズに、そしてリズミカルになってくる。
「そうだ・・・それぐらいしなきゃ俺は感じないぞ・・・その調子でやるんだ・・・」
「うっくぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
「ほら・・・吸うんだ・・・」
股間に顔を埋めて唾液を垂らしながらひたすらペニスを舐める真紀・・・満足げな表情でその髪を撫で、時には頭を押さえつけ奥まで呑み込ませるオジさん・・・
そんな二人の姿といやらしい音が私をどんどん刺激する。
「オジさまばかり楽しんじゃって・・・私だって可愛がりたいの・・・真紀ちゃん・・・下のお口でももっと咥えるのよ・・・できるでしょ・・・」
ウィーン・・・とういう音を発しながら真紀の体内を暴れまわるバイブを握りしめ奥へ奥へと押し込むと、真紀はもうおしゃぶりをつづけることができなくなり、ペニスを握ったままオジさんの股間に崩れ落ちる。
「あっあっ・・・もうだめ・・・よして・・・ひぃぃ・・・お腹が・・・変よ・・・よして・・・」
安っぽい哀願など耳には入らない・・・
「ぐちょぐちょでびしょびしょ・・・もっともっと呑み込みなさい・・・」
そんな私の気持ちが伝わったバイブは真紀の花弁をぐいぐいと押し開いて奥深くで暴れ続け、十分すぎるほど柔らかくなった源泉の泉から止まることのない蜜を掻き出している。
「うわぁぁ・・・ひぃぃ・・・だめだめ・・・だめよぅぅ・・・・」
「イきたいんでしょ・・・いいのよ・・・ほら・・・」
「ユキさん・・・あっあっ・・・だめだめ・・・やめて・・・うぐぅぅ・・・」
「いいのよ・・・イっても・・・真紀ちゃん・・・イきなさい・・・」
敏感な突起をバイブのフリッパーで擦りあげ、振動する本体を浅く引き揚げたり深くまで挿入したりを繰り返し、最後はバイブ全体を奥深くまで呑み込ませ、グニグニと掻き回すと真紀の最後の砦が悲鳴とともに崩壊する。
「だめだめぇぇ・・・うわあっあぁぁ・・・ひぃぃ・・・イィィ・・・くぅぅ・・・」

「おやおや・・・可愛い声出してイっちゃって・・・今度は俺の番だ。真紀にしっかりしゃぶってもらったからお返ししなきゃな」
崩れ落ちた小さな身体をオジさんが抱き上げて口唇を重ねると、二つの舌がぬちゃぬちゃと絡み合い、流し込まれた唾液に真紀がむせ泣く・・・
「あぁぁ・・・うっ・・・んぐぅ・・・」
「いいわよね・・・オジさんに抱いてもらいましょ・・・」
汗びっしょりになった乳房を後ろから揉んで耳たぶを噛んでささやき、大きなベッドの中央に寝かす。
「うっうぅぅ・・・」
激しい愛撫を受けて苦しくなったのか、丸めた背中を激しく上下させながら横を向いて嗚咽を繰り返している真紀の足をオジさんがつかんで大きく広げる・・・
「バイブをぱっくりと咥えているじゃないか・・・いい眺めだぞ・・・」
「ああっ・・・許して・・・見ないで・・・うっぅぅ・・・」
「真紀・・・もう、おもちゃはおしまいだ・・・」
真紀の絶叫とともにバイブが一気に引き抜かれ、広げた足の間にオジさんの身体がねじ込まれてつながるための姿勢がとられようする・・・
「・・・いよいよだな・・・可愛い真紀ちゃんをいただくよ・・・じっとしてろ・・・」
「いや・・・よして・・・ユキさん・・・助けてぇぇ・・・いやよぉ・・・」
「あら・・・玩具はよくても、オジさまのモノはいやなの?それっておかしいわ・・・あんなに美味しそうにおしゃぶりしてたじゃない・・・」
「いやいやぁ・・・助けてぇぇ・・・いやよぉ・・・」
「真紀ちゃん、あなたは幸せすぎるのよ・・・旦那さまのためにもオジさまを素直に受け入れなきゃ・・・」
「もうやめてぇぇ・・・」
どんなに汚されても、すべてを忘れて純真な妻として生きようとしていた真紀・・・いやまだあきらめてはいないだろう・・・
それなのに何度も私に辱められた上にオジさんに追い込まれてしまい、またもや最愛の夫以外の男性を受け入れようとしている。
可哀想な気もするが、そんな気持ちなんかわかりたくもない・・・
オジさんとともに真紀を徹底的に辱めることが今の私にとって、一番幸せを感じる時なのだ。

テーマ:★★★大★人★の★S★E★X★★★ - ジャンル:アダルト

動いてるのわかるでしょ・・・
「真紀ちゃん・・・とっても上手になってきたわ・・・ああん・・・」
涙をこらえてむせながら再びしゃぶりだした真紀の口唇が開き、ペニスを持つ私の指をも呑み込んで舐め始めると胸がキュンとなってしまう・・・
熱くねっとりとした口腔内に包み込まれて小さな舌がチロチロと私の指先をくすぐるように舐めると、唾液が私の手にもこぼれ落ちてくる。
「真紀・・・やればできるじゃないか・・・」
「うふふ・・・もっといい子になりましょうね・・・」
真紀の口からゆっくりと指を引き抜いて、シーツの上に転がっている黒いバイブレーターを手に取る・・・
「お尻を上げなさい・・・そんなんじゃだめ・・・もっと高くよ・・・」
私が命令すると、さっきまでの抵抗が嘘のように従順となった真紀の白くて小さなお尻がゆっくりと天井に向かって突き出されていく・・・
「まったく・・・やっぱりユキがご主人様みたいだな・・・」
あまりにもあっけない真紀の動作にオジさんが少し機嫌を悪くする。
「真紀ちゃんのお口の中にあるものは何かしら・・・全部はオジさまのためなのよ・・・そんなこと言わないで・・・」
「そうだったな・・・ぎこちないのが初々しくていいぞ・・・旦那さまに見せてやりたいよ・・・俺のモノを咥えてる姿を・・・真紀のおしゃぶりをな・・・」

「早くお尻を上げて・・・そうすれば・・・すぐに旦那さまのことなんか忘れちゃうから・・・」
オジさんのモノと言葉に責められ苦しむ真紀のお尻が少しずつ持ち上がると、私の目の前に開ききった無毛の花弁ときゅっと締まった蕾が向けられ、その中心から甘酸っぱい香りが漂ってくる。
「真紀ちゃん・・・もっと足を広げなさい・・・もたもたしないで早くして・・・」
叱るように言い放つと、涙でぐしょぐしょになっている顔をシーツに擦りつけながら、網タイツの太ももを震わせながら広げていく・・・
「そうよ・・・いい子・・・とってもきれいでいい眺めだわ・・・素敵なプレゼントを真紀ちゃんの中に入れてあげる・・・欲しかったんでしょ・・・」
「ユキさん・・・やめ・・・てぇぇ・・・あっひぃぃ・・・」
「おもちゃ・・・もう慣れたから・・・ほーら簡単に入っていくわ・・・」
手に持った玩具を清楚なピンク色の花弁にあてがって軽く押し込むと、黒くて奇妙な形をした物体がじゅるじゅるりと音を立てて真紀の体内へ消えて行く・・・
「あっあっ・・・ひぃぃ・・・はっはぁぁ・・・うぅぅ・・・」
「うわぁぁ・・・真紀ちゃん・・・すごい・・・どんどん入っていくわ・・・」
「うっうっ・・・うぐぅぅ・・・あぁぁ・・・ひぃぃ・・・」
逃げたくても叫びたくてもどうすることもできない真紀は、押し込まれてくる異物をただ呑み込むしかない・・・

「真紀ちゃん・・・すごいわ・・・上手・・・その調子よ・・・いつもように呑み込むの・・・」
「あっあっ・・・うぐぐぅぅ・・・く・・・くぅぅ・・・ぐぇぇ・・・」
黒くて大きな矛先が柔らかな花弁を押し開き、奥へと到達すると真紀のうめき声が激しくなり、自ら小さなお尻をくねらせてもっと奥へと導こうとする。
「そうよ・・・もっと咥えなさい・・・もっとよ・・・」
「うわぁぁ・・・ぐぐぅぅ・・・んぐぁぁ・・・あっひぃぃ・・・ひぃぃ・・・」
「すごいな・・・真紀は。可愛い顔しているくせにこんなに腰振って呑み込むなんて・・・さすがだ・・・」
オジさんが感嘆の声を上げるが、いくら小柄で可愛らしい顔をしていても真紀は処女ではない・・・
幼稚なセックスとはいえ、それなりに旦那さまに可愛がられて子どもまでいる立派な奥さまなのだ。
そこにさらに私が幾度もの調教で泣かせて磨きをかけたのだから、これぐらいのバイブは容易に呑み込んでいくのは当然・・・

「さすがだわ・・・気持ちいいんでしょ・・・もっと欲しいみたい・・・もうかなり慣れたのね・・・それじゃ・・・」
真紀のお尻をしっかりと抱え込んで握り手のスイッチを入れると、体内のバイブがいやらしい振動を開始し、細い身体が私の腕の中でピクンと跳ねる・・・
「うっ・・・あっあっ・・・うわぁぁ・・・いや・・・ひぃぃ・・・」
「オジさまのプレゼントがぐにゅぐにゅ動いてるのわかるでしょ・・・感じさせてもらってよかったわね・・・うれしいでしょ・・・」
バイブを持つ手が花弁からあふれ出てくる蜜でぬるぬるになっても、振動する物体を真紀の奥へ奥へと押し込んでいく・・・
「オジさま・・・真紀ちゃんのここ・・・日に日に柔らかくなってるわ・・・」
そう言いながら、奥へと潜り込ませた玩具のスイッチを『強』にしてぐりぐりと回転させる・・・
「ゆ・・・ゆきさん・・・だっめぇぇ・・・うわうわうわぁぁ・・・」
体内を掻き回されるおぞましい快感が真紀を突き抜け、しゃぶっていたペニスを握ったまま大きな悲鳴を上げる・・・
「真紀・・・しゃぶるんだよ・・・しゃぶれ・・・」
それでもオジさんは容赦せず頭を押さえつけておしゃぶりを続行させる・・

テーマ:★★★大★人★の★S★E★X★★★ - ジャンル:アダルト

見えない檻の中で
「ユキ・・・こりゃ調教のし甲斐がある奥さまだな・・・すぐに上手になってきたぞ」
「そりゃ・・・私の真紀ちゃんだもの・・・ここまで教え込むのに苦労したんだから・・・」
苦しそうに喘ぎながらしゃぶっている真紀の背中に舌を這わして、お尻をこちら側に向けさせ突き出すような姿勢にさせる・・・
「あっ・・・いや・・・」
「大きなお口開けて呑み込んでいやらしい音させて・・・真紀ちゃんったら・・・」
背中に浮き出てくる汗の雫を舌ですくい取りながら、きゅっと締まったお尻の割れ目に顔を埋めてアヌスを舐め始める。
「うっ・・・ひぃぃ・・・あっ・・・そ・・・こ・・・あっぐぅぅ・・・」
ペニスをいっぱいに含んだ口から悲鳴が漏れそうになるが、オジさんがしっかりと頭を押さえつける。
「真紀ちゃん、だめだよ・・・ちゃんと練習しなきゃ。これじゃちっとも感じないよ・・・」
「オジさま・・・真紀ちゃんったらお尻も大好きなのよ・・・」
ねっとりとした蜜が湧き出てくる花弁と固い蕾(といってもかなりほぐれてきてはいるが・・・)を交互に舐めながら、指を蕾にあてがうとするりと呑み込んでいく・・・
「うっうっ・・・あっあっ・・・ぐぅぅ・・・」
真紀がおしゃぶりをしたまま、抗うことなく身体をくねらせ私の指を受け入れる。
「ほら・・・悦んでるでしょ・・・」
「うぐぅぅ・・・うぇぇ・・・」
「お尻もか・・・すごいじゃないか・・・そこまで調教したなんて・・・こら、真紀、ちゃんと舐めなきゃお仕置きするぞ・・・」
『お仕置き』という言葉にびくんと反応し、アヌスを掻き回されながらもおしゃぶりを懸命にしている・・・
真紀への『お仕置き』はどんなことになるのだろう・・・
その言葉に興奮を覚えながら真紀の花弁をちゅぱちゅぱと舐めると、いつもよりも濃くて酸っぱい蜜が口腔内を満たす。

「・・・気持ちいいぞ・・・そう・・・もっと先っぽを吸って・・・音を立てるようにして・・・舐めるんだ・・・もっとだよ・・・」
真紀の口が疲れて唾液が垂れ落ちても気にすることなく厳しく叱咤する・・・
「真紀ちゃん・・・ここも柔らかくて・・・美味しいわ・・・」
「あぁぁ・・・ぐぇぇ・・・うっうっ・・・」
「誰が休んでいいって言ったんだ・・・じゃぶるんだよ・・・」
オジさん自ら腰を軽く振って口腔内をぬちゃぬちゃと犯し、膨れ上がっているペニスが時々真紀の口の中から姿を現す。
「うっ・・・ぐふぅぅ・・・あくぅぅ・・・あっっ・・・ひぃぃ」
ドロドロに濡れている花弁をさらに広げて舌を差し込み、敏感な突起をつぶすように指で摘むと真紀の身体が崩れ落ちそうになる。
「真紀ちゃん・・・しっかり舐めて・・・がんばるのよ」
苦しくても悲しくてもペニスによって塞がれている口はそれを伝えることができない・・・
ちょっとでもおしゃぶりがおろそかになると頭が押さえつけられ喉の奥まで突かれてしまう。


「あぐぅぅ・・・はぐぅぅ・・・あぁぁ・・・ぐぇぇ・・・」
オジさんに怒られまいと、股間に顔を埋めて必死になっておしゃぶりをしている真紀だが、これくらいの責めが許されるはずがない。
「おい、ユキ・・・真紀ちゃんにプレゼントがあるんだ・・・」
可愛い真紀にしゃぶらせることができて上機嫌になっているオジさんが枕の下にごそごそと手を入れて黒いバイブを取り出す・・・
「うわぁ・・・すごーい・・・こんなもの・・・」
「いきなり見せたら恐がっちゃうと思ってさ・・・隠しておいたんだ」
懸命にしゃぶっている真紀の耳もとにバイブを近づけスイッチを入れる・・・
「真紀ちゃん・・・これ、知ってるよね・・・」
「えっ?えっ?なに?きゃあ・・・いやだ・・・いやよ・・・そんなの・・・やめて・・・お願い・・・やめてぇぇ・・・」
不気味なモーター音に真紀がハッとなって口からペニスを吐き出し、大きなベッドの上を四つん這いになって泳ぎだす・・・

「いやよ・・・こんなこと・・・もういや・・・」
「ふざけるな真紀・・・いやとかいいじゃないんだよ。おとなしくしないと裸のまま廊下に放り出すぞ・・・そしてお前の旦那に今すぐ電話してやる・・・」
ついにオジさんが本性をむき出して、必死に逃げようとする真紀の背中に脅迫の言葉を投げつける。
その恐さはダンナの比ではない・・・私だってこの人に服従させられているのだ。
怒鳴られた真紀は一瞬で動きが止まり、丸まってしまう・・・
「ちゃんと約束したはずよ・・・怒らせないようにしなきゃだめ・・・本当は優しいオジさまなんだから」
いつになっても頑なな真紀・・・だからこそ徹底的に辱めたくなる。
「どうして・・・私だけどうしてこんなことに・・・全部ユキさんのせいよ・・・ユキさん・・・ひどい・・・」
「真紀、気が済んだ?もういいから・・・ちゃんとオジさまを悦ばせなきゃだめよ・・・おしゃぶりを続けましょう・・・」
見えない檻の中に囚われていることは真紀自身が一番良く知っている・・・
泣き止まない真紀を抱きしめてオジさんの股間に導き、握ったペニスを口に再度含ませる。
「世間知らずだから・・・ごめんなさい・・・許してあげてね・・・」
「まったく世話が焼ける奥さまだ・・・このまま飲ませちゃってもいいけど、真紀ちゃんとの初めては大切にしないとな・・・」
これだけしゃぶらせたのにオジさんはまだまだ余裕の表情だ。

テーマ:複数プレィ - ジャンル:アダルト

SEO対策:レズビアン SEO対策:人妻 SEO対策:調教
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。